「基本指圧」に憧れて ― 村岡曜子のブログ

我が国固有の指圧を広く浸透させ、社会の保健と福祉の増進に寄与したい。

中学生の棒高跳び全国大会、新型コロナに感染したY君の挑戦

2022年09月23日 | 指圧の活動

 お話は少し前になりますが、中学生の棒高跳び全国大会で活躍した、Y君について書いてみたいとおもいます。
 彼は現在中3、学校生活も課外活動も全力投球で頑張っています。部活動は棒高跳び、指圧が大好きな男の子です。今年の年賀状に、指圧を受けるのをいかに大事にしているかを書いてくれとてもうれしかった。小学生の時から私の指圧治療院に通っています。指圧が大好きで、放課後に友達と遊んでいても、決まった時間には帰宅し、母親に連れてきてもらうのでした。

 今年の春から夏に行われた大会で中学生の活部は卒業、最後の試合でした。4月、5月、6月の最終予選に進みましたが、目的にしている高さまであと2センチ足りないと諦めかけていたので、私は励ましました。
 「指圧を受けることで運動能力がアップし、壁を破ることができるかもしれないよ!」
 大会の当日を逆算して、いちばんいいタイミングで指圧をすることができました。そして、なんと目標達成できたのです。快挙です。Y君が嬉しいのは当たり前です。ご両親やお友達、周囲の人も彼の指圧をしていた私も、自分のことのように喜びました。
 ところが、これから関東大会を迎えると勇んでいたところで、新型コロナウイルスに感染してしまいました。感染から回復しましたが、お腹の調子が良くならず、腰も痛みが取れない。棒高跳びの練習も3回跳ぶのが限界で痛みのためにできなくなってしまいます。

 ここで指圧の出番です。Y君には「あと2センチの壁」を指圧でクリアした経験があります。指圧は、スポーツも学業もスキルアップできる可能性があります。試合の日を逆算して、タイミングのいちばんいい日に予約を入れるようにしてもらいました。
 ただ心配だったのは、コロナに罹患して練習ができなかった期間があった。筋力の衰えはどうなるのだろう。

 しかして結果は?? 「全国大会13位」でした。
Y君の挑戦に少しお手伝いができて嬉しかった。この後は、高校受験です。頑張ってください。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京・原宿でピカソ陶器展、おしゃれで素敵な会場でした

2022年09月16日 | 私の趣味

 12日、治療院の定休日を使って、東京・原宿の表参道骨董通りにある、ヨックモックミュージアム(美術館)で開催されているピカソ陶器展を見てきました。洋菓子のヨックモックが、美術館を持っていたとは驚きでした。しかもオシャレな街の素敵な美術館で、ピカソの陶器を鑑賞できたのです。
 館内は静かでゆっくり鑑賞できるスペースもあり、カフェも居心地のよい会場でした。「地中海人ピカソ 神話的世界に遊ぶ」と題した展覧会は主催者の意気込みが感じられ、ピカソが作品を作る様子を動画で見ることができたのがとても興味深いものでした。

 作品は、なるほどキャンバス(画布)とは違う陶器ならではの温もりを感じるものばかりですし、何より立体の楽しさを堪能できました。コロナで外出もせず我慢つづきでしたが、マスクを着用し、消毒をしっかり行い久しぶりの都内紀行? 喧騒に負けそうになりながら、近くにあるヨックモック本店に寄りヨックモックをたくさん買って帰りました。
 なぜか贅沢をしたような気分になれた、楽しい1日でした。開催期間は9月25日まで、あとわずかです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

衝撃を受けた棟方志功の「鐘馗図」、川越の中学校で美術展を

2022年05月28日 | 月例練習会

 魅せられるモノは人によってさまざまです。
 私の趣味のひとつは絵画鑑賞です。中学1年生のとき、母のもとに届いた1枚の年賀ハガキでピカソの存在を知りました。その後、棟方志功、岡本太郎を知り、18歳の時に大阪で開催された万博で、「太陽の塔」を見て圧倒されたことを昨日のように思い出します。
 興味を抱いた画家の絵を観たくて、遠方まで行ったこともあります。国内だけでなく外国にも行きます。コロナが阻んでいるのが少々残念で、悔しい気持ちを持っています。

 かなり前になりますが、私が衝撃を受けた美術展が忘れられません。2013年2月、川越市の福原中学校で、とんでもなくすごい催しが開催されたことがありました。「人間国宝美術館、真鶴アートミュージアム学芸員の解説を聞けて本物の作品の素晴らしさを身近に感じて欲しい」との趣旨の展覧会でした。
 体育館を美術展の会場に、有名な画家の絵がところ狭しと並んでいました。手作りの展示台(ありふれた木製の長机?)に並んだ作品群は何と! ピカソ、シャガール、ルノアール、岡本太郎、横山大観、平山郁夫などそうそうたる巨匠ばかり。絵画だけではなく、彫刻や陶芸も展示されて合計100点ほどの美術展でした。

 有り得ないのが、それらが目の前に並べられ、作品がすぐ手に触れることができる至近距離にあるのです(もちろん触ったりはしません!)。迫力に驚きました。押すな押すなの大盛況、よく事故がなかったと思います。
 会場が普通の中学校の体育館。泥の校庭を駐車場にして、学生、教師、入場者の整理、関係者の方々の連携で実現した美術展です。多く方々の熱い思いが結集した催しには、ほんとうに感動しました。会場を去る時、不思議な清しい気持ちになり、心からお礼を言いたい衝動に駆られました。

 たくさんの名画の中で、ことに目を引いたのが、棟方志功の「鐘馗図」でした。鮮烈なタッチで一気に描いたのかと思うような勢いが、会場を飲み込んでいるようでした。衝撃が襲う言葉にならない感動は、今でも忘れることができません。それが掲載の絵です。
 そのあと、この美術展は各地で行われたはずです。この試みに、私は心からエールをおくりました。福原中学校で展示された「鐘馗図」をご覧ください。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

患者さんがコロナ陽性に! 「濃厚接触者ではない」に一安心

2022年05月24日 | 雑感

 ある日のこと、定期的に予約をいただいているご夫婦が、いつものように指圧を受けに来院されました。その翌日、ご主人から電話があり、発熱してPCR検査をうけたとのことです。後日判明した検査の結果として、夫婦とも「陽性」だとの報告を受けました。
 電話を切ってスタッフに伝えた瞬間、緊張感が治療院の空気を一気に引き締めました。「うつされても、うつしてもいけない」との申し合わせで進めてきたからです! すぐにできることは、できる限りの消毒しかありません。除菌アルコールで考えられる箇所を拭きまくりました。

 指圧の治療は、「密接」にならざるをえません。この2年あまり、コロナの不安が蔓延する中で、この仕事を成り立たせることに、試行錯誤を重ねながら日々を過ごしてきました。「うつしても、うつされてもダメ!」。「感染」という言葉がいつも重くのしかかっています。
 とにかく治療院からは、絶対に感染者を出さない! との緊張感を片時も忘れないように患者さんに対してきました。
 目に見えない大敵です。スタッフが川越保健所に電話連絡し、指導を受けました。非接触型体温計で患者さんの検温をしていること、治療中も双方マスクをはずさないこと、二酸化炭素測定機を備え換気をまめに行っていること等、当治療院の状況を細かく説明したところ、私達は「濃厚接触者」には該当しないとのことでした。
 えー! 陽性の患者さんが来ていたのよ?

 保健所には申し訳ないんですが、その指導が納得できず、時間をあけてもう一回同じことを聞いてみました。担当者が変わっていましたが返答は同じ。やはり濃厚接触者には、当たらないそうです。安心すると同時に、拍子抜けしてしまいました。
 ただ、今まで以上に換気に努めることにしました。飲食の場ではないので、マスク着用と換気をしっかり行うといいそうです。

 数日後、美容院行きました。美容院の先生に、治療院の患者さんにコロナ感染者が出ても、「濃厚接触者」には当たらなかったのよ、と言ってみました。
 「えー、ほんと? 信じられないねぇ」。
 先生も驚いていました。以前と違うオミクロンウイルスだから? わかりません。そこを確認するべきだとも思いましたが、「まあ、いいか!」― とりあえず一件落着したことにしました。
 しかし緊張感は忘れずに、自信持ってお仕事頑張りましょうとの結論が出ました♪♪…


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

友人のブログに改めて人生の「淋しさ」が迫る

2022年05月07日 | 雑感

 毎年、ゴールデンウィークは出かけずに、ふだんできないことをすることにしています。猫の通り道になっている自宅の小さな庭の木を切ったり、雑草をむしったり衣類の入れ替えや掃除など、したいことは山積みで、ひとつずつ片付けることを楽しみにしています。気分がさっぱりしてストレス発散。“やった感”を味わえます。(それほど捗るものでもないのですが、結構楽しい?)
 そんな状況ですが、今日、たまたま友人のブログを目にしました。彼は両親のお世話をしながら、自分の仕事をこなしている。「大変だな!」と思って見ていました。ほんとうに頭が下がる思いです。最近、両親を看取り、1人になった心情が書かれていました。“淋しさの極み” が伝わってくるのです。

 私についてお話ししますと、父親はすでに亡く、先日、母親(94歳)が緊急搬送され明日も分からない状況です。親の死を思うと言葉にならない淋しさ、想像していなかった感情がこみ上げてきます。
 この友人は指圧師です。同じ指圧研究会で勉強していたことがあります。ずいぶん前のことですが、彼のアイデアを形にした作品を見ました。段ボールで作った骨盤の模型を使って、身体の使い方を披露してくれました。器用だと驚きました。分かりやすく楽しい出来上がりに、皆で拍手喝采したのを昨日のことのように思い出します。
 知り合ってもう四半世紀です。同じ思いを持っている同士、いつでも声をかければ、話が通ると思っていましたが、今回のコロナ禍でそれも思うようにできなくなりました。1人になった「淋しさ」、「心細さ」や「不安」や「恐怖」。状況は色々でしょうが、これらを持たない人は、1人もいないと思います。

 いまから12年前、私は重篤な脳出血で緊急搬送されました。脳の深部に大きな出血がおき、入院した病院では緊急手術を伝えられました。しかし家族の意思でセカンドオピニオンを受けることができ、東京K病院で「直ちに手術を行うべきではない」と、投薬と経過観察で過ごしています。
 その間、後遺症の発作で救急搬送されたことも5回あります。私は、頭の中に潜んでいる後遺症への恐怖感を1日も拭うことはできません。それでも「今日を生きる」ことに専念したい、との気持ちを振り絞ってきました。弱い気持ちを持ってしまうと簡単に負けそうになるからです。

 コロナは人と人を疎遠にさせています。よかったら、ぜひ川越へお出かけください。
 「小江戸」といわれる蔵造りの古い建物群。「時の鐘」と呼ばれている鐘楼(しょうろう)は、明治の大火の翌年に再建され、いまも1日4回、自動鐘打機による鐘撞(かねつき)が行われています。環境庁主催の「残したい日本の音風景100選」に選ばれました。
 また「江戸の台所」川越名物のうな重は、食された皆さんが喜んでくださいます。いかがでしょうか?


川越・新河岸川沿いの桜並木


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プラダー・ウィリー症候群のAちゃんが徐々に快方へ!

2022年04月27日 | 指圧の活動

 プラダー・ウィリー症候群、この病気をご存知のかたは少ないと思います。約1万5000人に1人が発症するといわれる珍しい病気だそうです。私も知りませんでした。特徴は筋緊張低下、性腺発育不全、知的障害、肥満。この障害を生むのは15番染色体欠損によるものだといいます。

 プラダー・ウィリー症候群のAちゃんは高校2年生の時に、遺伝学の権威H先生の紹介により、私の治療院で指圧治療を始めました。Aちゃんの脊椎側弯症は、筋力低下のために起きていると考えられるそうです。
 整形外科の診断では彼女の側弯症は38度。担当医から、まずコルセットをすることを勧められオーダーしました(体型にピッタリ合うように作ります)このコルセットは、脇から腰まで巻くことで側弯症を進みにくくする目的があるようです。ただ装着の “不快感” から外してしまう患者さんが多いそうで、重く強い圧迫感、動きの制約、暑さや痒(かゆ)さ、ことに女性にとっては外見上の問題、などを訴えられるかたが多いと聞きました。彼女も結局、使わなかったといっていました。
 「手術」をするかどうかは、大変悩ましいことです。そこで、整形外科では治らないといわれている症状改善を、指圧で行ってみようということなのです。特別なケース以外は、十分可能性があると私は判断しました。

 Aちゃんは、お母さんの運転で月に2回来院、指圧治療を受けることになりました。側弯症の指圧治療の効果が数字化されるまで、少し時間がかかります。その間、圧すことでまず捻れているそれぞれの椎骨が、ある程度正面向きになってきます。その後、S状ながら骨がきれいに並び始めます。ここから側弯の角度が計測可能になり、数字で確認できるので、改善が目で見て納得できるようになります。
 当初は38度、半年後の検査で36度でした。そのまた半年後が31度に変化していました。

 今回の結果は、診察日4月18日午前10時半に電話で知らせていただきました。お母さんの嬉しそうな声で、結果がよかったのだとすぐわかりました。
 「何と! 21度まで回復していました」
 すぐ隣にAちゃんがいることも、その嬉しそうな声で分かりました。
 前述しましたが、プラダー・ウィリー症候群は、筋力低下が特徴的な症状です。側弯症も頻発するようです。側弯症の治療の中でコルセット装着は、かえって筋力低下の引き金にはなるのではないかと、圧す側としてはとても心配です。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

側湾症67度の女性が、基本指圧により自然分娩を

2022年04月25日 | 指圧の活動

 報告が遅くなりました。 患者のK(翻訳家)さんは3月14日が出産予定日でしたが、少し遅い19日に待望の赤ちゃんを出産しました。お父さまの嬉しそうな電話で、出産報告をいただきました。
 4年半前、Kさんのお父様から、「脊椎側弯症に指圧治療は有効でしょうか?」とお尋ねがありました。今までも改善した例がありましたし、なかには都内のS病院整形外科で、「治っています」と認められたこともあるので、彼女にお会いした印象で、35~40度くらいかな? と思い受けることにしました。

 脊椎側弯症は、整形外科では、治らないといわれているそうです。症状が進むとオーダーのコルセット装着を勧められ、もっと進むと手術をするしか方法がありません。整形外科では、いちばん難しい手術といわれます。

 彼女の角度は、何と67度と聞いて驚きました! 今までは48度までの改善経験があります。48度でもすでに手術の範囲なので愕然としました。彼女は学校時代の身体検査時に指摘され、都内J病院で受診しました。しかし家族の総意でコルセット装着も、手術もしないと決めていたそうです。
 でもさすがに67度の指圧治療は経験したことがなく、いろいろな問題が出てくるかもわかりません。私の頭の中では、指圧治療による側弯症に対応するシステムはできあがっているつもりでした。ただ、67度とは! いかにしたものか?

 出会いは、4年半前です。治療は2週ごとに行いましたが、側弯の捻れの強さにはさすがに往生しました。基本になっている骨格は、一つ一つの骨の向きがバラバラです。胸椎後半と腰椎に至っては、骨と骨が手で触れても一塊になっているような状態で、捻れ自体がハッキリしません。
 この塊状になってしまっている骨格をその「形」にしていく作業は、とても根気のいる仕事でした。この作業の結果、やっと頚椎、胸椎、腰椎、仙骨と独立した形になるまでに要した期間は、約2年でした。ここから治療効果が、外見で本格的に分かるようになり始めるのです。この変化は、触れても即分かるほどの変化なので、ご本人にもとても喜んでもらえました。
 治療開始から2年経過して、Kさんは結婚。その後北京語習得のために台湾留学。帰国後、また治療は続行され何と妊娠できました。嬉しい出来事ではありますが、頭によぎるのは「側弯症」による「帝王切開」でした。出産までの限られた時間を大事に、心を込めて圧すのみでした。

 治療を始めて4年半、側弯症67度が改善でき、夢のような自然分娩が叶いました。元気な男の子の誕生です。予定日を5日間過ぎたこの日、待ち望んでいた結果に心からホッとしました。しかし「ハッピー・エンド」ではありますが、宿題が一つ残りました。
 彼女の側弯症は完治したわけではありません。かなりよくなっていますが、まだ治療を続ける余地があります。これからは子育てがメインになるのでしょうか。もしかしたらキャリアを続けていくのかもしれません。落ち着いたら、残る宿題のお手伝いをすることを楽しみにしています。

 Kさん、ご家族の皆様。ほんとうにおめでとうございました。指圧を通してこの喜びに連なれた幸せをかみしめています。ありがとうございました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年こそ「吉祥の風」が吹いてほしいと願いを込めて…

2022年04月01日 | 雑感

 写真の書の読みは「キチジョウフウ」でしょうか、「キッショウフウ」でしょうか? 地名の読みは「吉祥寺(キチジョウジ)」ですね。薬師寺(?)にあるのは「吉祥天女像(キッショウテンニョゾウ)と読むと、中学時代の先生が口を酸っぱくして言っていたのが忘れられない。
 ネットで調べてみたけど両方の読み方があるようにも思える。いずれにしても「おめでたい風」、あるいは「おめでたいことの兆しとしての風」でしょうか。これは私の書の師匠で歌人でもあるHS先生が揮毫(きごう)してくださったものです。素敵な言葉と書です。

 振り返るとこの2年の間に、生活は「コロナ禍」のために様変わりしてしまいました。もう少し我慢をしていけば、元の生活が戻ってくるのでしょうか。そこかしこで否定的な声が聞こえることもあるこの頃です。コロナによって世界中がストレスにさらされています。
 あろうことか、その上に「ロシアVSウクライナ」の戦争まで勃発してしまいました。映像で見る惨状には言葉を忘れてしまいます。しかしこの娑婆世界で生活する以上、暗い気持ちになってはおれません。今年こそ「吉祥の風」が吹くことを願い、治療院ではこの書を掛けています。
 こんな時だからこそ、日々の仕事に心を込めて、1人でも多くのかたに喜んでいただけるような指圧をしていきたいと思っています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帰ってきたトラ猫チャトラン、私の好きな短歌と重なる

2022年02月27日 | 雑感

 治療院の近所に住みついている人気者のトラ猫、チャトラン。ずいぶん久しぶりに日向ぼっこをしてる姿を発見しました。いつも遊んでもらう家の、ステンレス製のポストにお腹を密着させて座った形で昼寝をしていました。お腹が温かくて気持ちよさそうです。
 野良猫の世界でも「縄張り」はあるのでしょうか? このポストの上に、他の猫が座っているのを見たことがありません。特別席、定位置です。近所の知り合いのかたから、「ここのところ河岸を変えたのでは?」と聞いていたのですが、また、時々顔を出すようになりました。そのかたの話によると、隣のアパートにいる女子大生に餌をもらうようになり、やって来て遊んでもらっているそうです。

 久しぶりに見かけるチャトラン。それにしてもずいぶん歳をとりました。野良猫には、ここ数年の激しい気候変動は、厳しいでしょう。暑さや寒さをどのように凌いでいるのでしょうか?
 チャトランは今でもよく太っているので、餌は十分に貰えているようですが、今冬の外の生活はかなり厳しいと思います。

 「野良猫ら 冬はだまりに悠然たり よくなきゆとりを 見よとばかりに」

 大好きな短歌。書家で歌人の私の大先輩の歌です。
 カメラを構えて近づいても、尻尾の先も動かさないチャトラン。お見事!


以前は体を洗ってくれる人がいたが、最
近は汚れ放題。「猫」が「鼠色」になっ
てしまいました


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

正しい指圧で超安産を、胎児が居心地のいい位置を目指す

2022年02月23日 | 指圧の活動

 1月15日生まれのI君を連れ、ママとお祖母ちゃんが治療院を尋ねてくれました。川越で評判の産院で、検診の帰りだということでした。以前は1か月検診だけでしたが、今は。2週間検診というのがあるそうです。産まれたてホヤホヤの赤ちゃんの「お目見え」です。
 ママは、幼稚園の先生(幼稚園教諭)です。園児達が心配でママは出産ギリギリまで勤めていましたが、妊娠末期には胎児の位置が下がってきて、医師から「予定より早く生まれるかも」といわれていました。そこで指圧の出番になったのです。
 妊娠32~34週に入ると胎児は、1日に30~35グラムも増えるそうです。35週ぐらいが、いちばん増加するといわれています。産まれるための(肺呼吸に移行する)体力をしっかり付けて出産に備えているのでしょう。

 この時点で妊娠9か月です。なのに既に胎児の位置が下がり始めたのでとても心配でした。大きなお腹が、けっこう右に偏り、胎児の胎動も不安定なのがよくわかりました。通常お腹の形は、指圧で正しく圧すと、見て分かるほど変わってきます。
 結果、変な偏りは無くなりました。当然赤ちゃんも、お腹の中での居心地がよくなり、胎動もとても穏やかになりました。胎児が、居心地のよい位置を目指す動きは感動ものです。頑張れ! と応援する気持ちが湧いてきます。
 翌月は妊娠10か月です。月満ちて臨月を迎えました。臨月になった時に行う指圧治療があります。これは、よい陣痛を呼ぶための大事なことです。安産を目指して、これを1回でも2回でも受けて出産に臨みたいと思います。

 このI君も、例によってお顔立ちの整ったイケメン、出生時の体重は3095グラムの立派な男の子でした。むだ泣きをせず、育てやすい赤ちゃんです。母乳もよく出ていて幸せですね~♪


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする