575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

喪の衣服ととのえてゆく夜は長し  遅足

2015-09-28 07:21:30 | Weblog
簡素化もあって男女とも喪服は洋服になりました。
それでも、黒いネクタイはどこだった?数珠は?
などとチェックしながら準備をします。
あれこれ故人のことを思いながら・・・

十年ほど前、親戚のお通夜が終わり、外へ。
見上げるとまん丸のお月様が出ていました。
心にあたたかなものが・・・
今夜は十六夜の月です。

          

応答の一日一句  

  十六夜やあぶな絵の書読みにけり   孝

  十六夜やマニュキュアの紅乾く間に  亜子

この後、立待月

  立待の月を背にして妻帰る      孝

  君遅し立待月の伝言板        亜子

さらに居待月

  ゆっくりとワイン酌みけり居待月   孝

  満席の街角カフェー居待月      亜子

そして臥待月

  待ちわびて寝入りしままの臥待月   孝

  枕より抱くものなし寝待月      亜子

4日ほどの旅にでます。目指すは北。
どんな旅になるのかな?       (遅足)


コメント

長き夜や天井の染み動き出す    能登

2015-09-27 09:10:09 | Weblog
子供の頃に病気でもして一人寝てると、そんな想像もしましたよね。
推理小説ばりの想像を楽しんで、と結宇さん。

お酒に弱い郁子さん。
酔って寝転ぶと、天井が動いていたことを思いだしたそうです。
シミが世界地図に見えたという方も。

布団に入っても寝付けない秋の夜。天井のシミが動いたようです。
目を凝らすと何も変わってはいません。しかし今度はたしかに動いた・・・
天井、とは「天」。
天に映し出された心の動き。時代の不安を映し出しているのかも。

            

応答の一日一句

  名月や今日も芋煮の五つ六つ   孝

  老眼に月二つ見ゆ良夜かな    亜子

今日は中秋の名月。旧暦の八月十五日です。
今は曇っていますが、夜には満月が顔を見せてくれるでしょうか。

日本では月の模様は兎の餅つき。
南ヨーロッパでは大きな鋏をもった蟹。
アラビアではライオン。
お国ぶりというか、民族ぶりがありますね。
ちょっと想定外なのが、東ヨーロッパ。
白黒が逆転し、白い部分が女性の横顔とか。
今夜じっくりと観察してみます。(遅足)
コメント

頁繰り時代をのぼる夜長かな    晴代

2015-09-26 09:11:13 | Weblog
何のページを繰っているのでしょうか?
作者からはヒントになる情報は与えられていません。
アルバム?歴史の本?日記?家計簿?
みな正解。読み手が何を想像するのか?
なぞかけの句だそうです。

この夜長、あなたなら何の頁を繰りますか?(遅足)

          

応答の一日一句

  台風に各駅停車うろたえず   孝

  台風に骨献上し破れ傘     亜子
コメント

泣いてゐる点滴パック夜長妻   等

2015-09-25 09:11:01 | Weblog
泣いているのはもちろん奥様でしょうが、
点滴も涙をこぼすような長い病室の夜。
身につまされます、と麗子さん。

点滴のパックは液がすくなくなると「キュッ」と音を立てることが。
それを泣いている、と詠みました。
亜子さんはご主人が入院。付き添ったことがあるとのこと。
夜長はひときわ長く感じらたことでしょうね。

臨終の時に点滴を行うのは普通にみられる光景です。
私の母の時も点滴をしました。
手の施しようのなくなった時、家族からせめて点滴をという声も。
しかし自然に臨終を迎えようとしている人には酷のことにも。
枯れるように死を迎える人に栄養を補給するのは
苦しみを長くすることにつながるとか・・・。

             

応答の一日一句。

  秋風やおみくじ結ぶ寺の道   孝

  露天湯の手桶の香り秋の風   亜子

秋分の日も過ぎ、夜の時間が長くなってきます。
気温が低く風邪気味の方も。
季節の変わり目、要注意です。(遅足)

コメント

七十年戦後史たどる夜長かな    亜子

2015-09-24 09:07:46 | Weblog

特に考えさせられることの多い今年の夜長、と麗子さん。

七十年という時間の長さ。
明治維新から敗戦までの時間とほぼ同じ。
この七十年、日本人は平和な時代を享受してきました。
戦争への道を歩もうとする人たちも、この70年間、力を蓄えてきました。
ここに来て日本人は大きな選択を迫られています。
作者は、戦後史をそのまま生きた世代。人生がそのまま戦後史。
芭蕉の句をもじって

  さまざまのこと思いだす夜長かな

秋の夜長、時間はいくらあっても足らない・・・

          

応答の一日一句

  束の間の歓喜に似たり流れ星   孝

  星流る曜変天目茶碗かな     亜子

散歩をすれば、彼岸花が咲き、金木犀が匂う。
柿が赤くなる。秋ですね。(遅足)

コメント (1)

夜長さえ友と語るに短くて   すみ

2015-09-23 08:50:16 | Weblog
中学・高校からの友人。
日頃、会っているのですが、秋の夜長、思う存分おしゃべりを。
楽しい時間は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。
「長」と「短」という対照的な文字が句に効果を。
「さえ」が少し気になるという感想も。

この句、男女で感じ方に違いがあるようです。
昼間は気ぜわしくておしゃべりも思う存分には楽しめないと、女性たち。
夜長は、気兼ねなく楽しめる時間だそうです。
一方、男は用件だけすめば話しはオシマイです。
しかし齢をとると病気自慢など、男同士おしゃべりに。

時間という不思議を、分かりやすく詠んだ句です。

            

応答の一日一句

  秋彼岸傘を被りし観音像   孝

  美しき袱紗捌きや秋彼岸   亜子

コメント

亡き人の句を読み返す夜長酒    麗子

2015-09-22 09:18:30 | Weblog
亡き人は、近時亡くなられた方と想像します。 
きっとお酒が好きだったのでしょうねと、結宇さん。

朱露さんの句を読み返しています。
句は人なり。さまざまなエピソードが蘇ってきます。
朱露さんはお酒が好きでした。
麗子さんも最近、たしなむようになったとか。

一昔前なら、この句の作者は男性と考えられたでしょうね。
酒好きだった友。酒を飲みながら振り返る友の人生。
そして我が人生・・・
境涯句に男女の別はありませんね。

           

応答の一日一句

  言葉なく男二人の月見酒     孝

  銭湯の煙突はるか月見酒     亜子

昨日、敬老の日のお祝いを配りました。
私の町内は75歳以上の方が30%ほど。
全国平均よりかなり高齢社会です。(遅足)

コメント

うかうかとテレビは愉し夜は長し    静荷

2015-09-21 08:54:39 | Weblog
テレビが面白いので、ついつい時を忘れて見てしまった。
ちょっと時間の無駄使いをしたかな?
いやいや秋の夜は長い。そんなに生き急ぐこともない。
テレビは愉し夜は長し、と「は」のリフレインが楽しい効果をあげています。

自分をちょっと突き放してみている句です。人生の達人の境地でしょうか。
心のままを自在に詠む。静荷さんの達した境地です。

           

応答の一日一句

  取りあえず髭を当たりぬ敬老日   孝

  朝湯などして籠りゐる敬老日    亜子

今日は敬老の日、町内のお年寄りにささやかなプレゼントを。
去年はいただけましたが、今年は経費節減。
配る方にまわります。                遅足

   


コメント

涙して「一茶」聴きいる夜長かな    立雄

2015-09-20 15:37:50 | Weblog
藤沢周平の「一茶」を聴いています。読書の好きだった立雄さん。
視力を失っても、読書好きは変りません。音のライブラリーを楽しんでいます。
齢のせいか、涙もろくなったようで、聴きながらついつい涙ぐんでしまいます。
夜長という季語に人生の秋を感じます。

句会では、一茶といえばユーモアとかペーソスの人というイメージ。
初句の「涙して」に違和感を、という声も。
最初は

  周平の「一茶」聴きいる夜長さかな

こちらの方が、読者の想像力に訴えるかもしれません。

  一茶にも涙の夜長噺あり

と、すると少し作者の意図にちかづくかも・・・  

人間が母親のお腹のなかにいる時、目はみえません。
しかし耳はもう、ちゃんと母の鼓動を聴いているそうです。
また死の直前まで聞こえているとか。
読書は、まだまだ千年の歴史もありません。
耳からの情報が一番深く心に届くのかもしれませんね。(遅足)

            

応答の一日一句

  新米の膳に新たな塗りの箸   孝

  新米の炊き上がる頃夫帰る   亜子




コメント

9月句会の最終結果です。

2015-09-19 09:16:47 | Weblog
秋の句会。6人の参加。
ちょっと寂しい感じでしたが、中身は濃い会でした。
朱露さんの追悼句会といった空気。ご覧の結果となりました。

題詠「夜長」
①涙して「一茶」聴きいる夜長かな(立雄)
②うかうかとテレビは愉し夜は長し(静荷)遅足
③亡き人の句を読み返す夜長酒(麗子)結宇・能登・等・郁子・亜子・すみ・立雄
④夜長さえ友と語るに短くて(すみ)静荷・亜子・晴代
⑤七十年戦後史たどる夜長かな(亜子)佐保子・静荷・麗子
⑥泣いてゐる点滴パック夜長妻(等)麗子・すみ
⑦頁繰り時代をのぼる夜長かな(晴代)佐保子
⑧長き夜や天井の染み動き出す(能登)結宇・等・郁子・亜子・すみ・晴代・遅足・立雄
⑨喪の衣服ととのえてゆく夜は長し(遅足)
⑩反故の句も反芻の中(ウチ)夜長かな(結宇)郁子・晴代
⑪北国に一人旅寝の夜長かな(佐保子)能登・等・立雄
⑫黒猫のひそり水飲む夜長し(郁子)結宇・能登・佐保子・静荷・麗子・遅足

自由題
①木戸を開け旅立つ朝の花野かな(能登)
②庭下駄の鼻緒の湿り今朝の秋(亜子)結宇・能登・佐保子・麗子・郁子・すみ・立雄
③内定の知らせようやく草は実に(静荷)晴代・立雄
④蔵王向け茂吉碑に散る百日紅(結宇)
⑤待ってました今年も無事に栗きんとん(すみ)郁子・亜子・遅足
⑥窓を開け風の軽さよ野分晴(麗子)佐保子・等・晴代・遅足・立雄
⑦露草の露の言葉をこぼしける(遅足)佐保子・静荷・麗子・すみ
⑧秋風に身浸し「さて」と問ふてみる(郁子)能登・すみ・晴代
⑨こおろぎに籠の鈴虫遠慮せり(立雄)
⑩「藪医者」の落語でしめる秋の葬(佐保子)結宇・静荷・麗子・等・亜子
⑪花合歓や白鳳仏のしなう指(晴代)結宇・静荷・等・郁子・遅足
⑫覗くまじ風の盆の夜笠のうち(等)能登・亜子

次回は10月21日(水)午後1時   東鮨
題詠は「薄(すすき)」です。

           

応答の一日一句

  書き終えし追悼の文秋の雨      孝

  下駄の緒の千切れしままに秋の雨   亜子

今日から5連休という方も。
お天気にも恵まれて秋を楽しんで下さい。  遅足

コメント