「基本指圧」に憧れて ― 村岡曜子のブログ

我が国固有の指圧を広く浸透させ、社会の保健と福祉の増進に寄与したい。

お母さんがたに読んでいただきたい長谷川先生渾身の一書

2021年10月19日 | お知らせ

 久しぶりの報告です。
 遺伝学(特にダウン症)の権威で、元静岡県立こども病院遺伝染色体科医長の長谷川知子先の著書が発刊されました。原稿を書いておられるのは存じていましたので、待ちに待ったという気持ちです。さっそく拝読させていただきました。
 実はこの本のカバー(裏面)に、本の内容をきわめてわかりやすく要約してありますので、ここに引用させていただきます。

 「ダウン症の子を育てるのは大変」「ダウン症の子は体が弱い」「ダウン症の人は不器用」「ダウン症の人は老化が非常に早い」「ダウン症の人は退行することが多い」......そんなふうに言われることがあります。
 でも,ほんとうはそんなことはありません。それは科学的な根拠のない思いこみ(=ダウン症神話)にすぎないのです。
 この本は、ダウン症神話を信じて子育ての自信をなくしたり、悩んだりしている親ごさんや、彼らを支えたい人たちに向けて書かれています。ダウン症についての正しい知識を知り、「障がい」や「違い」よりも私たちと「同じ」ところに目を向ければ、もっと自信をもって子育てを楽しむことができるでしょう。
 そして、こうした思いこみや偏見をなくすことは、私たちの誰もが差別も排除もされずありのままに暮らせるインクルージョン社会を実現する第一歩ともなるのです。
 約50年にわたり1万人近いダウン症のある人たちと向きあってきた臨床遺伝専門医が伝えたい、ほんとうのダウン症のすがた。

 このカバーの解説を読みハッとしました。私が、今まで漠然と持っていた指圧治療中の疑問や悩みや想いなどが短い文章の中で凝縮されていていると思えたからです。私自身、患者さんとのやり取りで時々頭に浮かぶ疑問が払拭され、再度新しい気持ちで患者さんに向かえると、目の前が急に明るくなった気がします

 私は約15年前に、縁あって二分脊椎症の障害を持つ少年(T君12歳)とそのお母さんと知り合いました。それまで二分脊椎症の存在自体を知らなかったので、彼のフィジカルな面の改善を指圧で出来ないか、と必死になっていた日々でした。忙しい仕事の合間を縫って時間を作り、週5日のボランティア活動でした。
 指圧治療を通して日々変わっていく彼の状況は、たいへん勉強になり貴重な経験でした。その縁が現在、私の二分脊椎症の指圧治療に生き、13〜14人が自力で排泄ができるようになっただけでなく2名の女性か結婚出産までできました。今は「経験」という大きな宝物を得たと感謝しています。

 話が前後しますが、これがきっかけで、障害児を持つ母子を圧す機会が多くなりました。お母さんが子供を圧す勉強をするボランティアの「チャレンジ指圧教室」を作り、一緒に学ぶ機会も増えました。隔週土曜日の夜2時間、とても楽しい時間でした。勉強するの中で、実際に親子の日常の大変さも間近に見ることができたのは大きな収穫でした。
 今では私も、「障害」とは、心身が持っている病気であり特別な事でなく、同じ人間の状態で社会生活が不便か否かの問題だけだと思えるようになりました。今では、いちばん大事なことは、「自立」だと確信しています。
 この本が、障害者を持つお母さんらにとって、暗闇を照らす灯になってもらえるのではないかと期待しています。私の身近にいる方々は、障害・健常に関わらず読んでよかったとの感想を寄せてくださっていました。ぜひお読みいただきたいと思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

超安産の患者さんが赤ちゃんを連れて「顔見世」に!!

2021年07月13日 | 素晴らしい指圧効果

 7月2日の朝の治療院、「お仕事モード」のままで一本の電話に出ると、とても嬉しそうに挨拶される女性の声。え? 誰? 聞き覚えのある声の主はSさんでした。彼女は、基本指圧の効果によって人生を変えた1人です。

 4月27日にみごとな超安産で女児を出産しました。メールで連絡は取りあっていましたが、突然の電話に驚き「おめでとう」の言葉を伝えることでいっぱい。一般的な挨拶も忘れ、私からの矢継ぎ早の言葉の羅列、失礼してしまいました。彼女は、二分脊椎症です。今年5月31日のブログで報告しましたが、基本指圧に巡り合ったことで人生を変え、大きな幸せを掴んでいます。
 この日は、赤ちゃんを連れて行きたいとの申し出でした。ふだん私は朝から夕方まで、休み時間を取らずに仕事をしています。その日、患者さん達のご好意で、治療時間と治療時間の間を少しずつずらしてもらうことが可能になり、思いがけず赤ちゃんと対面できることになりました。
 ご主人の仕事の予定が空いて、急でしたが横浜から車利用で来られるということになりました。ただ遠路です、赤ちゃんが疲れないかと内心心配しながらも楽しみでした。出産直後から「早く赤ちゃんを見てもらいたい」と言っていたのですが、まさか、こんなに早く会えると思っていなかったので、ワクワク感マックスで仕事に向っていました。

 対初対面のご主人様に挨拶をし、御夫婦が赤ちゃんを挟んで座っている光景に、「幸せを絵に描いたようだ!」と、思いました。折角の機会です。ママに赤ちゃんへの指圧を覚えてもらうことにしました。何年も指圧を受けてきているので、圧される感覚をよく覚えているので、さすが理解が早いと思いました。

 無理せず楽しい育児生活をエンジョイしましょう。赤ちゃんを挟んで指圧の勉強です。赤ちゃんはとてもご機嫌で、この月齢でも笑って、勉強しているママの応援をしています。

 【写真説明】
 「以前は、普通の方のような生活は望まないと諦めていたのですが、このように出産できて夢のようです」
 「ほんとうに可愛いよね!」

 「ほんとう可愛いです!」
 私とSさんの会話、この言葉がすべてを語っています。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20年ともに仕事をしてきたSちゃん、退職に寂しさひとしお

2021年06月05日 | 指圧の活動

 当治療院の話題はこのブログで書いたことがないと思います。東武東上線川越駅から徒歩6分の好ロケーションで、治療院が現在の場所に引っ越してから今年で16年目です。この場所が指圧治療と指圧練習会場をかねています。
 昨年5月、19年間頑張ってきた「NOP法人基本指圧研究会」を解散したので、同会の事務所(本部)としての機能も終了し、治療院を使っていた基本指圧練習会もなくなりました。あとはスタッフの練習と、私と練習することを希望する何人かの練習会を開催しています。
 私自身、基本指圧練習会という重荷が両肩から離れたので、以前より治療院の業務に専念できることになりました。しかし私は技術者としての誇りを持っていますす。少しでもいい仕事ができるように、「練習」は欠かせないと考えていますので、その練習時間は大事にして残したつもりです。

 ところで先月5月、急に治療院のスタッフSちゃんが退職しなければならない事態になりました。急な辞意に驚き、すごく寂しくなってしまいました。彼女は、指圧学校を卒業し、指圧師免許を取り、指圧の技術を磨きながら治療院のスタッフとして仕事に励んできました。
 彼女の人間性の高さに「お嫁さんに欲しい」と、言われることも多かった女性です。人間性というと漠然とし過ぎですが、思いやりや気遣いなどとても人柄がよく、清楚で誠実で優しく、控えめですがかなりキツい仕事も嫌な顔ひとつせず、こなしてくれました。
 振り返ると彼女との出会いから約20年の月日が経っています。その間、いつも後ろに控えていてくれました。いつも一緒にいるのが、当たり前になっていたと思います。今は、ただただ寂しくてしかたがありません。

 退職の報に、沢山の患者さんから指圧のご予約をいただきました。中にはかなり久しぶりの患者さんもおられ、いつも以上に彼女の最後の指圧を受けに来てくれました。
 私の気持ちの中では、きっとまたいつか縁があると信じています。今は「ありがとう」と「いつまでも元気で!」の言葉しか出ません。Sちゃん、長年ありがとう。ほんとうにお疲れさまでした。                                                                                                                                 ー 感謝 ー


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二分脊椎症の女性2人、健康な男女児出産の大吉報

2021年05月31日 | 指圧の活動

 今年1月10日付のブログに、患者さんの二分脊椎症の女性2人が、結婚して妊娠したという嬉しい記事を書きました。出産予定日が、4月末と5月初めでした。治療院の患者さんたち(他の二分脊椎症の方なども含め)にも、話しをしていたので皆さんが、4月あたりから「そろそろですか?」とか、「生まれましたか?」などと声をかけてくださる方が多く、よく覚えてくださっていて驚きましたし、凄く嬉しく思いました。

 これらの嬉しい反応に、「皆さんが期待して待っている赤ちゃんなのだ」と改めて思いを強くしました。予定通りに出産となれば、数日間に2人の赤ちゃんが誕生する予定です。
 一日千秋、頭の中は四六時中赤ちゃん誕生のワクワク感でいっぱいでした。少し早めの4月20日と4月27日に、2人とも無事出産しました。母子ともに健康、3千500グラムの大きな男の子と2千968グラムの可愛い女の子です。

 母体が妊娠中に指圧を受けて生まれた赤ちゃんは、頭部顔面が整った形で生まれ形がきれいだといわれます。健康的にも恵まれているのでムダ泣きせず、とても育てやすいと喜ばれます。今回のこのニュースは、私が二分脊椎症の患者さんと関わり始めて13年目の一大吉報です。 

 「以前は、普通の方のような生活は、望めないと諦めていたのですが、このように出産できて夢のようです」

 彼女たちが異口同音に言います。指圧を通してこれほどの感動に出会える、私はすべての出会いに心から感謝しています。
 まだまだこれからがほんとうの私の出番です。赤ちゃんたちの成長を見ながら、その時々に少しのお手伝いができるように控えていようと思っています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脊椎側弯症38度の男児、基本指圧で改善にチャレンジ ③

2021年05月19日 | 指圧の活動

 5月1日、ダウン症の11歳男児に対し、脊椎側弯症の指圧治療第3回目を施療しました。彼の状況を少し落ち着いて観察できるようになり、やっと全体像の把握ができるようになりました。
 来院し、駐車場から支えられて治療室で横になるまでの様子を動画で撮って、繰り返し見ました。すると、コミュニケーションが上手く取れないと思っていたのは、自分の勘違いではないかと気づいた箇所があったのです。
 動画を見ていると、彼の行動はそれなりに意味のある動きだと分かってきました。私が、彼の表情や動きを理解できなかっただけかも知れません。言葉ではうまく言い表せませんが、どう見ても体では色々なことを表現していると思えてきたのです。お父さんの言葉が、「委ねていますね」と私の耳に響いてきます。

 基本指圧で「圧す順番・圧点」などは、彼の状況に合わせて変える。受け手の姿勢も臨機応変に整え、1点でも多く効率の良い圧が入ることのみに集中して行こうと決めました。
 この日、治療を終えて帰りぎわに、彼が私と視線を合わせてくれました。しかも2回もです。お母さんがそれを見ていたようです。「信頼を持つと、そうします」と話していました。
 今回の治療でいちばん問題だと思ったのが、圧し手と受け手、お父さんとお母さんの四者それぞれが一生懸命なのですが、皆の気持ちがなぜか1つになり切れていなかった。彼の行動に振り回されて、治療の方向性が明確になっていなかったように感じます。目標は、脊椎側弯症を改善することなのです。だがなぜか治療がうまく進まないので、実際に悩んでしまいます。

 大きな原因の1つは、両親の治療に対する意見の相違だと感じました。今まで受けてきた治療師の施術の影響でしょうか? 1回目・2回目の私の状況把握が甘かったこともあると思います。
 整形外科では「治らない」と言われている脊椎側弯症です。その改善を基本指圧で目指すためには、これらを整理することと、ご家族に納得してもらうことが大事だと思います。特に子供の治療は、成功する大前提に皆が、同じ気持ちで心を1つにして改善に向かうべきです。

 改めて指圧治療の出発点に立ち返っていきたい。心を1つにして、何も考えずにシッカリ圧したいと思いました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脊椎側弯症38度の男児、基本指圧で改善にチャレンジ ②

2021年05月14日 | 指圧の活動

 紹介者の H 先生に彼が自閉症であることを確認してみました。「そうですよ」と、アッサリした返事が返って来ました。「ダウン症+自閉症+側弯症」です。これを知っていたら自信を持てないのでにお断りしたかも知れません。
 10数年前、自閉症の指圧治療を2名行ったことがあります。色々工夫し勉強し、辛抱強く挑んだのですが、まったく歯が立たず断念したことがあるからです。私は自分の師匠から「指圧は頭で考える前に、なんでも『先ず圧してみる』こと」と教えられました。ですからいつも「まず圧してみる!」と、食わず嫌いはNGだと思ってきました。私としては、ずいぶん怖気ついたものです。しかし今回は深く反省しました。

 4月24日、彼が予定通りに来院。前回と同じく入口で抵抗したのですが、お母さんの誘導であえなく中へ入り布団にゴロン! お父さんが、「3~4回目くらいで慣れますから」と。お母さんは、先日リハビリ(PT)の先生が、彼を見てしきりに「何か違う?」と頭を捻っていたと聞きました。スタッフも確かに「違う」と思っていたようです。この言葉に、私は「前回の治療効果か?」とわずかに期待しました!
 この日の治療も彼を押さえつけることから始まりました。前回、“無理やり指圧”に見えると思いましたが、圧してみると前より圧の通りがよく、体が指圧を受け入れているのが分かりました。苦労しながらも圧した手応えでしょうか?

 前回と同じく、頭部指圧は好きらしくジッと味わっています。圧す指と受け手との不思議な一体感を感じます。言葉や表情や手足・体の動きなどに細心の注意を払いつつ、コミュニケーションも留意し、彼の一瞬の変化を見逃さないように圧すことは至難の業です。
 通常行う基本指圧の手順や、圧す姿勢などがすべて違います。受け手の状況によって、どう圧(お)せば圧(あつ)が入るかを工夫します。
 子供の治療では、これと近いことをしてきているので慣れてはいます。前回と同じ、横臥位の右肩甲下部に抵抗があり嫌がります。「ここ、痛いのかな?」。確かに肋骨が、異様に曲がりすぎてはいます。ここは、前回より湾曲が、ひどくなっています。その部分は、特に控えめ慎重に圧しました。

 彼が、指圧を受け入れているのを確信できたので、シッカリ向き合おうと気持ちを新たにしました。腹部指圧のときは眠ってしまい、いちばん大事なお腹(なか)を存分に圧すことができました。ご両親ともに「いつもこんなに眠り込むことはないです」と、不思議そうに話していました。
 爆睡中でしたが、「終わったよ」「帰るよ」との両親の声にやっと目覚め、眠そうにして帰って行きました。でも圧した感じでは、弯曲が38度より進んでいるように感じたのですが? 次回は、2週間後です。圧すことで出る効果は、かなり個人差があります。おおむね信頼関係に比例するように思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脊椎側弯症38度の男児、基本指圧で改善にチャレンジ ①

2021年05月02日 | 指圧の活動

 これまで脊椎側弯症の治療を基本指圧で行い、総合医療療育センターの整形外科医師に「治っている」と認められた事例があります。
 今回は、日本のダウン症研究第一人者 H 先生から紹介された、11歳のダウン症男子の例です。彼は急激に身長が伸びると同時に側弯症を発症。角度38度で、療育センターの医師から指圧治療を勧めてもらったそうで、H 先生を通してお話がありました。

 電話で、まず親が指圧を受けて納得された後、予約してもらうことにしました。子供の治療は、いつも親の納得の上で行っています。
 4月17日に治療院へ初めて当日、お母さんが、彼の身体を支えながら歩を進めて何とか到着。 前もって、「脚が悪いのであまり歩けないが、車椅子スペースはありますか?」と問い合わせがあったので、「治療院は、入り口が広く車椅子もOK」と伝えてありました。

 まずお母さんの指圧。どういうものかを体験してもらいます。
 ついで本人の治療です。初めての場所は拒否しがちだとご両親が説明されていましたが、彼は来ると体を重そうにして畳にゴロン! 極端に筋肉が萎えていて、座っているのも大変です。先ず、お父さんが畳に座ってその股の中に彼を抱えた形でお話を伺うことしました。
 ご両親が、「これを持たせると落ち着くので」と出されたのが「玩具」。大きな音を出す丸い玉が3~4個付いて、振り始めるとずっと「コンコン、コンコン」と鳴り続けているのです。これには驚きました。私の治療院は狭いうえ、耳に響く大きな音です。別に治療を受けに来ている患者さんもいます。まいりました。

 そのうえ私は11年前に重篤な脳出血を患い、後遺症で大きな音や強い光でてんかん症状が起きてしまいます。恐怖を感じたので急ぎ発作止めの薬を飲んで対処しました。圧し始めは本人の抵抗をご両親が抑えつけての治療です。これが治療? 私も初めての経験です。どう考えてもこれでは「無理やり指圧?」です。
 急展開の勢いにのまれ、そのまま圧す羽目になりました。でも気持ちがいいのか、ずっと動いていたのが、ジッと指圧を味わっている時間が増えてきたのです。私の指と彼の身体とのコミュニケーションは、取れているとの手応えも十分でした。H 先生からは、ダウン症を持つ脊椎側弯症と聞いていました。でも、どう考えても「プラス自閉症」?

 子供の治療のときには、気を付けていることがあります。
 *できるだけ手短に飽きないように圧す。
 *ダウン症の場合は、独特の緊張を理解。
 *自閉症はコミュニケーションの取れない状況を覚悟。
 *今回は激変する脊椎側弯症38度。この角度がどの程度改善できるか?

 これらをプラスした指圧治療の第1回目は、終わってみたら不思議な満足感を得た治療でもありました


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

西表島から指圧愛好一家が治療院にやって来ました

2021年04月17日 | 雑感

 3月30日の朝仕事前、治療院に現れた突然の来訪者たち!! 大勢の元気な声が響き渡りました。驚いたことに西表島(沖縄)3兄弟のうちのお兄ちゃんの健呂君、次男のハル君、お母さん、さらに埼玉・川越のおばあちゃんとおばさんが大挙しての来院です。
 指圧師を目指しているお兄ちゃんは指圧学校を卒業、ハル君は某体育大学の入学式と入寮式のために上京し、お母さんは里帰りでした。おばあちゃんは川越の開業医の奥さんですが、何十年にもわたる熱心な指圧の愛好家。その影響で子供から孫にいたるまで挙げて指圧大好きです。これまで20数年、年に1、2回は西表から指圧に来ていました。今回、大勢が集まったので皆で来てくれたのです。

 石垣島の高校を卒業したハル君は、希望に燃える笑顔を輝かせ、120パーセント青春真っ只中という状態でした。この座にいた全員で、記念写真に納まりました。向かって左は治療院の元スタッフで昨年独立した加納君、右はスタッフの三神君、中央が私です。おばさんは撮影していたので、残念ながら写真には入っていません。
 ハル君、帰りに一言、「もう少し背が高くなりたいので、(指圧で)よろしくお願いします」。西表島の三兄弟のうち、今回来れなかったのは石垣島の高校に通っているアサヒ君一人です。「オレも指圧師になろうかな」と言っているそうです。指圧学校を卒業した健呂君が、4月から練習生として治療院に来ることになっています。賑やかになるでしょう、楽しみです。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地元・砂川堀端のソメイヨシノも満開

2021年04月16日 | 雑感

 世間の誰もがコロナ禍で生活が一変した中、桜の花は相も変わらず美しく満開を迎えました。私の花見は毎年、近所の砂川堀端と決めています。今年は3月22日に夫と出かけました。ここは格好の穴場で人が少ないのです。時おりリタイヤ組と思われる方がのんびり歩いている程度で、私たちが楽しむにはとても心地よく、気に入っている場所です。

 今年の桜は、早めに咲いたので色が薄いかな? と思っていましたが、とてもきれいなピンクでした。コロナの影響でどうかと思った人出も、ぽつりぽつりと毎年のごとくでした。この日は風もなく寒くもなく、気持ちのいい陽射しで絶好の花見日和。遅くなりましたが、満開の風景をご覧ください。

 追記
    満開の桜花が、あっという間に葉桜になってしまいました。桜の開花だけでなく、通りがかりに見える花々はすべて早かったようです。八重桜はもちろん、ハナミズキ、ポピー、芍薬、サツキ、藤などなど、そのほか雑草までが一時に花盛りです。コロナ渦で外出も自粛しがちですので、花を楽しむ気持ちがいっそう掻き立てられます。







今年も砂川堀端に咲き誇ったソメイヨシノ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナウイルスの感染拡大に負けない体調管理を

2021年04月15日 | 指圧の活動

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大から2回目の春です。
 仕事がら、私は長年指圧を通して患者さんの身体の変化を見てきました。季節ごとに起こりやすい不調で、その年の傾向が見えてくることがあります。2年前の秋、「蜂窩織炎」(ほうかしきえん)を指圧治療で改善したことがあります。
 これは珍しい病気でもあります。患者さんは「尋常な症状ではない!」と思って救急外来で診てもらったそうですが、結果、医師の誤診による処置を受けてしまいました。その患者さんは、医師が蜂窩織炎を知らなかったことに驚いていました。
 指圧によって炎症を和らげたこの経験は、私にとっておおきな勉強になりました。指圧の有効性を確認し、確信できたありがたいものでした。この年の秋、このほかにも蜂窩織炎の患者さんに2回も出会いました。
 夏は日本でも死人が出るほどの暑さでしたが、秋になった途端に夏の疲れがどっと出たのでしょう。皆さん身体が弱っていたと思われます。結局この秋は、蜂窩織炎が、治療院で計3例も出てしまいました。ほんとうに珍しいことです。

 ところで3月6日にブログに書いた、「帯状疱疹」の指圧治療の結果は満足のいくものでした。今回、また帯状疱疹の治療を行うことになりました。この治療も指圧の有効性に自信を持てる結果を生むことができたのです。

 冬をジッと過ごした身体の機能が春を待って活発になるせいか、普段通りの生活を送っていても疲れる季節です。帯状疱疹は、神経疲労で起こりやすいと言われてします。
 日本中の人が、新型コロナウイルスに日常的にさらされている昨今、それ自体が、いろんな身体の不調を生んでいるのかもしれません。このお彼岸前後に患者さんの中に、ギックリ腰を起こした方が6名も出ました。程度の差はありますが、前代未聞です。体調管理に意識をめぐらせていきたいと思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする