三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

強制連行

2017年11月07日 | 日記

在日は勝手に日本に来たんだから、日本が嫌いならさっさと帰れと、ネットに書き込む人がいます。

1910年の朝鮮併合のあと、1910年から1918年にかけて朝鮮総督府は土地調査による土地所有権の確認を行い、届け出のなかったことを理由に、村の共有地や全耕作地の半分以上、山林を官有地として接収しました。
そして、その一部を東洋拓殖会社(1908年設立)や日本人などに安い値段で払い下げています。
そのため、1919年には農民の約77%が自小作農・小作農になり、土地を奪われた朝鮮人の中には、職を求めて満州や日本に移る者が増えました。

強制連行によって日本に連れて来られた人も大勢います。

伊藤智永『忘却された支配』は、戦時中、日本各地の鉱山、発電所、鉄道、港湾、軍事施設の工事・作業現場に、朝鮮から強制連行して働かされた現地をレポートしたものです。

朝鮮から約80万人の朝鮮人が強制動員された。

軍人・軍属は約36万人。

朝鮮人が自分から応募した「募集」は1939年に始まった。

募集の実態は、日本政府が時期・地方ごとに「調達人数」を決め、各企業の労務担当者が現地に出張し、各地の警察組織を通じて、表向きには朝鮮人役職者たちが、集落ごとの指名や割り当てといった形で頭数をそろえ、強圧的に出頭させ、集団で内地に連れ帰った。
1940年には過酷さが知られて集まらなくなり、行政と警察が強圧的に集めた。

1942年から、朝鮮総督府が動員を受け持つ「官斡旋」という制度に切り替わり、老人や病弱者まで連行された。

1944年からが「徴用」、法律に基づく強制連行がなされた。

中国人の強制連行は1944年から本格化した。

3万8935人が連行され、鉱山、土木建設、造船、港湾荷役などで労役を課せられ、6830人が死亡した。
具体的数字が明らかなのは、敗戦後、連合国側からの追及に備え、詳細な実態調査を行なったからである。
1993年、NHKの取材で報告書が世に出たことによって、損害賠償請求訴訟が提起された。

戦後、「徴用」「雇傭」ではなく、あえて「強制連行」と呼ぶのは、有無を言わさず行かされた実態を表すためである。


国の「募集」「斡旋」とはいえ、民間会社が雇用した形だった。

民間業者が労働者を大がかりに移動させ、使い回していた。

炭坑では、女は男より賃金が安く、朝鮮人は女よりさらに安かった。

逃亡は数知れず、ほとんどは捕まって半死半生、時には殺された。

北海道の炭坑から鹿児島の万世に移動させられた朝鮮人は、一度に750人が貨車に詰め込まれ、5日がかりで運ばれた。

すし詰め状態だったため、万世駅に着いた時は、貨車から降ろされてもほとんどの人がすぐには歩けなかった。
低劣な環境で長距離を移動させられた飢えと疲労が、犠牲者を多く出した原因になった。
まるでナチスの強制収容所に送られるユダヤ人のようです。

ただし、朝鮮人戦時動員のすべてが強制連行だというわけではないそうです。

無理強いされたと思っていなかった人、日本での生活はおもしろかったと回想する人、仕方なかったと語る人もいるとのことです。
とはいっても、なぜ多くの朝鮮・韓国人が日本にやって来たのか、その歴史を知らずに「帰れ」と言うのは何なのかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「衆院選 揺れる日の丸、かき消される「アベやめろ」 首相の「アキバ演説」で見えたもの」

2017年10月29日 | 日記

衆議院選挙で自民党は284議席を獲得し、安倍内閣は信任されたことになりました。
安倍内閣の支持率より不支持率のほうが高かったのに、圧勝するのも不思議な話です。
議席を維持した原因は、麻生財務相の考えでは「明らかに北朝鮮のおかげもありましょうし」です。
投票率が戦後二番目に低い53.68%だったこともありますが、これは台風と雨のおかげかもしれません。
安倍首相は強運の持ち主です。

そして、「安倍政権を倒す」と言いながらリベラル候補を排除し、立憲民主党の候補に刺客を立てるなどして、野党勢力を分裂させた小池・希望の党のおかげ。
裏読みすれば、憲法改正をもくろむ小池百合子の深謀遠慮かもしれません。
となると、小池百合子の自民党復党はありえます。
そして、野党第1党を解体した前原・民進党のおかげ。

公明党の力も大きいです。

議席数からすれば自民党の単独政権でいいはずなのに、なぜ公明党と連立を組むのか。
公明党の比例代表の得票数は6,977,712票、得票率は12.51%です。
2014年(投票率52.66%) 7,314,236票 13.71%
2012年(投票率59.32%) 7,116,474票 11.83%
創価学会の信者数は公表されていませんが、約542万人だそうです。
確実に1割の得票を計算できる公明党支持者=創価学会信者の票がなければ自民党は議席を減らしたはずです。

かつて公明党は平和・護憲の党でした。

1988年に出版された創価学会婦人部平和委員会編『まんが・わたしたちの平和憲法』という本があります。
第6章のとびらに「いま憲法(特に第九条)が変えられる動きがあります。一人ひとりが憲法に関心を持ち、第九条の平和の心を守っていきましょう」と書かれています。
http://seoul-life.blog.jp/archives/62149212.html
今は権力という魔にとりつかれ、自民党の言いなりになっている公明党の皆さんに読んでいただきたい。

自民党の日本国憲法改正草案は大日本帝国憲法の復活を目指しています。
http://constitution.jimin.jp/draft/
すなわち、日本国憲法の三本柱の改変です。
・国民主権→天皇主権
・基本的人権の尊重→基本的人権の制限
・平和主義→軍備増強・国防軍の設置

自民党の日本国憲法改正草案についての平川正信名古屋大学名誉教授の説明をまとめました。
・立憲主義
現行憲法の前文は、「日本国民は」という言葉で始まる。
改憲案の前文は、「日本国は」で始まり、国家が憲法の主語になっている。
現行憲法では「国民が憲法で国家を縛る」ことは明確だが、改憲案は「国家が憲法によって国民を縛る」という性格が強くなっている。

・国民主権

改憲案では、前文に日本国は「天皇を戴く国家」とあり、第一条で天皇は「元首」になっている。
これは国民主権の弱体化。

・基本的人権の尊重

現在の13条は「すべて国民は、個人として尊重される」と規定している。
改憲案では「人として尊重される」という文言になっている。
「個人として尊重される」というのは、一人ひとりの人間を個性と人格を持った存在として尊重しますという意味になるが、「人として」だと個人の尊重が弱まる。
人権保障に関しては、「公益及び公の秩序に反してはならない」という制限が出てくる。
何が「公益」で、何が「公の秩序」なのか、人権を制約する法律を作るときには立法者が判断することになる。
多くの場合、法案を作るのはは内閣だから、政府がこういうことは公益に反するとして禁止する法案を作り、それを国会が認めれば、禁止できることになる。

・平和主義

9条が置かれている第2章のタイトルが、現在の「戦争の放棄」から「安全保障」に変えられている。
9条1項は現在と大きくは違わないが、2項は「戦力の不保持」と「交戦権の否認」の規定から、「自衛権の発動を妨げるものではない」という自衛戦争を認める規定に変えられている。
さらに9条の2、9条の3という、新しい条文が付け加えられている。
9条の2では「国防軍を保持する」(2項)とされている。
国防軍は自衛戦争ができるだけではなくて、「国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動」(3項)、すなわち国際的軍事行動も行うことができるとされている。
そして、国防軍の活動のために国防軍の組織や秘密保護に関する軍事法制を整備する(4項)こととされ、それに違反した者を裁判する「審判所」という特別の裁判所を国防軍の中に置く(5項)ものとされている。
9条の3では、国は「国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない」と規定されている。
国民は国に協力して国防に当たらなければならないことになり、徴兵制の根拠にもなりかねない。

フランスのル・モンド紙10月20日の電子版に「安倍晋三、受け継がれし歴史修正主義」という特集記事で、安倍首相の歴史修正主義の危うさを指摘しているそうです。

安倍氏は歴史修正主義者である。たとえば、彼の礼賛する憲法改正は、日本の帝国主義の復興を目指し、1930年代初頭から第二次世界大戦終戦までの日本軍が犯した残虐行為の数々を過小評価ないしは否定しようとする広大な企てのなかの一つだ。

http://lite-ra.com/2017/10/post-3538.html
安倍首相は大日本帝国憲法を復活しようとしているわけで、もっともな指摘です。

片山杜秀『近代日本の右翼思想』によると、右翼は現在に不満を持って現在を変えてしまいたいと考え、失われた過去(事実ではなくイメージにすぎないかもしれない)を志向するということです。

http://blog.goo.ne.jp/a1214/e/fb66abb001cedb5491b84ff2407f6aa8
戦前の日本に回帰しようとする安倍首相は右翼だということになります。

「衆院選 揺れる日の丸、かき消される「アベやめろ」 首相の「アキバ演説」で見えたもの」(毎日新聞10月22日)で、10月21日夜、秋葉原での演説会の映像を見ることができます。
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171024/dde/012/010/002000c
無数の日の丸の旗、「安倍晋三」コールをどのように感じるか。
逢坂巌駒沢大准教授は「ナチスを生んだ戦前のドイツが頭をよぎりました」と語っています。
私も不気味さを感じました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首相、籠池被告を「詐欺働く人物」 「無罪推定」どこへ

2017年10月17日 | 日記

産経・FNN合同世論調査(10月14、15両日)
・安倍晋三内閣を支持するか(カッコ内の数字は9月16、17両日の前回調査結果)
支持する  42.5(50.3)
支持しない 46.3(40.0)
他     11.2(9.7)
・首相が衆院を解散したことを評価するか
評価する  22.7
評価しない 69.0
他     8.3
・衆院選の比例代表で、どの政党に投票するか
自民党   32.9
希望の党  15.0
立憲民主党 14.6
・選挙区で、どの候補に投票したいか
与党の候補    39.5
野党の候補    27.4
http://www.sankei.com/politics/news/171016/plt1710160071-n1.html

ところが、毎日新聞(10月16日)によると、自民党は単独で300議席を超える可能性があるとあります。
安倍内閣を支持しない人のほうが多いし、自民党候補に投票するのは比例代表で32.9%、選挙区で39.5%なのに、どうして3分の1近い議席を獲得するか不思議です。
選挙制度がおかしいとしか思えません。

毎日新聞の全候補者アンケートによると、森友・加計問題への安倍首相と内閣府、文部科学省などのこれまでの説明が十分だったという質問に、自民党候補者は65%が「十分だ」ですが、「不十分」が21%もいます。(10月14日)
安倍首相は森友問題についてどのように考えているのでしょうか。
 


10月11日の「報道ステーション」で、後藤謙次氏が「森友問題では交渉経過を総理の指示によってもう一度検証する、あるいは加計問題については認可問題をゼロに戻すというような決断をされる、そういうお考えはないんでしょうか」という質問に安倍首相がこのように答えています。(23分15秒ぐらい)

あの、まず森友学園の問題なんですが、私が一回もお目にかかっていないということは、これははっきりしています。私が一切指示していないことも明らかになっています。うちの妻が直接頼んでいないということも明らかになっていると思います。で、あと問題は松井さん(日本維新の会)が言われたようにですね。籠池さん自体が詐欺で逮捕され、起訴されました。これはまさにこれから司法の場に移っていくんだろうと思います。値段が適正であったかどうかもですね、財務省が、これは民間の方から訴えられているわけですから、捜査当局が明らかにしていくんだろうなと思います。こういう詐欺を働く人物の作った学校でですね、妻が名誉校長を引き受けたということは、やはり問題があったと。やはりこういう人だから騙されてしまったんだろうと、こう・・・。

私たち夫婦は詐欺師に騙された被害者なんだ、ということです。
ちなみに松井大阪府知事は、森友問題、加計問題、ともに問題ではないという認識です。

「騙されたんだ」という安倍首相の話が続いているのに後藤謙次氏がさえぎり、「総理。結局ね、総理がきちっと結果を出すようなけじめをつけないかぎり、また延々と続いていくんじゃないですか」と質問をするわけです。

それに対して、今度は中野正志日本のこころ代表が「選挙に利用しようとしているからだけですよ」と口をはさんで話が違う方向に流れ、後藤謙次氏の最初の質問には答えないままうやむやになりました。
後藤謙次氏がさえぎらなかったら安倍首相は籠池泰典氏についてどういうことをしゃべったんでしょうか。
聞くことができなくて残念です。

このあと、安倍昭恵氏付きだった谷査恵子さんの話になり、安倍首相が必死で説明しているのにCMとなってしまいました。
安倍首相に話をさせてあげればよかったのに。

籠池泰典氏は詐欺罪などで起訴されましたが、裁判の判決は出ておらず、安倍首相の「詐欺を働く人物」という発言は「無罪推定の原則を無視した」と批判されています。

たとえば元検察官で弁護士の郷原信郎氏は以下のようにきつく批判しています。

「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”
籠池氏は、森友学園が受給していた国土交通省の「サスティナブル建築物先導事業に対する補助金」の不正受給の事実についての詐欺罪で逮捕され、起訴された。しかし、刑事事件については、「推定無罪の原則」が働く。しかも、籠池氏は、その容疑事実については、完全黙秘を貫いていると報じられている。その籠池氏の公判も始まっておらず、本人に言い分を述べる機会は全く与えられていないのに、行政の長である総理大臣が、起訴事実が「確定的な事実」であるように発言する。しかも、安倍首相は、憲法の趣旨にも反する、不当極まりない解散(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」】)を、総理大臣として自ら行った。それによる衆議院選挙が告示された直後に、自分の選挙を有利にする目的で行ったのが昨夜の放送での発言なのである。安倍首相は「丁寧な説明をする」と言っていたが、それは、籠池氏が詐欺を働いたと決めつけることなのか。
法務大臣には、個別の刑事事件に関しても、検事総長に対する指揮権がある(検察庁法14条但し書き)。その法務大臣に対して、閣僚の任免権に基づき、指揮を行うことができるのが総理大臣だ。そのような「行政の最高責任者」が、司法の場で裁かれ、判断されるべき籠池氏の詐欺の事件について、「籠池さんは、詐欺を働いた」などとテレビの総選挙に関する党首討論で、言い放ったのである。法治国家においては、絶対に許せない「首相失格の暴言」だ。

https://nobuogohara.com/

憲法についてあまり理解していないような安倍首相は、無罪推定の原則が憲法で保障されていることをご存じないかもしれません。

それとも、第31条「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない」も改正しようと考えているのでしょうか。

安倍首相の籠池泰典氏への評価ですが、2017年2月17日の衆院予算委員会の質疑によると、ちょっと違ってます。
 

安倍昭恵夫人の森友学園の小学校の名誉校長就任について承知しているか質問されたことへの答え。(19分36秒)

事実についてはですね、事実はうちの妻が名誉校長になっていることについては承知をしておりますし、妻からですね、森友学園ですか、の先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いております。


「安倍晋三記念小学校」への寄付集めをしていることを知っているかという質問への答え。(24分5秒)

うちの妻が知っておりまして、その中でいわば私の考え方に非常に共鳴している方でですね、その方から、小学校を作りたいんで『安倍晋三小学校』にしたいという話がございましたが、私はそこでお断りをしているんですね。


谷査恵子さんはイタリアの日本大使館の1等書記官に赴任しています。
ノンキャリアとしては異例の大出世とのこと。
佐川理財局長は国税庁長官に昇進しています。

加計問題についても似たり寄ったり。

加計文書開示請求で、内閣府と文科省が「10月23日に開示する」と回答していたそうです。
つまり、選挙の翌日です。
21日に開示したら、選挙はどういう結果になるか。
http://blogos.com/article/253000/

田中龍作ジャーナルによると、文科省の大学設置審は衆院選投票日翌日の23日にも加計学園・岡山理科大学獣医学部の設置を認可する方向で最終調整に入ったそうです。
http://tanakaryusaku.jp/2017/10/00016799

自民党が議席を維持すれば、安倍内閣は信任されたことになります。
森友・加計問題もうやむやのままになるでしょう。
それでいいのでしょうか。

もう一つ、毎日新聞の「開かれた新聞委員会」(10月17日)に池上彰氏がこういうことを言っています。

例えば差別や朝鮮半島の問題には、歴史認識の甚だしい分断がある。ある私立大の期末試験問題で「日本あるいは世界が抱える最大の問題は何か。その問題について論じなさい」と出したら「日本が在日によって支配されているのが最大の問題」とまじめに書いた学生がいた。
別の大学では授業の後、学生から「日本のメディアが在日によって支配されているのは本当ですか?」と質問された。

https://mainichi.jp/articles/20171017/ddm/010/040/065000c

いやはや、驚きです。

若い人は、憲法が改正されて国防軍ができ、徴兵制が敷かれ、そして自分が戦地に赴くことになるかもしれないと考えているのか、聞いてみたいです。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望の党は「希望」なのか

2017年10月04日 | 日記

「希望の党」は希望だと思っている人がいるかもしれませんが、ボロが出てきています。
ネットで拾ったニュースのあれこれです。

希望 協定書、急造の踏み絵
◇ある候補者「来ていないが、1次公認を出すと…」と
 「今回発表した方は全員、政策協定にサインした方だと理解していただいて結構だ」
 希望の党が衆院選第1次公認を発表した3日、記者会見の席上で民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行はこう説明した。
 だが、ある候補者は「政策協定書なんて来ていないし、公認申請書も出していない。それでも1次公認を出すと言われた」と漏らす。民進系の候補を排除するために自前の候補擁立を急いだ選挙区もあることが透ける。
 希望の党が候補者に署名を求めた政策協定書では「憲法改正論議を幅広く進める」などの政策項目のほか「党に資金提供をする」との一文も目を引く。この候補者のもとには同日、1次公認の連絡とともに立候補の供託金300万円と党への寄付金100万円を午後3時までに振り込むよう求めるファクスも届いた。「ひどいよ。振り込め詐欺に遭っているみたいだ」(毎日新聞10月4日)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000003-mai-pol

しんぶん赤旗9月30日付の記事によれば、小池代表は、民進党を離党して希望の党の公認を希望する前議員に対し、公認申請料として300万円、それ以外に党への寄付金200万円の計500万円を振り込むよう求めていたという。また、日本経済新聞(10月2日付)は、1日に開かれた都内での候補予定者向けの会合で、側近の若狭勝氏が「皆さんは公認内定者だが、今後の調整次第で内定取り消しもある」と述べ、小選挙区と比例代表の重複立候補を望む新人に対し〈供託金や党への寄付金など計700万円をすぐに用意するよう要求し、出席者からは困惑の声があがった〉と報じている。(リテラ10月3日)

http://lite-ra.com/2017/10/post-3487.html

民進、希望に7.6億円か 立憲民主にも
 民進党が、希望の党への公認申請者や立憲民主党からの出馬予定者を含む衆院選全立候補予定者に対し、前職に2千万円、元職と新人に1500万円の政治活動資金を供与していたことが3日、分かった。希望の党は、公認を受ける場合は1人当たり400万~700万円の拠出を求めており、民進党への政党交付金を実質的に還流させる手法とみることができる。
 民進党には現在、100億円以上の内部留保金があるとされる。希望の党は「民進党が持っている政党交付金をもらうということは絶対にない」(若狭勝前衆院議員)としてきた。
 複数の関係者によると、民進党から2日、前職の個人口座に1500万円、支部長を務める党支部の口座に500万円が振り込まれた。元職と新人には個人口座に1千万円、支部口座に500万円が入金された。
 希望の党が衆院選の公認申請者に署名を求めている「政策協定書」には「党に資金提供をすること」という異例の規定がある。
  関係者によると、希望の党は「資金」として1人当たり100万円の提供を求めているほか、供託金(単独立候補者300万円、重複立候補者600万円)を納めることも求めているという。民進党から振り込まれた資金の一部が希望の党への移籍の「支度金」に充てられているとみることができる。
  希望の党が3日に発表した第1次公認192人のうち、民進党出身者は110人(重複立候補109人、比例単独1人)で、7億6700万円前後が“上納”されることになる。(産経新聞 9月4日)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256239
金目当てと思われても仕方ありません。

「安倍政権を倒す」ということでしたが、そうでもないようです。

小池氏容赦なし!枝野氏、長妻氏に続々「刺客」投入
 小池氏と対立関係にある候補者には「刺客」をぶつけた。(略)
 立憲民主党代表に就任した埼玉5区の枝野幸男氏には、弁護士の高木秀文氏(44)、同党に参加した東京7区の長妻昭氏には、小池氏の懐刀で「都民ファーストの会」代表に就任した荒木千陽都議の父、荒木章博氏(63)が投入された。(日刊スポーツ10月4日)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019177-nksports-soci
野党を結集しようという気がないわけです。


「希望の党」の政策はどのようなものでしょうか。

協定書があります。(時事通信10月3日)

希望の党 小池百合子代表殿
政策協定書
 私は、希望の党の公認を受けて衆院選に立候補するに当たり、下記事項を順守すること、当選した場合には希望の党の所属する会派に所属して国会活動を行うこと、希望の党党員として政治活動を行うことを誓います。
 記
 1、希望の党の綱領を支持し、「寛容な改革保守政党」を目指すこと。
 2、現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法にのっとり適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。
 3、税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)を徹底し、国民が納める税の恩恵が全ての国民に行き渡る仕組みを強化すること。
 4、憲法改正を支持し、憲法改正論議を幅広く進めること。
 5、国民に負担を求める前に国会議員が身を切る改革を断行する必要があること、および、いわゆる景気弾力条項の趣旨を踏まえて、2019年10月の消費税10%への引き上げを凍結すること。
 6、外国人に対する地方参政権の付与に反対すること。
 7、政党支部において企業団体献金を受け取らないこと。
 8、希望の党の公約を順守すること。
 9、希望の党の公認候補となるに当たり、党に資金提供をすること。
 10、選挙期間が終了するまで、希望の党が選挙協力の協定を交わしている政党への批判は一切行わないこと。
  年 月 日
 第48回衆院選 立候補予定者(署名欄)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100300947&g=pol
「憲法改正」といっても、どこをどのように変えるのかわかりません。
憲法第1章「天皇」を削除するのでしょうか。
これでは金額の書いていない小切手を振り出すようなものです。
こんな文書に署名する人が政治家と自称しているわけです。

政策協定書では「原発ゼロ」には触れていません。

小池代表“原発ゼロ”に改めて言及も…
希望の党の小池代表は3日、「消費税の使い道の細かい話より、大きなテーマを国民に問うべきだ」と述べ、衆院選の重要なテーマとして改めて“原発ゼロ”を挙げた。「2030年をめどに、どうフェードアウトしていくか考える」としているが、原発の再稼働については「規制委員会が総合的に判断されている再稼働に、異存を唱えることはない」と述べた。(テレビ朝日10月4日)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171003-00000051-ann-pol
「原発ゼロ」もどうなることやら。
森友・加計問題はどのように考えているのか聞きたいです。

<衆院選>民進系、選別 はや当落 希望の党が公認発表
公認されながら無所属での出馬を検討する候補者もいる。
 長野1区で希望の党公認に決まった前職、篠原孝元副農相(69)は3日、長野市内で記者会見し、「支持者と話し合い、明日までに対応を決めたい」と述べ、無所属での立候補を含め検討することを明らかにした。
 篠原氏は、希望の党から求められた政策協定書を提出していないことを説明し、「個人に『踏み絵』を踏ませるなんておかしい」と批判。公認された理由について、「僕の知るところではない」と述べた。(毎日新聞10月3日)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000112-mai-pol
いったい何なのかと思います。

足元で反乱が。

<都民ファースト>離党検討2都議「国政進出理解できない」
 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」からの離党を検討していた音喜多駿(おときた・しゅん)、上田令子両都議が3日、毎日新聞の取材に応じ「(都民ファーストの中では)都民のために働けない」と、離党することを明言した。両都議は5日の都議会定例会閉会後に離党届を提出する。
 音喜多氏は、小池氏が国政政党「希望の党」を設立したことに言及し「豊洲市場への移転や五輪・パラリンピックなどの都政課題が山積する中で、『国政進出』することは理解できない」と理由を説明。また、所属議員が個別取材に応じることを制限するなど、党内に厳しい「情報統制」があることも批判した。
 上田氏は、都民ファーストが所属都議に対して都議会での文書質問や資料要求をしないよう求めたことなどを理由に挙げ、「質問権や調査権を奪われれば都政改革は進まず、都民のための仕事もできない」と述べた。
 また、両都議は希望の党について「理念も政策も違う人たちが集まり、選挙目当ての野合としか思えない」などとして、衆院選では候補者を支援しないことを明らかにした。(毎日新聞10月3日)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000116-mai-pol

「都民ファーストの会」離党意向の音喜多都議、党の実態暴露「同じ穴のむじなに」
 音喜多氏は、都議会選後の都民ファーストの会の代表選出方法も疑問を持っていたとし「情報公開でいつどこで誰が何を決めているか分からない都政を打破すると言っていたのが我々だったんですが、同じ穴のむじなになってしまったと感じています」と批判した。
 さらに都民ファーストの会が都議のメディア出演などを規制していたことなどを問われると「私に関してはメディア出演は厳しく規制されていて、事実上、出られない状態。新人の議員とご飯を食べに行ったりしようとしたりすると、分派活動、派閥作りの行動と厳しく呼び出され叱責された」などと党の役員から呼び出されていたことを暴露していた。(スポーツ報知10月4日) 

http://www.hochi.co.jp/topics/20171004-OHT1T50054.html

米山隆一新潟県知事のツイッター

離党にお怒りとの事ですがなんと都民ファースト内部では都議同士の会食や宴会が公式には禁止されていたとの事ですから、そりゃ普通の人なら辞めるだろうと思います。そんな事は俺の自由、党から言われる事じゃないと思うのが普通の人間でしょう。5:14 - 2017年10月3日

つまりはブラック企業だった、ということです。
笑顔で「排除いたします」と言う人がトップの組織はやめといたほうがいいようです。

もちろん、やっぱり安倍・自民党がいい、というわけではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍・自民党と小池・希望の党はどっちが最悪か

2017年10月01日 | 日記

我が家で、今度の衆議院選挙には誰に投票したらいいかという話になりました。
妻は「安倍は絶対イヤ」と言います。
私も同感ですが、希望の党なんかに投票する気はありません。
息子は「共産党候補に投票したいが、当選しないのは分かっているから、票のムダになる。だったら自民党しかない。自民党のほうが希望の党よりましだ」と言いました。
よりよい政治を求めての選択ではなく、最悪を避けるための選択です。

9月25日、NHK「ニュースウオッチ9」で安倍首相がインタビューに答えています。

 
小池百合子氏について「選挙戦では脅威になるんではないでしょうか」という質問(13分30秒あたり)

小池さんはですね、かつて第一次安倍政権の安全保障担当の補佐官を務めていました。また第一次安倍政権で初の女性の防衛大臣も務めていただいた。ということで、安全保障政策理念においてはあまり変わりがないんだろうと思います。


憲法改正について「今回の解散で目指していることが遠のいてしまうという懸念は持たれなかったですか」という質問(17分5秒あたり)

与党だけですね、発議できると私も考えてはいません。できるだけ多くの方々、多く党のですね、賛成を得たいと考えています。小池さん自体もですね、憲法改正には前向きなのではないかと、このように思いますし、維新の会もですね、憲法改正には前向きなんだろうと、このように思います。そういう面におきましては、改憲について前向きな党自体についてはもしかしたら増えていくのかもしれないと思っております。

安倍首相は小池・希望の党に対して危機感は持っていないようです。
主義主張が同じなんですから、当然と言えば当然。

小池百合子氏は、2000年、当時は保守党でしたが、衆院憲法調査会で「いったん現行の憲法を停止する、廃止する、その上で新しいものをつくっていく」と言っています。
小池百合子氏のツイートです。

本日、サンフランシスコ講和条約発効日である4月28日を主権回復記念日として祝日とする議員立法を総務会で承認し、衆議院に提出いたしました。祝日が多すぎるというなら、借り物の憲法記念日5月3日を祝日から外します。
6:59 - 2011年8月26日

https://twitter.com/ecoyuri/status/107089711591469056?lang=ja

希望の党は原発ゼロという政策を掲げています。

しかし、「Voice」(PHP研究所)2003年3月号所収の「日本有事 三つのシナリオ」という田久保忠衛、西岡力両氏との鼎談記事で、小池百合子氏はこう発言しています。

軍事上、外交上の判断において、核武装の選択肢は十分ありうるのですが、それを明言した国会議員は、西村真悟氏だけです。わずかでも核武装のニュアンスが漂うような発言をしただけで、安部晋三官房副長官も言論封殺に遭ってしまった。このあたりで、現実的議論ができるような国会にしないといけません。

http://archive.is/mNuk1#selection-37.0-37.11
核武装を考えている人が原発ゼロという主張をするなんてあり得ません。

NORI.T‏ @o_kaa
スゴイな、小池知事。希望の党 を反原発に見せかけるため『日本も核武装の選択肢は充分ある』と明記していた自身の公式サイトをキレイに消してしまってる。保守系の原発推進派の票より、無党派層の脱原発票の方が多いと計算しているのか…また騙される人が多そう。
2:55 - 2017年9月26日

https://twitter.com/i/web/status/912616626557554688
ネットを見ると、原発ゼロを評価している人もいますが、騙されていると思います。

DJ Karaage粉‏ @adisomak
小池が「脱原発」言い始めるの狡猾すぎてウオオってなる。極右の底力見た感じする。良心とか倫理観が欠落してる超タカ派ってここまでできるんだな。すごい。「脱原発」って言えばついてくる層がいるとなめられてるのだけでもしんどいのに、実際またしてもついてく人がいるらしいからしんどさ爆増。
18:39 - 2017年9月27日

https://twitter.com/adisomak/status/913216646738731008

こんな人が代表をしている希望の党と民進党は合流しました。

しかし、実質は吸収です。

「リベラル派は排除する」希望・小池百合子代表が明言
 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。
 その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強調した。(産経新聞9月29日)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6255738

「リベラル派」とは「自由主義。転じて、進歩的な政治思想を指す場合が多い」と辞書にあります。

橘玲氏による「リベラル」の説明です。

近代というのは、政治思想的には、「自由」「平等」「人権」「民主政」などを至上の価値とする社会です。(略)
リベラル(自由主義)は「近代の理念」の実現を純粋に求める立場で、もともとは封建制(王政)への回帰を目指す反動勢力とのたたかいのなかで生まれました。その意味では、日本を含む先進諸国の政治思想はすべてリベラルです。

http://www.tachibana-akira.com/2013/10/6085
ネトウヨは「リベラル」や「人権」を嫌います。

ネットで勝手なことを書き散らすことができなくなるほうがいいのでしょうか。

小池百合子氏の「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」との発言ですが、だったら安保法案に反対した議員は入党させないことになります。

希望の党への合流に賛成した民進党議員は、現在、安保法案についてどう思っているんでしょうか。

布施祐仁 @yujinfuse
民進党の前原代表、両院議員総会で「安保法制は憲法違反。憲法違反の法律を認めたら国家の土台が崩れる」とはっきり言いましたね。であれば、安保法制賛成の希望の党とは一緒に政権作れないと思うのですが…。
22:15 - 2017年9月27日

https://twitter.com/yujinfuse/status/913270880494526464
私としては、恥を知れと言いたい。

「早く料亭に行ってみたい」で有名になった元衆院議員の杉村太蔵氏は、年収が1億円を超えており、1回80万円の講演会を1年間で72回もしているそうです。
現在の肩書きはタレントだそうですが、「早く料亭に行ってみたい」などの発言で注目されなければタレントにはなれなかったでしょう。

それにしても、80万円も出してまで話を聞きたいということが私には理解できません。
http://www.sanspo.com/geino/news/20170819/geo17081915460018-n1.html

小選挙区制になって、有象無象が当選するようになり、問題発言・行動をしばしば見受けます。
「大阪維新の会」不祥事リストというサイトがあります。
https://matome.naver.jp/odai/2144437261638147701?page=1

衆議院選挙の比例代表で、自民党に投票する人が24%、希望の党に投票する人が14%です。
議員になりたいだけの人が大量当選しそうです。

9条改正に反対する人、脱原発に賛成の人、北朝鮮に対して対話による外交努力を強めるべきだと考える人は、逆の人よりも多いんだから、こうした人が投票したくなる政党なり候補者があればと、いつものことですが思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本は景気がいいのか

2017年09月29日 | 日記
茂木経財相、景気回復期間「いざなぎ超えた可能性高い」 
茂木敏充経済財政・再生相は25日午後の記者会見で、国内景気について「戦後2位のいざなぎ景気(1965年11月~70年7月の57カ月)を超える景気回復の長さになった可能性が高い」との認識を示した。
政府が同日にまとめた9月の月例経済報告では、国内景気の基調判断を「緩やかな回復基調が続いている」とし、3カ月連続で据え置いた。今月も回復すれば、2012年11月から58カ月と「いざなぎ景気」を上回り、戦後2番目の長期回復局面となる。(日本経済新聞2017年9月25日)

土木、建築関係の仕事をしている人の話だと、仕事はいくらでもあるそうです。
しかし、景気がいいという実感がないという人は多いと思います。
実際、賃金労働者の4割、女性は58%
が非正規だそうですし、貧困率は相変わらず高いです。
http://www.garbagenews.net/archives/1954673.html

ネットを見てたら、「各国のGDP推移(1995年を100とする)」の表がありました。
http://i.imgur.com/VVt4VL1.png

  
1995年 → 2015年
中国 100 → 2001.56
インド 100 → 766.16
ルーマニア 100 → 624.14
ロシア 100 → 507.39
韓国 100 → 322.14
アメリカ 100 → 301.71
イギリス 100 → 298.35
イタリア 100 → 199.75
フランス 100 → 193.50
ギリシャ 100 → 180.65
ドイツ 100 → 167.21
日本 100 → 99.31
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52012

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/1001/shiryou_03_1.pdf


名目GDPが20年間で下がっているわけで、これでは景気がいいとはとてもじゃないけど言えません。

ただし、名目GDPは物価の変動を受けるので、単純に諸外国は景気がいいが、日本は不景気だということでもないそうです。

それと、日本の名目GDPの推移です。
1992 3,898,138
1993 4,467,123
1994 4,907,582
1995 5,450,805
1996 4,834,019
1997 4,415,715 
 ・
 ・
 ・
2008 5,037,910
2009 5,231,384
2010 5,700,099
2011 6,157,460
2012 6,203,213
2013 5,155,716
2014 4,848,733
2015 4,382,420
2016 4,938,644
https://www.globalnote.jp/p-cotime/?dno=8860&c_code=392&post_no=1409

1995年の名目GDPはその前後よりも高かったのに対し、2015年は逆に低かったわけで、2002年と2012年を比較すれば数字は違ってきます。
1992年を100とすると、2012年は159.13です。
どの年度の数字を比較するかで違ってくるわけです。

もっとも、民主党政権は2009年9月から2012年12月までです。
民主党政権では名目GDPが増えたのに、安倍政権になってからは下がり続け、ようやく2016年に盛り返したわけです。

アベノミクスの効果があったとは言えないようです。
ところが、安倍首相はアベノミクスに自信を持っているらしく、9月19日、ニューヨークで「アベノミクス」をアピールして対日投資を呼びかけています。
http://www.sankei.com/politics/news/170920/plt1709200006-n1.html
今度の衆院選で、景気の浮揚を求める人は安倍自民党には投票しないほうがいいと思います。

(追記)
名目GDPについてはこの記事をごらんください。
http://blog.monoshirin.com/entry/2017/10/12/184218

『マガジン9条』(2017.10.11)に雨宮処凛が「安倍政権の5年間を、『生活』から振り返る」を書いています。
http://maga9.jp/karin171011/
安倍政権の5年間で、貯蓄ゼロ世帯が激増した。
「家計の金融行動に関する世論調査」を見ると、単身世帯で貯蓄ゼロは33.8%。13年は37.2%、14年38.9%、15年47.6%、そして16年が48.1%と増えている。
2人以上の世帯では、12年に26.0%だったのが、16年には30.9%まで増えた。

「金融資産保有額」の中央値も下がっている。

単身世帯では12年で100万円が、16年では20万円まで下がった。
80万円も中央値が下がっている。
2016年の国民生活基礎調査によると、「生活が苦しい」と感じている世帯は56.5%。
ちなみに母子家庭では82.7%、児童のいる世帯では61.9%が「生活が苦しい」と回答している。

2012年の全体の貧困率は16.1%、子どもの貧困率は16.3%が、今年6月に発表された2015年の貧困率は全体で15.6%、子どもの貧困率は13.9%と下がった。
しかし、貧困ラインそのものが下がったこと、つまり全体が地盤沈下したからこそ、貧困率が改善したという見方もある。

格差もより開いている。

国税庁の調査によると、2016年の平均給与の差は、正社員と非正規で315万円の差がある。
正社員の平均給与487万円に対し、非正規は172万円。
2012年には、この差は300万円だった。
非正規雇用率も安倍政権に入って上がり続け、働く人の4割、2000万人を越えている。
年収200万円以下のワーキングプアは、安倍政権になってから100万人以上増えている。
安倍首相は「雇用を増やした」とことあるごとに強調するが、安倍政権になってから正社員は27万人減り、非正規は167万人増えている。

安倍政権で増え続けているのは企業の内部留保だ。

この5年間で100兆円以上増えた。

このように雨宮処凜さんは書いています。
衆議院選挙には、アベノミクスの功罪についても考えて投票してほしいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐藤喜宣「臨床法医学からみた子ども虐待」

2017年08月18日 | 日記

佐藤喜宣杏林大学医学部名誉教授の「臨床法医学からみた子ども虐待」という講演録を読みました。
佐藤喜宣氏はこの講演を「子ども虐待入門編」と言われてますが、すごく重たいです。

虐待の加害者は誰か。

一番多いのが配偶者で、これはドメスティック・バイオレンス(DV)。
次に親で、これが子ども虐待。

子ども虐待は2015年は10万件を超えた。

警察の認識が変わり、家庭にDVがあれば、その子は虐待を受けていることになった。

DVは子ども虐待の3倍で30万件だが、内閣府も厚生労働省も実数を発表していない。

DVの約8割はアルコール依存症もしくは問題飲酒者、薬物依存者の関与がある。

子ども虐待を受けて育った人が、自分の子どもに対して暴力を振るってしまう確率は65%。

つまり、加害者の3分の2が自分も虐待を受けていたことになる。
子ども虐待を受けて育った人がパートナーに暴力を振るう確率も65%。

高齢者の虐待は、内閣府の統計だと3万5000件ぐらい。
しかし、高齢者は虐待を受けても本当のことを言わない。
なぜかというと、本当のことを言うと家や施設に戻れないから我慢している。

高齢者虐待は、シングルマザーと一人息子の関係が多い。

親子の力関係が逆転して高齢者の虐待が起こる。

つまり、子ども虐待、DV、高齢者虐待は連鎖している。

どこで断ち切るのがよいのかというと、子ども虐待で対応していかなければいけない。
しかし、日本では相談窓口がそれぞれ違う。
アメリカ、カナダは家庭局という一本の柱になっている。

公園の便所で出産し、赤ん坊を放置する事件がある。

出産には、初産婦であれば12時間、経産婦で6時間かかる。
便所には母親の指紋がべたべたついているが、犯人に行き当たらない。
なぜかというと、若い人だから犯罪歴がない。
誰に助けを求めていいかわからない。
産み落とすけれど、赤ん坊を家に連れて帰れない。
なので、置いてきてしまう。

一年間に虐待で死んでいる子どもは50~55件、嬰児殺(分娩中または分娩直後の新生児に対する殺害行為)は20件。

そして、この子を遺して自分が自殺したら不憫だからと、子どもを巻き添えにする無理心中を加えると、子ども虐待で死亡しているケースは年に130~135件。
嬰児殺や無理心中を防ぐには、パニックに陥っている母親に、足りないものがあれば援助し、立ち上がる力があれば支援する。

赤ちゃんポストができてから、嬰児殺は減った。

預けられた子どもは151人で、名乗りを上げた人は80%。

熊本の赤ちゃんポストを始めた医師は熱心なキリスト教徒。

たとえば、北海道北見市から熊本の赤ちゃんポストに電話相談があれば、北見市でボランティア活動をしているキリスト教徒の仲間に寄り添ってもらう。

キリスト教徒は人口の5%だが、仏教界は大きな団体で、日々活動しているのだから、どうして援助と支援ができないのか。


体罰を肯定する人がいるが、大人の手は大きく、子どものほっぺたは小さい。

ビンタをすると、ピンポイントで当たらない。
耳にかかると鼓膜の損傷、眼にかかったら眼球損傷、口にかかると歯牙の損傷する。
後遺症を遺す可能性があるわけで、体罰はしつけではなく暴力なのである。

マンションのベランダから子どもが転落することがある。

マンションのベランダの柵の高さは決まっていて、120cm(小学校入学時の身長)の身長の子どもがよじ登れない高さを想定してある。
3歳や5歳の子どもは足元に何かなければ登れない。
だから、幼児が家にいる場合は、ベランダにものを置かない心配りが必要となるのに、それをしないのはネグレクトということになる。

アメとムチ、すなわち優しい言葉と暴力というDVのサイクルによって、マインドコントロールを受け、自分で自分の行動を決定できないし、思考も自分で決められない。

目の前で自分の子供が虐待され、殺されるのに、とめられない。
今まで検察庁は、主犯格の男の半分、懲役5年なら2年6月を母親に求刑していたが、現在はDVだとはっきりわかった場合は起訴猶予になる。

子ども虐待は、被害を受けている子どもと、加害者の両者のSOSだ。

とめてくれと言っている。
子どもを傷をつけてしまった母親のSOSをちゃんとくみ取らないといけない。
そして、1歳未満の子どもが検診や予防接種に来ない場合は、子どもの追跡をしていくシステムが必要。

2000年の統計によると、少年院に入っている少年の72%以上が虐待を受けていた。

アメリカで、虐待を受けて施設に入っていた子ども900人を追跡調査したら、施設を出た後、半分が盗み、ひったくりの軽犯罪、20%が傷害、殺人の重犯罪を犯している。

元高検検事長の講演を聞いたのですが、その中で、犯罪や虐待は社会の病理を反映しており、加害者を罰するだけでなく、社会、家族、個人のあり方に手をつけていかないといけないということがありました。

人類は共同で食事や子育てをしてきたが、今は家族が崩壊し、孤食になった。
子育てに悩む母親に親友がいればSOSを出せるが、コミュニケーションの質の低下によって、相談をすることができなくなった。
虐待は社会の病理であり、共同体の回復が必要という話でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鏑木清方と徳川夢声

2017年08月13日 | 日記

日本画家鏑木清方の自伝『こしかたの記』は昭和36年の出版。
鏑木清方が明治11年生まれということがあるのか、『こしかたの記』は、ルビがあるにしても、読めない漢字が頻出します。

遉が(さすが)、孰ら(どちら)、寔に(まことに)、延て(ひいて)、因みに(ちなみに)、況して(まして)、恰ど(ちょうど)、因む(ちなむ)、覓むる(もとむる)、闌(たけなわ)、儕輩(せいはい)、熱閙(ねっとう)など。
文展が文部省美術展覧会の略ということも知りませんでした。
そもそも「鏑木」が「かぶらき」と読むこともわかってなかったのですから。
基本的な教養がちがうわけです。

『こしかたの記』を読むと、鏑木清方はしょっちゅう引っ越しをしています。

いつ、何度引っ越しをしたのかはわかりませんが、夏目漱石も熊本時代の4年間で6回引っ越しているし、谷崎潤一郎も引っ越し魔だそうです。

三國一朗『徳川夢聲の世界』の年譜によると、徳川夢声(明治27年生まれ)は父親とともに東京に明治30年に引っ越して、明治34年、明治36年、明治38年、明治39年、明治39年と転居。

大正11年に父親から独立して家を持ち、大正13年に4回の転居し、昭和2年5月にも引っ越し、12月に家を建てて、終生そこで暮らす。

なぜこんなに引っ越すかというと、借家だったからということもあると思います。

明治以前の東京では借家が当たり前だったそうです。
古今亭志ん生もよく引っ越してますが、これは家賃を払わなかったから。

『徳川夢聲の世界』によると、大正7年、女学校卒で簿記の心得のある女性が銀行の事務員に就職したときの初任給は15~20円。

となると、1円が今の1万円でしょうか。
ところが、卵が1個6銭、牛乳が1円で1升6合ほど買え、白鷹や大関は1合30銭。
今と比べると、卵も酒もかなり高い。

大正13・4年度の「日本映画年鑑」に、無声が弁士をしていた武蔵野館では次のように記録されています。

1日の興行回数 金土日が3回、月火水木が2回。
同一映画の興行日数 1週
説明者(弁士)数 6名
入場料 普通興行 最高2円 最低60銭、特別興行 最高2円50銭 最低80銭

1週間しか上映しない、つまり週替わりだったということでしょうか。

映画の料金からすると、1円が今の1500円ぐらいか。
そのころ市内均一のタクシー料金が1円(円タク)。

ネットで調べると、大学を卒業した人の初任給は、大正4年が35円、大正14年が50円ですから、1円が5千円~1万円。

http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/J077.htm#E02
大正7年と14年とでは物価が違うとはいえ、銀行の女性事務員の初任給が驚くほど安いのか、それとも卵や酒や映画料金がすごく高いのか。

小説の中で物の値段が書いてあっても、それが現在のいくらなのか分からないので、興をそぐことがあります。

徳川夢声は大正10年、日活が月給160円を提示するが、松竹に移籍して400円をもらうことになり、大正14年には450円。
石原慎太郎は28歳のとき(昭和35年)、原稿1枚1万5千円。(『わが人生の時の人々』)
野坂昭如『文壇』によると、昭和36年ごろ、コラムを書いて1枚2000円、月に30万円の収入だったが、マクガバン旋風の年(昭和47年)は1枚3000円になった。
『エロ事師たち』がアメリカで映画化され、原作料が3万ドル。
日本銀行によると、昭和40年の1万円は、企業物価指数だと現在の2倍、消費者物価指数4.1倍。
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j12.htm/
2倍も違うと、実際の感覚としてどうなのか、わからなくなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金成隆一『ルポ トランプ王国』(2)

2017年06月10日 | 日記

なぜトランプは大統領選で勝ったのか、金成隆一『ルポ トランプ王国』の続きです。

 2 トランプへの期待
金成隆一氏は「大統領選では、候補者が多数派を形成する方法は大きく2つ考えられる。理想の社会像を語り、支持を集める方法、もう1つは、共通の「敵」を作り上げ、敵意や憎悪を結集させる方法だ」と書いています。

トランプは自己資金で選挙をし、利益団体の世話や企業の献金を受けていないから、既得権益層にこびることがなく、特定の業界団体の言いなりにはならない、と訴えた。
それに対し、ゴールドマン・サックスでの講演1回で22万5千ドルを受け取ったヒラリー・クリントンは、エスタブリッシュメントの代表というイメージが定着した。

どうしてミドルクラスから転落しそうなのかという「不満」と、生きていけるのかという「不安」に、トランプは「自由貿易」と「不法移民」という標的を示した。

工場のメキシコ移転・不法移民の雇用→仕事がない

テキサス州ボーモント市では、人々はメキシコとの「壁」を支持している。
元教師「街でスペイン語が当たり前になっていることが不気味。ここはアメリカなのよ」

全人口に占める白人の割合は、1965年は84%、2015年は約62%に減少し、2045年には約50%になると予想されている。

ペンシルベニア州エドナ(80歳)「街に知らない人が増えた。いろんな人種が増えた。ポーランド人とかスロベニア人とか、新しい人が増えた」
金成「私から見れば、皆さんは白人で区別がまるでつきませんが」
エドナ「イギリスやドイツの出身者と彼らは違う。異なる文化や宗教の人が増えると、やはり暮らしにくくなる。」
日本でも、「わからない言語で話している」ことが不気味だという感じが、不安や不満になっている人は多いのではないかと思います。

60年代以降の急速な社会の変化に違和感を覚えている人は多い。
理髪店主(77歳)「他国がアメリカに、あれをやれ、これをやれ、と言ってくることにウンザリしている。本来は逆だ。アメリカは他国にこれをやれと指図する立場にある。アメリカはそれに値する国だ。あなた方日本人は、長年アメリカを仰ぎ見てきたのに、今やアメリカは水準以下に落ち、なめられている。トランプは、アメリカを元々の位置に戻す、と言っているんだ」

しかし、トランプや支持者の主張には事実誤認や誇張が多い。

① 自由貿易
世界経済が失速する中で、アメリカの景気は回復傾向にあり、一人勝ちと言われてきたのが実態。
2016年はアメリカの製造業生産高が史上最高を記録し、雇用者数も6年連続で伸び、2009年に10%だった失業率は、2016年には4.6%まで下がっている。
自由貿易協定(FTA)も、2009年から15年の輸出の伸びは、協定を結んだ国との間で52%と、輸出促進の効果があった。
アメリカ国内の製造業は海外産の部品に依存している。
海外からの商品に高関税を課せば物価が上がり、トランプの支持者も困る。

② 不法移民
不法滞在の移民は、消費税はもちろん、約半数は所得税も払っている。
不法移民によって払われた地方税と州税の年間合計は116億ドル。
給付金を受け取ることは期待できないのに保険料を払っており、その支払額は年間150億ドルになる。
彼ら推定310万人の支払いがなければ、社会保障システムは慢性的な予算不足になる。

 3 社会の変化
フロマン米通商代表部代表は、雇用減少や賃金の伸びの停滞は、グローバル化よりもオートメーション(自動化・機械化)の産物だ、と主張している。

いくら工場を誘致しても、多くの作業はロボットがこなすので、地元民を雇うとはかぎらない。
アメリカでは、製造業の仕事に就くのに必要な知識・技能は昔より格段と難しくなっていて、高校卒業レベルでは難しい。

ウィスコンシン州の工場経営者「新しい技術者を募集しているが、集まらない。応募者は来るが、水準に達しないんだ。(略)
うちの仕事は難易度が高い。この敷地に低賃銀の仕事はない。(略)メキシコなど海外に出たのは製造業の簡単な部分で、高度な技術を要する仕事は今も国内に残っている」
将来に向けての最大の懸念は、熟練機械工を育成できるかという問題だ。

「かつての製造業のような給料払いのいい仕事がなくなった」と嘆く労働者。
「必要な技能を持ち合わせた労働者が見つからない」と嘆く工場経営者。
高校を卒業すればミドルクラスになれたという時代は戻ってこない。

 4 トランプ政権への危惧

忘れてはならないのは、今回の選挙では、権威主義的なトランプが、移民や難民、イスラム教徒らへの排外主義的な主張をくり返した末に当選したという点だ。自由、民主主義、多様性の尊重、言論の自由、機会の均等など、アメリカが大切にしてきた理念を語ろうとしない。


このように金成隆一氏はトランプを批判します。

最悪のシナリオは新たな戦争ではないだろうか。トランプ劇場に観客が飽き始め、「チケット代を返せ」と叫び始めた時に、国内を結束させる手段としてトランプの脳裏に戦争という選択肢が浮かばないだろうか。つい最近まで選挙戦でやっていたように、次は海外に仮想的を作り出して憎悪を結集させ、「アメリカ最優先」を掲げて開戦しないだろうか。

シリアやアフガニスタンへの空爆はその表れかもしれません。

岸見一郎氏は「他者はみな敵であると見る人は、他者との関係に入っていこうとはしない。他者を敵と見ると決めれば、そのことを確信させる証拠はたちまち見つかる」と書いていますが、トランプにぴったり当てはまるように思います。

金成隆一氏はトランプ人気について、このように書いています。

新しい問題発言が出るたびに、「さすがにこれで人気も失速するだろう」と。しかし人気は落ちなかった。

森友学園や加計学園の問題があり、大臣の失言が繰り返されても、安倍内閣の支持率が高いままです。
テロや北朝鮮のミサイルで不安感を煽るあたりも、トランプ人気と通じるものがあるように思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改憲、廃憲、反憲

2017年05月25日 | 日記
保阪正康「昭和史のかたち 歴代首相と憲法」
安倍晋三首相はこの5月3日にも、憲法改正の意志をあらわにし、それも2020年という時間を設定しての覚悟を示した。近代日本の首相の中で、これほど改正それ自体を強調し、どこをどのように変えるかの論点を明確にしない首相も珍しい。まず「改正ありき」では、論戦そのものが逆立ちしているように思えるほどだ。(略)(2017年5月13日

毎日新聞のこの記事を読み、安倍首相の憲法観はこういうことなのかと納得しました。
というのが、『日本会議の研究』で菅野完氏はこのように書いているからです。

安倍政権は、集団的自衛権などを憲法解釈の変更によって認めている。

憲法が骨抜きになって否定されるのは、日本国憲法と、「憲法を政府が守らなければならない」という立憲主義の根幹もである。
日本会議は、改憲ではなく反憲法、現行憲法を徹底的に否定することが狙い。
「日本国憲法を憲法の改憲規定にもとづいて改憲する」という手法さえ否定する。
日本国憲法の規定にもとづいて改憲すれば、日本国憲法を憲法として認めてしまうことになる。
だからこそ、「改憲」ではなく「反憲」を唱えた。

安倍首相も日本会議のように、日本国憲法をよりよいものに変えようというのではなく、無化しようと考えているのではないかと、私は思ったわけです。

憲法学者の9割が憲法違反だと言っている安保法案を無理矢理成立させたのも、憲法無化の一つのあらわれです。

5月3日、内田樹氏もツイッターでこういうつぶやきをしています。

安倍首相の改憲論は二転三転して焦点が定まらないことにメディアはご不満のようですけれど、あれは「改憲」じゃなくて「廃憲」なんです。草案をみればわかるとおり、「憲法を停止して、国会を閉じて、政令をもって法律に代える」独裁体制を法的に正当化するためのものなんですから。

そして内田樹氏が、安倍首相は「権力者をしばる憲法などというのは時代錯誤だ」と言ってると書いているので、ネットで調べると、2014年2月3日の衆議院予算委員会です。

畑浩治氏(生活の党)の「憲法というのはどういう性格のものだとお考えでしょうか」という質問に、安倍首相はこのように答えています。

憲法について、考え方の一つとして、いわば国家権力を縛るものだという考え方はありますが、しかし、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的な考え方であって、今まさに憲法というのは、日本という国の形、そして理想と未来を語るものではないか、このように思います。


平川宗信『真宗と社会問題』に

「憲法」という言葉が何を意味するかを考える場合には、日本語の「憲法」という言葉を探究しても無駄で、元の西洋語である〝constitution〟の意味を探究しなければなりません。そして、この〝constitution〟が何を意味するかと言えば、最近よく「この国のかたち」という言葉が使われますが、いわば「この国のかたち」を決めた法規を意味します。もう少し正確に言えば、「国家という統治機構のあり方を決めた基本的な法規」ということになります。

とありますから、「憲法というのは、日本という国の形」ということは間違えではないです。
しかし、平川宗信氏は先の文章に続けてこのように述べています。

さらに、現在では、「憲法」という言葉は、単に「この国のかたち」を決めている法規としてだけではなく、「立憲主義」と結び付けてとらえられています。「立憲主義」ということが、「憲法」というものの本質とされているのです。「立憲主義」とは、憲法によって国家権力を制限して、国民の権利を保障するという考え方です。国家権力を制限して国民の権利を保障するために憲法を作った、憲法とはそういうものだというのが、立憲主義の考え方です。これは近代のヨーロッパで生まれた考え方で、そのような憲法でなければ近代憲法とは言えないというのが「立憲主義」です。


「憲法は国家権力を縛るものだという考えは古い」と言って立憲主義を否定する安倍首相は、どういう「国の形」を考えているのか。
憲法のどこを、どのように変えるのかを明確に言わないわけですから、安倍首相の考える「国の形」はわかりませんし、ひょっとしたら安倍首相は持っていないのかもしれません。
立憲主義を否定するわけですから、国家権力を縛る憲法がない国、すなわち独裁国家だということになりますが。

全体主義を大貫恵美子氏は次のように定義しています。

国家は国民の社会的・文化的生活のあらゆる側面を支配すべきであるとする。

共謀罪も国民支配の手段として考えているのでしょう。

安倍首相の支持率は50%前後です。

しかし、国会の審議で、安倍首相自身が野党議員の発言にヤジを飛ばし、5月8日には、衆院予算委員会で、2020年までに憲法を改正したいとする安倍首相の発言について、長妻昭氏の質問には答えず、「読売新聞を熟読してほしい」と言う。
そのくせ、森友学園問題や加計学園問題のように自分の都合の悪いことを質問されると、気分を害したのか、感情をむき出しにして長々と反論するけど、論点をずらして質問には答えない。
たとえば↓の記事。

http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/326.html

あるいは首相のヤジ。
「いいかげんなことばっかし言うんじゃないよ」(安倍晋三首相)
「閣僚席から不規則発言はやめてください」(委員長)
「答弁させてくださいよ」(安倍晋三首相)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170605-00000041-jnn-pol
首相が国会の審議でヤジを飛ばす国は「美しい国」とは言えないでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加