相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

人吉「焼酎蔵」と「みそ醤油蔵」を見学!!

2017-12-05 14:48:28 | 工場
人吉、球磨といえば焼酎とみそ・醤油である。人吉市新町に明治36年創業の百年に亘って球磨焼酎を作っている焼酎蔵の「繊月酒造」はある。無料見学、試飲ができるということでを訪れた。「球磨川の清き水と伝統的匠の技が生む繊月のひと雫」キャッチフレーズで蔵限定商品も含めると約30銘柄の繊月酒造の焼酎を品揃えである。早速工場へ。球磨川の清らかな伏流水と厳選された原料(米)を麴で発酵、蒸留、製品化と約一ヶ月かけて造られる。見学が終わるといよいよ試飲である。8種類の焼酎を飲み比べした。次に訪れたのは人吉市鍛冶屋町に昭和6年創業、こだわりの製法で味噌・醤油を造り続けている「釜田醸造所」を訪れた。大正浪漫漂う建築様式の「正面玄関」より入場すると奥行き約100メートルの細長い工場で製造工程となっている。大豆と小麦そして塩だけで熟成させる自家製天然もろみを1年間以上熟成させる製造工程である。見学が終わると売店へ直結し必然的にお買い物のルートになっている。(1711)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩釜「武田の笹かまぼこ」工場を訪ねて!!

2017-07-03 18:01:27 | 工場
宮城県塩釜市港町に笹かまぼこ誕生の地・宮城県塩竈で昔ながらの石臼製法でお馴染の笹かまぼこを製造し販売している「武田の笹かまぼこ」店・工場はある。創業は1935年。以来の伝統製法を受け継ぎ、頑なに守り続ける「武田の笹かまぼこ」、石臼で練り、一本一本じっくりと焼き上げた歯ごたえと風味豊かなこだわりの味の笹かまが出来ていく工程を見学した。今はこうして作られてが、あの東日本大震災では津波に襲われ工場の設備が浸水するなどの被害受け製造中止を余儀なくされた。当寺の生々しい、痛々しい写真が掲示されている。工場一階に土産店があり試食の笹かまぼこを頂いた。名産品だけあってシャキシャキ感がたまらない美味しい食品である。(1706)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加