相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

新戸「相模川散策路」の「河津桜」開花宣言!!

2019-02-27 08:39:43 | 道・緑道
相模原市の新戸地区にかつて寛文2年(1659)に築堤された「相模川の堤防」が相模川治水対策等により堤防としての役割、機能を終えた。新戸老人会寿会が廃堤防敷を散策路へ活用を市に申請した。市がその要望にこたえ平成9年から7年かけて平均幅10m延長600mの中に散策路2.5m、両側に2mの植栽帯をもつ新戸の「相模川散策路」が出来上がった。約200mの間に「約50本の河津桜」が植栽され満開の頃はピンク色の美しい「河津桜並木」、「河津桜回廊」となって圧巻の景色を作り上げる。先月末に数輪開花したが、今月不順な天候が続き開花が止まっていたような感じである。しかし今日訪れるとすべての木に20輪から50輪ほど薄ピンク色した可愛らしい花を咲かせ全体がピンク色した樹形となっていた。待望の開花宣言である。今週後半10度を切る日もあるようだが日に日に暖かくなっていく週明けあたりがピンクの「桜回廊」、「桜並木」が形成されているだろう。(1902)










コメント

相模が丘「仲良し小道=さくら百華の道」河津桜が開花した!!

2019-02-07 13:26:49 | 道・緑道
座間相模が丘の住宅街を南北に貫く全長1.6kmの緑道「仲よし小道=さくら百華の道」がある。ここには200本近い桜の中に「河津桜」が5本ほどある。先月末各木には開花寸前の赤く膨らんだ蕾であった。数日前のと今日の気温上昇で可愛らしい濃いピンクの花びらを広げ待ちに待った開花である。「桜シーズンの到来!」私的宣言。河津桜は「オオシマザクラ」と「カンヒザクラ」の自然交雑種によって生まれた桜の一種である。桜は「国花」に相応しい美しい花姿であり華やかである。ここ「さくら百華の道」は名の通り次から次に違った種類の桜を楽しめる座間の代表的な桜スポットである。やはり桜は春を感じさせ、心躍らせる希少な花の一つである。(1902)






コメント

新戸「相模川散策路」の「河津桜」開花始まる!!

2019-01-23 17:08:45 | 道・緑道
相模原市の新戸地区にかつて寛文2年1659年に築堤された「相模川の堤防」、相模川治水対策等により上流に相模湖、城山湖、宮が瀬湖が造られその堤防としての機能は終わり、廃堤防敷を散策路へ活用すべく新戸老人会寿会が市に申請要望にこたえ、市が平成9年から7年かけて平均幅10m延長600mの中に散策路2.5m、両側に2mの植栽帯をもつ新戸の「相模川散策路」が出来上がった。約200mの間に「約50本の河津桜」が植栽され満開の頃はピンク色の美しい「河津桜並木」、「河津桜回廊」となって圧巻の景色を作り上げる。昨年の今頃は蕾が膨らみかけていたが開花はしていなかった。しかし今日は全体的にはまだ蕾であるが、日当たりのいい枝で5輪程咲いていた。ここの散策路では今年初撮りとなった。今年は雪も雨も降らず10度前後の気温ではあるが比較的穏やかな日につられ、フライングしたのか開花していた。ここ相模川散策路の河津桜の木はまだ若いので樹形は細いがあと数年経てば「新戸」の、そしてしいては相模原市屈指の「河津桜の名所」となるに違いない。(1901)






コメント

相模が丘「仲よし小道=さくら百華の道」さくら色々!!

2018-03-14 16:39:40 | 道・緑道
相模が丘の住宅街を南北に貫く全長1.6kmの緑道「仲よし小道=さくら百華の道」はある。ここには桜64品種、220本もの多種多様な桜が植えられている。先月末訪たときはと4、5本ある「河津桜」が満開を迎え見ごろを迎えていた。今日はもう鶯色も鮮やかな葉桜となっていた。「陽光」が紅い蕾をつけ、「大漁桜」、「大寒桜」、「寒緋桜」、「修善寺桜」がほぼ満開で見ごろとなっている。珍しい「アーコレード」が数輪開花し始めている。そして桜の女王「染井吉野=ソメイヨシノ」は少しピンク味を帯びているがまだ緑の蕾である。気象庁の都内の開花は3/20、見ごろは3/27か28頃かと報じている。ここ「桜百華の道」も恐らく同じころではないかと予想され、いよいよ桜追撮シーズンの到来である。(1803)


寒緋桜


大寒桜


大漁桜


陽光


アーコレード


染井吉野=ソメイヨシノ




コメント

新戸「相模川散策路」の河津桜回廊、並木完成間近か!!

2018-03-12 13:15:53 | 道・緑道
相模原市の新戸地区に寛文2年(1659)に築堤された「相模川の堤防」、相模川治水対策等により堤防の機能・役目は終わったことにより、新戸老人会寿会が廃堤防敷を散策路への活用申請を受け、市が平成9年から7年かけて平均幅10m延長600mの中に散策路2.5m、両側に2mの植栽帯をもつ新戸の「相模川散策路」が完成した。活用の一環として約200mの間に「約50本の河津桜」と「アジサイ」が植えられた。今年は大雪やら寒波で開花のメカニズムに異変が起きているようで先週やっと2~3分咲き。訪れた今日は全体的にピンク味を帯びているがまだ蕾もあり満開ではない。明日明後日の気温上昇によって今週末にはきっとピンク色の「河津桜並木」、「河津桜回廊」となるのでは!!。(1803)






コメント