My Song My Foolish Heart

現在単身赴任中、山が好き、キースジャレットが好き、街道歩きが好き、2012年中山道を完歩しました、日々是好日・・・

絶望という抵抗

2015-12-05 22:30:27 | 2015年本


辺見庸さんと佐高信さんの対談集を読みました。

発行は週刊金曜日

メインの話題は今の安倍政権、集団的自衛権について・・そして反対運動について



一般のサラリーマンも共感できる運動がもっと広まれば日本は変わる、

運動できる立場の人だけが運動していては世の中変わらない。

運動することに優越感を感じていてはだめだ、SNSのサイトでも、ハロウインの若者をみていて

あいつら馬鹿だ、日本がこんな大変な時に馬鹿ばかり害だという運動してる先生。

それでも自民党入れるんだから国民はどうなってるのかとばかにしてる投稿とか・・

この視点ではいけないですね。

ハロウイン?別にいいのではないですか自分はよくもあんなことするねと思うけど、別に法律に触れてるわけでも

ないしいいんでは・・

どうもね・・・運動のしてる人と我々との感覚がなにか違うような気がする。


コメント (2)

秋読 日本の黒い霧上 松本清張

2015-11-16 18:31:26 | 2015年本


以前から読もうと思いつつこの年にまでなった。

最初に読もうと思ったのは20代のころだった・・

戦後日本で起きた怪事件の数々を推理を働かせ書いている。

この上の巻はGHQの占領時代の事件

下山国鉄総裁謀殺論、最後まで事件の真実があきらかにならなかった、自殺か他殺か?

当時国労との労働闘争最中で暴動が起こるかという勢いの中、大幅な人員削減をおこなうと断言した下山総裁

しかしながら、うしろにはGHQのいうがままに動いてるのが事実。

そして常磐線の線路に機関車にひかれて死亡・・

ひかれて死んだのではなく、殺されてひかれたように見せる仕組み

その事件にもうしろではGHQの特殊工作隊が暗躍していた。

もく星号遭難事件・・

二大疑獄事件

白鳥事件・・・この事件も決論がでず。

そして革命を売る男 伊藤律

日本共産党の戦中の特高のスパイでソ連のスパイ、ゾルゲ事件にも関与している。

この本がでたのが1974年、伊藤律はもう北京で拘束されて、腎不全もやんでたからもう死んでるだろうとしているが

1980年伊藤律は帰国している。

戦後占領下での共産党の混乱期がよくわからないが。結構複雑なんだなと。

下巻を続いてよまなければ
コメント

秋読 佐渡流人行  松本清張

2015-11-15 14:09:28 | 2015年本


松本清張 時代小説短編集第二弾

松本清張の時代小説は視点がするどい感じがするような、社会派小説家らしい時代小説の技法という感じがする。

時代小説だが今の時代に対する批判精神が隠されてるような感じがする。

標題の佐渡流人行

佐渡金山への送りを奉行所与力の男が自分の妻が浮気したと勝手に思ってる御家人の男を罪をなすりつけ、獄につなぎ

そして自分の上役が佐渡金山奉行で栄転するのに合わせて自分も佐渡金山へ行く、このタイミングで御家人の男を出てきたすぐに

また罪をなすりつけ佐渡金山送りをする・・

最後は意外な結末が・・嫁は自分の上役に実は寝取られていた。

佐々成政の冬の北アルプス越えの話も、実はどこを通って富山から岡崎までいったのか、どこの峠を越えたか

の推理が光っている。

だれか、下着泥棒大臣をモデルに変態のボンボンの犯罪小説とか書いてくれないかね。

早く白状しろという感じだわ、パンツ野郎高木め
コメント

秋読 西郷札 松本清張時代短編集

2015-11-05 19:41:17 | 2015年本


久々に松本清張を読んで見た。

松本清張の時代小説てほかの時代小説家がやらない、歴史の細部の史実をついて小説にしてるところが独特だ

この短編集でも

西南の役前に薩摩の流通させる札として西郷札を発行させて流通させた

その西郷札をめぐり、明治政府が買い取ると話がはいった・・

そこで西郷札を買いあさりに宮崎のほうへいくが買い取れない、みごと明治政府の策略にはまったという話。

なかなかこのような話は歴史の舞台にでてこない。

佐賀の乱の江藤新平の逃避行を描く作品も

松本清張は明治政府に対しての批判精神があるような感じがする、明治政府に対する反骨

そのあたり司馬遼太郎とは全くの正反対

司馬遼太郎の坂の上の雲は好きではない、日本の欧米列強と肩を並べんがために海外進出

を美化してるような気がする、日露戦争を美化する、安倍70年談話に共通するものが感じられる。

日清日露戦争は朝鮮半島の支配を強力にすすめるために必要であった、それをアジアの帝国列強からの植民地支配

から解放した日本としてアジア諸国に勇気をあたえたという安倍談話は司馬遼太郎の歴史認識と同一の感じがする

歴史認識がおかしいと思う。

今 沖縄は徹底的に政府より弾圧されている、日本による琉球民族に対する弾圧である。

同じ日本人として考えてるように思えない、全くの沖縄差別としかいいようがない

大半の日本人も関心がないのではないか、関心がないというのは沖縄になんとも思わず

無関心の名のもとの差別となると思う。

辺野古がいるいらないという話は同じ日本人としての話として関心を持つべきだと思う。
コメント

絶望の非正規 東洋経済

2015-10-28 19:12:33 | 2015年本


東洋経済はタイトルみながらたまに買います。

少し古いですが10月17日号 絶望の非正規という衝撃的な特集。

自分が思うのは今の日本のすべての悪の元凶はこの」非正規雇用という制度にあると思います。

1980年代一億総中流といわれた時代から、小泉竹中の規制緩和で莫大に広がった派遣労働と非正規雇用

すべてはここから日本の超格差社会が先進国の中でも恥ずべき国になった。

絶望・・・

労働者約3分の一になる非正規雇用、企業が調整弁として都合よく使い、自民党がそれを支援するために法律を改正してきた

そのつけは今爆発的に社会全体に跳ね返る、社会全体が不安、不安定これは国の行方を左右する。

直近のデーターでアベノミクスで100万人の雇用が増えたといってるが、非正規雇用は150万人増えて正規雇用は50万人減った。

有効求人倍率もあがったと安倍はいってるが正社員の有効求人倍率は0.75 非正規雇用の倍率は1.25

人件費削減と法人税減税で大企業は内部留保を340兆円史上最高額の内部留保

そしてあらたに安倍は派遣労働法改正で派遣労働者の使いまわしをし正規雇用への道を閉ざした。

非正規雇用者の年間通じて働いた賃金が年間240万円平均(税引前)手取りでは220万ぐらいだろうか?月20万以下で生活する。

これで家族が養えるのか?そして次の年の雇用の保証は何もない、業績が悪化したら一番に契約更新はしない雇い止め。

今問題なのがこれとリンクしてブラック企業、新卒を使うだけ使い月残業100時間以上働かせ体と心を壊す働き方をさせることにより

人件費を削減し、頭からキャリアアップなんぞ考えてない、人間はコスト使うだけ使いぼろぼろにしたら捨てる。

そして転職するのにも正社員はない、仕方なく非正規雇用をする、その繰り返しキャリアは全く積まれない、ずっと非正規雇用

子供はおろか、結婚もできない、シングルでないと生活できない、いつ収入がなくなるかわからない不安の中で先の展望がみえない。

このような中で一億総活躍とはお笑いだ






コメント

私の戦後70年を読む

2015-10-22 18:47:21 | 2015年本


岩波書店から安倍の70年談話を控えて、戦中を生きた著名人から戦後70年談話を集めた本

一貫して主張してるというか危惧してるのは戦争を知らない世代ばかりが政治を動かしていることに対する危惧

そして安倍晋三に対する危険な首相としての警鐘である。

ざっと代表的な人

宝田明・・・満州から逃げる経験、実際弾を腕にうけた経験

ちばてつや、海部俊樹(元首相) 日野原重明 山田太一  梅原猛  香川京子 森村誠一  ジェームス三木

山田洋次 三遊亭金馬 益川俊英 高畑勲 丹羽宇一郎(元伊藤忠商事会長 中国特命大使) 保坂正康  不破哲三

野中広務  村山富市 五木寛之 半藤一利  野坂昭如   他

そうそうたる著名人が戦後70年談話を述べている。

戦争体験者の皆さんは大変な危険を感じ、警鐘を鳴らしてる。

集団的自衛権そこまで行使したい、安倍は軍事おたくの石破とともに南スーダンのPKOに参加しろ

お前らみたいなボンボンはそんな経験をしてみるろ 馬鹿
コメント

占領下日本を読む

2015-10-20 19:32:24 | 2015年本


少々分厚い本・・読むのに時間がかかった。

占領下日本、マッカーサー元帥が厚木基地に降り立ったところから、日本を去る10年間についての報告と

討論。

大きくクローズアップされるのが天皇とマッカーサーとの対談、駆け引き

これほどまでに天皇がマッカーサーに対しての駆け引きをしていたとは、昭和天皇はかなりしたたかだった。

日本占領で連合国での意見として日本四分割論がでていたとは知らなかった。

東北 北海道をソ連 関東、中部 近畿をアメリカ 四国と近畿の一部を中国 九州中国をイギリスなんという案がでてきた。

特にソ連のスターリンは北海道の占領をかなり強く主張したがトルーマンによって断固拒否された。

そのあたりを考えたらGHQの日本占領がなかったらと思うとぞっとする。

日本国憲法の制定にあたり天皇をどうするかのやりとり、

日本国憲法はGHQに押し付けられた憲法だ、自主憲法をという主張はまったく間違っていることは史実として証明されている

基本は日本国政府が作成しGHQの指導のもとというのが正しい、九条に関しても日本やめた側の意思がはいったものだ。

朝鮮戦争により、日本の防衛が手薄になるためさっそく憲法をやぶり、マッカーサーより警察予備隊の設立

25000人

いろいろあるが相和天皇が靖国参拝をA級戦犯合祀によりそれ以降は参拝はしていないのはかなり天皇の意思が強い

中曽根総理が参拝を見送りをした件について、侍従長より賢明な判断だと伝えたそうだ。

少し話がずれるが

日本会議等、美しき日本を取り戻す、皇室を中心とした戦前の日本を取り戻すといってるが・・・????

昭和天皇の意思は全く逆にある、もちろん今上天皇の意思もまったくそんな意思はもちえない象徴天皇としての憲法を守り

国民に寄り添い平和を願うという意志である。

日本会議等で行ってることは全く天皇の御意志に逆らうものであり、右と財界が結託したクーデターをが策してるのではと思う。

自民党、安倍晋三は日本会議の顧問であるが天皇の意思に逆らい全くの国賊ともいえよう。

天皇の象徴とするのではなく政治利用をしようというのが彼らの考え。

自主憲法制定までいうなら、アメリカからの真の独立を目指すべきではないか、それこそ国土防衛軍を設立し米軍基地を日本から排除し

安保条約は廃棄するという考えになるはずだが、これが真逆の考えで日米同盟強化にいくから

全くの論理的矛盾を起こしている。

これと沖縄問題、占領下での日本との基地問題での駆け引きで当時占領下にあった沖縄に基地を集中させることで本土の基地負担

を軽減させる要請を日本政府がしたということは事実、アメリカ領土の沖縄に背負わせることで日本の安全を確保する。

これはやはり民族差別と考えるのが当然だと思う、同じ日本国民として考えるならそんな考えはでないだろう。

基地をたとえば宮崎、鹿児島に集中させるというのは?日本政府も断固拒否しただろう・・

同じ日本人としてよりも琉球人として見ていたのだろう、もちろん今も政府の意識にはそれはあるはず

でないとあれほどの民意を無視することはできないだろう。

コメント

トマ・ピケティの新資本論を読む

2015-10-16 23:39:14 | 2015年本


久々の経済書を読む・・・

もともと経済学部なので経済の本は好きなのですが、最近の関心事はいつ株価が16000円を切るのか?に関心

して毎日日経を読んで分析する毎日、ほぼ日課になってます。

明確にアベノミクスの化けの皮がはがれるか?これ以上の異次元の金融緩和をやればもう日本はその場しのぎのつけは思い切り来る

国民生活の破たんという形で、年金の運用損もおそろしい額になってるだろう、株価の買い支えを相変わらずGPIFの運用でやってる

もちろん損覚悟→国民の年金の積立金が赤字を出す なぜか?アベミクスの化けの皮がはがれるのがおそろしいからその場しのぎで

株価を操作してる。安倍の為に国民の大事な年金の積立金が赤字を垂れ流すのです。

はっきりいって公私混同とはこのこと。

本の内容でした。

フランスの日刊紙に経済評論をまとめたもので、日本にも多額の債務等にたような状況がある中で読んだら共通する部分は多い。

ピケテイは2013年に21世紀の資本を出して世界的に読まれた、日本でも発売し、自分も買うつもりだったが6500円というので

手がでなかった。

単純にいうと今の日本でいけば、所得税の累進課税を強化し、富裕層から税金をとり低所得者への税を低くする。

基本的な考え、労働者に立脚しており、すべての悪の根源は経済格差にあるこれは資本主義の必然であり

それを緩和するために税の対策を行い格差をなくすことが求められるということ。

21世紀の資本論といわれてる本

読まなくては・・・・

楽天で中古本で2700円であったので注文した。

それと、社会人公開講座で武蔵野大学で1月に21世紀の資本を読むという講座があったので二週連続の土曜日

受けることにした、受講料は3000円

公開講座をこれから受けることにした。

コメント

いのちなりけり 葉室麟 を読む

2015-10-04 11:26:56 | 2015年本


小説は最近はほとんど時代小説ばかり・・・

時代小説ばかりよむと現代小説がうすっぺらく感じてしまってしまう。

葉室麟の感じは藤沢周平のタッチににてるような感じがするが、九州が中心だから

藤沢周平の海坂藩の庄内が中心と比べると明るさはあるような感じはするが自分は藤沢周平のほうが断然いい。

藤沢周平はほぼ95%読んだ、あと二つあるがなんとなく読む気がしない本なのです。

いのちなりけり

あの桜の下で出会った少年はいったい誰だったか

鍋島と龍造寺の因縁が一組の夫婦を数奇な運命へとみちのく

天地に使えると次期藩主にてらいもなくいう好漢・雨宮蔵人と咲弥は、一つの和歌をめぐり

命がけで再会を期すのだが、幕府と朝廷が絡んだ大きな渦に巻き込まれてしまう・・・

スケールが大きいというか

柳沢吉保や水戸光圀が策略をめぐらしてその中にもまれてしまい命の危機もあり

元禄時代の政治の内幕もあわせて読むとおもしろい。

コメント

劣化する日本人 香山りか

2015-09-29 19:35:33 | 2015年本


精神科医の香山りか氏が現在の日本人の劣化 とりわけ自分のことしか考えられない人たちをテーマに

実例をもとにといていく。

①STAP細胞問題 綺麗すぎたリケジョの強すぎた自己愛

②偽ベートベン問題 感動したい、もっと売りたい 目立ちたい 
  佐村河内守・・

③パソコン遠隔操作事件 社会への恨みと自己愛の狭間で

④止まらないヘイトスピーチ  公道で殺せ! 死ね!と叫ぶ人たち

  ヘイトスピーチはご存じでしょうか、いわゆる在特会が中心となり反韓国人のデモを繰り返し
 
  朝鮮人は日本から出ていけ!ごきぶりは退治しろ!朝鮮人を殺せ!死ね!デモンストレーションを繰りかえし

  この感性が自分には全くわからない、理解不能、韓国の文化の好き嫌いはあるだろう、自分もキムチは苦手です

  韓国人は好きか?といわれてもどちらでもない、けれど嫌いだとしても

  人間としての存在さえも人権を蹂躙する言動は考えられない、そこにいたるにはやはり知性なり理性がかけてると言わざるをえない

  歪められた情報をもとにした感情でものごとをすべて結論つける、自らの不満をすべてヘイトにしていく・・

  これは日本の恥でもある。

  9月に野党共同でヘイトスピーチを禁止する法律の提案があったが、自民党公明党が反対した。

  反対する理由は表現の自由とのこと、ヘイトスピーチは先進国のすべてが法律で禁止されてるのになぜ反対するのか

  その真意はしらないが、かれらは安倍政権を応援しており、安倍政権を応援するデモもしているという事実

⑤ 劣化する政治家たち  その発言公人としてアウトでしょ!

  これはいっぱいあってまとまらぬ

  最近は 磯崎首相補佐官 の法的安定性は関係ない 自民党大西議員 マスコミを懲らしめろ  武藤信也 戦争にいきたくないというのは利己主義

  まあ橋下のツイートはひどすぎるですね、目にあまる

  香山先生は橋下をボーダーパーソナリティ障害かもしれないと

  しかし政治家の幼稚化というかなんというかなさけない気がしますね。

➅SNSが日本を亡ぼす・・・

  いじめ 性犯罪 自殺とつながるSNS ネット社会は・・

  自分なりにはネット依存だなというように思う、電車に乗ってもほとんどの人がスマホをいじるとは異常としか思えない。

  そこまで瞬時もネットとつながらない刹那とはなんだ?と疑問に思う。

いろいろとあるが

今やはり日本人は劣化してるのだろうか?

ついこの前まで自分も今の社会や政治に絶望的にみていた、悪い言い方すれば日本人はばかばかりと

でも違った、今年は違った
コメント (2)

赤猫異聞  浅田次郎 を読む

2015-09-28 19:27:18 | 2015年本


浅田次郎の最新作を読んでみた。

ものがたりは明治元年、火の手の迫る大火で伝馬町牢屋敷から解き放ちとなった、重罪人たち 3人

一人は 博打打ちの信州無宿繁松 もう一人は旗本の倅 岩瀬七之丞は官軍兵士を辻斬り  もう一人は

夜鷹の元締めの白魚のお仙。

牢や同心の三人のうち一人でも戻らないと戻ったものの死罪 三人とももどれば無罪との言葉を胸に

自由となった三人の向かう先は・・・

激動の時代をいかに生きたか・・


実業家で貿易商 イギリス大使館技師の婦人 陸軍兵学校教官・・・


そこまでいくには何があったか・・

市谷の監獄役人が一人ずつ訪れて話を聞く構成でものがたりがなってる。


実におもしろかった。

コメント

ぼくらの民主主義なんだぜ 高橋源一郎

2015-09-27 09:06:55 | 2015年本


ぼくらの民主主義なんだぜ!というタイトル

民主主義にこれほど考えた夏はなかっただろうな、議会制民主主義だけが民主主義か 選挙で委託されたからすべてを白紙委任したわけではない

施政者の暴走が数の力で走り出したら止めることはできないのだろうか・・

国民の理解がないが議会の多数決で決めていいものなのか、それは仕方ないことなんだ選挙でえらんだから

とあきらめて、無関心で、黙り込んで絶望にうちひしがれているのがいいのかと一つの個としての自分を試されるのではないか。

声をあげる一人の個人として声をあげる

声が大多数になり行動をする、そこに民主主義がある。

欧米諸国ではなにかあればすぐに何万という人がデモをする、記憶にあたらしいのはスペインカタロニア地方の独立運動だった

ヨーロッパではデモをするのが当たり前の民主主義の行動なんだ

香港でも学生がメインストリートを埋め尽くした。

映画監督相田和弘 日本人は民主主義を捨てたがってるのか?

今この国の人たちの中に、身も蓋もない言い方をすると みんなで無知でいようぜ楽だからというメッセージが蔓延しつつある。

そういえばここのところ自民党の議員などから失言が多い。

政治家の劣化 これは民主主義の声が彼らに届いてないのではないか・・

考えないことこそ罪

高橋さんはDV国家といっている。

この国の政治が、パートナーに暴力をふるう、いわゆるDVの加害者に酷似しつつあるように思える。

彼らはパートナーを力で支配し、経済的な自立を邪魔し、それにもかかわらず自らを愛するように命令するのである。



コメント (2)

ついに最終巻 会津士魂13巻 鶴ヶ城落つ

2015-09-23 16:18:07 | 2015年本


会津士魂シリーズやっと最終巻にきた。

結構読むのに今回は時間がかかった3け月かかったといってもあれこれ読みながらなのでこれぐらいかかるかな。

ついに会津若松 鶴ヶ城落城のドキュメント これほど詳しく書いてる本はいのでは

そもそも5月に会津若松に旅にいったのがきっかけで読み始めた・・・

会津若松にいって、この本を読んで・・・

おれは決心した・・この中学生の時からの長州びいきはおさらばしよう!

花燃ゆもなんかしらけてきた・・・

高杉晋作は好きだが・・・ここは断腸の思いで決別しよう・・

おれは会津藩の支持にまわります!

けど新選組は嫌いです、純粋に会津藩と越後長岡藩のみです。

幕府側でもくだらんやつが多い、歩兵奉行の大鳥圭介はくだらないただプライドが高いだけで

戦略も大したことがない。

榎本武揚も会津と奥羽列藩同盟を見捨てて函館に行く、不義理なやつ、おまけに函館戦争で降伏して

なぜか爵位をおらってる卑怯なやつ

おれをここまで長州藩に決別させてくれたのは、おまえだ!安倍晋三だ!

お前が山口なのでおれは長州をやめた、おまけに尊敬する人は吉田松陰なんぞぬかしておる。

お前にそんなこという資格はあるのか、官邸とともに死ぬ覚悟はあるのか!デモを避けて土日は自宅に

こもってるお前が尊敬してる人などいうな!

ということでおれは会津藩支持にまわるのです。
コメント (2)

個人的絶賛!安倍政権の裏の顔 歴史的支離滅裂

2015-09-22 00:45:37 | 2015年本


2015年9月17日委員会強行採決の2日前に刊行された本!

もっと早く間に合わてほしかったが・・・

朝日新聞政治部取材班が執念の取材敢行、チーム一丸で閣議決定までの集団的自衛権のできあがったか・・・詳細にルポ

なるほどな・・・・裏の攻防がよくわかる。

安倍の集団的自衛権に対する執念はいつからなんだろうか・・・

外務省元タイ大使岡崎久彦 外務省総合外交政策局長 谷内正太郎 防衛大学教授の佐瀬

このメンバーが集団的自衛権をなんとか実現したいと思いつつ、国会議員を教育するしかないと ひとりひとり各個撃破だ

最初にだれをやるか・・安倍晋三からやろう、あいつはぶれない。
 
それが安倍が集団的自衛権に執着した最初のようである、それから今に至るまで集団的自衛権に怨念のように執着してるのである

いわゆる外務省に洗脳されたロボットのように・・

最近のところで集団的自衛権の公明党との交渉では裏の裏まで詳細に記述してある。

公明党はほんとに悪だな・・党是をまげてまで権力に居座るのだから、いろいろと交渉は高村と北側がメインで交渉

法的根拠を高村が砂川判決を根拠に持ってきた、自民党内は議員に砂川判決で合憲だといって納得させたというか命令

公明党は砂川判決は法的根拠にはなりえないと党内を説得できない、山口が首を縦にふらない。

交渉が頓挫するかという局面で北側が血眼になって探した文書が防衛省から見つかった・・それが昭和47年政府見解である。

これでいけるなんとか理屈をこねたらいける北側は見切り発車をした。

いずれにしても

公明党の罪は重い、重すぎる・・

砂川判決も47年見解もすべて集団的自衛権は認めていない、よくもあれほど全体でなく一部分を取り出し理屈をむりやり

つくるのか ほとんどの憲法学者が違憲 歴代の内閣法制局長官が違憲 元最高裁判所長官山口氏も違憲

これでもなお合憲として暴走する自民党公明党

自分も47年見解読んでみたけど・・47年見解にははっきり集団的自衛権はあてはまらないとある。

周りを取り巻く安全保障環境が変わったから合憲という理屈

いずれにしても

これからは自民党と公明党の戦争法案賛成議員の落選運動が大掛かりに始まる

選挙中でも特定の候補者を応援しなかったら、落選させる運動は公職選挙法にひっかからない。

選挙始まる前に決着をつけると思うが・・

これからがぼくらの民主主義だぜ!
コメント

タレント文化人200人斬り 

2015-09-09 19:22:32 | 2015年本


佐高信さんのタレント文化人200人斬り

下巻

とりあえず一番登場が多かったのが 竹中平蔵 猪瀬直樹 堺屋太一

名前をきいてもこやつらの姑息なのはよくわかる、特に竹中平蔵は今の日本の貧困化をもたらした元凶である。

規制緩和を積極的にすすめ、金持ちにたいする優遇政策をすすめ、今の非正規雇用の拡大にともなう貧困化を招いたのは

小泉政権下の竹中である。

猪瀬もインチキ 姑息な権力におもねく輩 堺屋太一も同様

櫻井よしこ、こいつはひどい年々ひどくなる、今や日本会議の宣伝マン、講演会で中国脅威論を展開しまるでヘイトスピーチを

ぶちまけるくそばばあ、大日本帝国婦人会の会長のような危険人物。

あの8月6日広島原爆忌になんと広島で日本会議の講演会と集会をしたそこで櫻井よしこは中国の脅威論をぶちまけ核武装の必要を

ぶちまけた!あの広島で8月6日に・・・なんと危険なばばあかというかお前は日本人か?広島原爆忌に話す内容か?この日はほかに

田母神のおっさんが武装強化をいつもの大日本帝国軍人なみの講演をした。

日本人としてあるまじき行為、恥ずべき行為。

石原慎太郎・・これはあえていわなくてもわかる、カルロスゴーン、小林よしのり、小泉純一郎、ジョージブッシュ

池田大作、林真理子、村上春樹、堤義明 安倍晋三(またまた登場)田原総一郎 宮内義彦 上坂冬子 田母神一座

ビートたけし 大前研一 橋下徹 渡辺恒雄・・・

そうそうたるメンバーを一刀両断!気持ちがよい本だった。
コメント (2)