ムシマルの広島うろうろグルメ~3年目の広島ともなればそこそこウロウロし慣れました~

高知県から来て(主に)広島県でグルメ放浪というか食べ歩きというかウロウロしています。
お好み焼きも牡蠣も好き。

四国旅行の旅with2名⑤三次会はメンラー。「鍋焼きラーメン」

2018年05月31日 22時26分36秒 | 高知県おススメ

なんと、まだ食うのだ。

〆のメンラー行きましょう、とS君が云うので行く。

初来訪、『谷口食堂』。


鍋焼きラーメン谷口食堂

電話: 088-873-2184
時間:
 

〔月~土〕
11:00~15:00
17:30~翌3:00
〔日〕11:00~15:00

所在地: 〒780-0842 高知県高知市追手筋1丁目7−14
ラーメン屋


深夜までやっている鍋焼きラーメンの店。

S君自身が高知出張の時に来訪されたそうな。

『メガしんじょう鍋』2,800円というものがあるそうな。

4人前?

麺増量とかだけなら、ちょっと高い気もする。

しかし気になる。

・・・・・・・・いずれ頼むんだろうか。

いまは鍋焼きラーメンの大を1品。

シンプルに鍋焼きラーメン大が来る。

高知県民熱愛グルメ、ってまではいかないけれど県外人にも認知を受けたご当地グルメということで食べる。

懐かしさ、まではいかない。

そもそもムシマルが鍋焼きラーメンはじめて食べたの社会人になってからです。

ああでも、医療機関勤務時代、職場近くに鍋焼きラーメンの店があった、懐かしいと言えなくもない。

鶏肉ぎゅみぎゅみしていてチャーシューにない弾力。

麺は熱量にまかせてゆっくりほぐされていく感じ、やさしくたべられる。

たまごは既に入っている。

そして、・・・・ムシマルは気分次第でご飯を入れる漢!!!

この日のライス投入は早かった。

いやラーメン食べ終え後のリゾットっていう2段階方式もいいけれど麺とごはん両方入ったマシマシカオス状態にして啜るのも満足感の最大値が高くていい。

口のなかで食感がたくさんあるし。

写真は撮り忘れたけれど、食べきったことをここに申し添える。

一日目(日付は二日目に変わっているけど)、終了。

もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。


<script src="http://adm.shinobi.jp/s/be06c875a95cefa01557cd678e7f4c40"></script> 

コメント

四国旅行の旅with2名④二次会はN上長推薦のオシャレスポット『edge』。

2018年05月30日 07時58分12秒 | 高知県おススメ

二次会はN上長セレクト。






カンカンカンって、2階に上っていく。


N上長はスタッフさん、給仕さんと仲良しのようで親し気に声かけ。






基本情報

































店名
cafe&foodbar edge
TEL

050-5871-2446


088-802-7540


最寄駅
とさでん交通伊野線 堀詰駅 徒歩1分

JR土讃 線 高知駅 徒歩13分

アクセス
中央公園西口を西に徒歩1分
住所
高知県高知市本町1-2-29 すずやビル2F
営業時間


【平日・土・祝・祝前】

ランチ 11:00~16:00 (L.O.15:00)

【平日・土・祝・祝前】

ディナー 18:30~01:00 (L.O.00:00)


定休日
日曜日
















キャパシティ
28人 ( 宴会・パーティー時 立席:30人 着席:28人 )
席数形態
※カウンター:4席、テーブル:6名×2席、4名×1席、2名×2席(席配置は人数に合わせて変更できます)
駐車場
なし

※近隣にコインパーキングあり





https://hitosara.com/0006102307/








ほほう、こんなオシャレな店。


2階にあるせいか、ちょっと穴場感ある。


穴スポット。




いったん落ち着いて、ワイン。シャンパンだったかも。




N上長、慣れてらっしゃる。




牛のタタキこと、ローストビーフ。


1,000円くらいである。






したたってる。










エビマヨなんて中華っぽいメニューがある。




ああ、エビ大きくてなかなかいい。




サラダなどもいただき、むうむむ。






甘いすな。


お酒が多くて、そして釣り合いが取れるだけのフードメニュー。




いいお店だ。








ポテサラ+ポテトフライなども頼む。






もっかい言うけど、ローストビーフはBarと思って行くと逆に裏切られる美味しさ。


エビマヨも。




お刺身やパスタもあるらしい。・・・・・まったく。ランチもやっていて上長はそっちにも行ったことあるらしい。






お腹いっぱいになった。






ここで、上長たちとはお別れ。










もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、

よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。

クリックするとムシマルが喜びます。



















<script src="http://adm.shinobi.jp/s/be06c875a95cefa01557cd678e7f4c40"></script>








コメント

四国旅行の旅with2名③英屋2018初春with島根高知合同職場呑み。

2018年05月28日 20時10分38秒 | 県外旅行

高知着。

ホテルなど寄りつつ、時刻18:30頃。

 

 

 

英屋さんに行ったのさ。

島根の方と、高知の方と。

 

 

 

高知の方というのは、ムシマル異動前の職場である先輩方だ。

ムシマルチョイスで『英屋』さん。

 


席・設備

席数

25席

個室

(6人可)

店名 英屋 (ひでや)
ジャンル 郷土料理(その他)、居酒屋、日本酒バー
予約・
お問い合わせ

050-5590-8277

予約可否

予約可

住所

高知県高知市廿代町4-9 メトロポリタンビル1F 南

交通手段

土電『蓮池町通』電停から徒歩5分/JR高知駅から徒歩10分/ベストウェスタンホテル徒歩2分

蓮池町通駅から283m

営業時間

[月〜土]
17:00~23:30

定休日

日曜日 (月曜祝日の場合は営業)

予算
¥4,000~¥4,999
予算(口コミ集計)
¥2,000~¥2,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

 英屋のブログ


 

恐らくムシマルが10回くらい入ったお店。

常連を装えるお店。


ムシマル史上県外人に最おススメかもしれない。

王道に肴がうまい。

 

席だけ予約である。

「あれー、ムシマルさん」英屋娘さんと再会である。

「まだ帰らんがー?」「異動はまだですねー、今日は島根の方を連れてきました」みたいな会話。

 

何品か頼む。

ああ緊張する。高知の方の中にはムシマルよりもお店詳しい方がいらっしゃるのでそれでだ。


 

 

 

 

「どろめ」を、ぬたで。

いかにもな土佐プロローグだ。

ムシマル的にはこのままエンドロールでもいいくらい。

 

ああカ-テンフォール、というヤツだ。

 

私は今この感動的な犠牲(どろめの)に涙がこぼれそうだということだ。

 

尊い食事というものは常に

尊い犠牲の上にある。

 

 

 

みんな揃って、乾杯。

ムシマル+島根民2名+高知民3名の、6人呑みである。

英屋さんからは角部屋?みたいないい感じの部屋をいただく。

 

 

 

「小イカ(スルメイカ)の中華風アヒージョ」 である。

ピントは合っていないが、気にしていない。

 

つやつやとくろびかり。

香りよし、でこいつはビールが進む独特のクセ。

 

こいつは、良い。

 

見たこともない観察対象を見つけ!

それがこちらの予想を次々と越えてくる!

これが喜び出ないならいったいなんだ!

 

 

秘密のメニューなども行った後、

ウツボの唐揚げは!

モッチリの中にザクリとした風味が剣呑さを感じさせ!

さすが海のギャングさま!と思わせる。

 

世にいう「さすぎゃん」である。

言わないけど。

 

 

『ジョジョ』っぽい、トマトとチーズのカプレーゼ。

そう言えば車中で実写版ジョジョ4部の話をしたな。

Aくんはあんまりジョジョ知らないけど映画見たって。すげえぜ。

ジョジョファンのムシマルでも映画見てないのに。

 

トマトは、高知が誇るオムライス海道〝日高村”だったか、〝徳谷”だったか。

日高村だったような気もするけれど覚えてないの。

 

おいし。

自分のチョイスじゃなかったから、意外の感があるおいしさ。

 

カプレーゼこんなにおいしかったっけ?

『カプレーゼ』!解説はしない。美味しいから各々各店で購入したまえ。

 

 

 

太刀魚ポテトサラダ。

英屋さんの必殺技である。

 

誰も死んだことはない。

ただムシマルの探究者としての魂はここで死んだ。

 

もうこれ以上のお魚ポテトサラダは探さなくていい。

ムシマルは彼のお魚匂いがするお酒アテになるポテトサラダを、完ぺきだと思いはじめていたわけだ。

 

 

やばい。誰よりも県外民観光者S&Aさんよりも、ムシマルの方が堕落の堕天しきっているかもしれない。

 

たたき。そうタタキ、ここでタタキ。

カツオの塩たたきと普通タタキをそれぞれ頼む。

 

ちょい厚め、風味よし。

うまいタタキが、久しぶりだ。

塩たたきは〝静止”、ポン酢タタキは〝前進”を司っているような味がする。

 

 

「ここおいしいなあ でもちょっと高級じゃないろうか?」N上長が聞かれる。

「普通の居酒屋さんか、ちょっと気持ち上かもしれません」そんな返しをしたと思う。

 

よかった、評価は上々Feel so  Good って感じだ。

島根出身S&Aさんもおいしそうである。

日本酒を、飲んでいる。

 

『美丈夫』だ。

 

 

キンメダイと、ブリも盛ってもらっちゃう。

高知コンプリートに一歩近づく。

 

ピースサイン撮り逃し。

キンメダイの甘やかさは、開いた口が塞がらず開いた瞼が閉じず縮んだ心臓は膨らまないくらいにすてきだ。

 

だいたいに甘さが口のなかに残るお魚が好きだ。

酒でうつくしく流すことができるから。

 

 

そうして2時間くらいいて。

 

 

お会計。

「思ったよりはおたかくないなあ

 〇〇 また来よう」的評価もいただき、一次会が終わる。

 

 

ああ、なんか県外の方に喜んでもらえてよかった。

2次会に続く。

 

 

 

 

もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

四国旅行の旅with2名②徳島で(もう一回)うどん『さぬきや』と徳島列車

2018年05月26日 23時12分02秒 | 県外旅行

下道を走る一同。

ここからは高速使わずに高知まで。

 

下の道が好きなのかもしれない。

高速で行かない、のんきさ。

 

ムシマルはさっきの店で大うどんを食べてしまったこともあり(他の方もそれなり)、もう少し行ってからうどん屋行こうということになっていると・・・・・・・・・・・・・・いつの間にか香川を抜けそうであった。

 

 

あ、抜けちゃった。

山越えちゃって徳島だ。

 

抜けた先にうどん屋がある。

阿波に入ってすぐのお店だ。

まだ香川感が残っているのか、店名も『さぬきや』だ。


店名 さぬきや
ジャンル うどん
予約・
お問い合わせ

0883-72-5125

予約可否  
住所

徳島県三好市池田町州津藤の井540-1

交通手段

【自動車・徳島方面】国道32号線を徳島県三好市池田町方面から北へ進むと、箸蔵寺ロープウェイ前
【自動車・香川方面】国道32号線を徳島方面に。
【鉄道】JR土讃線 箸蔵駅下車(普通電車のみ、本数かなり少ない)

箸蔵駅から554m

営業時間

3月~10月 9:30~20:00
11月~2月 9:30~19:00

日曜営業

定休日

年中無休

予算(口コミ集計)
~¥999 ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

個室

禁煙・喫煙 全面喫煙可
駐車場

台数限りあり

 


 

立派な店だ。

観光客も多い、

「前に来たことある」とAくん。

Aくんは本州出身でありながら、すでに四国の路線は制覇しているという猛者。
『ごめん』『いの』もすべてというから、驚きだね。

 

箸蔵駅から降りてちゅるるといったとか。

 

 

お店にインシテミル。

まーまー謎の人形が迎えてくれる。

サンタか?

いま3月ですよ。

 

入る。

テレビでは実業団のバレーボール放送がされてあり、元バレー球児のSパイセンはじっと見られている。あ、Aくんも。

 

 

おお、ワールドカップとかで見たことある系女子が出ている。

 

 

うどんと天ぷらを頼んで、座って待つ。

 

木の感じが山の上の店って感じ。

どことなし高知の『自由軒』を枯淡にしたような味わいがある。

 

 

天ぷら。

 

 

 

しかし、うどんが来るまで待つだけの甲斐性はある。

 

来た。

温玉かけうどんである。大である。

 

この旅行、うどん屋2軒目で大ばかり。

だいの大冒険だ。

 

 

 

 

温玉をうどんに、心臓のようにささげる。

 

白いものを、黄色さが染めゆく、代償として濃厚だったオレンジ色が淡く変わる。

 

 

だしつゆが、ワイルドというかなんか業務用感!

 

良いですよ高評価です。

いいね押しちゃいました、心の。

 

 

 

 

ずるるる。

うむ、一杯めにはなかったタマゴと麺のシンフォニーを感じる。

 

 

ずわっと麺が、口へ侵入の際に滑りを良くしていく。来る。のどに。

 

気づけば腹に。

 

 

 

天かす追加。

 

ネギもだ。

 

うん、万華鏡のように万華鏡写輪眼のように変わっていく味。

 

こちらはもう少し、一件目とくらべる落着いている味。

変化に対してどっしりと構える雲竜型のたじろがざる姿である。

 

 

完食した。

安定感ある。

 

 

 

お会計、おごってもらっちゃう。

「いやー運転してもらっちゃってるんで、てるんで」

わーい。

 

デコポンなど、この辺の食べ物も売っており地域密着型なのかなと思う。

 

この辺にはお遍路さん、八十八か所の一つもありうどん客が栄えていた。

 

 

 

 

おいなりさんと太巻き、ガラス越しにおいしそうに見やる。

ムシマルはうどん屋さんではあんまりご飯系を取らずに天ぷら系ばかり取っているが、戸一枚越しに鎮座しているお寿司を見るとトランペットかクラリネットのように憧れてしまう。

 

 

 

一路、高知方面へ。

 

川がすごいなーって評価を受ける。

島根にもこんな感じのはあられるのではないかと思ったら、ちょっと違うらしい。

 

違いを聞いたのだけど思い出せない、色か、色かな?

 

 

 

徳島の道の駅だったか、寄る。

 

そこではお土産があり、妖怪のミュージアム的なところがあり、そして下に降りられる道があった。

 

 

売店を物色していると、店員さんが。

外を。

 

あ!観光列車。

なんといったか、店員さんも言ってくれたしなんならAさんも言ってくれた列車の名前を、私は完膚なきまで忘れてしまった。
 

 

旗を渡してもらい、列車に向かって振る。

向こうからも見てくれているとは思うが、意外と距離あるのであんまりわかんない。

 

こっちは旗ある分、届いたかな。

 

「運がいいねー、一日に一度(?うろおぼえ)しか来ないのよ」

「へえ、なんかゆっくりでしたね」

「みんなに見てもらうためにここの辺りだけゆっくりなの」

店員さんと話した。

 

なるほど。

 

 

妖怪が飾られていたので、『ゲゲゲの鬼太郎』ばなしなどをしつつ、ちょっと迷いながら川渕の方に行く。

店内から地下駐車場へと、そっからぐいぐいと下りていく。

 

こっちから見るとなんかすごい。

立派じゃ。

 

コンクリート基地みたいだ。

 

 

下の方まで、川面までは下りるの大変そうだったけどすげえグリーンだな。

 

いやでも微妙にぞくぞくする高さで、レクとしてなかなかよかった。

 

 

Aさんは「帰り、あの列車乗りたいなー」っておっしゃられる。

 

 

もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 

 

 

 

 

コメント

四国旅行の旅with2名①香川『めんや七福』で「うどん」

2018年05月25日 23時28分03秒 | 県外旅行

 

SさんAさんと、SAに。

ダジャレみたいになってしまた。

 

 

高知旅行に、職場のSパイセンとAさんを連れていく感じ。

クルマをムシマルが出して、途中途中で飯や高速代を出していただくのです。

 

 

小谷SAで朝飯兼お土産購入。

アンデルセンのパンは良いですな!

香りがよくて、ついつい懐にあたたかいパンを入れてしまう。

お金は払う。

 

 

時は移って、香川。

坂出で下りて、適当にうどん屋さんを探す。

 

「適当に進んでればあるでしょー」Sさん。

行き当たりばったり方式を採用している。

「どんうーですねどんうー」

 

業界人並みに業界用語だSパイセン。

 

 

あった。

『めんや 七福 別邸』

店名 めんや七福 別邸
ジャンル うどん
予約・
お問い合わせ

0877-35-7567

予約可否  
住所

香川県坂出市川津町3355-2

交通手段

坂出I.C.より南へ3分。

坂出駅から2,095m

営業時間

10:00~20:00(売切次第終了)
 

日曜営業

定休日

不定休

 

 

「セルフじゃなさそうっすねー」そうなのだちょっと高級感ありそうというかしっかりしている。

 

 

そうかと思えばハートマーク!!

インスタ映えを狙っていらっしゃるのか?

 

 

入る。

思ったより奥に広い。

 

ちょっとりぐったメニューがある。

カレーうどん系にちから入れているのか。

バター系も。

 

悩むなー。

 

『福を呼ぶ』らしい、「金のざる」大660円を購入。

悩んだ結果だ。

 

 

こんな内装。

シック系おシャンである。

 

 

時計の針を少し巻き戻してみよう。注文時点まで戻る。

どんぶりやイナリずし、太巻きなどある。

天ぷらも無論。

 

サイドメニュー充実。

 

 

Sパイセンは、かまたまバターだった確か。

 

Aくんはうどんに加えて稲荷寿司を頼んでおられた記憶。

 

そしてムシマル。

『金のざる(大)』だ。

でかいぜ。

思ったより、考えていたより。

 

注文品は、頼んで着席、できたあと店員さんが持ってきてくれる方式。

 

 

ずるずるるうるぃ。

 

固すぎないけど、弾力!

もみゅっと噛み応え、喉ごしに鮮やかな花が咲く。

 

シンプルにムシマルを貫く、青い稲妻的な旨みが。

 

 

香川にきたら、やりたいこと。

「ムシマルさん、ガチャしましょう」

一週間前から始めたFGOの、10連ガチャを始めた。

 

 

「ムシマルさん大当たりですよ!」

キアラとエミヤオルタというレアリティの高いキャラを得られた!

イエイ、である。

 

わからない人にはわからない、このときのムシマルもよくわかっていない。

 

 

気を良くしてうどん・・・・・・・・!!

金箔入り!

ええ、だから「金のざる」?

 

 

いやだって発泡酒「金麦」とかは金入ってないじゃない。

入っているのか、金、だからか、それでか。

 

 

エッジの利いたという表現、なんとなく使っていたけどそれがちゃんとわかる感じ。

 

茹でて蕩けたりしても、角がくっきり際立っている。四角さ、切り立った崖みたいな鋭さ。

 

するどい美味しさじゃぜ。

 

 

完食。

 

美味しいですし、井戸みたいに容器がでかかったですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 

 

 

 

 

 

コメント