日々是好日

身辺雑記です。今昔あれこれ思い出の記も。ご用とお急ぎでない方はどうぞ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノーベル賞が日本から遠ざかっていく?

2011-10-08 11:55:53 | 学問・教育・研究
アップルのスティーブ・ジョブズ氏のカリスマ性についてはともかく、その何が凄かったのかについて朝日デジタルの解説がわかりやすかった。

 「売り方がうまいだけ。日本にない独自の技術なんて何も使っていないのに」

 アップル商品がヒットするたびに、日本メーカーからは、こんな恨み節が今でも聞こえてくる。

 日本勢は、中核部品の開発から完成品の組み立てまで、「自前主義」にこだわった。それが商品の差別化につながると考えたからだ。だが、製品のデジタル化が進み、同じ液晶パネルや半導体を集めて簡単に類似商品が作れる時代になり、価格競争に巻き込まれていった。

 これに対し、アップルは世界中のメーカーから部品や技術をかき集め、商品の組み立てはコストが安い台湾メーカーなどに任せる。代わりに、ジョブズ氏は、商品のデザインやサービスなどの仕組み作りに徹底してこだわり、独自のアップルワールドを作り上げて差別化に成功した。

 ただ、このビジネスモデルの成功には、ジョブズ氏のように、消費者の心をつかむ商品のイメージが明確にあり、それを徹底するリーダーシップが欠かせない。ソニーのウォークマンや家庭用ゲーム機「プレイステーション」の誕生も、創業者の盛田昭夫氏やソニー・コンピュータエンタテインメントの元会長兼CEOの久多良木健氏ら、個性派経営者の存在なしには語れない。


まったくそうだと思う。今や世界最大の企業となったアップルですら、個性豊かな卓越したリーダー無しには、消費者の心を掴むたった一つの製品すら産み出せないのである。リーダーとは孤独なもの、そしてそこにあるのは結局個人の営みなのっである。そのジョブズ氏がスタンフォード大学の卒業式で、Stay hungry, stay foolish.と説いたその精神が今注目されているが、私たちの世代は否応なしに皆がhangryであり、だからこそ大きな夢が沢山あった。夢とは見る人にとってはまさにfoolishなものである。これまでの日本人ノーベル賞受賞者はそのような風土の中から産まれてきた。

今年のノーベル賞は下馬評の高い日本人もいたが、まだ経済学賞がのこっているが、日本人を素通りして行ってしまった。そして唐突にもこのような思いが浮かんできたのである、ノーベル賞が日本から去り始めたのか、と。それは現在のわが国における科学研究のあり方、さらにはその進路、進め方が、研究者個人の自由な発想を伸ばす科学者主導から、科学官僚・政治家・権威主義的科学者主導になってしまっているからである。そのあらわれの一つが、「グローバルCOEプログラム」や「最先端研究助成」などビッグサイエンスプロジェクトなど、「金ばらまき」と言ってしまえばそれまでの、浅薄な目標邁進型の人数さえかき集めれば出来てしまう性質のものである。今年のノーベル化学賞の対象になった「準結晶の発見」が生まれるような環境とはおよそ縁遠い世界である。

これまでも私はやはり目をつけられたか グローバルCOEプログラム「最先端研究助成」よりましな2700億円の使い方があるのでは  追記有り「最先端研究助成」2700億円の使い道に科学者の反応は?グローバルCOEプログラムなんていらないのに・・・などで、わが国におけるこのようなお金の使い方が、創造的科学の発展の弊害になることを主張してきた。このままでは日本からノーベル賞がだんだん遠くなる。ではどうすればよいのか。くどいようであるがグローバルCOEプログラムなんていらないのに・・・から再掲させていただく。

極論すれば国家百年の大計である人材の育成に必要なのは、国立大学にあっては運営費交付金、私立大学にあっては私立大学経常費補助金、それに加うるに科学研究費補助金に尽きる。今わが国に求められるのは贅肉を一切切り削いだ骨太の大学制度を抜本的改革を通じて確立することであろう。

過去ログ
文科省での日本学術振興会と科学技術振興機構の共存が基礎科学の発展を邪魔する


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 秋篠宮悠仁親王の帝王教育こそ | トップ | YouTubeでpastime  「ブン... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M)
2011-10-20 04:24:16
先生、stay h"U"ngry, stay foolishです。
ノーベルの遺言 (柳居子)
2011-10-20 14:35:27
 突然で失礼ですが、拙ブログ記事を、コメントに替えて貼り付けさせていただきます。

・・・・この所 毎年日本のメディアで騒がれる 京都大学iPS細胞研究所所長が 今年も下馬評が高かった(日本だけか)が、選外に洩れた。はやし立てるからご本人もその気になるし 選外は失望・落胆という事になるのかも知れないが、外野は勝手に騒がせて研究の方に打ち込んで頂きたい。

 さて 何故ノーベルの遺言状を引っ張り出したかと言うと ノーベルは、指定した五部門全て賞を授与する理由について、実に細かい指示・但し書きを付けているのである。一部は、物理学の分野で最も重要な 発明または発見をした人物に、一部は、最も重要な化学上の発見または改良をなした人物に、 生理学または医学の領域で最も重要な発見した人物に  以下文学・平和賞は省略  其々の分野で選考する組織なり団体まで指定されている。 どの分野も選考には、116年間 指示どうりの事を果たしてきた。 物理学や化学部門が発見又は発明・改良とされているのに 生理学・医学の部門だけは発見とだけ記されている その前年に人類のために最大の貢献をした人たちに、賞の形で分配 人類の為に最大の貢献と云う文言がiPS細胞の研究が発見ではなく発明と云うノーベルの遺言の本旨に未だ適っていないのか等と考える。 又 選考委員の多くがどの様な宗教観を持っているかも 人工細胞 人造人間にも繫がるこの研究をどの様に評価するのか 生命の倫理の未だ確立されていない世界。 医師の踏み込む領域とは考えない研究と考える可能性もある。 120年ちかく前に 今日の医学の発展は予測はしていなかったと思うものの 生理・医学の部門だけ重要な発見をした人にと云う遺言の意味は実に深いものが有る。

 メディアの伝えるノーベル賞関係の記事の多くが、スゥエーデンでは無く パリ発とかロンドン発という二次資料と言うのも何となく頼りない
Thank you. (lazybones)
2011-10-20 17:40:14
ご指摘を有難うございました。訂正いたしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学問・教育・研究」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事