三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

浜井浩一、芹沢一也『犯罪不安社会』2

2007年11月03日 | 厳罰化

 2章「凶悪犯罪の語られ方」 芹沢一也

犯罪報道の語られ方は加害者から被害者へというふうに変化している。
以前は、話題になるような犯罪が起こると、批評家、学者などなど多くの人が犯人の生い立ちや社会背景、動機などをもとに教育論、家族論、社会論を論じていた。
たとえば、宮崎勤や酒鬼薔薇事件の少年Aについて、「言論人たちは競い合うかのように解釈ゲームを繰り広げた」。
ところが1998年に起きた、中学生が注意した女性教師をナイフで刺殺した事件あたりから変わってくる。
普通の子でもキレたら何をするかわからないというふうに、加害者は理解不能な不気味な存在となった。
そして、「宮崎勤、それは私だ」というような、犯罪者への共感を覚えることをしなくなった。
「社会は少年を理解しようとする意思を捨てたのだ」

それと同時に、メディアは犯罪被害者に目を向けるようになった。
犯罪被害者の活動とともに、被害者に共感を寄せるように変わっていったのである。

「被害者に感情を移入するのと入れ替わりに、社会を脅かす加害少年を糾弾するような記事が増えていく。加害者から被害者への共感の移行と、少年の怪物化はパラレルな現象だったのだ。
事件の謎解きへの欲望があって初めて、不可解な事件は好奇心を刺激する。だが、加害者への共感とともにそうした欲望は失われれば、不可解な殺人事件は単に不気味なだけである。そして、不可解な犯行動機に怯えを喚起されて、少年たちはメディアの中で怪物化していったのだ。
この時、社会は教育的な関心などかなぐり捨てて、怪物と化した少年たちの厳罰を望むようになった」
厳罰化を求める声がどうして高まっているのかについて、芹沢一也のこの説明にはなるほどと思わされる。

犯罪者は理解不能(「理解できない」というよりも「理解すべきでない」という感じか)な恐怖の対象となり、社会は犯罪者を憎悪するようになった。
たとえば宅間守である。
「かつてであれば、その不幸な家庭環境は数奇な生涯と併せて、悲惨な境遇を過ごさねばならなかった宅間への、社会的な同情や共感を掻き立てたかもしれない。だが、メディアは「怪物」「悪魔」として激しく非難、宅間守を「人格障害」として切り捨てた」
「社会から排除すべき異常者」となった犯罪者に対して、社会の責任や教育問題といった饒舌な解釈ゲームは行われることはない。
ただ抹殺されるだけである。

犯罪不安社会 誰もが「不審者」? (光文社新書)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜井浩一、芹沢一也『犯罪不... | トップ | 鳩山法相に期待する »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共感しました。 (ゆうこ)
2007-11-03 16:15:11
 示唆に富んだ良いご本を紹介くださってありがとうございます。被害者のほうへ視点が移ってゆく経緯、同感です。8年前の光市の事件以降、そういう動きが顕著になったかと思います。2005年、木曽川長良川事件控訴審で、事件当時少年だった被告を含む3人に死刑判決が下りました。円さんのお陰で知った「年報死刑廃止2006」に、そのあたり(厳罰化)の様子が安田さんたちの話として載っていました。裁判官が悩むことをしなくなりましたね。永山判決は「どの裁判所においても死刑を選択するであろう事案に限り、やむを得ず死刑の選択が許される」というものですが、それが逆転しました。無期を選択するにはそれ相応の理由がなければだめである、と。光市の最高裁判決も木曽川長良川の高裁判決も、その逆転の流れに沿っています。犯罪が起こった元は何であったのか、事実をしっかりと解明しなければ、同じような事件が繰り返されるのではないでしょうか。量刑だけでなく、事件の拠ってくるところを見極めるのが司法の役割だと思いますが、裁判員制度になると、どうなのでしょう・・・。
講演会のご案内 (higashiyamato_747)
2007-11-03 17:27:32
NHKプロジェクトXに紹介された医師をお迎えしての講演会のお知らせです。
病に苦しむ人々を救いたいという強い信念の下、自らの危険を顧みず5年半にも及ぶ医療活動に従事した医師の講演会です。

異国の大地で、国境を越えた地球市民としての勇気ある行動が、多くの参加者に『生きる力を』を感じていただきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NHKプロジェクトX 『チェルノブイリの傷:奇跡のメス』に紹介された医師による講演会のご案内!!
※詳細は下記のサイトにてご確認ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/higashiyamato_747/5994780.html
※空席がございます。是非ともご参加ください。
これからどうなる (円)
2007-11-03 19:16:15
>ゆうこさん
コメントありがとうございます。
前に書きましたが、名古屋で、拉致されて殺された磯谷利恵さんの事件の加害者3人の死刑を求める署名が、11月1日現在で181,088名になったそうです。
http://www2.odn.ne.jp/rie_isogai/
事件から2ヵ月ちょっとでこの数です。
裁判員制度が仮に中止になっても、検察の意向、そして世論の圧力で厳罰にせざるを得なくなるのではないでしょうか。
ある意味、私には犯罪そのものよりも、こっちのほうが怖いです。
アメリカの陰謀!爬虫類人の恐怖!! (フリーライター)
2007-11-03 23:42:10
旧5000円札。
まず、皇室を意味する菊の御紋がまっ二つに分けられている。
そしてその真ん中に彼らの象徴である「万物を見通す目」。
これは皇室が彼らのコントロ-ルを受けていることを示している。
また日本がはじっこにある不思議な地図。
これは太平洋を彼らが支配していることを示している。
そしてこの人物、新戸部稲造は初代国連の事務次長として彼らに尽くした人物である。
裏側に富士山が印刷されているが、その手前にある湖面には「彼ら」の象徴であるシナイ山が描き込まれているのである。
http://rerundata.hypermart.net/aum7/2/oz2/oz205.html

今まさに、天使と悪魔の戦いです。
1ドル紙幣を見ればわかるように、アメリカも最初からそれに組み込まれている。
http://www.eonet.ne.jp/~maxim/contents/column/column_AC026.html

いろいろ嫌なものが、全部あの中に入っている。
旧5000円札は菊の御紋を割ってみたり、造幣局の中にも「闇の権力」が忍び込んでいる。

最初に紙幣を作った人はマイヤー・アムシェルです。
国債とか、外債とか、LC(信用状)とか、みんなユダヤ人が作りました。
結局彼らは職業としてお金しかいじれなかった。

彼らには強烈な選民意識があります。
自分たちこそ神に選ばれた。それは非常に間違った信念、歪曲されたものです。

ユダヤ民族が抱いている、自分たちだけが選ばれているという選民意識から、統一のためには手段も選ばず、力の道でも何でも使いこなしていく。

一つの民族の生き方にも光と闇があります。
その闇の部分が、彼ら自身にはわかっていない。自分たちが選ばれたのだから、手段も選ばずいろんな形で力の道で、あるときは軍産複合体を使って、いうことを聞かなければ爆撃してでもいうことを聞かせる。あるいは、金融メーソンというか、金融の力で有無を言わせず世界を統一していく。それは力の道ですから、神の目から見たら反したものです。
歪曲した信念はすごく怖いと感じます。

そういうことではないのです。

爆撃していうことを聞かせるといっても、平和になるどころか、もっと難民をつくって、もっと国をぐしゃぐしゃにしてどうなるのという感じです。

彼らはほとんど魔の世界からの導きでやっていますから、歪曲した信念をそのまま力の道で押し通そうおというのでしょう。それは違うよということを、私たちは信念を持って、人間がより人間らしく生きていく世界にするためにはどうしようかということを、肉体を持った人間として、知恵と勇気と洞察力を持ってやっていく。そういう力を恐れずに対抗してやっていく。

真実を伝えていかなければなりません。今の国民のこのザマを見てください。郵政民営化という真っ赤なウソで、アメリカに牛耳られている。奴隷以下の国家に成り下がっています。

マスコミが全部封じていますから、そのようなことを国民が知らないのです。

ですから一人でも多くの人に知らせていくことが大切です。

日本の民族は、民度がすごく高いと思います。
知らないからこんな結果になってしまって、これから1~2年の間、この反動は大きいと思います。

命がけでこの国を立ち上がらせなければ、こんなすばらしい国家なのに、とんでもないことです。
「凶悪」とは何か (ゆうこ)
2007-11-04 15:39:08
>犯罪そのものよりも、こっちのほうが怖いです

 すごい数になっているのですね。被害者遺族の痛みは察して余りあるものですが、第三者の、謂わば「私刑」(リンチ)には、強い危惧を抱かざるを得ません。恐くなりました。
 「体感治安」のほうのエントリへTBさせて戴きましたが、政策的なやり方も要因にあると思いますね。


http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/ec53345b4704b07cb18d67d8d710d89d
光市の最高裁判決のように、「冷酷」「残虐」「非人間的」と最大限の非難の言葉を並べて、もっぱら人を処罰するばかりですから、マスコミも市民も、司法に厳罰を求めるんですね。「殺せ」、「吊るせ」とガーッと騒げば司法は簡単に動くものだと、実際動いてしまうんですけどね、そういう、全体としての同化現象というか軟弱現象が起こっているという気がします。
もっと修復的司法を (円)
2007-11-05 19:08:23
「週刊文春」を立ち読みしてたら、犯罪被害者と加害者とが対話する会についての記事がありました。
修復的司法の説明もあり、いい内容だと思います。
ただ、「なぜ被害者が加害者の更正に協力しなくてはいけないのか」という文章や、息子さんが殺された武ゆり子さんの「被害者の立場から見ると、修復的司法は加害者のためだと思います。殺人の場合は、修復的司法は難しいのではないでしょうか。子どもを殺された親はどんなことをされても、加害者を許すことはできないからです」というようなコメントもあり、修復的司法を誤解する人がいるかもしれません。
修復的司法は加害者だけではなく、被害者にとっても救いにつながると思います。
また、お子さんを殺された方の中で加害者と会っている方はおられますし、被害者のすべてが厳罰を求めているわけではありません。
マスコミは厳罰を求めていない被害者、加害者と交流のある被害者の紹介もしてほしいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
浜井浩一,芹沢一也『犯罪不安社会』 (itchy1976の日記)
犯罪不安社会 誰もが「不審者」? (光文社新書)浜井 浩一,芹沢 一也光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、浜井浩一,芹沢一也『犯罪不安社会』を紹介します。犯罪について統計と思想の面から現状を教えてくれる。現状把握のための本である。論点はすごくわかりやすかっ...