寄り道 まわり道 遠くへ行く道

新しいことを見つけるって楽しい!

Apple Watchの利用を勧められて

2022年06月28日 | その他もろもろ
先日医者に行ったら、Apple Watchの使用を勧められました。それでさっそく買ってみました。全然思いもしてなかったものを急に買ったので、わからないことだらけでしたがネットで色々調べて使っています。

毎日自分がどのくらい動いているのか。
ちゃんと寝れているのか。

とか気になっていたので、そのデータはありがたいです。
また、医者が私に勧めた理由は「心電図」だったのですが、それも活用していて、おかげで不調の時に心電図がどうなってるのか明確になったので非常に納得がいきました。

一番驚いたのは充電のことで、cタイプで電源につなぐというのがこれまでなかったので、新しく購入したんですが、充電が早い早い。ホントにびっくりです。そしてやっと理解したのが「Apple WachはiPhoneとセットで使うもの」ということ。そして実はちょうどスマホも買い替えようとしていたので、iPhoneも7から13Proに。一度にわーーーーっと設定して、エネルギー消耗しましたが一気に快適になりました。もはや隣に並べるだけでデータも設定も移せるってすごいですよね。WiFiのPWを入れなきゃ、と思ってたらそれも不要でした。

ところでWatchも13Proも色は緑にしたんです。
ボトムスとザクの色ってことで(笑)。カッコいいですよー。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

研究費の申請とその報告書

2022年05月16日 | 仕事・研究
研究をするにはお金が必要なので、毎年いろんな研究助成に応募しています。この5月も必死になって書いてました。先週の金曜日に自分の作業は終了していたのですが、今日ようやく正式に申請が完了してほっとしています。今回の研究内容は、この助成金があったら確実に実施できるけれど、もし不採択になったら他の人はやらないだろうから永遠に失われるテーマ、、、という気がします。イヌやネコの獣医療の将来に絶対に貢献できる自信があるんですが、さて選ばれるかどうか、、、。後は祈るのみ。

今年は進めなきゃならないテーマが目白押しで、スピード感をもってやっていきたいんですが、慢性的マンパワー不足で参ってます。若かりし頃の私がもう一人いたらなーって感じ。今の私も体力は全然まだいけるんですが、目がねえ。目は選手生命の鍵をにぎってますから、、、。しかしアメリカで仕事していた若い時の私は実験だけやっていればよかったので、こんなに助成金の申請や報告書書いたり、合間に査読して卒論学生指導して授業やって学部学生の実験指導して、ってのはなかったんですよねえ。恵まれていましたね。

さて一つ区切りがついたので、明日からは次の課題にまい進です。学内業務も締め切りが並んでますしね、、、。でも今日はとりあえず一つ終わったことを喜ぼう。一つ一つ。一歩一歩喜びながらやっていこう、と思います。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっとGW

2022年05月02日 | その他もろもろ
新学期が始まって毎日ものすごく忙しくしていましたが、やっとGWで、一息つきました。今日はGWの合間の授業日で、もうすぐ申請する研究助成金の打ち合わせや学生の実験指導などありましたが、気持ち的にはかなり余裕がありました。オムニバスの授業も、5月には一つ二つ終わったりもするので、いよいよ自分のこと(研究)もできる時間が出てくるのではないかと期待しています。

それにしてもこの数日は寒い。
農作物も気になりますが、明日からの3連休では自宅の植物の植え替えなども予定していますので、このまま暖かくなってほしいなと思っています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月も終わり、さて新年度!

2022年03月31日 | 仕事・研究

色々ありました3月。ついに4年生は卒業してラボを去りました。
卒論、最後まで大変でしたが、それぞれしっかり完成させてくれました。

その前に地震がありまして。
これには参りました。片付けるのに1週間くらいかかり、割れたものを捨てたのですが、すごい量でした。
食器棚が一気にすっきり。とてもとても気に入っていた源右衛門が割れたのは本当に悲しいのですが、まあ物はまた買えますので、、、。

さらに、新年度からの大型助成金に採択されました!!!
牛の研究です。


新年度は、今のところ外部研究費が2件。
あともう一つ、どうしても取りたいものがあり、これから申請します。
これが取れないとこれまで苦労してきたものがちょっと中途半端になってしまうので、ぜひともがんばりたいです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大学での学び

2022年03月02日 | 大学でのひとこま
大学は学生を育てるところで、4年間かけて基礎から専門までじっくりと学んでいきます。4年しかありませんから、専門と言ってもどこまで深く学べるかは本人次第。最初のスタートは同じような感じでも、卒業するときの到達度はかなり個人差あるんじゃないかなと思っています。

講義で学ぶことって「とっかかり」みたいなもので、それを足掛かりに自分で山を登っていくという感じなんですが、とっかかりがあるのとないのとでは大違いです。だから講義は基本と思って取り組んでもらいたい。しかし当然それだけでは不足ですし、聞いただけだったら、もしかしたらあっという間に忘れてしまうかもしれません。

だから後は自分で勉強してほしいのですが、その方法はいろいろあります。わたしは本で学ぶことに加え、実際に実践してる人とたくさん話してほしいなと思っています。実際に研究してる人、と言い換えてもいいです。それから、おもしろいなって思わないと何事も身につかないのですが、おもしろい段階までくるまでにそれなりに基礎練が必要だということも知っててほしいです。ピアノが弾けて楽しいってなるまえに、基礎練習本を何回もさらう必要があるように、大学で学ぶこともいきなり「おもしろい」ってなるのは割と浅いところでわかる平易な内容であって、もっと深いところでおもしろいってなるには基礎知識がそれなりに要るわけです。そこはやっぱり我慢して積み上げていかないといけないですね。

そういう努力は面倒だし、好きじゃないなって人もいると思うんですが、卒業後の人生を豊かにしたいなと思っているならば、この4年間は大事にしてほしいです。「簡単に楽しめること」だけで充実して生きていけるほど人生は簡単じゃないんで。だからちょっと先の目標を掲げつつ、目の前の課題にしっかり取り組む。その時に周りの人とペースが違ってもいいです。ひとりひとり先の目標が違うんだから、今取り組むべき課題もそれぞれなんですよね。だから人と比べたり同じことをしなきゃって思わなくていい。

それから、自分は「これ」だ!と思えるものがない人は、立ち止まって考えるんじゃなくてとにかく動き回る。これだ!と思えるものが見つかるまで動き回ってください。そしていろんな人と話す。その中できっと見つかります。これだってモノがすでにあるっていう人でも、異分野の人と話すと全然違うアイデアが生まれたりするので、動き回るのは吉。

もうすぐ大学は1年生を迎えます。4年間はあっという間なので、毎日を大事に、貪欲によくばりにいろんなことに手を出してください。コロナ禍で、できないこともありますが、だからといって全部できないわけではない。工夫が大事です。4年間でどこまで行けるか、自分と勝負をしてください。


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卒論と卒論発表会

2022年02月09日 | 大学でのひとこま
いよいよ来週卒論発表会です。
ここのところ毎日準備に追われていて、へとへとになっています。

1年半近くラボにいた4年生が、これでもう全部終わりと思うと寂しいですが、今はそれを考える暇がないくらい毎日しゃかりきに卒論に取り組んでいます。

毎年私も悩みながら指導しているのですが、甘々にしてしまうと本人の力にならない上、卒論が完成しないし、厳しくしすぎるとつらくなりすぎてしまうので、加減が難しいです。サイエンスの楽しさを忘れてしまうほどつらくならないようにしたいなと思っています。でも、つらいと思わない程度で卒論を終えたら、達成感も得られないし、その後の生き方にも関わると思うので、とにかく真摯に向き合うということを忘れないでやってもらいたいと思っています。

今は「あんまりがんばりすぎてはいけない」という価値観の世の中なんですが、がんばらないと見えない景色があるし、そこに到達して始めてわかることもあるので、一生懸命取り組んでいきたいですね。

来年の大学案内パンフレットにうちの研究室が載ることになったので、写真を撮ってもらいました。大学院生1名と学群生3名、それぞれ中間発表会と卒論発表会のために、今全力で戦っています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近読んだ本

2022年01月17日 | レビュー
 東大に寄付がたくさん集まったと話題の本。
AIMの話ももちろん面白かったですが、宮崎先生という人の研究業績が本当にすごくて、びっくりしました。人間のお医者さんが動物のためにこんなにがんばってくれるなんて、私達獣医師はもっと動物の研究にまい進しなければ!と決意を新たにしました。宮崎先生はついに独立なさったようで、AIM医学研究所というのがスタートしたそうです。AIMについて全然知らない、という方でもこの本を読めばとてもよく理解できると思いますし、ネコの腎臓病では多くのオーナーさんが心を痛めていらっしゃるでしょうから、ぜひ読んでいただけるといいなと思います。

 こちらも何かと話題の本で、太平洋戦争のときの日本軍の失敗を解き明かすことによって現在の日本経済の停滞も説明でき、脱却の糸口が見いだせるというもの。この本もとてもおもしろかったです。ビジネスだけでなく、大学や研究室運営にも当てはまるかもしれない。失敗の構造に落ち込まないようにやっていきたいと思いました。

 こちらは今現在読み中の本。
大学に入ったら最初に読むべき本です。ということで、受験生のみなさん、試験が終わって無事に合格したら、どこの大学に進むとしてもまずこの本を手に取ってください!高校までの勉強と、大学に入ってからの勉強は全然違う、そしてそれにどう取り組んでいったらいいか、ということが詳しく書かれていますよ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年の振り返り

2021年12月31日 | 仕事・研究
今年も大みそかを迎えました。
研究室の広報としては、ツイッターやインスタを使うことが増えました。忙しくて、長い文章を書けず、ブログはあまり書けませんでした。でも記録としても大事なページなので、これからも続けていくつもりです。

さて、21年でとても大きな出来事は、NHKスペシャルで研究を取り上げてもらったことです。これはかなりいろいろな方に見てもらえ、反響もありました。震災から10年、野生動物における原発事故の影響を調べたものですが、現在論文も投稿中です。

21年は、これまで3年にわたって調査してきた放牧牛の寄生虫感染の論文も2本出すことができました。この仕事は伊藤記念財団の助成金をいただいて実施したもので、各地の放牧地で駆虫プログラムが適切に実施されていない現状を明らかにしました(この2本はまだリンクがはれないのが残念)。

その他、イヌの皮膚の研究の一環で岩手大の福田先生と共同研究して樹立した線維芽細胞の不死化の論文も出ました。皮膚の研究をするために線維芽細胞の培養をしたいのですが、これまでの初代培養ではできることが限られていました。不死化細胞ができたことで、いろいろな実験が可能になりました。

あとは、寄生虫感染後に宿主に誘導される免疫応答の非常に初期のステージについて研究した論文と、デング熱の関係で蚊の防除についての論文が出ました。

そういうわけで、けっこうがんばった1年でした。あとは投稿している原発事故の影響についての論文が早くアクセプトになればいいのですが、、、。

研究費の方もいろいろいただいて、この1年はずいぶんいろんなことができました。22年3月に終了するものもあるので、次年度の申請の準備もしています。21年中に新しく共同研究を始めた課題もあり、次年度もなんとか研究費をいただいて発展させたいと願っています。

さて、今年もコロナのため学会にも行けず本当につまらなかったのですが、12月に免疫学会にオンラインで参加し、やはり学会に出ないと思考が停滞するなと実感し、来年はもっとアクティブに動いていきたいと思っています。しかしオンライン学会はけっこう実りがありました。講義や学生実験で聞けなかったセッションが後でオンデマンドで聞けたり、聞き逃したところを巻き戻したりして非常に助かりましたので、来年度以降もぜひハイブリッドでお願いしたいと思っています。

コロナのためいろんなことが制限されましたが、新しく見いだせたことや見直せたこともあり、これを生かして新しい年も頑張っていきたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フードバンク仙台に行ってきました。

2021年11月15日 | 大学でのひとこま
今日は学生と一緒にフードバンク仙台を訪ねました。
これから、学内でも食品を集めてバンクにお届けしたいと考えています。

フードバンクは元々フードロスを減らそうという考えから生まれたものですが、コロナ禍で困窮して食べることが十分できない方が増えていて、「買って」でも食品を届けようとしているのが現在の姿です。

私も初めて食品を提供した時は、うちのキッチンのストックの中で「これは食べないだろう」という頂き物などを持って行ったのですが、現在では毎週の自分の買い物の時に必ずプラスアルファで購入してフードボックスに届けています。

アメリカにいた時、よくBuy One Get Oneというセールをやっていて、2つ買っても1つの値段だよってことなんですが(一つ買えばもう一つついてくるということですね)、レジのすぐ横にフードボックスがあって、買い物客はよくそこに余分についてきた食品をいれていました。クリスマスのシーズンなどは特にさかんで、リボンのついたものが入っていることもしばしばありました。

日本のフードバンクの概念も、アメリカから入ってきたみたいです。これから、学生と一緒に、学内で食品を集めて持っていきたいと考えています。

【フードバンク仙台事務所前で】


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラジオ2回目オンエア♬

2021年11月10日 | その他もろもろ
1週間聞けますのでぜひよろしくお願いします。

「がんばろう宮城」希望のラジオ | Date fm エフエム仙台 | 2021/11/09/火  18:30-18:45 https://radiko.jp/share/?sid=DATEFM&t=20211109183000
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする