寄り道 まわり道 遠くへ行く道

新しいことを見つけるって楽しい!

祝ノーベル賞

2018年10月02日 | 仕事・研究
本庶先生がノーベル賞を受賞されました。
おめでとうございます!!!

私は、大学を卒業して最初に勤めた大阪府立公衆衛生研究所で、ウイルスの遺伝子解析をすることになりました。当時は分子生物学が躍進し始めた時期。私は大学でほとんど分子生物学を習わずに卒業したので、いろんな本を読んで自分で勉強しました。そのころ、当時の國田所長から、「わしはこれを読んで勉強したんや」と勧められたのが本庶先生の「遺伝子が語る生命像」。どうも國田所長はご本人に聞いて、読んだらしかったです。

遺伝子が語る生命像―動く遺伝子をさぐる (ブルーバックス)
本庶佑
講談社


この本、もう手元になくて、すごく残念なんですが、もし私の記憶間違いでなければ、先生が最初に研究を始めるとき(たぶん学部生?)、半年くらい山のように論文を読んで今何がわかっていて何がわかっていないのかということを突き詰め、そこから研究を始めたということが書いてあったと思います。←記憶違いかどうか、図書館にある蔵書であとで確認します(他のキャンパスにあるので今すぐ見られない)。

今回のノーベル賞は、先生の研究が臨床=病気を治すことにつながったというところに対する評価が大きいと思いますが、先生のこれまでの粘り強い基礎研究が結びついた結果ですから、学生達にもぜひその理論を理解してもらいたいと思い、明日の私の生理学ではPD-1の話を紹介しようと資料を変更しました。わたしも免疫老化の研究の中で、PD-1の解析をしています。ですから、うちの研究室の学生にも今回のノーベル賞にはもっと湧き上がってもらいたい感じです。

がんの免疫療法は、不幸な過去があって(今もですが)、非常に怪しげに感じている方も多いと思います。今回のノーベル賞をきっかけに、今、免疫療法がこれほど進歩しているということもぜひ知っていただければと思いますね。

【2011年夏、蔵王での免疫学会サマースクールにて】
コメント (2)

1年生交流イベント

2018年09月24日 | 大学でのひとこま
21日から後期が始まりましたが、その前日(20日)に1年生の交流イベントがありました。わたしは蔵王酪農センターへの引率が役割でした。ちょっと天気が危ぶまれましたが、チーズ作りのお話を聞いた後、牧場でヤギと戯れ、その後ショップで乳製品や蔵王産の果物などを購入しました。お昼には太白キャンパスに戻り、午後はグループワークと学内スタンプラリー。わたしはそのころ4年生のサンプリングで実験室にこもっておりましたが、、、。





広々とした蔵王を楽しみました。
コメント

ユリゴコロ

2018年09月18日 | レビュー
ユリゴコロ (双葉文庫)
沼田まほかる
双葉社


先週、学会に行くのに道中の友に文庫本を買ったんです。
でも、行く前は発表準備をしながら移動だったので、帰りに読み始めました。
わたし、サスペンスとかミステリーとかは好きじゃないんです。でも、これはとてもよかった。
ただ、ラストはちょっとあんまり納得してないんですが、それ以外はとてもよかった。

そして、本よかったなって思ってるところでWOWOWで映画の放映があったので、喜んで見ました。
映画は、予告編を見て、見に行きたいなと思ってたのに時間がなくて行けなかったので、こんなにすぐ見れてとってもうれしかったんですが、、、、。

割と評判もよかったように聞いてたんですが、私が見た感想は「本の良さが全然ない~~~」。
映画は映画として見ないといけないと思いますが、それでもちょっと途中でげんなりしました。やっぱりもっと丁寧に描いてほしいんですねー。はしょりすぎな感じがして。まあそもそも設定が全然違うんですけれども。

そんなわけで、原作がおススメです。


コメント

過去の今頃(科研費編)

2018年09月17日 | 仕事・研究
3連休、科研費のため土曜日も今日も出勤。
3年前はどんなスケジュールで書いたのだろう、と昔の手帳を見てみる。←こういう目的のため、手帳は今もシステム手帳で、同じサイズで使い続けており、古いものはバインダーに綴じてある。

驚いた。

3年前のわたしは、けっこう9月は科研費に対してはのんびりしていた。投稿しようとしていた論文の最終段階で、それを優先させていたのはいいとして、なんと連休に大阪に帰って高校の同窓会に出席し、USJで遊んだりしていたのだ。びっくり。なので、9月末になってようやく書きはじめていた。そして10月16日に印刷して終了している。

さらに遡ること6年前。わたしは、9月18日に「カケンヒを始める」と手帳に書き、そしてその上から×、と消している。19日も同じように「カケンヒを始める」と書いているが、同様に×、と消している。実際に始めたのは9月24日だ。そしてこの年は驚いたことに10月に科研費に全く取り組めていない2週間(講義・会議・実習・出張等)があって11月5日に終了している。たぶんこのころは事務部の締め切りが遅かったのだろう。それにしてもスローペースすぎる。

よく書けたなあ。本当に驚いた。
こんな私でも、宮城大学に赴任して13年、科研費がなかったのは最初の1年と、途中で欲を出して基盤Bに出して不採択になった1年だけである。恵まれていたのは、途中で審査員を務めた時期があり、おかげで大量の申請書を読んだため、どう書けばよいかというのが比較的早期に理解できたのだ。

とはいえ、最近の科研費は書式も変化し、すでに3年前のメソッドは使えない。そんなわけで今年は9月に入ったらすぐ始めようと決意していた。が、大学の夏というのは超忙しい。学会、FD、会議、出張とやってるうちに夏季休暇さえ消化できないまま、9月中旬を過ぎた。今年私が「カケンヒを始める」と書いておいたのは9月3日だった。当然上から×、である。まあしょうがない。それでも手帳に書いておくことは意義がある。頭の中にインプットはされているので、やり始めないと気分が悪くなってくるのだ。

わたしは、やらねばならないことを後回しにするとどんどん気分が悪くなる(誰でもそうだろうけど、その程度が激しい)。
とりあえずサイトにアクセスして書式をDLしただけでも症状がやや軽減する。それがわかっているので、手帳に書いておくのだ。

さて今年はいつ脱稿できるか?
最近、後期開始がどんどん早くなってきているため、今週中には学期が始まるのだ。恐怖しかない、、、。
コメント (1)

ネコ太る。

2018年09月03日 | ネコの話
この夏、特に甘やかしたわけではないのに、またネコの体重が増えました。それも、700gくらい増えたので、びっくりしました。もう少し運動させないといけないと思っています。えさをどんどん食べているわけでもないので、なぜ急にまた太ったのか謎です。

本人まったく気にしておらず、大変幸せそうにゆったりと過ごしております、、。


【窓辺でひるね】



コメント

夏休み期間中もあまり変わらず

2018年08月29日 | 仕事・研究
この8月は、いわゆるお盆の時期に学生のサンプリングや実験があってあまり休めず、その翌週も忙しく、結局そのまま8月最後の週になってしまいました。放牧場でのサンプリングも毎週のようにあり、それに引き続いて検査もしていたので、毎日飛ぶように過ぎました。しかしそれでもまだ手を付けられていないプロジェクトが2つあり、何とかしなくてはいけないと、かなり焦っています。

今年の後期は9月21日から始まっちゃうので、うかうかしているとすぐ学期に入ってしまいそうです。9月は獣医学会もあるし、この時間のなさは怖い怖い。

そんな中、先週末に大曲の花火を見に行ってきたのですが、、、。これはなかなか稀有な体験でしたねーーー。初めて行きましたが、あのものすごい人数の人たちが集結してそして解散していくってことだけでもかなりすごいことです。実際、花火より終了後の駅の状態に衝撃を受けました。JRの人たち、すごいです。整然と並んで待つお客さんたちもすごい。

花火は、実は煙がすごくて期待したほどではありませんでした(残念)。リベンジしないとーと思いながら帰ってきました。でも、切符の手配から始まり、準備、出発、待ち時間、花火、そして終了後、と語るに尽くせない体験だったので、行けてよかったなあと思っております!



唯一、夏休みらしい一日でした。


コメント

知の体力

2018年08月15日 | レビュー
知の体力 (新潮新書)
永田和宏
新潮社


現在の大学は、学生の自学自習に任せるのではなく、教員が手取り足取りていねいに学生に教え、その成果を目に見える形にしなければならないこととされています。そのため、多くの学生は大学のサービスに頼りがちになり、自主的に学ぶという場が確実に失われています。それは当たり前で、人間というのは厳しい環境に置かれ、失敗の中から自ら学ぶという状況と、失敗しないように指導を受けられる状況では同じ人でも学ぶ姿勢は一変するものです。成長というのは人それぞれですから、大学の成績などたいした物差しにはならず、成績には現れずともヒトとしての多面的な成長を果たし、実社会にぶつかっていける力を養うというのが、一昔前の大学4年間の学びだったと思います。この場合の力というのは知力でもあり体力でもあり胆力でもあったと思います。しかし少なくとも今は、大学で学ぶ「知」はかなり骨細になっている気がします。私は高校までは基礎的な知識をがっちり身に着けてきて、大学ではそれを足掛かりに個々人が自由に思考を深め、新しいことを見つけてほしいと思っていますが、まずその足掛かりとなるべき基礎的知識が大幅に足りず、自由な学問に至らずじまいというのが現状で、大変残念に思っています。この本の著者は、多くの大学の教員が残念に思っていることに大胆に切り込んでその解決について述べています。大学教員が読めば皆「そうそう」とうなづくことでしょう。しかし現実はそう簡単ではありません。大学教育は、これからますます型にはまっていくのではないかと私は危惧します。さて、私は大学で分子生物学や細胞生物学を教えていますが、その際にいつも学生に紹介する本があります。それが以下の本ですが、偶然にも同じ著者でした。

タンパク質の一生―生命活動の舞台裏 (岩波新書)
永田和宏
岩波書店


私も、日々あきらめず挑戦し続けなければと思います。今年のお盆はあんまり休めず、明日も大学で学生の実験を手伝います。書かなければならないものもたくさんあり、読まなければならないものもたくさんあるので、時間を無駄にしないよう強い気持ちでやっていきたいです。
コメント

ロンドン・オクスフォードへの旅・乗り物編その3

2018年08月05日 | 旅の話
最後にどうしても書いておかなければならないのが、帰りのロンドンヒースロー空港で、帰りの飛行機にチェックインできなかったことです。これはちょっと予想外でした。正確に言うと、ロンドンーソウルはいけたんですが、ソウルー成田がどうしてもチェックインできない。

最初は機械ではじかれ、次は荷物預ける窓口でやはりだめで(荷物だけはとにかく「成田行き」にして送り出すことができたのですが、、、。)、ゲートで言ってくれと言われてゲートでもダメ。途中で理由がわかったんですが、「ソウルー成田」がアシアナ航空でなかった。エアソウルだったんです。それをアシアナが販売していました。まあよくあることですよね、コードシェア便。だけど、エアソウルはLCCですから、扱いがかなり違ったんだと思います。購入時に見落としていました。てっきり行きも帰りもアシアナだと思い込んでいました。

そうとは知らないので、「インチョンでの国際線乗り換えは1時間で楽勝」と思って1時間10分後に発つ便を予約していました。そしたら、なんと「ターミナル移動」があり、シャトルトレインに乗らなきゃいけなかったうえ、ボーディングパスはインチョンで発行という状況で、飛行機到着が10分遅れました。焦りましたねーーー。ロンドンからインチョンについて、とにかく早く降りなければ、と思うのになかなか列が進まず。しかし、降りたら地上係員の人がわたしの名前を書いたボードを持っていて、ボーディングパスを手渡ししてくれ、さらに「シャトルトレインに乗らないといけないから、とにかく急いで。28番ゲートのところから下に降りるんですよ!!!」と教えてくれて、そこから走って走って、間に合いました。搭乗時刻5分前にはゲートに着けたので、ぎりぎりというほどでもなかったわけですが、しかし間に合ってよかった。

今回、ヒースローからいろんな人と交渉しましたが、言いたいことをきっちり言うというのは大事ですね。ほんと、トラブルの際はいつも思いますけど、どんどん言わないと解決していかないです。

ところで、エアソウルは機体はアシアナと同じだし、お料理もよかったし(なぜかわたしにはおしゃれなベジ&フルーツの機内食が出た。周りの人にはなかったし、Motokoさま?と確認されたので、アシアナ接続の客だったから出た模様)、快適でした。日本の女の子たちでいっぱいで、ソウルに旅行に行った帰りなんでしょうね。LCCだし、安いんだろうなあ。

【ロンドン塔】


コメント

ロンドン・オクスフォードへの旅・乗り物編その2

2018年07月31日 | 旅の話
ロンドンからオクスフォードへは電車で1時間です。しかし、出国前情報で「ロンドンーオクスフォード間で工事、振り替え輸送」との話だったので、おそるおそる駅へ行き、券売機でオクスフォード行のチケットを買った後で、インフォメーションでそのことについて聞こうとしました。そしたら、「大丈夫、問題ない、〇〇分発のに乗って」と言われて、「???」。「えっ、でも、だって工事やってるんでしょ」と言いかける私をおさえて「No problem!」というので、そのまま電光掲示板でホームを確認しようとしたところ、たしかにその時間にオクスフォード行があり、しかも特に注釈がない。「工事、終わったのか???」ホームページも見たけど、やっぱり工事期間になっている、、、と謎でした。さらに、電光掲示板に全然ホーム番号が出ず、あと8分しかないのに??と焦っていたらやっと8番線と出たので、急いで乗りに行きました。結局、何の問題もなく、1時間でオクスフォードに到着。(このオクスフォード行に限らず、私が乗りたい電車はことごとくホーム番号掲示が遅い!滞在中何回も焦りました。)

どうやら、間引き運転をしているらしかったです。ですから、普段より本数が少なかったようです。

パディントン駅での私の失敗は「往復きっぷ」を買ったこと。実は、今回の学会はロンドンに宿泊してオクスフォードに通おうとしていたわけなんですが、帰りは「オフタイム」だったので、もっとずっと安かったんです!!!!でも初日にそれを学習したので、次からはone wayで切符を買いました。

電車と地下鉄、そしてバスを乗りこなせると海外での行動はかなり楽になりますね。
今回の旅で私はもうカンペキに近いくらい習得できた気がします(ほんと?)!!その分、ずいぶんいろんな人に聞きましたけど、それが大事なんです。わかんないことは聞く!実は一度切符をなくして、、、。券売機で2枚とらないといけないところで2枚とったら1枚目が前の人の忘れ物のレシートで、取らなきゃいけない2枚目を券売機において来てしまったという。そこでさんざんなんとかならないか??とインフォメーションやら切符窓口やらで訴えたんですがダメでしたー。まあそういうとき、だまってあきらめないで無駄でも訴えるのが、海外では特に大事と思ってマス。←今回は自分のミスだからしょうがないけど、そうじゃない場合も多々あるので!

【オクスフォードの古い街並み】







コメント

ロンドン・オクスフォードへの旅・乗り物編その1

2018年07月30日 | 旅の話
今回の出張に限らず、海外出張はなるべく安価に抑えたいと思っています。一方、時間も貴重なので、可能な限り直行便、だけど無理な場合は乗り換え時間がなるべく短いものでと考えます。

今回は、アシアナ航空でソウル乗り換えのロンドン往復とし、オクスフォードにはパディントン駅から電車で行くという計画にしました。行きは成田発が朝9時なので、仙台からですと前泊しないといけません。新幹線で東京へ行き、成田エクスプレスで成田にいって、空港近くに宿泊しました。翌朝はなるべく早くと思って6時半には空港に着きましたが、アシアナのカウンターが開いたのは7時。機械でチェックインをするものの、荷物を預けるので結局並ばないといけませんが、その列がすごくて、空港で朝ごはんを食べることができませんでした。そこで、売店でワッフルを一つ買って出国しました。

飛行機に乗ってすぐワッフルを食べたのに、ソウルまでの2時間で、なんと食事が出ました。アシアナはそうなんだそうです。でも知らなかったので、びっくりしました。であれば朝食は食べなくて正解でした。

インチョン空港(ソウル)はすごくきれいで大きな空港です。

【インチョン空港でのパフォーマンス】


日本からの飛行機から降りたらTransferの看板を頼りにセキュリティを通ってゲートへ。大きな空港ですが乗り換えには時間かかりません。乗り換えに3時間あったので、ぶらぶら過ごしました。免税店もかなり大きいですが、もちろんなんにも買いませんでした。ところがゲートで待っていたら韓国語でアナウンスがあり、同時にどよめきがあって、周りの人が一斉に立ち上がりました。「あっゲート変更だな」と思ったら英語ですぐアナウンスがあり、やはり移動となりました。移動してみたら、飛行機が遅れるというアナウンスがあり、1時間程度出発が遅れました。ロンドン着が19時前の予定でしたから、ホテルに着くのが遅くなるな~と思ってややうんざり。初めていく場所では真っ暗にならないうちにホテルにつきたいと思ってフライトを選んでますので、がっかりしたわけです。

さてソウルからロンドンまでは10時間くらいで、アメリカ東海岸に通った身としては全然苦にならない飛距離。アシアナは座席も狭くないし、機内食も割と口に合い、快適に過ごしました。映画は日本のがほとんどないのですが、海外の映画は日本語の字幕が出るものもあるので、まあいいかなという感じ。しかしエミレーツのようなびっくりするような数の映画が用意されているわけではありません。今回、エミレーツもいいなと思ってたんですが、乗り換え時間と値段の関係でボツとなりました。

ロンドンは、入国がものすごーーーーーーく時間がかかりました。うわさには聞いていたけど、入国審査がシビアです。テロ対策のためと思われます。それをやっと終わらせてトランクを受け取って外へ出ると、ちょっと電車へのアクセスがわかりにくくてとまどいました。Trainっていうのが私が乗るやつ(パディントンへ行く)とは思うんですが、エクスプレスじゃなくて(高いから)普通(ヒースローコネクト)に乗りたいと思って、それがはっきりわかりませんでした。先に地下鉄の駅が出てきたので、オイスターカードを購入。それから改めてTrainの方へ行きました。そしたらエクスプレスの券を手売りしている人がいたので、わたしはエクスプレスじゃなくて普通に乗りたいんだけどと聞いたら、そこの階段を下りたら券売機がありますよと教えてくれました。そこを下りて見つけた券売機は、「ヒースローコネクト」のボタンはあるのに、押しても反応しないので、駅員さんに「コネクトに乗りたいんだけど、あの機械でチケット買えないんだけど?」と聞いたら、「その機械じゃなくて、右の機械を使って」と言われました。じゃあさ、ヒースローコネクトのボタンをつけなきゃいいと思うんだけど、、、。

で、無事チケットは買えたものの、ホームに降りてわかったんですが、普通は本数がめちゃくちゃ少ないんです。もう21時を過ぎていたのだから、けちらずエクスプレスにすればよかったんです。でも後の祭り、30分近く待って普通車でパディントンに到着しました。もう23時近かったような。ちなみに、普通は10ポンドくらい。エクスプレスは22ポンドくらい。

【別の日に撮影したパディントン駅】


【有名なパディントンの像は1番線ホーム】



そしてパディントンにおりてから、ホテル探すのにまた一苦労。一応地図は頭に入ってるので、その通り動き始めましたが、なんせ真っ暗、初めての場所。荷物もあるしで、ぜいぜいいいながら到着しました。

長くなったので、続きは次回へ。

コメント