My Song My Foolish Heart

現在単身赴任中、山が好き、キースジャレットが好き、街道歩きが好き、2012年中山道を完歩しました、日々是好日・・・

ゆるす言葉 ダライ・ラマ14世

2014-09-26 14:53:17 | 読んだ本

ダライ・ラマ14世の言葉をチベットの人々の生活の写真とともに

人類、さらにはすべて生きとし生けるものーには幸福を求め平和に暮らす権利があります。

これとは反対に、他人に痛みや苦しみを与える権利を持つ者など一人もいません。

・・・・・

私たちは知らず知らずのうちに、愛や思いやり、協力、いたわりといった人間にくては

ならない最も基本的なものを育むことを忘れるほどに、

物質的進歩に夢中になってしまったのです。

・・・・・・

不安に対処する有効な方法は、自分のことを考えることです。

本当に人の困難を目にすると。

自分のそれは大したことでなくなります。

・・・・・・・・・・・

世界は美しく平和だ、ととらえることは間違ってます。

この世に苦しみがあり、この世に非劇があるかぎり、

私たちはそれを自分の体験として感じていかなければならないのです。

飢えてる人がいるのに、自分だけが飽食してはいけないのです。

心が痛む現実や、他の人が苦しんでる状況をしっかりと見据えて

一人ひとりが考えていくべきです。

・・・・・

怒りや憎しみでは、痛々しい状況や問題をい解決することはできません。

それらを解決できるのは、

思いやりと真の優しさによる癒しだけなのです。

世界平和を維持する為の手段は「思いやりによるゆるし」しかない

私はそう思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと言葉の紹介でした。
コメント

水の知

2014-09-19 00:10:48 | 読んだ本



水と知

東京大学とサントリーの共同研究講座の本です。

水をあらゆるところからとらえる内容

水とかかわる人

①川の本質と河川技術のあり方 ②水と森と人 ③農地は水をコントロールが命

地域社会に根ずく水

①地下水と人と社会 ②水と生態系と地域社会 ③水と市民参加社会

世界の中の水問題

①世界の水と衛生問題と日本の役割 ②飲み水の水質基準はどのように決めるか ③水をめぐる国家間の確執と強調

ビジネスとしての水

① マニラにおける水道事業民営化 ②健全な水ビジネス ③今、何故世界が水ビジネスに着目するか

とざっくりとこういう水をめぐるいろいろな方向からの検討

飲み水を語る場合、水の命となる森、山の保全、函養することが一番大事、まず飲み水の命である森を守り育てる

ことをしてこそ、水を語れる。

コメント

まんだら人生論

2014-06-12 23:18:15 | 読んだ本

いわゆる愛読書

何回よんだだろうかな・・風呂の中 電車の中 車の中 布団の中

おかげでくだぐだになってます。

365日分 上巻は4月から10月 下巻は11月から3月

おいおい内容を紹介していこうかなと思います。

たぶんこの本、10年前に読んだら、同感できることはなかったかと思います。

ここ何年かでやっとこの本の意味がわかってきたように思います。

たぶん、病気をしてから考えが変わったのが大きいだろうと思います

ひとつのターニングポイントにこの本にであいました。

・・・・・・・・・・・・

どうにもならないことは「あきらめて」悩まない

今日一日を楽しくしっかり生きる
コメント

心の大そうじ

2012-12-26 02:11:23 | 読んだ本

今年もあとわずか・・・・

なんとか・・・

今年中に心の大そうじ・・できればと思ってます。

振り返るとこの一年はよかったのか悪かったのか・・

やっぱり いまいちだったか

競争心がないことは、生きるのがしんどいのだろうかな?

競争して人を蹴落として、上にへつらい、下にきびしく、自分を過大評価

する

そんな人間にはなりたくないと思う年の瀬
コメント

アームストロング砲

2012-12-21 12:43:41 | 読んだ本

司馬遼太郎の作品でまだ読み残した作品があります。

ひとつひとつ読んでいこうと思います。

歴史好きです、子供の頃から

親に勝ってもらった、漫画日本の歴史シリーズを小学生の時に買ってもらい

何度も読んだのがきっかけです。

それいらい40年もの間歴史好きです、筋金入りです、人生のほとんどが

歴史好きです。

まだまだ知らない歴史は星のほどある・・・・

生きてる間にどれだけ知ることができるか

仕事には役にたちません。

役にたたないことを学ぶほどおもしろいことはありませんね。

仕事のノウハウ本や、経営のなんやかんやの本は興味ないです。

来年はマルクスの資本論を読んでみるかと思います。

学生の時に二年かかって読んだ本です、難解でした。

もう一度経済学の勉強をし直そうかとも思います。

実際経済学の勉強しても仕事には直接役にたたないでしょうね

とくに古典なんぞは・・・・

無駄な本を読むほど豊かになれる時はない。

最近の本屋の店頭はほんとにくだらない本が多い。
コメント

日本型リーダーは何故失敗するのか

2012-12-20 12:45:14 | 読んだ本

なかなかおもしろかった!

太平洋戦争を中心に、いかに司令官が無力だったかがよくわかった。

日本のシステム自体が責任があいまいになる社会だともいえるでしょう。

たしかに実の会社の中でも官僚主義が横行してる会社が多いようです。

上を向いて歩こう!

上の目をみて歩こう、慎重に・・・てのが多いように思えます。

責任はとらない、1円たりともリスクをおわない管理職が多いことか・・・・

社内で吠えて、現場にでればしゅんとする、決断ができない人間が多い。

BOSSなら

下をよく見ろといいたい、部下を守るのがリーダーの責任である、その為のリーダー

である。

自分の保全が一番、責任は部下にあるとするリーダーがやはり日本には多い。

経営悪化の為、リストラをするが社長初め役員はいいとこ役員報酬の二割カットで

お茶を濁す、上が責任をたらないのが今の日本の社会といえるでしょう。

昔 戦国時代の城主は、水攻め、兵糧攻めになった時、自らの首をだして部下や民を

救ったものです。

高松城の清水宗治がいい例ですね。

志はないのか・・・・

維新の会とかいって・・・まったく維新でない。
コメント

生き直す力

2012-12-14 02:13:46 | 読んだ本

柳田邦夫 生き直す力

思わずテーマを見て本屋で手にとりました・・・

生き直す・・・

今ほんとに日本は生き直すことが必要だと思います、3・11

以降、生活をすべて見直す必要があると痛感しています。

本の目次の紹介ですが

1授乳中にメールこれは虐待だ

2子供と携帯 規制だけで解決?

3脳をこわす携帯 親よ学校を気ずけ

4子供の心発見 ノーテレビデー

5いいぞ社長室に絵本

6非凡に生き抜くその力の源流は・・

7劇的におとずれる 生き直す力

8政治家よ官僚よ 衆生済度を歩め

9傲慢ヤマトよアイヌに学べ

氏は携帯のこどもの及ぼす影響を警鐘してきてました、電車に乗っていて本を

読む人が極端に減ってるのを感じてます、反対に乗客の40%が携帯・スマートホン

を手にしてるのを見かけます・・・不思議な現象です、これて日本だけだろうか

常に携帯で人とつながらないと落ち着かないということなんでしょうか

携帯依存症という病気みたいな感じで麻薬のようなイメージも受けます。

3・11以降 日本人はほんとにここで生き方を変えないといけないと痛切

に感じます、とりわけ福島第一原発事故、これほどまで人命を犠牲にしてまで

原発をつくるべきでない

電気がないならないなりに生活すればいい

金がすべての今の日本に考え直さなければ人間じゃないアニマルだ

競争はほんとにいいことだろうか?

競争によって勝ち組と負け組ができて所得格差はアメリカにおいつくいきおいでも

ある・・競争は人間をねじまげる作用があるのではないかと最近感じます。

とりわけ団塊ジュニアの競争心というのはすごいものがある、人を蹴落とすという

言葉どおり

もう日本人もここで生き直すことがほんとに求められるのでは、人間として生きることを・
コメント

最近読んだ本 まとめ

2012-12-08 12:09:15 | 読んだ本
以前は読んだ本をひとつひとつのせてましたが・・・・

とりあえず最近読んだ本

沈まぬ太陽 2アフリカ編下

いよいよアフリカからあの御巣鷹山へ・・・物語は急展開です。

山崎豊子の小説はぐいぐいひかれていく、長編なんですがぐいぐいひっぱる

有名ところは読みましたが、やはり 大地の子が一番ですね。



男は死ぬまで働きなさい・・・と衝撃な本のテーマです。

思わず買ったという感じです。

自分はとりあえず65歳停年になったので、65歳からはどうするかはいろいろ考えて

ます、たべていけたらいいです、そんなにお金は残しません、葬式代だけは残しておきます。

まだまとまりがつきませんが、考えるところあって、勉強を少しずつはじめてます

まだ15年ある!

ブラック企業の実態はえげつない・・・

ちょうど娘が就活真っ最中なのでブラック企業の話がでていたので

本屋で買ってみた

ちなみに例にだされてるのが最大手アパレル会社でX社、どうみてもフリースの会社だね・・・

そんなにこきつかわれて、ぼろぼろで捨てられるのね・・・

実名だされてるのが

有名な ワタミフード 社長はよくTVにでていていかにもいいひとを演じてるが自分の会社が

ぼろぎれのように若者をつぶしていく、精神的に追い込む よくも自分の足元を隠してTVに

でるね・・・・

X社も・・従業員を不幸にして本だすよね。

ちょっと箸休めの感じに読みました。



本年の70冊目は酒井雄哉 大あじゃりの本

高倉健さんが師とあおぐ延暦寺のあじゃりさま

優しい言葉で心がいやされる・・・・・

とりあえず70冊か、今年の目標の1年100冊には届かないなあ
コメント

サラリーマン劇薬人生相談

2012-11-21 14:56:52 | 読んだ本

好きな作家」、宗教学者のひろさちやさんの本

タイトルどおり、この人生相談は劇薬です、といっても世間からみた劇薬

世間てなんだろうかね・・・

世間を生きていたら、自分を見失う、世間の為に生きてるほどむなしいものはない

世間にいきるとは世間の奴隷かもしれません。

話はそれますが、今の就職活動は大変なものですね、就職の希望はやはり大企業に

集中してるようです、娘も3回生なのでそろそろ就職の活動の時期にはいるのですが

大企業にはいるて、仕事の内容や生きがいとかは二の次でやはり世間体というのが大きく

しめてるのかと思います(特に親は)

インターンシップて3回生の夏にあるのですが、だいたいは希望する企業にいくのが

大半なのですが・・・うちの娘は 北海道の農場へインターンシップ研修生扱いでいくこと

にしたみたいです、本当の食をめざしたいといってます・・おもしろい!行け行け!て

言ってす。夢をかなえてやりたいです。

話がそれました・・・・

本のエッセンスを紹介します。

反省とは聞こえがいいのですが、結局はじくじく、くよくよ後悔するだけなのです。

・・・・・・・・・・

結局、わたしたりは他人に対して関心を持ちすぎなのです、もっと大事な自分のことを

一生懸命考えるように

・・・・・・・・・

不安→実体がない

不安はどうすることもできないものだと知ることが唯一不安を軽くする方法

・・・・・・

自分だけ出世できません・・・

それはおめでとう出世したってしんどいだけですよ。

ほかの人たちはきつい仕事を押し付けられて会社人間にさせられてるのに

あなただけ特別扱いで「出世しなくていいよ」と言ってもらってるわけですから

こんなに恵まれた状況はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ローマの教え

明日できる仕事は今日するな。他人ができる仕事を自分がするな。

・・・・・・・・

あなたの生きている時間は長い小説のまだ三行にもなってない。
コメント

沈まぬ太陽 1

2012-11-08 07:04:39 | 読んだ本

久々の読書ねたです。

というのも毎日 出張で、新聞読んで、勉強して、本を読むのをおろそかにしてたのです。

田辺までくろしおで2時間15分X2=4時間半 充分に1冊読み切れる時間がありますが

車内ではいつも爆睡状態。

長編を読むのがどうも好きな傾向にあるようです

沈まぬ太陽 以前から読もうと思いながらやっと読み始めることが

できました。

国民航空→日本航空 のエリート とあることから労働組合の委員長になり

待遇改善の運動をとりくみストライキもやる・・・

それがあだで、本社からパキスタンのカラチへ左遷・・・

物語ははじまったばかり・・・
コメント

英雄にっぽん

2012-08-20 13:42:21 | 読んだ本

池波正太郎 英雄にっぽん

すごいおおげさな題名ですが、表紙を見ると月のかぶとと大きな槍

山中鹿之介です。

山中鹿之介が主人公の本は読んだのは初めてです。

尼子党の最後上月城で毛利の大軍に囲まれて、信長の援軍もなしで

見捨てられた非ごうな最後の尼子党

ということは知ってたのですが、ことこまかに毛利との戦に敗れ国を追われて

信長の軍門に入り、富田城をわれら尼子の手に!

そして上月城の援軍なしの事情

よくわかった。

なんとなくぼんやりしてた歴史の部分がはっきりした感じですっとした本

自分たちの親の世代には忠誠心のシンボルといわれた山中鹿之介。

知略にはあまりたけていないが、勇猛果敢なという印象です。
コメント

歩兵の本領

2012-08-13 13:32:41 | 読んだ本

浅田次郎はよく読んでますがこれはあまり気がすすまなかったのですが

読んでみて、これもおもしろい!

名誉も誇りもない、そして戦闘を前提としていない、世界一奇妙な軍隊 自衛隊

世間が高度成長で浮かれていたときに就職の心配もない時代に自衛官になった若者

らりがいた・・・

男子の本懐を遂げようと生きる彼らを描写した、涙と笑いの青春グラフティ

浅田次郎氏もわかいときに体験してるのでとてもリアルですごい

時代がちょうど高度成長の時なので大日本帝国陸軍の生き残りも入隊しており

まだ帝国軍色が色濃い感じです。

そういうと自分も若いころ

「いい体してるね、自衛隊はいらない?」てスカウトがおちこちにいたとか

よく聞いてました。

以前自衛隊の駐屯地担当してた時があって

よく、今頃ならどれくらいの地位かな?幹部候補生で入りたぶん一尉ぐらいかな?防衛大学でてたらたぶん

三佐か二佐か・・・

やっぱり海上自衛隊がいいよな

そういう選択もあったかもしれないな(笑)
コメント

あなたへ

2012-07-31 14:15:11 | 読んだ本

思わず本屋で買って一気に読んだ・・・・

そうだった・・映画は絶対見にいこうと、家内と50歳割引きで1000円で

しまったなあ ストーリーわかってしまったよ。

読んで思ったこの役は健さんしか演じられないなあと

いつもあこがれていた・・・どうしたら健さんみたいな男に

なれるだろう・・・

50にしてその足元にもおよばない

いつになったら 男になるのだろうか

小さなことで一喜一憂してる自分がなさけない

まだ時間はある

花は咲かなくてもいい

孤独でもいい

ほんとの健さんみたいなKENになりたいものだ・・・
コメント

組織再生

2012-07-23 14:17:18 | 読んだ本

江上剛の経済小説はいいですね

失格社員とかとてもいい・・・

どちらかというと弱い者の立場にたって書いてるところがいい

この本は

ほぼ実話をもとにした小説です

破綻した日本長期信用銀行が新生銀行として再生するまでをモデルにした内容

マインドセットが変わる時・・・

官僚主義というのはどうしようもないものですね

大きな会社になれば必ずついてくる、ことなかれ主義、リスクをかけて仕事をしない

とりあえず無事にことをすすめる、上を見ながら仕事する、上のいうことを反論せず

仕方ないですませる・・・・いろいろありますね

モチベーションが低い、上からの押し付けばかりでモチベーションがあがらない。

会社というのはいつの時代も必要なのは・・・・

「やってみなはれ!」がないといけない、前へすすめない。
コメント

海岸列車

2012-07-09 14:09:02 | 読んだ本

宮本輝の本は今まで道頓堀川しか読んだことがないので、2冊目です。

読もうと思ったのは、この海岸列車というのが山陰本線の城崎~浜坂の海沿いを

走るディーゼル車

うらさびしい感じがすきです。

それも舞台は鎧駅 鎧駅は集落の上にありみおろす感じで駅がある、海沿いの小さな集落

です。

幼い日、母に捨てられた兄と妹、夏彦とかおり、愛をもとめてさまよう青春期の二人は

折にふれて海岸列車にのり、山陰の海沿いの村に降り立つのです・・・・

二巻にわたる大きなドラマが展開される、

鎧駅からの景色・・・・・
コメント