相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

モナの丘のコスモスと真赤なコキア

2018-10-17 15:30:25 | 
相模原市下溝にハーブの芳香に包まれた農園=農業生産法人「グリンピア相模原」が運営する農業体験施設「モナの丘」はある。「モナの丘」は広さ3.5haの広大な敷地に「農産物販売所」、「農業レストラン」、「ハーブ園」、「ラベンダー園」、「バラ園」、「バイオマス実験プラント」、「希望の花壇」、「キノコ畑」、「果樹林」、「バーベキュウ広場」等が配置されている。今「ハーブ園」、「バラ園」、「希望の花壇」エリアはピンク、白、赤、黄の色とりどりの「コスモス」が咲き乱れ、赤い「コキア」とのコラボレーション美を創り上げている。(1810)











コメント

新磯の「ざる菊」新芽・若芽・蕾がつき始めた!!

2018-10-09 16:17:37 | 
勝坂歴史公園の南側方向に遠く丹沢山系が望め里山の風情が残る相模原市南区磯部に新磯ざる菊愛好会が栽培している「新磯ざる菊園」はある。緩やかな斜面に赤、白、黄色、紫のざる菊10種類、1300株が綺麗に植えつけられている。本当に「ざる」を伏せたようにこんもりと丸い形をしていることから「ざる菊」と言われている。訪れた日まだ全体は緑色一色、しかしよく見ると黄色か白のざる菊の新芽、若芽、蕾がまだ小さいが膨らみかけていた。菊園の左側中央に奥に一列であるが「ピンクのざる菊」一列が開花し始めていた。毎年1万人を超す花見客、鑑賞客が訪れ新磯の名所となって段々知名度も上がっている。11月3日には「第10回 ざる菊花見会」が開催され。当日は開会式」の後いろんなイベントが予定されている。あと数日でざる菊の新しい花姿を見ることができるかもしれない。(1810)












コメント

相模原公園「第9回トルコギキョウ展 2018」今日最終日!!

2018-10-08 15:02:31 | 
神奈川公園協会と株式会社サカタのタネの協賛で10月6日(土)~8日(月・祝)の3日間にわたって「県立相模原公園」内の大温室「グリーンハウス」メインホールで、トルコギキョウの切り花やアレンジメントを盛大に飾った特別展示「トルコギキョウ展2018 ~トルコギキョウでハロウィンパーティー~」が開催されており今日が最終日である。メインホール、正面階段、エントランスに約25品種、1500本のトルコギキョウをが展示されている。トルコギキョウの展示としては関東随一の展示規模を誇り、今年で9回目の開催で昨年は約5,000名を超える来場があった。「トルコギキョウ」はキキョウ科の植物ではなく「リンドウ科」の植物(花)である。花名は「つぼみ」の形がトルコ人のターバンに似ている、花姿・色がキキョウに似ていることに由来する。今年は白や紫を中心とした「アンバー」、「ボヤージュ」、「レイナ」などのトルコギキョウとカボチャ「プッチィーポット」が設置され「ハロウィン」をイメージしたトルコギキョウの装飾がなされている。中央のステージでは阿部真也氏4名による「弦楽演奏会」バイオリン ヴィオラ)が行われておりその音色が館内に響き渡っていた。花言葉の通り清々しい美しさ、優美であった。(1810)














コメント

秋の七草の一つ「萩」の花~秋の知らせ!!

2018-08-17 16:03:02 | 
例年にない毎日35度を超える猛暑&酷暑の今夏、8月も中旬を過ぎ今朝は部屋に入ってくる風がひんやりとして涼しく秋の訪れを感じさせる。近くにマンモス集合住宅(マンション)の歩道の一角に50本ほど秋の七草の一つで秋を象徴する花とされている「萩(ハギ)」が植栽されている。いつも開花するのは9月に入ってからであるが、今年はその中の数本に赤紫色のしなやかな可憐な花姿を見せ始めている。「萩(ハギ)」は「万葉集」や「古今集」多く詠まれ、古くから日本人に親しまれてきた植物=花である。萩(ハギ)という漢字には「秋」が入っており秋に咲く植物ということに由来する。「秋(ハギ)」が開花する頃は稲や粟そして稗などの収穫期に重なる。豊かに咲きこぼれる萩の花は「豊穣の秋のシンボル」とされてきた。萩の花言葉は「思案」であり、よく見ると可憐な花びらを地に下げる様に咲くさまはまさしくマッチした言葉である。作者不明だが万葉集に「をとめらに行き逢ひの早稲わせを刈る時になりにけらしも萩の花咲く」と詠っている。(1808)






コメント

「モナの丘」はバラとアジサイで彩られる!!

2018-05-23 11:20:37 | 
相模原市下溝にハーブとバラの芳香に包まれた農園=農業生産法人グリンピア相模原が運営する農業体験施設「モナの丘」はある。2007年にオープンした「モナの丘」は広さ3.5haの広大な敷地内に花壇をじめとして「バラ園」、「ハーブ園」、「ラベンダー園」がありまるで花園のようである。その他に「バイオマス実験プラント」、「キノコ畑」、「果樹林」、「バーベキュー広場」等が配置されている。入口そばに植栽されている「アジサイ」が紫、ピンク、白、青の花を咲かせ始め出迎えてくれる。ハーブ園には白く愛らしい「カモミール」の花が見ごろを迎え、レストラン前の「ローズガーデン」では一輪咲バラ、つるバラをメインに30種類のバラが咲き始め一層華やかに彩り中である。(1805)












コメント