熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

またも隠蔽

2019-08-14 18:25:58 | 政治
またも政府の隠ぺいが明らかになりました。

それにしても酷い、都合の悪いことは全て隠してしまう。

税金を使っていて隠すとは、税金の無駄使い。

朝日新聞のスクープです。

「第2次世界大戦後のシベリア抑留者の遺骨収容をめぐり、16人分の遺骨が日本人ではない可能性があるのに厚生労働省が公表していなかった問題に絡み、別の70人分の遺骨も日本人ではない可能性があることが分かった。厚労省は専門家の指摘を放置していた可能性があり、遺骨収容の適切さに疑念を抱かせる事態が相次いで発覚している。

 70人分については、2000年にシベリアで収容されたが専門家が15年12月、「日本人ではないのではないか」と厚労省に報告していたとNHKが5日に報じた。根本匠厚労相は8日の記者会見で「事実関係を十分に確認し、相手国との共通認識を持った段階で公表する」と述べただけで、遺骨収容の時期や場所、鑑定結果などは明らかにしていない。

 厚労省関係者は、70人分の遺骨はシベリアから持ち帰ったものだと認めた上で「身元特定のDNA鑑定をした専門家から『日本人の遺骨ではないのでは』という指摘を受けたが、対応はそこで止まっていて、日本人かどうか確認するための鑑定はしていなかった」と話す。厚労省は9月初旬をめどに、経緯や、日本人かどうかの鑑定結果を公表する方針だ。」

これも朝日新聞が記事にしなければ、隠蔽するつもりだったのでしょう。

どおせ頭の悪い国民のことだから直ぐに忘れる。

選挙が終われば怖くなんかない。

本当に馬鹿にされていますね。

韓国の仕打ちに目を奪われているどころではありません。

我が国の悪いところを治さないと、政府の隠ぺいは際限なく続きます。

私たち国民が政府の悪事に「No」を突きつけなければ。

デモによる威圧行動が必要ですね。

森友問題の佐川氏の不起訴もおおいに怒らなければいけません。

検察も権力よりなのか。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ


コメント   この記事についてブログを書く
« 日韓対立 | トップ | 終戦の日に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事