ムシマルの高知うろうろグルメReturn~広島想い出も添えて~

2020年4月こちらのブログに一本化します。
高知も広島も記事あってややこしいですが、慣れると良いかもです。

土佐市『ポンド』オムライス700円。

2021年12月07日 23時34分33秒 | 高知のオムライス

空からお伝えしております、ムシマルです。

トイドローン練習というかひとり遊びで来たのでした。
仁淀川イズドローン練習場。
 
 
練習終わってランチタイム。
 
土佐市では大通りに面したいい立地。その喫茶店的レストランに。
 
 
店前には食品ディスプレイがありました。
で、できる・・・・。
期待できますね。
 
入店。
 
テイクアウトもされている様子(2021年10月来訪時点)。
 
 
イートインです今回は、ランチです。
 
(ポンドランチ1200円・・・・けっこうしますね)
サービスランチ700円が別にあるってことは、位置づけ的にはレギュラーではなくデラックスなランチってことかなるほど。
 
中華班に焼き飯、タマゴ雑炊、ピラフ・・・・国境を簡単に超えてくれる。
そばもうどんもナポリタンもありまして、これはもう通常ならば迷いの谷を抜けられないところです。
 
丼まである。
 
 
しかし、もうオムライス700円に決まっていました。
初見オムライス。
 
 
待つ。
天井高し。
まるで教会ですな。
 
 
 
来ました。
 
スプーンをこういう感じで紙包みしてくれるのも嬉しい。
もう嬉しい。
ワンプレートにオムライスとサラダ、くるりん巻きスタイルです。
 
 
よいしょーーー!
ケチャップの鮮やかな部分を無碍に割るのです。
 
 
もぐもぐ。
いいっすねえ。
 
ケチャップライスに甘さが乗ってる。
たまごが柔らかな絨毯感ある。
豊富な物量で攻める軍のようです。おそらくは十字軍。
 
具材は、具材もシンプル。
 
更紗のごとき滑らかさと充分な厚み。
激励を受けたかのような良い気分、これは・・・・よいものですよ、
ひょっとしたら最後にたどり着くかもしれない無窮のオムライス。
 
 
ちょうどいいケチャップライスべったり具合。
 
これは全人類が夢想するオムライスの基本形。
いわゆる菩薩掌。
 
 
 
 
なにかを成し遂げたかのような満足感、いやわたしは食べた。
 
 
食後お茶も温かく、ぽかぽかしました。
 
完全に食べきりました!
 
 
良かった。
ここのオムライスは、万人に愛されるであろう。
 
 
 
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

佐川町『うどん処 しほ』(現在は「うどん処わらし」)天ぷらかすうどん大盛り

2021年12月02日 08時48分48秒 | 高知の麺類
2021年6月探訪。
 
 
到着。
 
「とがの藤家」さんといううどん名店(ムシマルが高知で一番好きかもしれない『藤家』さんの兄弟店的存在)が、閉業されて新しいお店ができたということであって、行ってみたのでした。
 
雅なただずまい。
 

(今は)うどん処 わらし

※来訪時は「うどん処しほ」でしたが、2021年10月末から改名されました。

お店説明文以外はは当時の名前で書いています。

〒789-1233高知県高岡郡佐川町中組1325-1

定休日:火曜日

TEL:0889-20-9901

11:00~17:00  ( ラストオーダーは 16:30 です )
うどん処わらし|A.clever (kochi-a-clever.com)
 
すごいな。
(『とがの藤家』さん時代に入ったことなかったのですが、こんなに純和風ファンタジー感あるんだ!それとも前店から整備されたんだろうか?)
 
異世界転生しなくても行ける別世界。
緑深いところに汽車が通ってるので、変にコントラストある感じです。
 
 
食券機での購入。
ちょっと雰囲気よりはお手軽感あります。
 
うわ!迷いまくりますね、迷いの森かもしれない。
「しほスペシャル1200円」「特製カツカレーうどん1100円」「天ぷらかすうどん900円」が気になるところ・・・・・
「かすうどん」ってなんでしたっけ?あんまりうどん屋さんメニューで見ないような気が・・・・・
 
ええい!迷ったときは面白そうな方へ。
 
天ぷらかすうどん900円。その大盛り(2玉)。
 
頼んだ後、お店の・・・・カフェでいうならテラス席、ライブでいうなら野外席。
ちょっと外感ある席を選んだのでした。
 
 
 
行ったときは、新店できたち。
 
見回すと、ファミリー層が多い。
メダカとふれあったり、鯉のぼりを見たり、自然というやつに触れられる魅力が、いまならなんとうどんを頼めばついてくる!
食事とお気軽ネイチャー体験ができるよなメリットがあるのかもなあって思いました。
 
 
店員さんが、橋の上には車止めるとダメなんですよと移動をお願いしている。
 
かき氷もやっている、古民家カフェとしてもポテンシャルが重力くらいある。
冬もやってるのかな?それとも冬は餅やらぜんざいとかあったり?
夏の話だ、冬はどうなっているかわからんぞ。
 
 
来たかな?来ました。
意外と器でかし。
そして彩バランスとてもよろしい!
 
天ぷらが映えますなあ。
 
 
美しい、ナス天の紫がいきいきと映えます。
ムシマルはナスびいきだからそんなことを言うのです。
 
 
ファーストなイートはビートがヒートする。
麺がムニムニしている。すごい。
 
柔らかいけれどコシがある感じ、するると入ってほどよく滞在して、じゃあありがとう、また今度って具合に適度な距離感。
ムシマルはうどんの話をしている。
 
うどんの話しかしていない。
 
 
おつゆは、お出汁はちょい甘くて、あとこれがかすうどんのちから?
野蛮さが少し出ている。
野蛮さというかつまり、動物性脂やら由来の旨味。
 
でも基本はすっとなだらかな感じ、うどんを手繰る・・・そば以外も手繰るっていうのかな啜る手がとまんない。
 
 
かき揚げ甘い。ボリューミ―。
収穫を繰り返すみたいに限りない富。
かき揚げは、いろんな食感の詰め合わせギフトであるなーーーー。
(世界がかき揚げに気づく前に、かき揚げを一定数確保しないといけない)僕はそう考えました。
 
通貨単位が「かき揚げ」になるその日まで。
 
 
 
ああおうどんむちゃくちゃ温かいのでした。
 
 
そしてかすうどんの主軸たる「かす」これか。
もののほんによると、カリカリに揚げたホルモンが入ってるとのこと。
せんじがらに近いかも。
 
 
スープに与えていた動物的おいしさが「かす」。ホルモンの一種か。
一種の答え合わせができましたな。
 
普通のおうどんよりラーメンのこゆさに半歩だけ近づく感じかな。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・目の端に、いま朱いものが。
 
か、カニ?
カニ、すっごく朱い。
揚げちゃいたいくらいイキイキしている。
 
 
すげえな。
・・・・・・って思ったけれどすぐが沢だから、むしろムシマルが闖入者扱いかもです。
 
 
 
 
ナスが縦長!ナス揚げが好きなのでうれしい以外の言葉がない。
 
天ぷらはエビナスかき揚げ、大葉もあったかもですね。
 
 
大盛りにしたからか、麺量もなかなかありました。
 
 
あとは、ぼーっとして没頭して麺を啜るだけでいい、それでいい。
 
最初っから好感度が高いまま啜ったのちもすぐ味方の血肉になって活躍してくれそう。
魏延くらいは信頼できるうどん。
 
 
いただいた、完食です。
 
 
 
ごちそうさまを言って去る振りをすると、当時あった鯉のぼりを見に行った。
 
 
こいつらは立派な龍になるぞ。
 
 
 
いやー、うどん以外にもアドがある。アドバンテージのアド。
 
 
 
 
 
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 

 
 
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鍋焼きラーメン『食事処・酒処 いちかわ』でいっぱい

2021年11月30日 22時08分42秒 | ご当地グルメ『鍋焼きラーメン』
須崎はどこにでもしんじょうくんがいるなあ。
 

食事処・酒処 いちかわ

住所 高知県須崎市原町1-1-20
電話 090-7574-2724
営業時間 11:00~14:00 / 17:00~23:00
定休日 月曜日
駐車場
 

大きな地図で見る

http://susakishikankou.com/store/nabeyaki_ra-men/1090/



須崎の地酒と書いてあって隣に鍋焼きラーメン。
 
渋い。
入る。
 
 
手書き。
ちょい飲みセットあり。1,000円。
焼酎のキープ?多数。
 
地元民愛され系なんですじゃなー。


間違いなくビール。

   
冷やし中華にカツ丼といった食事系もありつつ、
なんかテーブルにパック容器置いてたり、隙があるので好きがある。
 
 
目についたのは、ライオンズクラブさんから地域の近隣美化みたいなことで表彰されているのが見えたこと。
なんか、なんかいいよね。
 
社会の身近なところにある善意みたいなものがほの見える。
 


カツオ刺身ください。
「今日はないよ メジカや、新子やったらあるきね」
じゃあ、メジカで。
メジカが刺身で来た。
なんか直七かわからんけど柑橘がキュキュット絞られてこの上なくすっきりした刺身。
スキレットの語感くらいすっきりしている。


めじか、もっちり感が秀でている。



合わせは、大根のツマでなくリュウキュウ。
高知っぽくていいですね。
 
身を厚めに切ってくれていて、
食感を楽しめる。
(さっぱりしすぎて酒の進みには柔和すぎかも)
 
でもおいしい。
 
 
鍋登場。お漬物付き。

鍋焼きラーメンだ。
 
オープン。
!麺多い!
一面が小麦粉畑みたいだ。
 
ちくわ付きネギ付き鶏肉付きの、ベーシックなやつ。
なんだっけ、鍋焼きラーメン7か条だったっけ?
 
「鍋焼きラーメン7つの定義」か。
多分これに準じてらっしゃると思う。
 
小鉢によそう。

  
ずるるるるる。
しっかりとした味!
 
ダシの隠し味にチャーシューを作った醤油を混ぜている」と書いてあったのが納得必至の、
甘辛さがはっきりとしているわかりやすいおいしさ!
目が覚める感覚。
 
 
 
大泉洋出演グルメ番組『おにぎりあたためますか』で、過去に別店の鍋焼きラーメン取材されていた時、
「鍋焼きラーメンは細麺で、
それは麵が伸びないようにです」って感じのことを言っていた。
 
なんとなく太麺の方が長持ちしそうと思っていたけれど、伸縮率とか水分を吸う量とかなんやかんやで細麺の方が長く厚くおいしく食べられるっぽいです。すべてうろ覚えです。
 
麦酒が乾される。
麦酒のおかわりを。
(地元の日本酒もいいけれど、今回はビールのグビグビ感と喉ごしと量がピッタンコ~)
 
ああ、いいな、お酒が刺さる、五臓六腑に範囲指定攻撃。
 
ちくわと鶏肉からも出汁が出ていて、啜り続けてしまう。
 
たまご。
最初からすでに投入されていて、スープの熱量が高かったためポーチドエッグ固形化している。

これも立派なお酒のアテ。
 
 
鍋焼きラーメンのルール的には、残ったスープにご飯を投下して〆るのは全然ありです。
でも。お腹がたってしもうたがでした。
ごはんあれですが、スープは全部啜ろう!
・・・・満足した。


これからJR で帰途に着くであろうムシマルに、完全満足が与えられる。


簡易まとめ
・お店は地域を愛し地域に愛される系の地元民多めタイプ
 
・メニューはお刺身から定食・揚げ物まで多彩。
 
・晩酌セットがあるのが評価点高い。1000円ですって。
 
・鍋焼きラーメンは王道!
お肉のエキスと醬油もしっかりついているので渇くような渇きをいやすような止まらない味。
 
・量も満足感ある!
 
意外と夜やってない鍋焼きラーメン提供店も多い(「がろー」や「駅前食堂」)なか、須崎市最深夜(23時)までやっているので、
ほかのところでお酒飲むなりなんなりして〆鍋焼きラーメンとなったらここは良いかもです。
 
 
あ!
しんじょうくん一色の須崎市に、
アンパンマンで有名なやなせたかし先生作の「なべラーマン」が!
こいつはレアですよ、SSR
キャラでいうと「天丼まん」系だなーって思っちゃっております。

 
 
 
 
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四万十町『洋食ケルン』さんのカツレツ丼さっくり

2021年11月28日 12時37分19秒 | 高知県四万十町グルメ
2021年春。
 
ムシマルは四万十町に飛んでいた!比喩で。
実際には車で行った。
 
『洋食屋ケルン』さん、自動車道を四万十町中央で降りたら必ず出会えるというか通りがかるお店。
 
そこへイン。
店内はクラシックみのあるオシャレさん。
音楽は邪魔にならないジャズピアノ曲。
 
ごはんいっぱいありますね。
 
チョイスの基本は、
四万十町といえば窪川ポーク!
 
単純な連想であるが、名産に行くという発想連想は重要である。はずだ。
あれ、四万十ポークと表記されている。窪川ポークとは一緒?違うの?
ステーキいわゆるトンテキに、ポークソテー。トンカツとある。
夢と肉汁が広がるな。
 
 
ムシマルは何を選ぶのか、今回のタイトルを見ていただいた方にはお分かりかもしれません。
 
今回は選べなあったけれど、カレーもチョイス多めでした。
 
すごく悩んだのはトップサイドテンダーのステーキ。
情報を、「トップサイドテンダー」という言葉の意味をサッパリわかっておらなかったが惹かれていた。
最後まで悩んだ。
 
 
 
カツレツ丼を。四万十ポークカツレツ丼1,330円
 
カツレツ丼に決めたのちさえも、選択肢がアドベンチャーゲームくらいにある。
 
「ご飯量は大中小どちらになさいますか?」
大で。
 
「スープはトマトスープか野菜のチャウダーのどちらにされますか?」
チャウダーで。
 
「食後のドリンクはコーヒー、紅茶、ジュースのどれになさいますか?」
(料金足せばアイスコーヒー等選択肢増えそうです)
 
ふう、決めた決めた!
 
もう少し早ければモーニング間に合ったんだなあとおもいながら朝メニュー見る。
トーストはコミベーカリーさんのパンぽい。
サンドにおにぎりカレー、パンケーキ・・・ハンバーグもある!
朝ハンバーグ・・・・ええ?朝からバーガっちゃっていいかな?
 
 
そして輝くウルトラなカツレツ丼!
和風感だ・・・・・和洋折衷和風寄りだ。
お箸にスプーンフォーク勢ぞろい。
 
カツレツ丼は、野菜を敷いた上にカツのせた、卵でとじない方のカツ丼ぽいですよ。
そこをデミグラスソースを後からかけちゃうという、文明開化の味がしそう!
 
がじぃ。
その時まで飽き足りなかったものが、自分の体内に充満すると感じると、ムシマルは初めて、さあ、これでよいと感じる。
 
 
肉の味わいは、
素直なお肉で脂まで甘いやつ、しかも何か軽い。
 
柔らかさで勝る。
 
 
 
カツ揚げされるのに相応しい王道の肉。
そうだ、ムシマルはほんとうはこういう肉をむさぼりたい!
 
 
こんな肉がそこかしこの界隈で焼かれたり揚がったりしているのか。
 
ここはもう『カツアゲロード』(by『ジョジョリオン』)のトンカツをあげるのに相応しい界隈の意味の方!
 
 
目線を小鉢、副菜へ。
チャウダー他各種。チャウダーだけは事前に聞いて知っている。
 
これは?
ポテサラかと思ったらなにか酸っぱさがあります。
あれだ。
名前が出てこない、給食とかでたまに出てたやつじゃない?
嫌いじゃなくてむしろ好きなのですが、名前だけが失われてしまった。
 
隣は、茄子の甘酢浸し?
ちょっと和っぽい。
 
 
 
カツだけでいただいていたところにソースをとろり。
 
ムシマルは、椅子のある席に案内されて、こんなにあたたかでこんなにしっかりした味。
 
 
 
さっきは噛み味を確かめた。科学的に。
今度は肉とソースと合わさった香りを嗅ぐ。鼻で科学的に。
 
 
次はご飯とお肉の相性だ。科学は再現性を重視している。
反復し、繰り返す。
カツをおかずにご飯をぱくつく。
おいしさはおいしいことを何度も確認されて踏み固められた美味しいとなる。
 
一口目でおいしいというのは、間違いではないが正しくもない。
最初から最後までおいしいのっが真の美味しいだ!
 
 
どっぷりソース。
デミグラスは肉汁と弾けて混ざる。
 
うーーーん判定「美味しい」。
サックリとしている、ライト級じゃないにしても、ヘビー級じゃないくらいのフットワークとパンチ力両方ある鷹村守のクラス。
 
 
完食。
 
 
なんでか、今日は紅茶を頼んでいました。
珈琲派のムシマルが、紅茶を頼みたくなる、そんなカツレツでした?
 
今思い出しました。
「四万十紅茶」って書いていたからだ!
地産地消ブランドの響きになんか水と気候が紅茶によさそうおいしそうって頼んだんだった。
 
 
  
ミルク入れてしまったけれど、ミルク入れちゃうと細やかな味の差異はわからない舌を持つムシマルだけどおいしかった。
 
 
クラムチャウダーだから「チャウ」って書いてるの、チャウチャウちゃうんちゃう系でいいですね。
HMTって?・・・・・ホット(H)ミルク(M)ティー(T)!!?
 
 
ユカイ愉快。
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 

 
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

(もうすぐ閉店予定)安芸市『畑山ジローの店』幻の地鶏土佐ジローがオムライスに!

2021年11月25日 09時57分12秒 | 高知のオムライス
7割か書きかけの記事が消えてしまい、気持ちはアッチョンブリケになっております。
がっかりだよ。でも気を取り直して書いたよ。
 
気を取り直して書きます。
2021年9月、『スマイルあき』に参る。

「畑山ジローの店」

高知県安芸市久世町9-20 スマイルあき1階

電話 070-1509-6761

10:00~15:00
定休日:水曜日
畑山にお宿ができるため、2022年1月23日で閉店!2月に「ジローのおうち」がオープンするらしいです。門出。
 
類似記事

 
 
当時の私は、そんなことはつゆ知らずに入店。
お食事以外にテイクアウトも可能。缶詰やグッズも売ってるらしい。
 
ででーーん!フラッグがはためか・・・ない。壁にしっかりセットされていらっしゃる。
 
テーブルに座る。
マンガがあった、『美味しんぼ』の高知対決編だ。
美味しんぼにも出てるぞ土佐ジロー!
 
メニューをみるみる。
当たりはこちらに付けていた。
『昔ながらのオムライス』1,320円。
やはりな、鶏推し店にないはずがないんだよ、鶏肉もタマゴの魅力も両方出し尽くせる、そんな料理なんだオムライスって。
 
土佐ジローの卵2個使い、鶏肉もジロー。
ジローがたっぷり入っていて、ジュラシックパークの技術力なら、失われてない土佐ジローをオムライスから復元できそう。
なん千万年後に、また会おう!
 
注文、待って、来た。
ご存じ、オムライスにサラダにジロースープ付。
ちょっと童心に帰る嬉しさ。
 
 
量は、想像していたよりも盛っている。
(親子丼や唐揚げに比べて女性人気がありそうな料理…これ女性もペロっていけるんでしょうかね?)
これは、もう俺が食べちゃっていいんですよね。
誰も盗らない、誰からも奪わない、ムシマルだけの時間だぜ。ザワールド。
 
 
箸置きが土佐ジロー!
こだわりがありますね。
土佐ジロー、君に重荷は背負わせない。
そいや!スプーンを取る。
ふふふ、田中君なら眉一つ動かさんぞ。
 
サラダから。おいしいぞ。
食欲という名の鐘が鳴る。
誰にも聞こるはずのなかった鐘が、いま響き渡る。
 
ぐぅぅぅーーーー。
・・・・・・空腹状態に食物繊維をちょっと入れたことで、何らかの効果か、お腹が鳴った。
恥ずかしい恥ずかしい。
 
この鐘の音を消すためにも我は食わねばならぬ。
 
ジロースープ。
いわゆる玉子を溶いたような中華スープ。
これがなかなか深くて清い味。
水筒に入れられる。
ぐびぐび。
 
 
さて、オムライス。
カエルも好きだが、おムシさんは土佐ジローも好きだ。
食ってしまうぞー。
もぐ。
ケチャップが映える味!
己を映す鏡みたいになにかこう、素材の味がイキイキしているように思える。
F100号!って感じの度量がある。
懐がひろい。
 
 
ケチャップライスの具はシンプルでした。
ライスとチキンの二人三脚かな?
二鶏三羽です、なんぞそれ。
 
しかしほら、しかしって表現が適当かどうかはさておいてチキンはジローはそこかしこに入っています。
もふもぐ。
タマゴっ気が強い、
肉弾力が豊か。
 
シンプル。
シンプルが良い。
肉旨みを溜めて溜めて一息に爆発させる。
空気を切り裂く雷鳴みたいに。ケチャップ風味の雷鳴みたいに。
 
なんじゃこれは・・・鶏の頃の記憶か?これは・・・走馬灯か。
土佐ジローの走馬灯が流れ込んでくる実際には流れ込んできませんこれは演出です。
 
 
オム部分もおいしい。
タマゴ皮がシッカリした厚さ。
 
 
これはねえ、なんというか、別の味、デミグラスソースやホワイトソースでもまた化けるかもしれない。
素材がいいから化ける、少女漫画でプロデューサーとかスカウトがヒロインを見出した時のようなあれがムシマルに起こる。
 
しっかりとしたEDMの4つ打ちみたいに、あると安心するオムレツ皮。
ついに太陽を克服するものが現れたか、と思わず狂喜乱舞しそうな明るいオムライス。
両サイド、つまり内側の土佐ジロー肉と外側の卵包みが統一感を日輪のように与えてくれる。
 
 
タマゴが、スープも入れてオムライス含めて3個から4つはいただいた。ありがたいことである。
 
 
完食。
 
 
シンプルでしたね、昔ながらでしたね。看板に偽りなし!
 
 
最後に店頭販売人気ランキング(当時)を紹介して終わります。

line会員になったよ。

 
 
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする