My Song My Foolish Heart

現在単身赴任中、山が好き、キースジャレットが好き、街道歩きが好き、2012年中山道を完歩しました、日々是好日・・・

正月から釘抜さんへ

2020-01-15 21:03:38 | ふるさと京都はなし2

京都へ帰ったらいつも実家から歩いて釘抜さんへ行く、

正月も散歩がてらに歩いていった。

小学校の門はいつものあけましておめでとうございます。

釘抜さん

石像寺 真言宗

お参り

釘抜さんの由来は・・・

こころとからだの痛みを根こそぎ抜いてもらう

釘と釘抜きを奉納し お参りする このお堂は百度参りとして札をもってぐるぐる回り

お参りするのが作法 やらないけど

次は千本釈迦堂へ 歩く

千本通の昔からある看板屋

以前町家カフェのひだまりは民泊になった・・このあたり次から次へと民泊施設ができている

町家ていいかなと思うが 町家で育ったせいかいいとも思えない 第一中が暗い

町家より農家の方があこがれる、母の実家の田舎の家がいごこちがよかった。

ぶつちゃけ・・・

今となつてカミングアウトするけど 京都は居心地悪いところだったように思える。

男の京都ことばがいやだった・・・早く出たいと思いながら出るのが遅かった30を超えてから

だった・・・

もっと自由にすればよかったかと思うけどね、あの京都のコミュニティがあまり好きではなかった

65歳になれば定年で自動的に京都に戻るわけだけど・・

いろいろと考えている

そういえば高校生のころは東京の女の子にあこがれたもんだ

関東で京都出身というとほぼみんながいいね!うらやましいというが確かにお寺は多いし

文化財も多いしね でもそれだけね 夏はくそ暑いし 冬はくそ寒いし むしむしして 

外国人が多くて住みにくいよていってる。

 

 

コメント

久々に新京極あたりにいった。

2020-01-05 15:28:54 | ふるさと京都はなし2

次女が正月から3年間アルバイトにいっている、高島屋のテナントにいった。

久しぶりに

ぶらっとそこらをあるいた・・・

久しぶりに新京極を歩いた、結構様変わりしてるようで 昔の若いころの新京極とはかなり

変わった・・

この店は昔からあったかな・・・

こんなJAZZの店もあった

JAZZ喫茶は休みだった・・

しかしながら相変わらず錦小路のあたりは人がいっぱいだ

若いころの新京極の記憶もかなり消えたが・・昔はスカジャンを売ってる店があったような・・・

寺町はそれほど昔とかわらないような感じだった

ミニタリーショップも昔のままあった・・

 

コメント (2)

新年 京都

2020-01-05 15:21:01 | ふるさと京都はなし2

新年 1月2日早朝に今宮神社へ初詣に

朝早いので並ばずにお参り

特に願うことはせず、無事であることのみを願う。

願わずに挨拶をする感じか

名物炙り餅屋 一文字屋とかざりや 

こどものころはよく食べにきた。

帰りは大徳寺を通って帰る

立派な法堂

此方にもお参り

塔頭の寺

昨年は喪中で初詣しなかったので2年ぶりでした。

コメント (4)

今宮祭り

2019-05-09 21:31:26 | ふるさと京都はなし2

5月5日は今宮神社の祭礼

祭りを見るのは久々だ・・・まだ千葉に行く前に子供を連れて実家に来たときいらいだから20年ぐらい

か・・

昔のままだね・・

沿道で見る人がへったかな

昔はびっちり人が見ていたが昔より少ない・・

鉾がたらたらと続く・・

同級生が歩いていた・・・暑いわてぼやいていた裃着て歩いてる・・

お稚児さん

昔は5人ぐらいでていたが・・流石は少子化か・・・

京都らしいのは牛車・・

暑さで牛もしんどそう・・以前暴れたことがあって牛車をこわしたことがあった・・

結構立派な牛です・・

昔は途中で牛が動かなくなり・・・動かないと思ったら思い切り糞をしていたり

結構暑い時は厄介な感じですね。

あとは神輿が4台続きます・・

祭りの日は、夕方はお旅所へいって夜店でいろんなもの買う 金魚釣り ひよこつり やどかりつり

いろいろあった・・そうそう見せもの小屋もあった

入ったことはないが・・・蛇を食べる女とか 胴体のない犬とか なんか恐ろしいところだった・・

そして夜は花火 子供のいる家はみんな表にでて花火・・

これが風物詩だった・・

 

コメント

銭湯はいいね 近所の風呂屋

2019-05-08 21:24:49 | ふるさと京都はなし2

実家へ帰ると、実家の風呂には入らず銭湯へ行く・・

昔はかなりの数の風呂屋があった・・実家の風呂に入らずに銭湯へ友達と行ってプール代わりで遊んでいた。

お湯がかかり、近所のじじいによく怒られた 昔のじじいはよくこどもに怒っていたなあ・・

風呂上がりには30円のサイダーか50円のラムネを飲む・・1時間以上風呂屋にいていた。

父親がなくなる二カ月前に一緒に銭湯へいった・・

GW半ば・・・4時前に風呂にいくと客はおいら一人しかいない

こっそり写真とらせていただきまいした。

奥はサウナ 

電気風呂、深い風呂 水風呂 泡風呂 ジェットバス・・

あがりかけにじじがきた・・一人で貸切風呂  あああ満足満足

コメント

喫茶レストラン マリア

2019-05-07 21:15:19 | ふるさと京都はなし2

京都へ帰り久々にI君と待ち合わせ・・

まのつく喫茶店で!ということで

千本中立売下がる 喫茶レストラン マリアへ

まだ・・営業中 開業はいつかは知らないが自分が高校生の時はあったしたまにいった記憶がある。

友人の家がすぐ近くだった・・

昔ながらの店構え・・・昭和そのもの

そうそう・・マリアは基本レストランだった・・

お子様ランチ イタリアンスパゲティ

Iくんと久々にあった、なぜか話は糖尿病の話しに花が咲く・・

I君はじゃなりヘモグロビンAlcの値がやばい インシュリン打つ寸前というか打つ予定みたいだ・・

髪の毛は真っ白になって・・

最近S君とは音信がないなああと話していたが・・あとでわかったが二年前に脳こうそくで倒れて今退院したが

車いす生活で障害が残りリハビリ中とのこと・・

話がこんな感じで変わって行くときの流れだね 40年以上たてば・・

コメント

千本丸太町から千本今出川を歩く

2018-09-26 19:28:53 | ふるさと京都はなし2

この3連休は京都へ父の四十九日で帰りました。

26日まで二日休みをとりました。

嫁と買い物の帰りに歩きたくなったので千本丸太町で下してもらい歩きました。

しかし・・・京都は民泊だらけ、ゲストハウスがあちこちにできています。

千本丸太町はちょうど大極殿あと

千本通りを歩く・・

あちこちにゲストハウス、歩いて見ると随分昔と変わった

千本通りの御風呂屋さんも先月閉店した・・・

だんだん銭湯も減ってきている。

こどものころからみたら実家の近くも半分ぐらいになっている。

銭湯はこどものころの遊び場だった、銭湯というよりプール、じじいに水がかかったとよく怒られた

風呂上がりに20円のサイダー?30円かなんかよく飲んだ・・

出た!千本日活!

息が長いのだわ、値段は昔は3本立て400円とかだった・・

今改装中のようだ、台風で少しやられたのか・・

600円とは安いね!

昔と値段変わらないんだ

今はAVからDVD、そしてネットまで、昔のこのエロ映画の良さは良さだね

やはりストーリーが大事だよ、桃尻娘とかね

昔はにぎやかだった飲食街 西陣京極

千本通りの今出川の少し手前

映画館の千本座があった、牧野省三の作品をやっていた。

ここも家をつぶして、ここにホテルができるようだ・・

この空いた家の空き地に次から次へとホテルなりゲストハウスができる。

随分風景が変わったようだ・・

インバウンドとかね、あまり好きではない

インバウンドを期待するような経済は不健康だと思う、何を生むのだろうか、人手不足の中で外国人客を

呼ぶ、外国人の日本への移民は大歓迎です、しかし抜本的に人口動向 産業人口 文化的視点あらゆる国の

形をかんがえて移民を受け入れなければならないと思います、今の政府のやることといえば研修制度を最長5年とか

伸ばして研修という名の安い労働力を使う、全体的な賃金低下をもたらす、目先の事しか考えていない。

それはそのはず、今自称右(ほんとは右でなく反動)が日本会議を中心として移民には反対しており日本人純潔主義

だから、あの安倍周辺がその考えだから安い労働力としか見ていない。

馬鹿は馬鹿 安倍は馬鹿 馬鹿

やめるといってやめない、なんでもあり、これが独裁者の姿だよ。

コメント (2)

渉成園 秋の特別公開へ行く

2016-11-15 19:31:26 | ふるさと京都はなし2


西本願寺をお参りしたあとは、東本願寺の渉成園へ

秋の特別公開をしていた。

園林堂、通常は非公開を公開



公開の内容





たった一週間だけの公開、タイミングよく京都へ帰っていた。

棟方志功の親鸞聖人700回記念作品 の襖絵・・

独特の世界、襖絵としてはすごく珍しい、棟方志功の色使い・・




臨池亭と滴水軒



傍花閣



印月池







回悼廊



以前も来たのは秋だった、今度は桜の時に来てみよう・・・
コメント (2)

本願寺門前あたりを歩く 

2016-11-11 19:37:24 | ふるさと京都はなし2


京都駅から西本願寺へ歩く、新町通を入る、一方通行の細い道路

右側をなんとなく歩いていると、いきなり家からじぃじいが出てきて、こっちは歩いたらあかん、歩行者は向こうや歩道に線をひいてるやろ

と大声で言ってきた・・・なんじゃ??年のころなら80代

こんな調子で毎日、歩行者に言ってるんだろうね・・



長屋のカフェみたいだ・・

店の中にジャンデリアがある。

まだ町家ブームなのだろうかな・・



こんなカフェも

柴犬に入れ込んでるような・・



店の名前もしばらく




あんな建物あったっけ??

京都でも知らないところはたくさんあるもんだ、こんな京都駅から近いところにこんなのあるとは知らなかった。





真宗信徒生命保険??て会社あったんだ・・・



門前といっても本願寺の門前は派手さはない・・

今は結構きれいになったり業態が変わったが

門徒さんんの宿がいっぱいあった、小さな宿屋がいっぱいあった。

旅籠みたいな感じの宿

コメント

京北へ墓参り  ウッディ京北 鮎そばを頂く

2016-09-26 19:00:26 | ふるさと京都はなし2


土曜日は両親をのせて珍しく下の娘も一緒に京北の墓参りへ

帰りにウッディ京北で昼を食べることに・・

うどんかそばか・・夏のメニューが今月いっぱいで終了があったので

鮎そばにした・・



こんな感じでニシンの代わりに鮎の甘露煮がごろっと入っている。

そばはおいしい、ニシンそばの味で慣れてるので鮎はやはりあまりあわないような気がした。

焼きサバそばもあったが、今度はそれを食べてみよう・・



アケビが売っていた、以前は山にいって見つけては食べた・・



そういえばどれぐらい食べてないだろう・・・

ざぐろも長い間食べてない



名物芦生漬け



万願寺あまとうもこれが最後になるだろうね、この時期は最後なので固いかもしれない



茗荷・・・

スーパーで買うより安い・・

茗荷は自分はさほどすきでないのだ

とりあえず両親を墓参りに連れていいった
コメント (2)

やはり!C62!が一番 京都鉄道博物館

2016-08-14 17:07:07 | ふるさと京都はなし2


鉄道博物館のSLは以前の梅小路SL館がそのままになっている。

なつかしい、上の娘が小さい頃によく行った、あのころはがらがらに空いていたね。

ここができたのは小学生の5年生のころだったと思う。

小学3年生の時は梅小路機関区はまだ現役で使用していたし、SLもずらりとあった、まだ山陰線がSLが引っ張っていた。

こそっと中に入って見学した、機関区の人も許してくれた、ただSLにさわると怒られた・・





なんだかんだとSLはやはりC62でしょう、シロクニ

展示はC62 26 きれいにして塗りなおして展示してある。

でもね違うんだよねと思いながら・・・2はどこにあるんだ・・



1号機があった・・・





貫録だな・・・・


2はどこだ・・・

一番端の整備場にあった・・



これだよこれ!栄光のC62 2号機



これだ!燕マーク

最後まで現役で北海道で急行ニセコ号を引っ張っていた、燕のC62

よかったあった・・



子供をつれていったときはいつもC62がスチーム号として乗車できた

そして転車台にのってから給水作業も見られた。

汽笛の音も恐ろしく大きい・・

今はスチーム号はしょぼくなった・・



8600が走っている

汽笛の音もしょぼいし、蒸気の音もかわいい・・

コメント

なつかしの市電!梅小路公園案内所になっていた

2016-07-24 16:28:12 | ふるさと京都はなし2


京都鉄道博物館へ行く前に梅小路公園総合案内所として、なつかしの京都市電があった!!

これは最新車両か・・



たまらん、懐かしい・・・

思いでいっぱいだ・・

中にはいると自分より10歳ほど上のおばさんが案内人だった。

思わず 懐かしいですね・・・ 私も学生の頃は市電で通学してましたとおばさん 自分が高校二年の時に市電が廃止されたのですよ

最後の河原町線でしたよね。

こどものころの記憶が全くないのだが店のある家から歩いて10分少しで市電の走ってる通りがあった。

親が仕事をしてるすきをねらってか三輪車でよく行方不明になってたらしい、それはかすかな記憶がある。

どこにいってたかといえば市電を見にいってたらしい。よく祖父がさがして車で連れ戻された記憶がのこってる

にっこり笑って迎えにきた、怒られたことはなかったと思う、東京オリンピックのころだったか

三つ子の魂なんとかやらで、市電をみるとぐっとくる、



西大路を左大文字をバックに走る。

祖母が子守がわりに市電にのせてもらった記憶はある、祇園祭を市電に乗って見た記憶がある。

小さいころはほんとに市電が好きだったんだなと振り返ると思う。

小学生の時は毎週土曜日はともだちと市電にのって高野アリーナにスケートにいった、スケートよくいったなあ・・



四条大宮を走る市電、隣には壬生車庫がある。

昔、小学校に行く前だったが四条大宮から松尾までトローリーバスが走っていた。

市電の想い出はつきない・・

電車の中は、おばさんがこの広告とかは昔の廃止になったころのままですよて



げげ!!八瀬遊園でないですか!!泳ぎにいきましたね!! 水冷たいですよねあのプールとおばさん

こじょおばさんも若いころは水着になって泳いでたか・・??



阪急の広告

まけじと



京阪の広告



YMCAか・・・なつかしいよな

西城秀樹

あの当時はアメリカは素晴らしいかった時代でアメリカンドリームだったよね、アメリカンフィーリングなんて歌もあったし

LAブーム、アメリカは素晴らしいと錯覚してた時代だったなあ

海援隊はJODANという歌をまねて作ったけどすべったよな





昔の路線図、これほど碁盤の目を走ってた・・

下駄の音、大学通り、走る路面電車・・・

電車の運転手か・・やりたかったなあ・・・
コメント

京都 鉄道博物館へ行く なつかしの特急!月光!雷鳥!くろしお!

2016-07-21 19:36:34 | ふるさと京都はなし2


春にオープンした京都鉄道博物館、行こうと思っていました、そろそろ空いてきたころ?と思い。

家族のだれも行かないので、一人で行くことに。

お!!!かなりのもんではないか!!

山陽本線寝台特急のエース 月光!! 新大阪ー博多を走ってた!山陽新幹線博多開業とともに消えましたが

ここで581系電車と会えるとは!

少々興奮気味だ。



B寝台



先頭車両の電源部分が大きい・・






でたか!雷鳥!クハ489型

以前L特急としては知ってた、最後は急行能登 23年に廃止とともに姿を消した。

国鉄時代の特急のエースだった・・・

もう一度乗りたい








これを見ただけで満足なのだが・・・

おおおおお!!!!すごいのがある。



でた!!このボンネット!!ディーゼル特急!!キハ81系くろしおではないか!!

東のはつかりと並んで一世風靡したディーゼル特急

これが見られるとは・・・・



トラブルが多発したのでキハ82系に変わったが



なんともいえない、このブルドッグの面構え

これで1200円の入館料の値打ちがある!

中に入れないのが残念だが・・

ふと振り返ると子供つれの家族ばかりが多い・・たまにおっさん一人がちらほら

すごくにぎわっている・・

夢中になってデジカメが充電きれたのでスマホでとる。



100系新幹線



500系

これはよく19年前に千葉に転勤した時、1年だけ単身赴任してた時に京都に帰るときよく乗った、社内はオシャレだがシートが固い

ような感じだった。



たったこれだけで記事にした・・・まだまだ鉄道博物館は続く
コメント (6)

京北の里 ウッディ京北  墓掃除

2016-07-19 23:10:02 | ふるさと京都はなし2


この3連休は19日火曜日を有休にして4連休で京都へ帰ってきました。

5月のGW以来ですから2ケ月ぶりです。

わが家も相変わらずで、庭に花が増えたぐらいのこと。

ドライブがてらに、車で1時間少し 旧京北町の墓へお参りと墓掃除に家内といってきました。

ああ・・草がはえてるぞ・・ 

墓は集落の寺の墓で山の斜面にある墓、それも上の方にある田舎なので横幅は7mほど墓石6個とだれか不明の江戸時代の墓と

とりあえず汗をぶるぶるかいて、蚊にかまれながら草を抜き、墓石を掃除

帰りはウッディ京北でコーヒーを飲んで休憩。



前にはツキノワグマの剥製があったけどな・・



これがマスコットのようだが・・



とりあえず野菜が安いから野菜を買おう・・



万願寺とうがらし



成長しすぎたきゅうり



うまそうなとまと



京北は昔から正月になるころに餅に納豆をいれて納豆もちを食べる

田舎から納豆もちがおくられてくるが、こどものころから嫌いだった・・



これは自分の大好物の美山しぐれ芦生漬け

山吹の佃煮、きゅうり なす しその漬物

これがあればごはんが頂けるもの



西の鯖街道を意識してかさばのかぶら寿司

そうそう、京都では祭りといえば鯖すしを食べる必ず食べる、お祝い事でも鯖すしを食べていた。

こどものころから大好物だった・・

親戚のおばさんが、家に工房をつくり、おかきつくりをしていて、結構おいしい本格的なおかきを店にだしていたが・・

ここのところろ体をこわし、休業状態なのがさびしい。

そのおばさんのところへは小学生の時は夏休みになったら必ず泊りにいっていた一つ下の従弟がいるのでよく遊んだ。

川で朝から夕方まで泳いだり、魚をつってたりでよく遊んだ、楽しかったなあ・・今のこどもでは今はないだおるな・・

井上陽水の少年時代の歌そのものだった。

記憶でイナゴが発生した年があってmおばあさんが孫全員集合でイナゴとりをしたのを思い出した。

夢中でイナゴをとった、だれが一番だと競争してとった。

こころの原点はここの京北の村かもしれない。

実家によった、あいかわらず両親はそれなりに元気だった・・父親は本を思い切り読んでいたが最近は根気がなくなった

ということで、日記を書いている少し見たが、きれいな字でノートに思索をめぐらせている。

いずれは簡単な本にしようと内心おもっている。

家の経歴図を出してきて説明する親、そのあたり案外無関心な自分を心配してか説明する。

江戸時代中期ごろまでしかわかっていない、一度零落した家が再興したそうだ・・丹後宮津にその前はいたようだ

その先がわかららない、自分の勝手な想像でいくと毛利家の本名は自分の名字として毛利と影響があるのか?

もう一か所、山形県寒河江に自分の名字が多い、これは違う流れのようだ。

直系図でいけば自分はでてこない、弟の男子、昔なら家の総代になるところだっただろう。

ご維新の時に天皇の御料地だった関係で官軍に着いたと西園寺公望軍に従軍したそうだ。

立命館の創始者の中川十郎とは親戚関係になるそうだ・・

親もいつなくなるかもしれないから、一族の歴史はもう少し聞いておかないといけない。

嫁の親は村上水軍の流れといってた、はは・・毛利と村上水軍の結婚ですなとと笑っていた。

そろそろ自分のルーツを調べないと親が生きてるうちに

コメント

芦生漬  なつかしい味

2016-04-01 19:31:01 | ふるさと京都はなし2


この前京都に帰った時に墓参りの帰り、道の駅ウッディ京北で買ってきた。

なつかしい、昔よく食べた芦生漬



芦生漬は美山町の山奥の山奥の集落

そこの漬物です。

とりあえず素朴な味、キューリとなすとそれに茗荷が入っていい味をだしてる。

お茶漬けに一緒に食べればなかなかおいしい。



そしてもうひとつ買ってきた



ふきしぐれ・・

山吹の佃煮

これもお茶漬けにあうのだ

こんな感じにさっさとごはん食べるのが一番よいな
コメント