ムシマルの広島うろうろグルメ~3年目の広島ともなればそこそこウロウロし慣れました~

高知県から来て(主に)広島県でグルメ放浪というか食べ歩きというかウロウロしています。
お好み焼きも牡蠣も好き。

『とく一』光南町のうどん屋さん 「他人とじうどん」大盛り700円。

2018年05月08日 07時35分59秒 | 麺類・広島つけ麺とか!

 

「食味へのこだわり 手打ちうどん とく一」へ。

 

この界隈は、ラーメン屋さん、うどん屋さん、カレー・丼やさんという3種類の食べ物屋さんがありいい感じだ。

 

(3つのなかから、どれにする?)まるでオーキド博士(ポケモン)だ。

今日は、うどん。

 

お、にぎわっている。

しかしカウンターなら一つ空席がある。

 

ねじ込めボディ!

実際は「カウンター席にどうぞ」的女将さんの指示に従う。

 

今回で2回目。

1回目では気づかなかったおにぎりと天ぷら。

(いや、たしか1回目は夜来訪だったから天ぷら残ってなかったんじゃないか)

 

かけうどん420円、はなとじうどん540円、すじ肉うどん550円、他人とじうどん590円。

いろいろあるけどこの辺りが食べたい系かな。

 

前回は天玉うどんだったっけ。

 

はなとじうどん気になる、なにをとじしているのか気になる。

とじる主体は、多分たまごだろうから、問題なのは何がとじられているか。「はな」・・・「花」。

 

花は色鮮やかさの比喩で、ニンジンとかトウモロコシとかできれいな色させた系?

 

謎、エニグマである。

 

「他人とじうどんの大盛りお願いします」

 

他人とじにする。

確実にお肉であろう(人肉ではない)、それにたまご。

 

謎に挑戦する気概より、安定感のある目安の取れる美味しいものを。

 

マンガを読んでしばし。

大将と奥さんとお母さん3名で回しているっぽい。

 

来た。

肉とタマゴとネギで、ちょっとすき焼きを連想するようなごちそうの起爆点。

おいしさイメージはぐわぁとなる。

 

 

ちょっと天かすを入れて、よし。

ずるるるる。

あttっつ。あtttっち!

 

麺が太い、コシがある、長いので喉奥をヨルムンガンドのようにのたうつ。

 

ふは、おいしい!

 

冬、12月の後半っていうか24日クリスマス前日にこの熱量はありがたい。

 

 

玉子とじの力だろうか。

いやー黄色いね。

黄色い中から、しゅるるるって乳白色の麺が操られるように出てきて(箸で操ってるけど)、ムシマルの上唇と下唇のさなかに突入していくのはもう、一大スペクトラルですよ。

 

お肉は牛肉で、明るい暖色系のなか、牛肉だけが濃い影のような色を成している。

お肉のダシがちょっと出てるのか、いや出てなくてもなのか、おつゆがおいしい。

 

ちょっとこれ、ハレの日に食べられるうどんじゃない、クリスマスイブとか。

 

上品な鍋の、2Rめから途中参戦したみたいだ。

天かす追加。

ムシマルは天かすが好きなので入れ放題のお店には感謝しかない。

焼きそばUFOも、あげだまボンバー路線を貫いてほしかった。

 

また、別の黄土色カラーが追加され、丼内はパレットと化す。

 

うどんの太さはがっしりしているから。

この熱量に喉がちょっときつい。

 

食べ急ぎすぎか。

太めのうどんだと、冷たいうどんの方が実は好き。

春夏頃にもいただきたい。

 

 

完食。

 

大盛りは+110円なのか、700円の総額でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしよろしく思われましたら、下の変なカツオマスクにクリックよろしくお願いします。

クリックいただけるとムシマルが喜びます。

 

 

広島ブログも参加しました。

広島ブログ

 

 

 

 

 

『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 広島エキシティグルメ『つつ... | トップ | 『丸勝酒場』はお魚豊富なお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

麺類・広島つけ麺とか!」カテゴリの最新記事