相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

秋恒例の「第64回 菊花競技会2018」スタート!!

2018-10-22 08:55:58 | 祭り
昨日(10/21)から相模原市の秋の風物詩である「第64回 菊花競技会 2018」が市立相模原麻溝公園「みどりの広場」で始まった。この競技会は相模原親菊会の会員が丹精込めて栽培仕上げた「切花」、「盆養」、「福助造り」、「小菊盆栽」など約400点に及ぶ美しい菊の作品が出展されている。「だるま・福助」の黄色と白の大輪、「三本立盆養間管の紫」、「三本立盆養厚物の黄色」、「三本立だるま厚物」どれも素晴らしくまさしく芸術品である。この競技会は来月 日まで行われ、今が旬の秋の代表花「美しい菊花」を楽しむことができる。11月1日(金)・4日(月)・8日(金)に審査が行われ受賞者が決まる。(1810)














コメント

相模原公園「オータムフラワーフェスティバル 2018」開催される!!

2018-10-21 16:27:43 | 公園・庭園
県立相模原公園において毎年恒例の「オータムフラワーフェスティバル 2018」が昨日(10/20)と今日(10/21)開催された。秋の自然を楽しむがコンセプト。「花苗やサボテン多肉植物の販売」、「秋の樹木相談」などのほか、「綿菓子、パン、野菜、焼き菓子の販売」、「ポニーの乗馬体験」や「ネイチャーゲームなどの体験型のイベント」と盛りだくさん。クリーンハウス前では鼓笛隊やヒップホップダンス、まつり囃子、インフォメーションでは竹細工、芝生広場ではミニドッグラン、フリーマーケット、秋の山野草展も行われた。また麻溝公園では「菊花競技会」も行われている。清々しい秋空のもと自然に親しみ、各種イベントを愉しみ、飲食に舌鼓を打つなど当園はフラワーフェスティバル一色となっていた。(1810)










コメント

そあらで「第42回相武台ふるさとまつり」開催さる!!

2018-10-21 15:47:55 | 祭り
相武台地区は市の南部に位置し座間市とキャンプ座間に隣接する人口約2万人の町である。市内で最も狭い面積の地区だが小田急線相武台前駅周辺の商業地域、大規模な集合住宅を有し、市内で最も人口密度が高い地域である。32の単位自治会から構成する相武台地区自治会連合会は「わが街 相武台」、「みんなでつくろう 安全安心のまち」をスローガンに「ふるさとまつり」、「盆踊り大会」、「どんど焼き」等の活動を行っている。秋空広がる今日(10/21)はそのひとつ「第42回 相武台ふるさとまつり」が9:30から相武台公民館「そあら」と「磯野台体育館」と「グランド」で開催された。今年のテーマは「愛とやさしさ 地域の心」である。グランドでは模擬店、フリーマーケット、迷路、ポニー乗馬、ふれあい小動物のコーナが設営されどこも大賑わいである。「磯野台体育館」では開会式のあと鼓笛隊パレード、コン・アーミゴス、サガノミクス、相武台中学校吹奏楽、相武台鼓笛隊、ヒロ・ビューティーフラ ザ・シャウト、相模よさこい神楽、相模原市民吹奏楽団演奏、米軍楽隊の吹奏楽演奏が行われ、そのあと閉会式となった。(1810)












コメント

平成30年度座間市民芸術祭「絵画展」観賞!!

2018-10-21 08:31:31 | 絵画展
座間市では9月中旬より11月中旬までの2ヶ月間、市民の各分野での活動・成果を発表する「市民芸術祭」が開催中である。今週10/18から10/21まで「ハーモニーホール座間」(市民文化会館)一階ギャラリーにおいて「絵画展&園児絵画展」開催中である。出品作品は「水彩部門」28点、「日本画部門」4点、「油絵部門」19点、「アクリル部門」1点、計53点が展示されている。風景、寺院、花を画題としたどれも素晴らしい作品ばかりであった。出展者の絵に懸ける情熱と探究心、なによりも一つの作品に仕上げるために費やした時間と技巧と技量に只々感心するばかりであった。1810










コメント

「第18回 小田急ファミリー鉄道展 2018」初日の賑わい!!

2018-10-20 14:22:44 | 鉄道
毎年秋恒例の「鉄道の日」に合わせ二日間に亘って年に一度の小田急電鉄「第18回 小田急ファミリー鉄道展 2018」が今日(10/20)と明日(10/21)「海老名電車基地」と「ビナウォーク中央公園」の二ヶ所を会場として開催される。海老名駅改札口から車両展示基地まで既に長蛇の列である。基地内には見納めとなるオレンジ色の車体で馴染の「7000形 特急ロマンスカー・LSE」、「ハイブリッド軌陸車」、「マルチプルタイタンパー」、「延線巻取車」、「レール運搬車」、「バラストスイーパー」が展示されている。ロマンスカー・LSEは特に人気がありカメラを抱えた鉄道マニアで人垣ができている。車両展示出口に向かった先には各鉄道、バス会社のグッズや飲食物販売のテントが張られ特にLSE特設コーナーには長蛇の列ができている。撮鉄、鉄道ファン、鉄道マニア、愛好家、家族ずれ、子供たちにはたまらないイベントでり昨年は約3万人越えの来場者を記録した。この鉄道展は明日も行われる。(1810)
















コメント