ムシマルの高知うろうろグルメReturn~広島想い出も添えて~

2020年4月こちらのブログに一本化します。
高知も広島も記事あってややこしいですが、慣れると良いかもです。

2階グルメ『ヨーロピアンキッチン MIRA』のデリプレートランチ

2022年05月27日 06時08分38秒 | 高知のオシャレ店(呑み)
2階グルメ提唱中昼呑み厳選中。
 
そんなムシマルに、ルーローハンの文字。
高級パン屋さんの2階・・・・。ルーローハンがパン屋の2階に。
 
このアジアンな店、新店なのか!・・・・・アジアンではない?
ヨーロピアン?
くっ、気になります。俺ちょっと行ってアジアンな雰囲気にしてきます。
なにを隠そう、ムシマルはアジアのパピヨン。
 
 
2022年4.15オープンの新店でした。
 
それ、2階への階段を上がるぞ。
とんとんんとん。
 
 
ひとりだと、言えばカウンターに案内受ける。
ムシマルは一人でも傷ついた夢を取り戻すよ。
けっこう広いですね。
 
着席。あらためてのメニュー。
ルーローハンに惹かれてここに来たけれど、
デリプレートとサンドイッチプレートもいい。
 
あ、昼から呑めるんですか?
じゃあビールください。
ドリンク代との差分金額をプラスすることで注文可能、それを。
 
んん、デリプレートにします
 
「タンドリーチキンのクスクスサラダが売り切れで別のものに変わってもいいですか?」かまわないぜ。
 
しかる後に来る、ビールなんだぜ。
 
 
で、きたらびっくり。
サラダ山盛り!
もはやマウンテン、サラダマウンテン、ビバーグ!
(パンも丸太か岩みたいだ・・・・。ネイチャーを体現しているのか?)
 
 
 
お豆腐?厚揚げ?絹揚げらしい。
豆腐が旨い。
醤油ベース?シイタケだし味が染み込んで、かなりの満足。
 
メインを張る気か?このお豆腐・・・・。
ぎっしりと旨み吸収、だからこの時代を、後世の人は豆腐時代と呼ぶのであろう。呼ばない。
 
うっわヘルシーが重い。
 
パン🍞は、歯切れの悪くない、モニムチィっていう、表面カリカリ。ガリガリガリクソンの生まれ変わりかな?
 
 
 
ムラサキイモがあります。
 
あ、おいしい。
甘さ特化ではなくて、
調味料ソースみたいな違うような旨み。
 
 
パンがけっこういいですね、さすがパン屋の上を行く(1Fと直接の関係はないはず)2階店。
にくぅ!
 
完食。
 
絹揚げだけで酒も進んだし結果ちゃんと満足した。やるなあ。
ヨーロピアンキッチンと銘打ってるのに、アジアンさえある、ほぼ地球である。
この店には地球がある。
 
 
夜メニューに可能性しか感じない。
 
ジビエあり、アジアンあり、ラム肉あり。
 
好奇心ムシマルの胃袋を突き破る。そんなことわざが生まれそう。
 
 

もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土佐大津『あおぞら食堂』でオムライス特盛

2022年05月23日 16時08分21秒 | 高知の大盛り・メガ盛り
あおぞらレストラン・・・・でなく、
『あおぞら食堂』へ。
 
あんまり行かない、
日曜日休みを忘れたり知らずに行って空ぶってしまったことがあって、警戒して行けていない。
ムシマルは2回空ぶると縁がないのかな‥‥って警戒する、自分が定休日確認してないくせにさ。
 
あと、夜にこの前を通ると駐車場スペースで素振りしている若いのがいて、なんか青春スポコン指数が高くてそれはそれで気色ばんでしまう。
でも待って!野球少年のお腹を満ちさせているのだとしたら、これは凄いことですよ。
 
 
今日は行った行ったよ!
店内!
 
割ときれい・・・・・・というかそこまで老朽してもなく新しさのあるお店なのではないかしら?
 
大机の端っこに構えたんだ、ぼかぁ。
そして見る、メニューなんだぜ。
丼に定食、各種ある。
これはもう欲望に忠実ならんとだめかもわからんね。
 
新メニュー続々(来訪当時)。
 
 
 
 
魅かれる、たまらなく・・・・・・メニュー群がたまらない。
「とんから」「えびから」の、唐揚げを軸に各揚げ物を流して張る姿勢、腹を満たそうとする欲がある。
 
 
で・・・・・・・・・
オムライス特盛に挑戦。
780円+特盛料200円で、1000円切るお値段である。
 
 
 
注文後は、マンガを読んで待つ。
マンガ多数。
 
 
そして人類は思い出す、オムライスはでっかいことを!(すべてのオムライスがでっかいわけではない)
 
まるい、もちろん完全な球体というわけではないけれど、お餅くらいのまるさ。
 
では一匙を入れて、食す。
 
むう、
妙ケチャップ!
 
べとつきすぎず、炒めタマネギのエキスものびのびと舌の上で舞う。
そして玉子はすべてをかかえてしのぶれど、ケチャップを和らげて世界をひろげさせる重要な任務である。
見事にそれを果たせた。
 
 
脳内でYOASOBIの『怪物』が流れる。
 
すばらしき世界に今日も乾杯、っていうやつだ。
正気の沙汰じゃないな、ってやつかも。
 
芳ばしさの爆心地にいる。
 
食べたくて掬っていくムシマルが、ムシマル自身が勘違いしてオムライスになっていく気がする!
 
うま、これ、うまー--。
そして勢いが止まらない。
あ、でもたまごは最終防衛ネットみたいなところある・・・・最終防衛ネットって何?
力関係はケチャップライスが圧倒、少なくとも特盛は。
 
 
チキンももりもり、力強い。
跳ねるように肉。
 
 
ここからは言葉少な。
まだ、巨大な基地に初撃が入ったくらいだ・・・・そう見える。
 
 
オムライスのちからが確かなあたたかいケチャップのように、体を浸すのをムシマルは感じていた。
 
 
いま、完璧の精神がひそかにムシマルの中で渦巻き、食っている!
 
 
ふう、ダムだったらやっとこさ決壊したくらい、偉大なビーバーが何名も消息を絶ちそうな激。
ムシマル個人の食欲という奔流が砕くのだ!人間の叡智などではなく!
 
 
 
 
誰もが欲しがるような、世界がそれを求めるようなオムライス。
ひとつひとつの米粒はまだムシマルの胃に収まりきってない、やがておさまる。
 
 
食った!
うまかった・・・・・。
 
高知のオムライスメガ盛り度でいうと3本指に入るかもしれない。
 
 
 
 

もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

加古町『壱』もう喰えん制度は4人からなのでソロ攻略は無理でした。

2022年05月21日 11時34分38秒 | 広島・お好み焼き・粉もの

2019年2月の記事をサルベージ。

『もう、喰えん制度』があるらしい『壱』へ。



ソロ対応はしていないみたい。

4名からの食べ放題2,970円みたいな感じ。ビール代も込みで。

・・・・安いな。

 

ひとりなので普通に食べます。

お好み焼にサーモンとかハマチ!

けっこう海幸彦だなー。

 

トッピングも、向こうに回して相手にとって不足無しのラインナップ。

ニンニクチップにもみのりにイカまで。

 

『海』にしよう!

生命の母、人種のるつぼ、海。

 

 

う、調味料に「ハラペーニョ」ある系の店。・・・・アナドレン。

店内は活気ある。

 

お好み焼以外にもう一品・・・・

モヤシの巣ごもりが気になりすぎる。

370円、お安いよね。

よし決めた!

 

こ、これがモヤシの巣ごもりですか!

 ああ、これはいいな。面白い、直喩だ。

 

なんか思いつかないのを悔やまれるような、いいすがた。

木の上に作る、枝を合わせて作るタイプの鳥の巣だ。

 

 

ハフハフ、熱い。モヤシが熱湯だしにゆだる。

うまい。ポン酢系に辛子で味付けをしている沁みいる旨さ。

 

(家で作れる系の一品だ)

アルミホイル、ゆずぽん、もやし、一味で作れる。

 

原価は安いんであろうが、満足感ある。

エノキ入れたりマロニー入れたり、してもいいかも。

あとベーコンとか。

 

ご飯にも合うやろなあ、これ、酒にももちろん合うでえ。

ゆずの風味の強さが玉子で風流な具合に落ち着いてる。

 

触感も歯ごたえあるし、だんだんそれも落ち着いてくるし。

これでビール瓶を7割空けた。

 

さきがけが思ったよりも強い。

そこに本命、大本営。

 

ちゃんぽん2玉の『海』。

 

ボリュームよ。

 

ああ!まじでか。

なんかソースとマヨネーズの蓋締まりが緩くて、外れてドバっと落ちた。

 

ソースは気づいて蓋したけど、マヨが。

スタッフめ手ぬるい。

 

でもおいしそうなので許す。

 そばがパリパリ。

 ん、うまい。

 

結構なお手前。

メリハリが聞いている系で、お好み焼きがしっかりしている。

 

 

ビールを頼んでしまう、発泡酒であったかも。

 

海、である。

海の説明は「その日の食材に合わせて海の具材が入っている」系の説明であった。割とざっくり説明ですのね。

ハマチやら鮭やらも可能性はあったかもしれない。

 

この日はイカとエビを感じた。

・・・・・・・・普通。普通のお好み焼きにも入りうる、普通に高相性のやつだ。

せっかく海ってタイトルなのだから、魚とかワカメを入れる気概がほしかった。

 

どっちかというと豚肉がちゃんと入っているから「牧畜」って感じ。

 

 

2玉+具材多めなので、食べ進めるのはゆっくり、ゆっくりというかがでかいので相対的にゆっくり。

あと、食べながら『トリコ』を読んでいるせいもある。

 

 

ハラペーニョ投下。

 あんま辛くないかも。

アクセントでちょっと風味、くらい。

丁度いいかもしれないアクセント。

 

 もぐもぐ。

 

ん、おいしい。

 

お好み焼きでビール2杯いけるか、いいなあコスパ。

 

 

ごちそうさまでした。

3,000円くらい。

十分お腹いっぱいです。

 

 


もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ラーメン・牛すじ どば』でデカデカつけ麺。

2022年05月17日 22時13分25秒 | 高知の大盛り・メガ盛り

2020年12月!

1年半前ですね。

なにしてたっけムシマルはその頃。

 

ラーメンの『どば』さんに行きました。

広島異動編から帰ってきて初来訪です。


どば

11:00~19:00※18:30(LO)当時

定休日:月、火曜日

どば - ラーメン・つけ麺 / 東部 - こうちドン! (kochidon.net)


コロナ対策として席数少なめ間隔広め、かな?

あと営業時間も早く終わりめだったかもしれぬ。

 

入店タイミングで、お客さんはムシマル一人。

冬でした、靴裏から冷えるような街角に、ストーブがそのフォルムだけで温めてくれます。

灯が入ってる。

『蒼天の拳』を取る。

 

さてメニュー。

ここではムシマルは過去に、牛すじ丼やラーメンを食べたことあります。

(どおれ・・・きょうは違うのにしたろうか…)そんな気分でした。

ただ、違うのを選ぶには前に選んだのを思い出さねばならぬ。なに頼んだんじゃろか。

醤油・塩・味噌という基本種類がある。

前、何ラーメン食べたか思い出せない。

 

じゃあ、ラーメンじゃないやつ。発想の転換、コロンブスのたまご的、いやさマリーアントワネット的かも?

ラーメン前回何食べたかわからないなら、ラーメンじゃないものを食べればいいじゃない。

つけ麺で。

 

つけ麺が普通料金で2玉だ!

最高じゃん!

 

ゆず塩ラーメンも季節限定でとっても悩みました。

(ゆず塩は新商品っぽくて、たぶん過去に頼んだことなさそう・・・・)

悩んだ、でもつけ麺

 

 

おお、おそろしいことになりそうですじゃ。

待つ。

 

 

きた、今年の冬は、怖くない!毎年怖くないけれど!

つけ麺って、ああ!ムシマルはあんまりつけ麺頼まないので、ざるうどんみたいなやつのラーメン版かと勘違いしているのですが、こんなに浸かってるんだ、

そしてこんなにつけだれ?の方はラーメンぽいのか!

 

初めてつけ麺を食べる人みたいになっていますムシマル。

頼んだのは【牛すじつけ麺:みそ】950円。

 

 

250円で缶の発泡酒?ビールが頼めたので発注。

ジョッキ生もあったようですが、なんかこういう小市民っぽい風情が、ジョッキより缶から手酌の方が増す、気がした。

お値段の安いのと、コロナ対策で営業時間が早めに終わるので短期決戦350ml缶一本勝負。

じゃわー。ぐびぐび。

ストーブにあたりながらキンキンに冷えた発泡酒を飲み、

 

迎え撃て、麺!ずるるるる。

濃いい!

ニンニクが香る!

濃いい。

そしてうまい良いぃ。

 

こういうのが好きかもしれない。

ニンニクがなんだかんだで土佐の人は好きなんだと思う。

ニンニクと味噌が前世からの因縁みたいに絡まりあっている。

『ぼくの地球を守って』くらい因果が絡まっている。からまっていて尚つるっとしている。

 

ニンニクが打楽器みたいに裏で仕事している。リズム取りだ。

 

そして、そして具も濃い。

牛すじが別立てでおいしい。

こってりキング。

固い意志があり、ぎゅむと音を立てたときにこめかみを締め付けるあの夢が思い出された。

 

ばちこん、と麺を浸ける。じゃぶじゃぶ。

ずるるるるるず。

 

あれ?麺、気づかなかったけれどというか最初は2玉らしいけれど普通サイズじゃん、って思ったけれどだんだんその量の減らなさがわかってきた!

ほら、ラーメン容器の隣にもう一杯、透明ラーメンがあるみたいに見える。

 

これで良し、これが答えだ、裏返しの奇跡だ!

それだけのことなんだ!

 

具の、モヤシやネギがニンニクと味噌と絡んで、馥郁さがすごい。

 

酒に合わせられて、酒にあって、まるでワルツだぜ!

麺はぷりぷり感あって、いつまでも新鮮さがある、水中なのにお湯なかなのに真空パックのただなかにいる様子。

 

 

うまかった。

 

また来たいです(小並感)。

 

 


もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テイクアウト『カレースタンドにこみちゃんのカツカレー』は光属性。

2022年05月15日 07時40分43秒 | 高知県のテイクアウト(甘いもの以外)
カレースタンドにこみちゃんとは!
居酒屋さん「にこみちゃん」が月に一度だけ催されるカレー店。
そのカツカレーは・・・・幻度Bクラス!
だいたい戸愚呂弟くらいといえる。
 
 
にゃりーんかえさんのSNS情報で、この日は「カレースタンド?にこみちゃん」の月1営業日だと知る。
行く。
2022年2月。
 

 
焦がれていて、呑みにも行けなかったので短期間で急速醸造された夢だ。
「みんな凄い夢を持ってていいなァ!じゃあ夢バトルしようぜ!夢バトル!!」
ムシマルの夢はカツカレー!
支払からの、テイクアウト完了!
帰りの電車で、カレーの香りを電車中にぷかっと漂わせてしまったぜ。
無差別にカレーのことを考えさせてしまう最低なムシマル。
この頃カレーが充満したって香水のようにいやむしろ香水よりもいい香りねとしか思わない末期。
 
最低になった僕が食うカレーはうまいか。
旨い、旨いのだ。
カレー匂い誘われ民の分も食わねばならぬ。
 
家に、着くなり。卍解・・・・・っていうか「ばんかい」で一発変換できるのすごいよ師匠。
開くなり開くごとボルテージとともに高まるスパイスの・・・・いやもうありていに言って揚げ物とカレーの交わる匂い
情欲に塗れた匂いじゃぜ。
 
あとボリュームは普通以上にある!
 
 
だん!
ラップや蓋を外す。
こ、コメがほぼ見えない!
カツカレーのハムカツトッピングをするとこんなことになりました。
 
カレーの量はそんなに多くない気もしますね。
 
・・・・・とりあえずごはんにかけて、レンチンしようか。
 
 
で、出来上がったものがこちらです。
もぐはぐ。
カレーは邪魔にならないところに力点あるかも。いや、単体で美味しいカレーなんですが、二日目のカレーの美味しさというか旨みが丸まってます
 
カレーのオプションにカツがあるのではなく、
カツが「揚がり立て真冬の大冒険」をするためのステージみたいなね!何言ってるかわからなくなってきましたね。
ハムカツは坂道を走っていくドライブ感。
奔ってく。
とっとこ走るよハムカツ~~♪
だーすきなのはーひーまわり油~(にこみちゃんが何油を使ってるか知らずに書いています)
 
脂が幸福感もたらす。
ここひとくちで、脂肪が富と幸いの象徴になります。

「俺は軽~い気持ちでカツカレーテイクアウターになったけどよぉ この食生活続ける為だったら食べすぎてもいいぜ」

食べすぎてはいけなかった。
 
家には御飯あるから、「カツカレーのあたま(ルーとカレーのみ)」でもよかったかも。
失敗ではないけれど、ごはんのお金でオカズをもっと買えたかもなって。
もぐもぐ。
うん、カレーはおいしい、おいしいが、カツが主役、スタァ性が違う。
カツを照らし出すような、スポットライトのような。
 
これは、光のカツカレー!
光ん力だぁぁぁぁぁあ!
 
で、カツが本当に美味しいのでカツの話をもっとさせてくださいぺこり。
カレーの皮をかぶったカツ丼だ、仮装の存在、これはまるでハロウィンだ。
ハロウィン!ハロウィン!ハロウィン!
 
カラカラと揚がって、非常に柔らか。
しゃかしゃかと外側の香ばしさに見合うのか見合わないのか、呑み込みやすいような食べやすさ。
 
でねでね、ねえねえ!
カレー本体にお肉入ってるんですが、これが肉脂かってくらいとろけていて、
カツと一緒にカレー肉食べても、食べると、カツのやわみが増してやばみざわ。
 
 
酒がうまい!

「ムシマルがカレーを食べて喉ォ渇いて!ムシマルが発泡酒飲んで回復……!永久機関が完成しちまったなァァ~!!これでノーベル賞は俺ンもんだぜ~!!」

 
ハムカツ。
豚カツが柔らかいので、ハムカツと噛み心地だけではわからない仕様になっております。
姿も遠目に見ると茶色でゴワゴワしていて似ているので豚カツ影分身の術のようだと思っている。
 
ムシマルはハムカツを、危険な食べ物と認定しているが、それはムシマルの食べすぎ防止のため封印のようなものである。
封印を解かねばならない、心の包帯をほどいて右手が疼いて結び方を忘れちまったからって言わねば。
 
ハムカツからはまっすぐな柔らかさと肉旨みのエッセンスを。
 
 
そしてありとあらゆるものからありとあらゆる感謝をもって。
完食。
 
「例えば、栄養失調・飢餓・辛い物への欲望、この世にはなくなったほうが幸せになれるものがたくさんあります。それらをカツカレーの力で全て消し去ります」
 
消し去った。
カツカレー1200円のハムカツ140円。
 
 
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。


人気ブログランキング

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする