三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

市川光雄『森の狩猟民』

2017年03月26日 | 

市川光雄『森の狩猟民』は、1974年8月から1975年7月までザイール(現在のコンゴ)北東部にあるイトゥリの森に住むムブティとよばれるピグミーの生活を、市川光雄氏が調査した記録。

市川光雄氏は1980年10月から1981年1月まで再度、イトゥリを訪れます。
5年間で変わっていたことは、まず市場が開かれていたこと。
行商人が多くの品物を売るようになった。
そして、ムブティ・ピグミーたちは服装があまりに立派になっており、パンタロンにニットのシャツを着ている者もいた。
6年前は、男はたいてい半ズボン一枚で暮らしており、長ズボンをはく者はなく、老人の多くは伝統的な樹布製のふんどしをつけていた。

衣服は肉の交易によって得たものである。
ピグミーたちは布を得るためには、以前よりも長時間働かなければならない。
交易人は絶えずムブティの新しい欲望を刺激する。
ピグミーは物品を手に入れるために懸命に働かなければならない。
ムブティ・ピグミーの社会は、交易が浸透するにつれて、徐々にプア・ソサエティーに変貌しつつある。

そして、市川光雄氏はあとがきで、「最近入ったニュースによると、砂金が発見され、原生林の中に人口数百人の町ができ、レストランやバーが建ち並んだ」と書いています。

『森の狩猟民』は1982年の発行ですから、35年も前です。
ピグミーたちは現在、どのような生活をしているのか気になりました。
コンゴ(ザイール)では内戦が1996年から2003年まで続いているし、ルワンダなど周辺国から大量の難民が入っています。
ネットを調べると、政府軍兵士、反政府軍勢力組織の一部の部族が集団的に、ピグミーを「戦時食」として動物のように狩猟し、料理して食してると、イギリスの新聞「インディペンデント」が報じ、国連もこの事実を確認したとあります。

図書館でピグミーに関する本がないかと調べると、近年に発行されたものは寺嶋秀明『森に生きる人 アフリカ熱帯雨林とピグミー』(2002年刊)ぐらいでした。

寺嶋秀明氏は、伐採が森を破壊しており、森が危機に瀕していることを危惧しています。
イトゥリの森では、あまりに道路が悪く、切り出しても港まで運ぶことができないため、木材の伐採はまだそれほど盛んではない。
しかし、カメルーン南部のピグミーが住む村では、伐採の影響が深刻になっている。
カメルーンの首都ヤウンデからコンゴ共和国の国境近くまで車で移動していると、毎日、丸太を満載したトレーラー100台以上とすれ違う。

『森の生活民』によると、狩猟採集民は食料を手に入れるために長時間働いていたわけではないそうです。
ブッシュマンの労働の調査によると、ある地域には206人が住んでいて、このうち生計維持者は111人だった。
男は週に平均3~5日の割で狩猟に出かけ、一回の猟に5~12時間を費やしている。
女はほとんど毎日、植物性食物の採集に出るが、一日の労働時間は1時間から数時間にすぎない。
食物獲得のための労働は、生計維持者1人あたり、週に平均2~3日を費やすだけという報告もある。
ブッシュマンの生活の大半は、食物獲得にではなく、余暇にあてられており、生活は想像されたほど厳しいものではない。
オーストラリアの原住民も、労働時間は1人一日平均3~4時間と5時間強である。

ピグミーは今も狩猟採集の生活を続けているのでしょうか。
寺嶋秀明氏は、オルテガ『狩猟の哲学』にある「労多き仕事」と「幸多き仕事」ということを取り上げ、ピグミーは「幸多き仕事」だと書いています。
「労多き仕事」とは、仕事それ自体ではなく、報酬のためにする仕事である。
「幸多き仕事」とは、それ自体が目的となる仕事で、仕事をしていることが楽しく、生き甲斐を感じる。
しかし、30年前に市川光雄氏が書いている、ピグミーの消費生活が現在も進行しているとしたら、ピグミーたちは「労多き仕事」をしているかもしれません。

香山リカ『堕ちられない「私」』に、ウルグアイのムヒカ大統領の言葉が引用されていました。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今は、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか? バイク、車、などのリボ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払っていったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。


市川光雄氏はこのように書いています。
石器時代の人類は、富の追及を生活の目的としていたわけではなく、生きるのに必要なものを得れば事足りたのである。
彼らの必要量に比べれば、自然はほとんど無尽蔵の宝庫だった。
欠乏感がないことを「豊か」だとするならば、当時の人類はそれなりに豊かな生活をおくっていた。

ピグミーの生活の変化は私たちとの合わせ鏡のようです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反省と更生

2017年03月12日 | 厳罰化

池谷孝司『死刑でいいです』は、2005年に姉妹を殺害して死刑になった山地悠紀夫のルポルタージュ。
いろいろと教えられることがありましたが、信田さよ子氏(心理学者、臨床心理士)と藤川洋子氏(元家裁調査官)がインタビューに答えて、更生と反省について語っていて、それをご紹介。

信田さよ子さん

私は性犯罪者の処遇プログラムもやっていますが、反省は最後です。まずはどうやって再犯を防止するか。反省を促すより、まず再犯させないというのが重要です。これは北米では常識です。でも、日本は明治以来の刑法で、時代錯誤的にまず反省を求める。でも、中途半端に反省を求めても言い逃れを生むだけです。マニュアル的に「申し訳ないことをしました」と頭を下げるだけでは駄目。反省しなくても、再犯の防止はできる。


私は、まず反省することが更生の第一歩だと思っていました。
ところが、浜井浩一氏が「罪の意識は、科学的に見て再犯を防止できるかということです。これは科学的な結論だけ言うと、罪の意識は再犯を防止できないということです」、あるいは「罪の意識は社会復帰を阻害します」と否定しているのを読んで、驚きました。

岡本茂樹『反省させると犯罪者になります』にも同じことが書かれてあり、反省を強いることは逆効果になりかねないということは、専門家にとって常識なのでしょう。

ただし、一般人には受け入れがたいと思います。

性犯罪者処遇プログラムも、人格は尊重し、褒めるのが基本です。DV加害者にもどうなりたいかを聞き、現状とのギャップを埋めるように方向づけをします。できたことを褒め、やる気をかきたてる。世の中の人は「甘い」と言うだろうけど、効果的なんです。

犯罪ではなくても、たとえば戦争責任や慰安婦問題などでも、頭ごなしに謝罪を求められると反発したくなるのも同じことかもしれません。

児童虐待にもその背景があります。

暴力を受けて育つと、暴力を肯定的に考える人が多いんですよ。

虐待は世代間連鎖するといわれているが、虐待するのは多くが父親であり、父親から母親へのDVを見て育った息子に暴力が連鎖することが分かってきた。
世代間連鎖は父から息子へという男の問題だということです。

私たちは再犯をさせないために、何が必要かを考える。「何が犯罪に至らせたか」より、「何があれば再犯を防げるか」を考えるんです。「報復」か「許す」かという二者択一ではなく、「再犯防止」という観点が重要です。いたずらに謝罪するのは反省ではない。謝罪、反省というのは、人間扱いされて初めて出ることなんですよ。

「反省→更生」ではなく「更生→反省」ということなんですね。

山地悠紀夫は発達障害だったらしく、『死刑でいいです』では発達障害について書かれています。
藤川洋子さん

相手への共感性が乏しく、反省を感じにくい子には、反省よりもまず、再犯の防止を優先して更生を考えるのが重要です。私は「反省なき更生」と呼んでいます。反省は必要ですが、より大切なのは再び事件を起こさせないことです。
うまくいっているとそう事件なんか起こしません。本人が更生することは、同時に再犯防止になるわけです。まず反省させてから更生となれば、反省できない子は先へ進めなくなる。少年に罰を与えたからといって、なかなか反省できるものではありませんが、特に発達障害の子はそうです。
もともと人間は安全感を持てないと、本当の意味で反省できないと思います。「反省しろ」と言われてもできません。親の愛情を確認できたとか、「おまえのことを大事に思っている」と言われ、無視されずにいろんな人に愛されていたんだ、と感じて初めて気持ちが届く。生きていていいんだ、ここにいていいんだ、と実感できないと、反省なんか出てきません。もともと他人の気持ちが分かりにくい人には余計、きついでしょう。


「反省なき更生」ということですが、反省しなくてもいいということではなく、更生と再犯防止を優先しようということです。

英国はチャリティーの精神が発達していますから、政府もお金を出しますが、寄付も募ってたくさん資金が集まります。「貧しい者にこそ愛を」という考え方があります。「悪いことをしたんだからくたばれ。社会のごみ捨て場でみじめな人生を送れ」という発想はない。日本の場合、世間の見方はそんな感じではないでしょうか。
日本では、英国のように高原のコテージで学習を中心にして訓練を受けているような生活を見ると、怒りを覚える人が多いでしょうね。少年の更生プログラムも理解されにくいぐらいだから。少年院の料理なんか非常に低予算だけど、それでも、事件の関係者が見学すると、中には「こんないいものを食べさせているんですか」と感情的になる人もいます。


刑務所を見学した人が、「こんないいものを食べているのか」とびっくりしてましたが、私もそう感じることがあります。
エマニュエル・ベルコ『太陽のめざめ』では、主人公(たしか15歳)は少年院か児童自立支援施設のようなところに入るわけですが、少年たちはタバコを普通に吸ってて、こんなんで更生するのかと思いました。
感情では納得できないわけです。
だけど、刑務所に入った犯罪者はいつかは出てきます。

久保貴「更生保護における保護司の機能に関する一考察」(『更生保護』2017年1月)にこうあります。

犯罪をした人や非行のある少年の社会復帰を援助する更生保護は、成熟した社会には不可欠のものです。ここでいう成熟した社会とは、犯罪や非行のない社会ではなく、犯罪や非行をした人たちが再び社会に戻り、通常の社会生活を送ることができる社会です。

久保貴氏によると、犯罪をした人を社会から排除するだけでは、安全・安心な社会を維持できません。

加害者の人権ばかり守られて、被害者の人権はないがしろにされている、という意見を耳にします。
被害者の救済や支援と、加害者の更生は分けて考えないといけないと思いました。
そして、再犯しないことも償いの一つではないでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭恵夫人が涙 新映像入手

2017年03月02日 | 日記

2014年4月、森友学園が運営する幼稚園に安倍昭恵さんが訪問した際の映像をFNNが伝えています。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00351247.html
これは驚きでした。

園児たちは声をそろえて「日本国、日本国民のために活躍されている安倍晋三内閣総理大臣を、一生懸命支えていらっしゃる昭恵夫人、本当にありがとうございました。ぼくたち・わたしたちも頑張りますので、昭恵夫人も頑張ってください」と、一生懸命大きな声で言う。
個人礼讃を子供に教え込むどこかの国のようだと思いました。
「おぞましい」です。

そして、籠池理事長が園児に「中国から、今、何。言って」と質問すると、園児は「中国から鉄砲とかくるけど、ぜったい日本とかを守ろう」と答えます。
もっとも、これはあらかじめ、こう答えるのだと教えられているようです。

最後、保育士が「安倍晋三記念小学校をよろしくお願いします」と言うと、園児たちは声をそろえて「よろしくお願いします」と言って頭を下げます。
これじゃ、関係ないとか、知らないとか言えません。

なお、安倍昭恵さんの名誉校長就任は、安倍昭恵さんの承諾を得てから紹介してると、籠池理事長は語っています。

口利きがあったと、籠池理事長は話しています。
正直な方です。
http://ameblo.jp/namaehakingyo/entry-12252347651.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加