nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

nobuta食べ歩き史上最強の沖縄そば定食がここにある‼️・・・まーさん処むかいや(武富)

2021-09-04 18:14:00 | 糸満食べ歩き

3,500店舗目のキリ番なのでスペシャルなお店のレビューになります。
沖縄に戻って2年、未訪問店舗を探すのに苦労し始めていますが、コロナ渦でも新規オープンがポツポツあるので、なんとか開拓し続けてますよ(笑)
・・・・・・・・・・・・・
昔、沖縄市に住んでいた時、東海岸は古謝の部落外れに餃子が強烈に美味しい沖縄そば屋『むかいや』さんがありました。
nobutaが埼玉に転勤している間に閉店していたんですが、今年の7月、糸満市の武富という市内でも外れにある新しい新興住宅地に『まーさん処むかいや』として復活したのです‼️

最初、店名だけ同じで別の沖縄そば屋だと思っていたんです。だって、あれだけ人気を博していた餃子がメニューにないから(^_^;)
そのため、初訪問時期が少し遅れてしまったのですが、沖縄そばの盛付けを見て同じ『むかいや』であることに気がつきました。そう、独特なんです。真ん中にだし巻きがポツンと乗っかってるのが・・・(笑)
そんな新生『むかいや』さんのレビューになりますが、nobuta食べ歩き史上最強の沖縄そば定食だと言えますので、その感動を綴っていきます。つまり、結構長いレビューになりますよ(笑)

まず、ポイントは選択科目が多いことです。
出汁が3種類。
 あっさりやさしい「かつおスープ」 
 こくがあってまろやかな「豚骨スープ」
 優しい味噌の味「味噌スープ」(+20円)
なんこつソーキが2種類。
 定番の「醤油味」
 オリジナルのこってり「味噌味」
ジーマミー豆腐が2種類。
 あっさり生姜タレ
 甘辛タレ

次に、定食の種類が4種類。
メインの「むかいやセット」は980円で、
 そば
 軟骨ソーキ(サラダ菜付)
 ジーマミー豆腐
 サラダ
 うむくじてんぷら
 じゅーし
です。「うむくじてんぷら」とは、いわゆる郷土料理のデザートと捉えて貰えば分かりやすいかな。「芋くず」と「紅イモ」を練った餅みたいな食感の甘いおやつです。
「むかいやミニセット」900円は、メインのそばが「ミニそば」になったものになります。
「Aセット」850円は、メインからジーマミー豆腐がなくなったものです。
「Bセット」900円は、
 そば
 豚の角煮丼
 サラダ
 うむくじてんぷら
が付きます。

もちろん、券売機には単品や大盛+100円、特盛+150円、トッピングなどがあり、セットにしなくても好きなものを選ぶことができますが、nobutaが「史上最強」と言っているのは、
 むかいやセット 980円
の事になります。
何が最強化といいますと、やはり、セット(定食)の内容が非常に充実している点でしょう。
ビジュアルは最初の写真になるのですが、見た目からしても豪勢でしょ(笑)
それぞれのアップがこちらの写真になります。
まず、メインの沖縄そばですが、今回は鰹出汁です。

非常にあっさりした出汁で、単体で食べても頗る美味しいです。麺が独特で、細麺ですが細すぎず、つるっとした食感で若干ウエッブが掛かっています。お店のお母さんと麺について会話したところ、オリジナルだけど自家製麺ではなく製麺所に作ってもらっているとの事。そんな融通の利く製麺所は、西崎製麺だと思われたので、「西崎製麺ですか?」と聞くと、正解とのことでした。壺屋通りのEIBUNもそうですけど、西崎製麵は沖縄そば経営者の好みにあった麺を作ってくれるので有難いですよね(笑)

これに軟骨ソーキが別皿で盛られているので、本来は沖縄そばに投下すべきなんですけど、こちらのお店は、サラダ菜が付いていて、サラダ菜に巻いて食べるんです。そのための薬味として山葵が添えてあります。この軟骨ソーキが、もう最強なくらいに美味いのです。サイズもあるし、味はしっかりと染みているし、強烈に美味い。
nobutaは、2個をサラダ菜に巻いて食べ、1個は、皿に残っているタレや山葵と一緒に沖縄そばに投下しました。
沖縄そばのあっさり鰹出汁も、この軟骨ソーキの味と山葵でさらにグレードがアップするんですよ!!!!
この沖縄そばの味変が、ますます美味しさに拍車をかけるわけです(笑)



そして、味くーたーなジューシーと小鉢のサラダ、ジーマミー豆腐にうむくじてんぷらというラインナップがガッツリと脇を固めてくれます。
それだけ揃って、1,000円を切るとは恐るべし!!!!
このコスパ高なところが最強たる所以ですね(笑)
・・・・・・・・・・・・
コロナ渦が蔓延する県内情勢により、お店はこの夏、土日は休業し、平日だけ営業しています(もちろん、水曜日は定休日)。それでも、ランチタイムはお客さんで一杯ですので、あっという間に超絶人気店になっている状況になります。
SNSであっという間に観光客に認知されるようになると、たぶん、EIBUNやとらやと同じように、県民が訪問したくても訪問できないくらいの反響になること間違いなし。
それが分かっているので、このレビューは3,500店舗目のキリ番まで残しておきましょう。その間に「味噌出汁」「豚骨出汁」を堪能して、取り合えず一通り食べ終えておこうと心に誓ったのです(笑)
・・・・・・・・・・・・
そうそう、駐車場はお店の前と、お店の近くに5台分あるので、計10数台は停めることができます。
また、お客さんで溢れることを予見していると思われ(これは古謝の時もそうだった)、ちゃんとお店の軒下に待合席が準備してありますよ!
今のところ、ランチタイムを避ければ問題なく入店できますが、前述したとおり時間の問題だと思います(あっという間に超絶人気店になるはずです)。
と言うことで、移転して、あの「餃子」は無くなりましたが、史上最強の沖縄そば定食になった再度公言して〆たいと思います。
ご馳走様でした❕❕❕

豊見城市武富345

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ついに念願のハード系と邂逅する... | トップ | 糸満中古車街道にお洒落なカフェが登場‼... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (糸満市武富だよね)
2021-09-10 10:24:16
豊見城市武富はないんじゃない?
Unknown (nobuta-nobu2)
2021-09-10 12:07:27
(^_^;)
た、確かに(^_^;)
今では豊見城市だと思ってました

コメントを投稿