明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

明日に向けて(1916)『放射線副読本すっきり読み解きBOOK』・・・こんな風に読まれてます!(長岡京市での読む会より)

2020年11月06日 01時30分00秒 | 明日に向けて(1701~1900)

守田です(20201106 01:30)

今回はツクル森参加のため禁を破って夜中に投稿してしまいます!お許しください。

BOOKを読む会を各地で行っています!

『放射線副読本すっきり読み解きBOOK』を読む会、各地で継続的に行われています。
10月18日には長岡京市で行いました。この日は僕の他、にょきプロメンバーの中村あゆ美さん、にしむらしずえさんも参加。BOOKを作った思いなど語ってくれました。

読み解きでは読み解きBOOKに出てくるABC役を担当された方が、素晴らしく気持ちを込めて呼んでくださり、とても盛り上がりました。
企画後の交流会で「声を出して読む」ことの特別の意義、声に出してこそ頭や心に入ってくるものがあるという話で盛り上がりました。


長岡京市での読み会 みなさん、ABCになり切って音読してくださいました

今後も各地で進めたいです。
当面のスケジュールとしては11月11日(水)にイギリスを中心に、世界に点在する日本人ないし日本に縁のあるままさんで作っている「せかままカフェ」で読み会を行います。
さらに11月15日(日)にやはりイギリスを中心に欧米と日本をつないだ読み会を行います。
京都市では21日(土)午前中10時から左京区のキッチンハリーナで行います。のちに詳しい案内を送りますので、どうかご参加ください!


にょきにょきプロジェクトの中村あゆ美さん(右)、西村静恵さん(左)も参加

 

長岡京市ではこんな風に読んでいただけました!

この読み会の感想を主宰の「さよなら原発長岡京市民の会」からいただいたのでご紹介します。


長岡京市での読み会、ノリノリでした!


もやもやがすっきりはれた!

もやもやしていた副読本を読み解く本を作ったなんてすごい!!と思っていたので、今日はとても楽しみにしていました。そして「放射能はこわくない」と思わせるためのカラクリを巧妙に散らばせていることが、わかったのがものすごく収穫でした。
「はじめに」のいじめの件、私も本当に許せない。なんで許せないと感じていたのかのモヤモヤがスッキリ晴れてよかったです。これを周りの保護者仲間ともいっしょによみたいなあ

教育の腐敗に立ち向かわねば!
これから未来を生きていく子ども達へ、詭弁をもって放射線についてを、情報操作をして知らせる、というこのやり方。そして、こんなやり方で例えば、大人になっていった子ども達が,又、更に次の世代を育てていくことの重大な連鎖を生んでいること。
全く誠実ではない学びを与える日本の教育そのものに不信感を抱く、となれば、やはり、自分で学び、自分でつかみ、自分で確認するしかないのか、なんて非効率な教育、教える先生も真実を習わないまま先生になっていく……腐敗教育……をこの学習会から感じました。
前向きに?とられるならば、この副読本があるからこそ、このような実態が明らかになり、それを知ることができたということか! 正しいことの発信を!
学問に対してもとても失礼で、原点をきちんと身につけてこそ、知識と言えるのに…科学的根拠をもって…大人の作る世界がこわいことに大人達は気づいてなくて…いづれ自分達に(大人こども)に返ってくるだろうと…だからこそ,私たちは大人はきちんと加害者として向き合わなくてはならないのではないか、こども達に対し。

なるほどー。「すっきり読み解きBOOK」よく作ったねー。
なるほどー!という話がたくさんあり楽しく興味深く聞きました。うわさを聞いていたが、副読本ヤバイなあ。「すっきり読み解きBOOK」よく作ったねーと思った。内容もとてもよく練られていて良いと思った。

◯情報をうのみではなく、批判だけでもなく、言いにくいと感じてもちゃんと言葉に!
「い」のページ最後 国の出す情報をうのみにするだけでなく、批判するだけでもなく、言いにくいと感じてもちゃんと言葉にすること、自分と違う意見や考えを聞きとれることを大切にしながら、放射線について理解を深めるためにこの本を活用したいと思いました!!

子どもいるご家庭にBOOKがもっと広まってほしい
国、政府のウソは許せないです、しかも書き方が、都合の悪いことは書かない…一見正しく見せる…で、そのようなやり方がムカつきます!子供のいるご家庭にこの「すっきり読み解きBOOK」がもっと広まってほしいです

長岡京にこのようなグループがあってカンシン
放射能の危険については、以前から不安に思っていました。今日の話でほんとうにとりくんでいる方々の話をきかせて頂いて、これからも勉強していきたいです。又、伝えたいとも……
今日は来る前に“海に放流”反対のコメントをPCで出してきたところです。長岡京に、このようなグループがあってとても“カンシン”しました。

正しい知識を学ぶことが大切!
副読本があるのは知っていたが初めて読めた。正しい知識を学ぶことが大切であることを強く思った。 

にょきプロメンバーから
「にょきにょきプロジェクトの中村です。ありがとうございました!!楽しく一緒に学べてありがたかったです。改めて勉強になりました。まだまだ誤字脱字ツッコミどころ満載や~ん!!(中村 あゆ美)
「にょきにょきプロジェクトとして参加しました。とてもとても良い会だったと思います。言葉をえらび、知恵をしぼって放射線の理解をひろげていって頂きたいです。ありがとうございました!! (西村 静恵)


BOOKをゲットしてください!

『放射線副読本すっきり読み解きBOOK』・・・さらにどんどん広げたいと思っています。
ホームページをブラッシュアップしたのでのぞいてください。またまだの方はぜひBOOKをゲットしてください。無料ダウンロードできます。
https://nyoki2pj.com/lp/info_yomitokibook/

製本版のお申し込みはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdKXBwKnFYkIvDdfEs3q9NhrFwqVxDe3BwNDeepaNaxylfXVA/viewform

このたびあらたに半減期についてがっつり解説するビデオも作りました。紹介版の動画をご覧ください。
半減期解説動画紹介ビデオ
https://youtu.be/uQE1lu9_ygI

あなたの街でもぜひ開催を!

#放射線副読本 #すっきり読み解きBOOK #放射線防護

*****

この記事に共感していただけましたらカンパをお願いできると嬉しいです。自由に金額設定できます。
https://www.paypal.me/toshikyoto/500


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 明日に向けて(1915)アメリカ... | トップ | 明日に向けて(1917)『放射線... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

明日に向けて(1701~1900)」カテゴリの最新記事