三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

本当のイエス探し

2007年08月29日 | 

アーヴィング・ウォーレス『「新聖書」発行作戦』という本は、今まで知られていなかった福音書が発見された、ということから起こるお話。
あざとくて、どうも好きにはなれなかったが、アメリカ人のキリスト教や聖書についての思い入れの深さを知った。

ハーバート・クロスニー『ユダの福音書を追え』は小説ではなく、名前だけが知られていた「ユダの福音書」が1970年代にエジプトで発見され、2001年に研究者の手に渡るまでを描いたノンフィクション。

「ユダの福音書」とは、2世紀ごろに書かれたとされるグノーシス主義の文献である。
ユダは金のためにイエスを売ったのではなく、イエスの指示に従っただけだということが書かれてあるそうだ。
「『ユダの福音書』では、ユダはイエスが言いつけたことだけを行い、イエスの言葉に耳を傾け、最後までイエスに忠実だった。イスカリオテのユダは、イエスに愛された弟子であり、かけがえのない親友だったのだ」

こんなことが「ユダの福音書」書かれているそうだから、『ユダの福音書を追え』は「従来のユダ解釈を一八〇度くつがえすものだ。ユダはイエスに選ばれたのだ」とあるし、米国ナショナル ジオグラフィック協会は「歴史を覆す大発見」なんて言っている。
はたしてどんなもんか。
聖書研究家やグノーシス主義者ならともかく、キリスト教正統派が「ユダの福音書」を読んでも、信仰は揺るがないのではないかと思う。

ジェイムズ・D・テイバー『イエスの王朝』は、イエスは人間であり、人間の父と母がいた、つまり、人間イエスを主張している。
著者はノース・カロライナ大学宗教学研究所所長であり、シカゴ大学で聖書学の博士号を取得しているというのだから、怪しい人物ではないと思う。


「母マリアは家どうしの取り決めによって、かなり年上のヨセフと結婚することになっていたが、婚前に別の男性によって妊娠させられた可能性が高い。その後マリアは、夫ヨセフかその兄弟クロバとのあいだに、男四人と女ふたりの六人の子をもうけた。
また、メシア運動のそもそもの創始者はイエスというよりも洗礼者ヨハネであり、この運動がのちにキリスト教に発展した。イエスは親族でもあったヨハネに最大の敬意を払っていた。ヨハネを預言者とも師とも、また「神の国」を招き入れる人物とも呼んでいた。
イエスはヨハネがはじめた運動に加わり、ヨハネの洗礼を受け、ともにメシア運動を推し進めていった。こうして洗礼者ヨハネとイエスは、彼らの時代にふたりのメシアが出現するというユダヤ民族の期待に応えることになった。ひとりはアロンの子孫で「祭司としてのメシア」、もうひとりはダビデの子孫で「王としてのメシア」である」
ということなんだそうだ。
イエスの死後、イエスの弟ヤコブが教団を継ぎ、ヤコブの死後はやはり弟のシモンが継承した。
「ヨハネとイエスの教えは単純そのものである。彼らが告げたのは、神の国がまもなく到来すること、それゆえ、すべての人は罪を悔い改めなさいということだ」
神の国とは神が約束した地上の国のことである。
「イエスが待望したのは「地上における神の国」だった」
しかし、パウロがイエスの教団を変えてしまった。
「パウロにとっての神の国は霊的な王国だった。神の国は天にあり、地上のものではなかった」
「パウロが伝えたことは、天上のキリストに対面するという彼自身が見た幻に基づくものだった。だが、ほどなく正統的なキリスト教教義の基礎になったのは、パウロの主張のほうだった」

マリアが死ぬまで処女のままだったというのは考えてみるとおかしいし、ユダヤ独立運動とイエスが関係あると言われれば、そうかなと思う。

どうしてイエスの生涯や教えについての異説、異端が次々と登場するのだろうか。
イエス=神という考えから無理が生じてくるのではないかと思う。
宗教的真実が歴史的に正しいとは限らないからである。
たとえば、釈尊は生まれる前に兜率天にいたとか、母親の左脇腹から産まれたとか、誕生してすぐに七歩歩いたとか、それは歴史的事実とは言えないだろう。

あるいは、義経がチンギスカンになったとか、秀頼は大阪城を逃れて薩摩へ逃げたとか、それとかイエスが青森までやって来たとか、そういうあっと驚く話が昔からあるわけだが、その手のホラ話がみんな好きなだけのことなのかもしれない。

釈尊については「釈尊は実はアウトカースト出身だった」というような新説は出てこない。
ま、大乗経典がSFじみた話をたっぷり説いているから、今さらということなのかもしれないが。

コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

湯浅顕人『ウィニー』

2007年08月26日 | 

先日の新聞にも、ウィニーで個人情報が流出した、という記事があった。
これだけ問題になっているのに相変わらず同じことがくり返されるのはなぜか、どうして個人情報が外部に漏れるのか、そこらがよくわからなかった。
湯浅顕人『ウィニー』を読んで、ウィニーとはどういうソフトなのか、どんな危険性があるのか、ようやく理解した。

ウィニー悪用ウィルスによってどういうことになるのか。

・使用中のデスクトップ画面が画像となって流出
自分が今パソコンで見ているものが画像となる。
メール、作成中の文書、閲覧しているホームページ、ネットショッピングする時に入力するクレジットカード番号etcといった画面が画像ファイルになる。
・オフィスで作った文書、メールとアドレス帳がアップロード用フォルダにコピー
オフィス文書やメールが誰でも見れるようになる。
・ハードディスク全体をホームページとして閲覧できるようにする
ウィニーをつかったことのない人でも、他人からもらったファイルで感染すれば、自分のパソコン内のすべてのファイルが流出するウイルスもあるそうだ。

で思ったのが、ハードディスクは人の心みたいなものではないだろうか。
誰もが他人には知られたくない、心に秘めていることがある。
それは人には見せたくない部分であるし、自分自身ですら気づいていないことがあるかもしれない。
その秘められた部分をウィニーは他人にさらけだしてしまう、しかも私の知らないうちに。
いつ裸の王様になるかわからないというわけである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命の値段

2007年08月23日 | 日記

のち

臓器移植をしないと助からない病気の子供たちが、外国に行って臓器移植できるよう援助する「救う会」というのがいくつもある。
「救う会」のHPをあれこれと見ると、だいたい募金目標額は1億円以上のようである。

で、ユニセフのHPに「母の願い」というページがあって、こういうことが書かれてある。

 かぜをこじらせて、あるいははしかなどの感染症から肺炎になり、命を失う乳幼児は年間250万人に達します。もし、薬(抗生物質)があれば、多くの幼い命が救われます。
肺炎に効く抗生物質は1人5日分で約30円
もし、3000円のご支援があれば、100人の子どもに5日間抗生物質を投与することができます。

 不衛生な水などが原因で下痢になり、脱水症で命を失う子どもは年間160万人もいます。しかしORS(経口補水塩)というスポーツドリンクの素のようなものを安全な水に溶かして飲ませるだけで、身体への水分補給を劇的に助け、大勢の子どもの命を救うことができます。
ORSは1袋(1リットル分)で約7円
もし、5000円のご支援があれば、ORS681袋を提供することができます


 感染症の中でも、はしかだけで年間55万人の幼い命が奪われています。予防接種さえできていれば、救えたはずの命です。
8種類(はしか、結核、百日ぜき、ジフテリア、破傷風、ポリオ予防接種、黄熱、B型肝炎)の予防接種用のワクチンのコストは1人あたり約60円
もし、10000円のご支援があれば、166人分の予防接種用ワクチン(8種類)を用意することができます

 栄養不良は、子どもから体力や免疫力を奪い、かぜや下痢などのありふれた病気で命を奪う大きな原因となっています。
衰弱した子どもの体力を回復させる栄養補助食ユニミックスは、1食分で約15円
もし、30000円のご支援があれば、2083食分の乳幼児用ユニミックスを提供することができます

 出産前後のケアを改善することで、多くの赤ちゃんの命を守ることができます。
1人の母親の出産に必要な清潔で安全な器具、消毒液、医薬品一式は、約1580円
もし、50000円のご支援があれば、31人の母親の清潔で安全な出産を手助けすることができます

ユニセフのHPには、「たとえば・・・皆様の募金で可能な支援例」というのも書かれてあって、

3000円のご支援で 
 10人の子どもにスケッチブックと8色のクレヨンセットを提供することができます。

5000円のご支援で
 マラリアを防ぐ蚊帳を7張り提供することができます。

8000円のご支援で
 保健員が遠くの村へ予防接種のワクチンを運ぶための保冷ボックスを8箱調達することができます。

15000円のご支援で
 はしかのワクチン903回分を調達することができます。

30000円のご支援で
 1錠4~5リットルの水を浄化できる浄水剤を21551錠、提供することができます。

50000円のご支援で
 緊急時にも学校を開くことができる緊急教材セット(80人の生徒と1人の先生用)を、2クラス分提供することできます。 

これまたユニセフのHPから。
「1年間に5歳の誕生日を迎える前に亡くなる子どもの数が1100万人にもなっています。この数は1日にしたら3万人、時間にすると3秒にひとりの割合です」

1億円あれば、と思った。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

被害者感情とは

2007年08月20日 | 厳罰化

去年、福岡市で飲酒運転によって3人の子供が死んだという事件があった。

「事故をきっかけに道交法が今年6月改正され、ひき逃げの最高刑は懲役5年から10年に、飲酒運転(酒酔い)では3年から5年に引き上げられ、飲酒運転をそそのかしたり、車両や酒類を提供する行為への罰則も新たに盛り込まれた」

ところが今日の新聞を見ると、お子さんたちのお父さんである大上哲央さんがこういうことを言っておられる。
「飲酒運転事故がなくならない現状に「私たちと同じ悲惨な事故が二度と起きないよう、注意してほしい」と訴える一方、厳罰化については「必ずしも事故の減少につながるとは思わない。厳罰化すればするほど事故現場から逃げる人が増えるのではないかと思う」との懸念も示した」

この記事だけでは厳罰化についての大上さんのお気持ちは今ひとつわからない。
が、事故防止のために厳罰化がはたして効果あるかどうか、そのことに疑問を感じておられることはたしかだと思う。

第三者である我々が厳罰化を求めるのは、再発防止や加害者の更生などではなく、単なる応報感情にすぎないのではないか。
レニー・クッシングさんという、お父さんがお母さんの面前で射殺されたれたが、犯罪被害者家族の死刑廃止団体MVFR代表をされている方がいる。
クッシングさんのお話の中で、「父が殺されたことについてとても怒っていました」けれども、友人から「犯人が早く死刑になればいいね」と言われてショックを受けた、ということを言われている。

被害者感情ということがことさら強調され、被害者感情→厳罰化 ということになっているが、被害者のお気持ちはそんな単純なものではないのだろう。
怒り、恨み、憎しみとともに、こういう事件が二度と起こらないでほしい、という願いがあると思う。
再発を防ぐためにどうしたらいいのか、それは感情論だけでは答えは出ない。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

袴田事件とメディアの圧力

2007年08月19日 | 死刑

のち 

冤罪だ言われている事件はいくつかあるが、袴田事件もその一つ。
1966年6月、家族4人が殺された事件で袴田巌氏が逮捕された。
袴田氏は取り調べで自白しているが、後に否認。
物的証拠はなく、自白調書のみ。
その自白調書にしても、45通のうち、44通は任意ではなく強制されたとして証拠採用されなかった。
たった1通の自白調書によって、一審で死刑が下されたのである。
そして、1980年に死刑確定。

ところが、事件から40年経って、一審の裁判官だった熊本典道氏が「あの判決は間違いだった。袴田氏は無罪だ」と告白している。
熊本氏は講演で次のように語っている。
「自白のほとんどを証拠として使えなくなると、当時出てた証拠では、彼と四人殺害と放火、これを結びつけるものはほとんどなかった。あとはもう審理しなくても無罪にできるなと思った」
熊本氏は無罪の判決文を書き、それが法廷で読まれるはずだった。
「私のその無罪の判決をもって合議をしようということになって三人で合議を始めたんです」
ところが、2対1で死刑になってしまった。

なぜか。
自白調書がたくさん出たことと、「メディアの圧力」だ、と熊本氏は言う。
45通も自白調書を作った捜査官に対して「よくやったな」という気持ち。
そして、メディアの圧力に裁判官が影響されたわけである。

「新聞報道、「あの事件の犯人は袴田以外には考えられない」というような論調がものすごく多かった(略)。裁判官って人種は活字に非常に弱い。活字を大事にする。目の前にあるやつは、書いてあるものは全部読む。そうすると、みなさん考えてごらんなさい。朝昼晩、テレビ、ラジオで放送はする。来た新聞は全部まじめに読む。そうすると、それなりに有罪のイメージが、「ああ、袴田が犯人に違いない」ってイメージができ上がりますよ」

マスコミ報道によって判決が左右されるというのだから恐い話である。
メディアが大騒ぎする事件と、あまり話題にならない事件とでは、裁判の結果に違いが出るということになる。

それにしても一審判決は1968年、そのころですらメディアが裁判に影響を与え、裁判官ですら無罪と確信した事件が死刑になっているのである。
昭和40年代のメディアの圧力は、何か事件があると朝から晩まで垂れ流し、世論を煽り立てている現在の比ではあるまい。
裁判官はマスコミ報道に対してどういう態度をとっているのだろうか。

「自分のみを律する厳しさを持っているか持っていないかが、裁判官か素人かどうかの違いだとしか僕は思っていない」
と熊本氏は言う。
マスコミ受けを狙ったり、出世をまず考える裁判官が多いのではないかと心配になる。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

8月15日

2007年08月16日 | 戦争

産経新聞8月15日の「産経抄」にこういうことが書かれてある。
「▼なんといっても情けないのは、終戦記念日のきょう、靖国神社に参拝しようという気骨ある大臣がいないことだ。確かに靖国参拝を政治的に利用しようという動きは厳に慎まねばならない。だが、過去半世紀で初めて誰も大臣が参拝しないというのは、異常な事態だ。
▼心ならずも散華した幾百万の先人に真っ先に頭を垂れるべき防衛大臣にとって、九段の杜は、ワシントンのアーリントン墓地よりも遠いらしい。山本有二金融担当相に至っては「公的参拝は歴史的経緯からアジアの政治的安定を害する」と妄言を吐いている」

「過去半世紀で初めて誰も大臣が参拝しないというのは、異常な事態だ」とあるが、8月16日の毎日新聞によると、
「靖国神社刊行の『百年史』で、80年より前に閣僚が「8・15」した記録は、63年の賀屋興宣法相(元日本遺族会会長)ら2人だけだ」
ということだから、「異常な事態」でも何でもない。

それともう一つ気になるのが「心ならずも散華した幾百万の先人に真っ先に頭を垂れるべき防衛大臣にとって、九段の杜は、ワシントンのアーリントン墓地よりも遠いらしい」ということ。
何度も書いたことだが、どうして九段の杜でなければならないのか。
それと「心ならずも散華した」だったら、「お国のために」というのはタテマエで、死にたくなかったというのがホンネだったということになる。

ちなみにgoo辞書では「散華」は、
(1)〔仏〕
(ア)仏を供養するために花をまき散らすこと。
(イ)特に法会で、偈を唱えながら列をつくって歩き、蓮の花びらの形をした紙をまき散らす法要。
(2)戦死を美化していう語。
という意味である。
「心ならずも散華した」とは「心ならずも戦死を美化した」ということになるのだが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暑さ自慢

2007年08月14日 | 日記

毎日暑い。
千葉に住んでいる姉が帰省して言うには、「東京はもっと暑い。広島は涼しい」
ええ~、と思った。
こんなに暑くてヒーヒー言ってるのに。

姉は自慢をしているわけではなく、広島駅に降りた時の率直な感想だったわけだが、私の大学時代にした暑さ自慢を思いだした。
九州の人間が「九州は暑い」と言えば、「京都の暑さは違う」と反論する奴がいて、しかし北陸や東北の人間も負けてはいない。

それにしても、大学のころにはつまらぬお国自慢をいろいろしたもんです。
名産物が何かとか、住んでいるところが都会だとか、今から考えるとしょうもないことを、恥ずかしげもなくお互いに言い合っていた。
香川出身の人間が「香川は人口は少ないが、人口密度が高い」と自慢した時には、いささか驚いたが、私にしたって「広島はいい酒があって」などと、ろくに酒を飲んだことのないくせに、さぞ酒飲みのように通ぶってましたなあ。

それにしても、どういう形であっても人より上に立ちたい、という煩悩はいまだに消えません。
私がパソコンをカチャカチャしている横で、妻がクイズ番組を見ている。
アイドルたちが出て、なぜかアホな答えをしては、みんなが大笑いするクイズ番組である。
妻も「そんな~」とケラケラ笑いながら見ている。
それくらい私でもわかるのに、という優越感があるなと、私は冷ややかに見る。
私が妻に「こんなこともわからないのか」と言ったら、かならずはぶてるのだが。

東大や京大出身が解答者のクイズ番組もある。
難問をあっさり答えると、「へえ~、さすが東大」となるのだが、この人たちにもわからない問題がある。
そんな時、妻は何やらホッとするらしい。
東大を出てもわからないことがあるんだな、私と同じ、という安心か。

で話は戻って、姉に「広島は涼しい」と言われて「えっ」と思ったのは、「あんたの苦しみは大したことじゃない」と言われたようなものだからだと思う。
しんどさをわかってもらいたい。
「大変だったですねえ」とか「苦労しましたねえ」と言われると、思わずニッコリするもんねえ。
つまらぬ自慢はやめとこうと思うのだが、愚痴を言う快感はやめられません。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

想田和弘「選挙」

2007年08月11日 | 映画

想田和弘「選挙」というドキュメンタリーは、2005年秋、川崎市議会補欠選挙に自民党公認で立候補した山内和彦氏(40歳)の選挙運動奮闘記。
山内氏は知り合いから誘われて公募に応募したのだが、公募といっても出来レースらしい。

東京で切手コイン商を営む山内氏は川崎市に引っ越して、選挙運動を始める。
選挙に負ければ市議会与党の座を奪われる自民党としては、何としても勝たなければならないというので、国会議員、県会議員、市会議員も応援する。
山内氏はまったくの素人だし、自民党丸抱えだから、みんなの言いなりになるしかない。
みんなから怒られる山内氏がかわいそうになる。
だけど、三浦博史・前田和男「選挙の裏側ってこんなに面白いんだ!スペシャル」によると、落下傘候補に対し「地元議員はあまりあたたかく迎えてくれない」そうだ。

選挙が公示される前、山内氏は駅前で誰も聞いていないのに演説する。
といっても、「小泉自民党の山内です」「改革に取り組んでいきます」とだけしか言わない。
国会議員、県議、市議たちと一緒に、保育園の運動会でラジオ体操をし、祭りの御輿をかつぎ、農協の会合に出席。
改革を言うのなら、まずはこういうところから改めてほしいと思うが、それじゃ当選はできないということですね。

もっとも、「選挙の裏側ってこんなに面白いんだ!スペシャル」を読むと、「駅前や街頭で一人果敢に政策を訴え、ビラをなど配る」辻立ちやドブ板選挙は大切なんだそうだ。
野田聖子は初めて県議会に立候補した時、1日100軒、選挙までに1万人と会っい、そうして14,908票取って当選。
衆議院選では7万軒、両親が1万軒ずつ歩き、95,734票で当選。
つまり、まわった家の分だけ得票していることになる。

1000票という僅差で民主党候補に勝った山内氏は、無事市会議員になる。
もっとも次の選挙では、応援してくれた市会議員はライバルになるから、応援を期待できない。
当選したからといって、次がどうなるかわからないのだから厳しい。

で、現在の川崎市議会議員名簿に山内氏の名前はない。
次の選挙には立候補しなかったそうだ。
山内氏の選挙費用はほとんどが自腹だそうで、1年ちょっとの任期では取り戻していないのではないだろうか。

山内氏は状況が違っていたら国会議員の公募に応じ、杉村太蔵の代わりに国会議員になっていたかもしれない。
山内氏のほうが何となく期待できそうな気がするが、議会という仕組み、自民党という組織の中で新米の議員に何ができるのかとも思う。
で、この映画を見た川崎市民が、山内氏に再び議員になってもらいたいと運動したら、山内氏は市会議員に再びなることができるだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田部戒自「広島市の山を歩く」

2007年08月08日 | 

田部戒自「広島市の山を歩く」という本は、山歩きのガイドブックとしてはスグレモノである。

その1,広島市のすべての山を網羅している。
「広島市域の全81山、ほぼ全コースを上・下巻の2冊に分けて紹介しています」
ということで、登山道があろうとなかろうと、すべての山について書かれているところが、まずすごい。

その2,山にはいろんな道があるが、通常のガイドブックには一つのコースしか書かれていない。
ところが、「広島市の山を歩く」にはほとんどすべての道(藪こぎを含む)が載せられている。
「コースは道の良い特定のコースに限って紹介するのでなく、道のないコースも含めてすべてのコースを紹介しました」

その3,住宅地や道路から登山道へのは入り口は案外とわかりにくい。
まして山の中だと、なおさら迷いやすい。
そこを丁寧に説明してある。
しかし、私はそれでもなおかつ道に迷うんだからどうしようもない。

もう一つ、普通、ガイドブックのコースタイムは実際より長めに設定されている。
私はせっかちなので、いつもせかせかと歩くのだが、「広島市の山を歩く」のコースタイムより早く歩くのはしんどい。
この本に紹介されている山を「歩いたのは私(田部氏)が66歳から68歳」の時なんだそうだ。
うーん、大したもんだと驚く。

上巻は中国新聞からの発行だが、下巻は自費出版らしい。
これだけの本をどうして中国新聞は出そうとしなかったのか不思議である。
私だって「広島市の山を歩く」を買ったわけではなく、図書館で借りるわけで、田部氏に申し訳ないと思う。

「広島市の山を歩く」を片手に山歩きをしていると、「広島市の山を歩く G」などと書かれた白いテープを結構見かける。
アルファベットは「広島市の山を歩く」所載の地図に書かれてある記号である。
読者がしているのだろうか、それとも田部氏だろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イソップ寓話集」

2007年08月05日 | 

本を読む時、伝道掲示板に使える言葉はないかと、いつもスケベ心を持ちながら読んでしまう。
「イソップ寓話集」(岩波文庫)は法話に使えそうなお話がぞろぞろある。
その一つが「守銭奴」という話。

守銭奴が全財産を金に換え、金塊を買って、それを城壁の前に埋めると、しょっ中出かけて行っては検分していた。近くに住む職人が男の足繁く通うことに気づき、事の次第を推し量って、男が立ち去った後に金を盗みとった。
男は次にやって来ると、そこが空っぽになっているので、泣きわめき髪をむしった。身も世もあらず嘆いているのを人が見て、訳を知って言うには、
「お前さん、悲しむことはない。同じ場所に石を埋め、金だと思うことだ。有る時にも使わなかったんだから」
使わなければ持っていても意味がない、ということをこの話は説き明かしている。

仏典にありそうなお話である。
金塊とは何か、いろいろなものにたとえることができる。
で、白けるのが教訓である。
「使わなければ持っていても意味がない」というのではね。
C・S・ルイス(「ナルニア国物語」の作者)「キリスト教の精髄」にある、
「あなたが捨てなかったものは何にせよ、ほんとうにあなたのものとなることはできない」
のほうが気が利いていると思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加