575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

二月尽   麗

2013-02-28 09:40:10 | Weblog
今日で二月も終わり。二月尽という言葉を教えてくださったのは亡き志考さんです。
今年は暖かい春の日差しに包まれた二月尽です。
久しぶりに身体が楽な感じ。洗濯機もぐるぐる回します。窓も開けて掃除もはかどります。

今朝の新聞に、3日に亡くなった団十郎さんの辞世の句が載っていました。

        色は空 空は色との 時なき世へ

般若心経の教えのようです。「時なき世」はどんな感じでしょうか?志孝さんも長良さんも時なき世に行ってしまわれました。あちらで会っていらっしゃるでしょうか?

        時なき世どんなところか二月尽   麗
コメント

春の雪単身赴任の知らせあり   麗子

2013-02-27 09:53:30 | Weblog
「雪は天からの手紙」。
雪の学者、中谷宇吉郎の言葉です。
春の雪とともに伝わってきたのは、単身赴任の知らせでした。
「知らせ」とありますから、直接本人に関わることではないようです。
といって、そんなに疎遠な関係の人でもなさそう。

単身赴任の知らせに、こころに小さな波が立つ。
春の雪は、ちょっと唐突に降りだし、驚かされますが・・・

                     遅足


コメント (1)

一茶の雀こそ   鳥野

2013-02-26 14:06:15 | Weblog
春の愛らしい景物、スズメ。
その姿が最近、めっきり減りました。
住宅建築の様変わりで、営巣が困難。農業の
機械化で、餌不足。原因は種々あるものの、
このままだと、やがては絶滅の心配もあるそ
うです。

マンション住まいになった時、ベランダに餌
を撒けば、親子連れの雀が訪れて、可愛い仕
草を見せてくれたものでした。

この楽しみは、ある日、階下の家のベランダの
手摺りにずらりと並んで、餌撒きを待つ群れを
発見。これは迷惑と即刻中止となりましたが。

黄色の口もとを精一杯に開けて、親に餌をね
だる子。体の大きさは親と変わらないのに、
何時までも甘え子でした。

 ・ 雀の子そこのけそこのけ御馬が通る 一茶

           





コメント (1)

記憶にあるあなたのような春の雪    えみ

2013-02-25 09:47:54 | Weblog
とても面白い句ですね。
目の前に降っている春の雪。それは、記憶のなかにあるあなたのようです。
春の雪は、どこか不確実なものを感じて、と作者。

そう言われてみると、記憶というものも確実なようで、どこかアイマイ。
こうあって欲しいという気持ちにそって、微妙に修正されているかも。
春の雪に似ていますね。
こんな句を思い出しました。

春雪三日祭の如く過ぎにけり   石田波郷

ところで、この「あなた」は男性?女性?
句会では、女性と読む人、男性と読む人に分かれました。
文藝の読み方には、唯一の正解というものはないようです。
読み手の数だけの読み方があって、それが面白いと思います。
私は男性と思いました。

                       遅足



コメント

紅梅のまず一輪をこの世へと    遅足

2013-02-24 10:19:50 | Weblog
空は晴れていますが、北風の強い朝です。
庭の紅梅がやっと一輪花を咲かせてくれました。

今日の中日俳壇の栗田やすし選の句。

  山茶花の散り次ぎてなほ花盛り   加藤ゆうや

この句の通り、赤い山茶花もなお花盛りです。

        

突然ですが、ここで詩の題名当てクイズです。

詩人・北川冬彦の一行詩。

軍港を内臓してゐる

この題名は?

「馬」です。

では、この詩の題名は?

食塩の消費量で不潔な人口を算定することを
神々は説(よろこ)ばれぬ。

作者は安西冬衛です。

答えはコメント欄に。


コメント (1)

「体臭」喜劇      遅足

2013-02-23 09:10:47 | Weblog
NHKーBSの「山田洋次監督の選んだ喜劇映画100」。
録画して観ています。
先日、観たのは、上原謙主演の「ありがとうさん」。
戦前の伊豆。天城街道を走るバスの運転手(上原謙)と、
身売りされていく娘との恋を軸に、
乗客や街道をゆく人々の姿を描いた作品。
道をよけてくれる人びとに、「ありがとう」と声をかける。
そこで「ありがとうさん」と呼ばれているハンサムな運転手。
不景気の時代にほのぼのとした後味の良い映画でした。

体臭喜劇というのは、そのなかの一本「女は度胸」。
昭和40年代初頭の東京。羽田空港近く。
主人公は、町工場で働く河原崎健三。
父の花沢徳衛と兄の渥美清は、飲んだくれて掴み合いの喧嘩の毎日。
母の清川虹子は、黙々と内職を続けるばかり。
鉄工場で働いている健三は、近くの電気工場で働く倍賞美津子と恋仲に。
文学青年の健三は恋人にゲーテの詩集を贈ります。
ところがこの詩集、美津子の友達(アルバイトでコールガールをしている)から
渥美清に渡ったことから、恋のドタバタが始まります・・・
最後は清川虹子の度胸で一件落着。

映画が終って、小野アナウンサーの一言。
「大衆喜劇という言い方があるとすればこの映画は体臭喜劇ですね」。

たしかに画面から汗と涙、体臭が伝わってくる映画でした。
とくにダンプカーの運転手を演ずる、兄の渥美清は「体臭」役者。
人間臭さそのままの役柄でした。

そういえば、何時の頃からか、消臭剤が普及。
臭いが日本から消えていきました。
臭いのあった昔を懐かしんだひと時でした。


コメント

春の雪句会の最終結果です。      遅足

2013-02-22 09:51:56 | Weblog
今朝、名古屋は雪がちょっと舞いました。
春の雪句会の結果です。
当日、句会を体験したいと、童子さんのお知り合いのNさんが出席。
Nさんをふくめて2句選としました。  

題詠「春の雪」

①記憶にあるあなたのような春の雪(えみ)すみ・静荷・童子・遅足
②春の雪単身赴任の知らせあり(麗子)能登・童子・N・晴代・結宇・立雄
③去りがたし制服の肩春の雪(郁子)
④まあだだよ枝に蕾に春の雪(晴代)鳥野・立雄
⑤春の雪瓦礫の山を匿(かく)せずに(静荷)えみ・亜子
⑥静かに静かにカンブリア紀の春の雪(遅足)鳥野・麗子・郁子
⑦御園座に惜しむ名残や春の雪(亜子)麗子・N
⑧肩越しに探す合否や春の雪(立雄)能登・すみ・静荷・狗子・えみ・亜子・結宇
⑨バス停に帰り待つ子や春の雪(結宇)
⑩緊張の試験の朝に春の雪(すみ)
⑪春のゆきはしゃぐ手手手手通学路(智恵)鳥野・能登・郁子・遅足
⑫重くなりふるえる相傘春の雪(能登)狗子
⑬午前二時侵略のごと牡丹雪(狗子)晴代

席題「春浅し」

①好きな本読みたくなって春浅し(えみ)
②春浅し少しやせたる影法師(狗子)晴代・亜子・結宇・静荷・立雄
③春浅し水面に泡の消えやすく(遅足)立雄
④旅行記にふくらむ夢や春浅し(静荷)狗子・晴代・すみ
⑤春浅し学び舎の別れ幾星霜(結宇)郁子
⑥春浅し重き荷物を出せぬまま(麗子)えみ・すみ
⑦つくばいの淡いひかりや春浅し(晴代)えみ・亜子・郁子・静荷
⑧老いた親庭に片すみ春浅し(すみ)結宇・麗子・遅足
⑨小さき靴脱いで浜行く春浅し(亜子)遅足
⑩春浅し土手のつくしもエリをたて(郁子)結宇・麗子

Nさんは、5月に名古屋の宗次ホールで奥の細道をテーマに朗読会を企画。
句会を体験したいとのことでした。
「感想は?」とお聞きしたら、
「一つの言葉もさまざまな読み方があり、新鮮でした」とのこと。


次回は3月20日(水)午後1時 東鮨
題詠は「彼岸」です。
また、自由題はなく、当日の席題ということになりました。

コメント

春の雪句会   麗

2013-02-21 07:53:49 | Weblog
昨日は実際には雪は降りませんでしたが、東鮨にはどこかはかなげで不安定、緊張感を含む春の雪が降り続きました。

記憶の中の人を思い出し、単身赴任の知らせもあり。去りがたい駅のホームの高校生の方に降る雪。春はまあだだよ。東北のがれきに降る雪。5億年くらい前のカンブリア紀に降る静かな春の雪(決してビブリア古書堂ではありません!)思い出いっぱいの御園座にも、合格発表の日にも、親を待つ子のバス停にも、試験の朝にも春の雪が降りました。はしゃぐのは子供たち、ふるえるのは相合い傘。インベーダーゲームのように深夜に侵略するかのごとく降るのが春の雪でした。

立雄さんの  

           肩越しに探す合否や春の雪

がトップ賞です。

実感。共感。なぜかこの人は合格したとの確信が生まれ安堵しました。

ところで昨日は初めて席題もあり。お題は「春浅し」と決まり
ハラハラドキドキのあっという間の5分間。

瞬発力が鍛えられそうで来月も句会筋トレは続きます。

宗次ホールの方も見学に来られいつもと違った春の句会。刺激的な一時でした。来月は春分の日開催です。麗
コメント

2月句会の投句が集まりました。   遅足

2013-02-20 09:09:33 | Weblog
今回は自由題はなし。題詠は「春の雪」です。

①記憶にあるあなたのような春の雪
②春の雪単身赴任の知らせあり
③去りがたし制服の肩春の雪
④まあだだよ枝に蕾に春の雪
⑤春の雪瓦礫の山を匿(かく)せずに
⑥静かに静かにカンブリア紀の春の雪
⑦御園座に惜しむ名残や春の雪
⑧肩越しに探す合否や春の雪
⑨バス停に帰り待つ子や春の雪
⑩緊張の試験の朝に春の雪
⑪春のゆきはしゃぐ手手手手通学路
⑫重くなりふるえる相傘春の雪
⑬午前二時侵略のごと牡丹雪

いろいろな春の雪が集まりました。
どの句に早春の風が集まるのでしょうか?
句会は午後1時からです。


コメント

深井の町は要注意   鳥野

2013-02-19 17:47:04 | Weblog
朝刊の文化欄に名古屋城の「御深井焼(おふけやき)」の名
称に関する新し説が詳細に述べられていました。

その名を戴いているのが、わが町内。城西として統合される
される前の「深井町」です。

文字通りの湿地帯。かっては一面の泥田だったと言います。

お城までは指呼の間、重要な地の利を占めながら、住まい
していたのは、足軽などの軽輩ばかり。
武家屋敷も城下町も南へ、東へと発展していきました。

今、災害に備えて「古い地名や町名を見直そう」と言われ
始めています。

そればかりではなく、由来には先人方の知恵や戒めも詰め
られています。

わが愛用の市バスは「数寄屋町」「樋ノ口町」と停車して
次は「名古屋城正門前」。

学区内には嘗て泥町、塩町、紙漉町、俵町もありました。

  ・ 春灯し鷹匠町はこのあたり  鳥野

コメント (1)