相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

相模大野中央公園も「アジサイ」彩り始める!!

2020-06-02 18:14:44 | 公園・庭園
昨年大野を去ってしまった「伊勢丹」の裏に相模大野のシンボル、憩いの場「相模大野中央公園」はある。当園はさほど広くないが「花と水と緑」がテーマとして27000㎡内に相模湾をイメージした「噴水」や池が配され、「四季の道」や「水の広場」、「語らいの広場」、「風の広場」、「集いの広場」、「芝生広場」があり、周りには遊歩道が整備されている。当園では市の各種イベント、特に夏の「大野もんじぇ祭り」では大賑わいとなる。今、当園も梅雨期の代表花「アジサイ」が噴水そばや遊歩道で見ごろを迎え彩り始めている。(2006)
 
 
 
 
 
コメント

忠生通りに大蛇の伝説のある「東向山簗田寺」

2020-06-02 12:01:37 | 寺院
町田市の郊外、忠生町と山崎町の間の閑静な場所に佇む曹洞宗の寺院「東向山簗田寺」はある。かつては入間郡越生「龍穏寺」末であったが、現在は福井市本山永平寺末としている。当寺は尾張の織田信長の家臣旗本簗田家が建立。簗田政綱は桶狭間の戦いで今川義元の本陣の場所を信長に知らせて急襲し、勝利した第一の功労者として「沓掛城」を与えられた。後の戦乱により落城、嫡子であった正勝は伊勢に落ち延びる。その後「正勝」は徳川家康に15歳で召し出され旗本の一員に加えられ、江戸に居を構え、そして町田市内の山崎全域と本町田、木曽の一部及び大和市域を与えられる。その領地内の「堂屋敷」という場所にあった浄土宗に属する「東岳寺」という荒れ寺を正勝は簗田家先祖の菩提寺として曹洞宗「東向山貞憲院簗田寺」とした。院号の「貞憲院」は平貞盛の「貞」、上杉憲定の「憲」に因んでいる。本尊は釈迦牟尼仏である。忠生公園通り山崎町方向へ下った「簗田寺信号」左手の小丘に鎮座している。寺域は樹木も多く緑豊かである。山門を抜けると境内正面に正面6間、奥行間6の入り母屋造りの「本堂」、右に書院と庫裡がある。本堂前には「夢碑」が建てられている。本堂左手には坐禅堂、図書室、衆寮がある。本堂の裏手には鶴見川の湧水の一つにもなっている「竜王が池」がある。大蛇の伝説もあるとか。竜王が池の前に秋葉三尺坊石像、後方に「簗田家墓地」、右に「白月居」がある。駐車場墓地領域に「こもれび堂」と「子育て観音」、「至稲荷神社」がある。(2005)
 
 
 
 
 
 
 





コメント

相模が丘「仲良し小道」ハナミズキのような「ヤマボウシ」が終焉美!!

2020-06-01 18:35:48 | 道・緑道
相模が丘の住宅街を南北に貫く全長1.6kmの緑道、桜の名所となっている「仲良し小道」。ここには64品種、220本の多種多様な桜の木が植栽されており別称「さくら百華の道」と呼ばれている。今このさくら百華の道は1000本近い梅雨期の代表花「アジサイ」で彩られ始めている。中間ほどに「ハナミズキ」に似た「ヤマボウシ」(山法師)が残りの花が終焉の美しさを披露している。「ヤマグルマ」とも呼ばれミズキ科のサンシュユ属(ヤマボウシ属)、中国や朝鮮半島、日本の本州から沖縄に分布している。江戸時代には欧米へ渡り観賞樹木として栽培されている。同じ属の「ハナミズキ」より開花時期が遅く、葉が出たあとに枝先に開花する。梅雨期の希少な花木として重宝がられている花木である。(2005)
 
 
 


コメント

雨に濡れた花々を撮る!!

2020-06-01 15:05:42 | 
一昨日九州地方の梅雨入りが発表された。関東甲信越も来週8日頃には梅雨入りかと予報されている。今日は朝からしとしとと雨が降っいて近くの公園を通りかかると樹木・花木たちの花に雨粒、雨露に濡れしっとりとした花姿を見せている。もう旬を過ぎてしまった「ツツジ」が最後の残り花を咲かせピンク色に輝いている。そのそばでは額縁に見えることから額アジサイと言われるようになった花の周りの装飾花の部分が変化し花びらにみえる「ガクアジサイ」、少し離れたところに「ザクロ」(柘榴)が肉厚な鮮やかなオレンジ色のガクの間から飛び出すように花びらを広げ咲き出している。ザクロの花は初夏に咲き開花してすぐに梅雨に入るため花は散ってしまう。梅雨入りへカウントダウンが始まった。花々は季節を先取り、察知し開花したり散ったり、実になったりと自然の法則、時間、過程を教えてくれている。(2006)
 
 
 



コメント

「県立相模原公園=水無月園」の妖艶なハナショウブの花姿!!

2020-06-01 09:15:29 | 公園・庭園
相模原市南区下溝に「県立相模原公園」の西側に「ハナショウブ」の名所「水無月園」はある。広さ2300㎡の当園はメインの東側と木立に囲まれた西側とさらに奥にもう一つの3面の菖蒲田がある。明るい雰囲気の漂う円弧状の菖蒲田には「江戸系」「肥後系」「伊勢系」など118品種、26,000株が彩りよく植え付けされている。先週は数列であったが今日は鋭い剣状の葉の先端や間からしなやかな花びらを広げて菖蒲田の2~3割が咲き始めていた。絵にも描かれるハナショウブの妖艶な花姿を挑撮。いよいよハナショウブシーズン到来、今週土日頃に「ハナショウブワールド」が完成、見頃となっているに違いない。(2005)
 
 
 
 
 
コメント