明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

明日に向けて(1902)福島原発からの放射能汚染水の海洋放出に反対する緊急署名にご協力を!11月16日朝7時まで

2020年10月19日 23時30分00秒 | 明日に向けて(1701~1900)

守田です(20201019 23:30) (1105 14:00改訂)

緊急署名にご協力を

(この署名は締め切りが再再度延長され、11月16日朝7時まで受け付けています)

みなさま。日本政府が、福島原発から放射性物質を大量に含んだ汚染水の海洋放出を決めようとしています。
これに対して緊急の反対署名がFoE Japanの満田さんから呼び掛けられています。20日朝7時までに署名していただきたいとのことです!ともあれ転載しますので、ぜひご協力をお願いします!

*****

みなさま
FoE Japanの満田です。
たびたび失礼します。おかげさまで賛同は、短期間の間に1,700以上に達しました。ありがとうございます。
短時間の間にフォームにアクセスが集中したため、昨夜、4時間にわたりフォームにアクセスができない状態が続いていました。というわけで、もう一つフォームをつくりました。
フォーム1)https://pro.form-mailer.jp/fms/62f8c997208969
フォーム2)https://forms.gle/iFzGMWutM76PptTGA

締切ですが、本日の20時までとしましたが、26日の朝7時までに延長しました。 (注 その後、締め切りが再度延期され11月16日朝7時まで受け付けています)
たびたびのお願いで恐縮ですが、ぜひ関心のある方々に広めていただけますと幸いです。以下呼び掛け文です。



FoE JapanHPによる呼びかけから

海洋放出反対署名 呼びかけ文

漁業者の断固たる反対の声にもかかわらず、政府は今月中にも「海洋放出に一本化」という決定をしてしまう方向であると報じられています。
原子力市民委員会が提唱してきた、大型タンクによる長期安定的な保管、モルタル固化処分など、代替案が十分検討されたとは到底いえません。
処理汚染水に残留しているさまざまな放射性物質の総量についても未だ公開されていません。

もっとも問題なのは、合意形成の手続きです。
小委員会の報告書が出て以降、政府は、直接、一般市民を対象とした説明会や公聴会は行わず、政府側が選んだ「関係団体」から、きわめて形式的な聴き取りしか行っていない状況です。
そうした限定的な聴き取りの場からですら、漁業、農業、林業などの関係者から、強い反対の声があがっています。政府はそうした声を無視してしまうのでしょうか?

さらに、この意見聴取は、経済産業省が「関係団体」とした産業団体・自治体などしか呼ばれていないこと、意見表明を行った46名中45名が男性であり、男女間バランス、世代バランスの点でも問題があること、一般市民の声はほとんどきかれてい
ないこと、議論がまったく行われていないことなど、多くの問題点があります。

パブコメには4,000件以上の意見が集まりましたが、それらの意見も事後的に一方的な回答を付して発表するだけだと思われます。JNNが情報開示請求で「準備がととのった」として開示された406件の意見のおよそ7割は反対の意見でした。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4103808.html

これはもう、アリバイづくりの形だけの意見聴取としかいいようがありません。
こうした中での海洋放出決定にに抗議し、申し入れを行いたいと思います。
締切を10月26日朝7:00に延長しました。ご賛同の方は以下のフォームにご記入ください。(締め切りが再再度延長され、11月16日朝7時まで受け付けています)
フォーム1)https://pro.form-mailer.jp/fms/62f8c997208969
フォーム2)https://forms.gle/iFzGMWutM76PptTGA



FoE Japanによる世界海洋デーでのツイートから

 

申し入れ文

2020年10月20日
経済産業大臣 梶山 弘志 様

原発処理汚染水に関する要請

東京電力福島第一原発の処理汚染水について、について、今月中にも、政府が海に流すという決定をすることが報じられています。
現在、タンクにためられている処理汚染水の7割には、トリチウムのみならず、セシウム134、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素129などの放射性物質が、総量として基準を上回って残留しています。
東電は「二次処理する」と言っていますが、その総量はいまだ公表されていません。

海に流す以外の代替案として、技術者や研究者のグループから「大型タンクによる長期安定保管」や「モルタル固化処分」といった提案がなされましたが、これらについて十分に検討されないままです。

福島県では59市町村のうち41市町村議会が、海洋放出へ反対もしくは慎重な意見書や決議を可決しました。また、経産省が行ったパブリック・コメントには4,000件を超える意見が寄せられていますが、現在まで開示請求により公開されているも
ののうち7割が放出に反対する意見です。福島県内の団体が呼びかけて経産省に提出された海洋放出に対する反対署名は42万人を超えていいます。原発被災地から、汚染水の海洋放出に異議をとなえる声が幅広く示されているにもかかわらず
、無視されている状況です。

政府はこれまで汚染処理水の処分について、一応、意見を聞く場を設けてきました。2018年の説明公聴会の際、意見表明した44人中42人が、海洋放出に反対しました。
また、今年になってから経済産業省は、7回もの「御意見を伺う場」を開催し、この場で、福島県の漁業、林業、農業関係の団体、全漁連などの代表が、明確に海洋放出に反対しました。政府はこうした声に耳を傾けるべきではないでしょうか。

ところで、この「御意見を伺う場」には、経済産業省が「関係団体」とした産業団体・自治体などしか呼ばれておらず、意見表明を行った46名中45名が男性であり、ジェンダーバランス、世代バランスの点でも問題があること、一般市民の声はほとんど
きかれていないこと、議論がまったく行われていないことなど、多くの問題点があります。
私たちは、次世代に引き継ぐべき環境に強い関心をもつ、現世代を生きる一人の人間としての立場から、汚染水を海洋に放出することに反対します。放射性物質は集中管理をすることが原則です。拡散させてはなりません。
また、上記のような意思決定のあり方についても現在の政府の形式的なやり方に関して強い憤りを感じています。

私たちは、政府に対して、本件に関して関心を有し、幅広い立場の市民が意見を言うことができる公聴会を開催すること、海洋放出以外の代替案についても提案者が公開の場で説明し、開かれた議論が行われること、こういった意見や議論を反映
した上での意思決定を行うことを求めます。

満田夏花(みつた・かんな)
携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
TEL: 03-6909-5983  / FAX: 03-6909-5986

#汚染水海洋放出反対 #海を汚すな #放射能を海に流すな


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 明日に向けて(1901)にょきに... | トップ | 明日に向けて(1903)福島原発... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勝川准教授のトリチウムの話 (パンドラ)
2021-05-12 20:10:30
トリチウムは水素の一種です。
水素には普通の水素と重たい水素がある。
トリチウムは普通の水素に中性子が2つ多い。三重水素とも
呼ばれる。

トリチウム単独で存在するのではなく、トリチウム水として、水の中に存在する。
水(H2O)は2つの水素(H)と一つの酸素(O)である。
水素の一つがトリチウム(T)ニナッテイルノガ、トリチウム水(HTO).
トリチウム水は自然界に多く存在していて、海野中や雨水などに含まれている。
私たちの体の中にも存在する。性質は水とほとんど変わらない。

宇宙線という放射線が宇宙から地球に降り注いでいる。
宇宙線が酸素や窒素にぶつかると、一定確率でトリチウムが生成される。
人類が存在する前から地球の水には一定量のトリチウムが存在していた。
宇宙線がふりそそぎつづけるとトリチウムは際限なく増えてしまいそうだが
一方でトリチウムは一定の確率で余分な物を外に出して安定物質(3He)に
変化し、この時ベータ線を出す。

自然発生スルトリチウムとトリチウムから安定物質に変化する量が釣り合って
自然界のトリチウムの密度は一定水準に保たれる。
地球上には年間7京(京は兆の1万倍)ベクレルのトリチウムが生成されると考えられている。それによって自然界には約100-130京ベクレルのトリチウムが存在する。
原発の処理水に含まれるトロチウムは1000兆ベクレルであるから、天然に存在する
トリチウムの約0,1%に相当する。

コメントを投稿

明日に向けて(1701~1900)」カテゴリの最新記事