相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

早咲き椿花の咲く島「大島」へ!!

2017-12-13 13:28:00 | 
今日8:35「竹芝桟橋」より高速ジェット船「セブンアイランド」にて東京から120k離れた伊豆7島の中で最も大きい島、「早咲き椿花の咲く~大島~」へ渡った。我々が乗船した「セブンアイランド」は約300人乗り、別名「海のジェット機」と呼ばれ艇走~離水~翼走(水中翼で浮上)航行、時速80kという速度で海上を飛ぶように進む。竹芝~台場、横浜、左に房総、右に伊豆半島、富士山を眺め海上、洋上を往来するタンカー、貨物船、客船を収め、10:20大島=岡田港へ到着(着岸)した。今冬最も冷え込んだ都心、大島は少しは温かいかと期待したが海風、浜風が冷たく寒かった。最初に向かったのは大島の代名詞「椿」が見れる「椿花ガーデン」へ。当庭園は3000坪の芝生広場や椿園・アジサイの散策路があり、数百種の椿の花鑑賞と。高台にある「富士見の丘」からは元町、遠く富士山の雄姿を臨みその素晴らしい眺望に唸った。「大島温泉ホテル」で金目鯛の昼食、そのあと大島のシンボルともいうべき日本の地質百選に選定された「三原山」へ。三原山は活火山(伊豆大島火山)の陸上部分で、標高758m。山頂のカルデラ内にできた中央火口丘にあたる。活動を続ける三原山、遠くから眺める分には山姿が美しい。14:35「セブンアイランド」にて帰航の途に。夕日、ビル群、港湾に浮かぶ「ガントリークレーン」はまるで海の動物の姿のような不思議さを取り撮めやっと竹芝桟橋へ帰り着いた。大島滞在約4時間の島旅であった。(1712)
















コメント