相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

日比谷の新ランドマーク「東京ミッドタウン 日比谷」へ潜入!!

2018-06-28 12:04:59 | ショッピングセンター
今年3月29日オープンした「東京ミッドタウン日比谷」へ初潜入。有楽町一丁目1番地2号に事務所、店舗、文化交流施設、産業支援施設を主要用途にした面積:約10,700㎡、延床面積:約189,000㎡、階数:地上35階、地下4階、ペントハウス1階のビッグビルディングである。テナントも初出店も含め魅力ある60店舗が入った。開業初日にはオープン時間前に約1,000名を超える客の列ができ初日だけで約10万人が来場するほどの期待度大であったようだ。開業から1ヶ月前のゴールデンウィークを目前に来場者数200万人を突破し東京の、日比谷の「新たなランドマーク」として好スタートを切った。今日も平日だというのに飲食店、レストラン、テイクアウト店舗に長蛇の列、多くの来場者、買い物客で賑わっていた。6階には「パークビューガーデン」もあり皇居、お濠を一望できる。映画館=東宝シネマもあり観劇映画帰りの人、夕方以降は会社帰りのビジネスマン・ウーマンで来場はグーンとアップする。(1806)










コメント

赤褐色に輝く横浜のシンボル「赤レンガ倉庫」

2018-04-16 14:43:16 | ショッピングセンター
神奈川県横浜市中区新港1丁目の横浜港に明治政府によって保税倉庫=国の模範倉庫として建設された歴史的建築物(正式名称は国の新港埠頭保税倉庫)で、みなとみらい地区内の2街区にあたるMM21のエリアでは特異なと言うか、シンボル的な存在、代表的な観光施設として「ハマの赤レンガ」と呼ばれ親しまれている「赤レンガ倉庫」はある。文化施設の1号館「ホールと多目的スペース」は大正2年(1913)、商業施設の2号館「ライブ・レストランとビアレストランの他、飲食・物販店が50軒以上」が明治44年(1911)竣工。1989年(平成元年)には保税倉庫の役割が終わったため、約5.5haが整備開発され、その周り一帯は広場や公園の「赤レンガパーク」として2002年(平成14年)4月開園。通算来場は5年前で6000万人ということであったので恐らく今は1億人近くに達しているに違いない。目まぐるしい時代の変遷を楽しく確かな記憶として、当時の倉庫の面影を残し1日を通しても時間と共に違う表情をみせる赤レンガ倉庫、フロアに並ぶテナントの数々四季折々の多彩なイベント、ベイブリッジや大さん橋を一望できる海に面したロケーションは誰もがそのノスタルジー性に魅了されるのであろう。(1804)














コメント

横浜の新たなシンボル「Marine&Walk yokohama (マリン&ウォーク)」

2018-04-15 15:04:47 | ショッピングセンター
横浜みなとみらい21新港地区=横浜赤レンガ倉庫に隣接する形で「Marine&Walk YOKOHAMA」(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)という新しい商業施設がオープンし丸2年が経つ。次から次にこの地区には新しい魅力ある建物や施設が出来上がる。横浜の海沿いの倉庫街に解放的な街路をつくり、海と緑をシームレスに繋ぐことによって生まれた「オープンモール」。横浜の海と街路で過ごす時間をイメージして名付けられた「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」。目の前の海を眺めての食事やショッピングをしたりとネーミングの通り散歩をしたりと、ここにいるだけで上質な時間を過ごせる空間を提供するがコンセプト(狙い)のようである。海に面した方には茶色いウッドデッキが設けられそれこそ「ウォーク」が楽しめる設計でどことなく海外にでもいるように異国情緒が漂う。ここの敷地面積は7,053㎡、延床面積は13,486㎡、店舗面積は8,347㎡、その中に横浜初出店13店舗、関東初出店1店舗、新業態7店舗を含む25店舗で構成されている。相変わらず多くの人で賑わっていた「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」は快適な空間と魅力的な景観が新スポットとして人を惹きつけているのかも知れない。(1804)










コメント

「イオンモール座間」今日グランドオープン!!

2018-03-16 14:09:56 | ショッピングセンター
座間市広野台のカレスト座間近く日産自動車座間工場跡地に建設を進めていた「イオンモール座間」がいよいよ3月16日(金)9:00グランドオープンの日を迎えた。イオンモールとして建物の大きさは地上3階、敷地面積は5万8千㎡、売り場面積は5万3千㎡、店舗数も160店が入り、駐車場も2500台と県内最大級規模の大型ショッピングセンターである。「新たに地域の人々が集い、憩い、楽しむことのできる魅力ある空間づくりを目指す」がコンセプト。3/16のグランドオープンに先駆けて地元・地域住民に対しては3/13~3/15の3日間、一足早く「ソフトオープン」を実施、いよいよ今日から「イオンモール座間」のスタートである。8:20にはオープニングセレモニー(テープカットと演奏)、オープン記念スペシャル企画として「お子様スマイルバッジプレゼント」、オープン記念イブニングステージとして「コンサート」や「パフォーマンス」が予定されている。1階から3階までの各店舗は割引セールもあり人、人、人、そしてフードコートも沢山の人で溢れていた。今日、情報・カルチャーの交流拠点「イオンモール座間」順調なスタートを切った。(1803)













コメント

県最大の「イオンモール座間」本日ソフトオープン!!

2018-03-13 11:03:15 | ショッピングセンター
座間市広野台のカレスト座間近く日産自動車座間工場跡地に建設を進めていた「イオンモール座間」がいよいよ3月16日(金)9:00グランドオープンする。イオンモールとしては大和に次ぎ2店目、建物の大きさは地上3階、敷地面積は5万8千㎡、売り場面積は5万3千㎡、店舗数も160店が入り、駐車場も2500台と県内最大級規模の大型ショッピングセンターである。店舗のコンセプトは「SMART”ZAMA LIFE”WITH AEON」。グランドオープンに先駆けて地元・地域住民に3/13~3/15の3日間、一足早く「イオンモール座間」へ招待のメールが入った。今日(3/13)8:30、早速新しい「イオンモール座間」に行って見た。既に数百人が並んでいた。9:00オープン。各店のの店員・社員がお出迎えである。まずは1階の最奥「Ieonstyle」にて食品・野菜売り場へ。他にはファッション、雑貨インテリア、グルメフード、二階にはファション、雑貨インテリア、グルメフード、三階にもファション、雑貨インテリア、グルメフードの店が並んでいる。これから座間のショッピングモールとしてどういう位置づけを確立していくのだろうか?(1803)










コメント