相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

2017年「相模太夫」の旅録~軌跡~

2017-12-31 16:23:43 | 国内旅
今日は大晦日、今年もあと数時間を残すのみとなった。2017年も激動の変化の多い一年であった。2017年の相模太夫の「旅の軌跡」を辿るとことにしたい。潤沢な時間の殆どを旅&ツアーに、寺社巡りに、祭り&イベントに、四季の花めぐりに、コンサートに、絵画展・写真展に費やした一年であった。今年は国内旅がメインであったが熊本(人吉)、奈良、京都、栃木、愛知、長野、千葉、宮城(仙台)、茨城、最後に大島へ赴いた。イベント・祭りには50箇所、寺社巡りは200件超え、四季の花が70個所、アップ(投稿)した件数は500件超えとなった。「」は日常の居住地を一歩出たら旅であると定義している。そこには今しか見れない非日常の世界、今しか撮れない光景、今しか巡り合えない人との出会いが待っている。それこそ一期一会の被写体があった。旅地に訪問地にはお供した相棒(愛機=カメラ)が相模太夫の世界観、思い、旅感、感動をシャツターを切る指に込め追撮、瞬撮、激撮した。相模太夫のブログのコンセプトは「旅は一枚の写真から始まる!!」である。相模太夫がお届けした写真で行ってみたい、訪れ見たいと思っていただければ幸いである。来年の干支は「戌」、戌のように走り、駆け回り相模太夫なりの「旅の軌跡・足跡」、「写真」をお届けしたい。相模太夫のブログ読者の皆様、アクセス頂いた皆様の来る新年が素晴らしい年となりますよう、ご健勝ご多幸を心よりお祈り申し上げます。(1712)
思い出のショットを辿ると
◎吾妻山、松田山、千鳥ヶ淵、富士芝桜


◎銀閣寺、相模の大凧、松島、東北絆まつり


◎日光、高幡不動、最乗寺、青井阿蘇神社


◎深大寺、人吉「かわせみやませみ」、大島三原山、丸の内イルミネーション
コメント

サラサラと竹が奏でる演奏場のような「竹林の道」

2017-05-25 11:23:41 | 国内旅
天龍寺「北門」より一歩出ると、もうそこは河内山荘から野宮神社の間を約200メートルにわたって続く幻想的な異次元空間、風情のある小道「嵯峨野 竹林の道」はある。京都嵐山の代表的な観光スポット、圧巻の竹林!というほかない。数万本の竹が生い茂る一帯には、竹林の間を縫うように小径が張り巡らされ歩くたびにどこか平安時代の趣が感じられる。青竹にという懐に抱かれたような別世界の中、風はひんやりと涼しく、竹たちがサラサラとその風に合わせて「風の演奏」を聞かせてくれる。竹の青い香り、竹の隙間から降注ぐ陽日しが眩しく時間の感覚を忘れてしまいそうである。(1704)






コメント

京都祇園のメインストリート「花見小路通」

2017-05-15 12:17:39 | 国内旅
京都市の南北の通りの一つで祇園の中心を貫くメインストリート見どころ豊富で風雅な小路「花見小路通」。北は三条通りから南は建仁寺まで通じている約1キロの小路である。祇園をはじめとする東山区の歓楽街を貫いており、小路の周辺には寺社仏閣やお茶屋のような京都らしいものから、バーや居酒屋まで色々な施設や店舗が建ち並んでおりいます。四条通以南はもともと建仁寺の領地でり今の形となった明治以降である。通りを散策するだけでも楽しめ、1日中人通りが絶えることなく賑いいかにも京都らしい。(1704)






コメント

旅の塒「かんぽの宿 熱海 本館」にて!!

2017-05-11 09:15:01 | 国内旅
静岡県熱海市水口町の車一台がやっと通れる急こう配の坂道を上った高台に熱海市街と相模湾を望む絶景の温泉ホテル」というキャッチフレーズに誘われて「かんぽの宿熱海本館」が今回の旅の塒(宿泊)となった。起源は奈良時代と伝わる熱海温泉は日本を代表する温泉リゾート、もちろん温泉大浴場もあり解放感あふれる露天風呂、圧注浴、寝湯等の4種類そしてジャグジーもある。ルームは5階のシングルベット2つと和室がある和洋室であった。もっと上階のルームよりバルコニーからの黄金色の朝日と紺碧の海を眺めたらの期待はすこし遠のいてしまったそれでも十分堪能できた。全室オーシャンビューで紺碧の海と、煌めく夜景を一人占めできそうである。な、の客室。夕食は「熱海 旬彩 会席膳」であった。先付「新緑豆腐、アスパラソース添え」、前菜「季節の盛り合わせ」、温物「小倉蒸し」、刺身「五種盛り合わせ」、煮物「飯蛸と冬瓜」、台物「牛肉の陶板焼き」、揚物「あいなめの変わり揚げ」、食事「白御飯、汁物、お新香」、デザートであり十分舌鼓を打つことができた。翌朝はバイキングスタイルの朝食。思ったよりは種類も多くバラエティーに富んでおり満足いくものであった。機会あれば今一度「塒」としてもいいかなと・・思えるものであった。(1704)






コメント

古都奈良の迎賓館「奈良ロイヤルホテル」が本日の塒!!

2017-05-05 13:27:17 | 国内旅
三年ぶりに古都奈良と京都の寺社巡り+熱海の5日間の旅に。初日の午前中は移動タイム。まずは新幹線「ひかり」に乗車し京都へ。そして京都よりJR快速「みやこ」と乗り継いで古都の歴史ある伝統と現代の息吹が交錯する奈良に到着したのは一時を過ぎていた。旅の成否は「宿=塒」にありと言われる。本日の塒は平城京の間近に位置し古都奈良の迎賓館と形容される「奈良ロイヤルホテル」にチェックインした。外観は落ち着いた赤褐色の暖簾で統一。ロビーには大きなシャンデリア数個。ウェルカムドリンクのサービス付、早速コーヒーをオーダー。店内のラウンジから窓は大きく外には水がゴーゴーと流れ落ちる「扇滝」からの滝を見ることができる。全体で130室近くある客室、緩やかな色調で統一され居心地もよさそうで古都の刻を過ごせそうである。ホテルとJR&近鉄奈良駅をシャトルバスが運行され移動には困らないサービスがついている。また一日のフリー乗車券(バス)がセットに付いており十分観光出来そうである。ハイグレード、ゴージャスさが謳い文句、快適な「奈良時間」を齎してくれそうである。(1704)












コメント (2)