KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

魔除け

2014-07-11 13:10:30 | アイヌつれづれ(about Ainu)

キンムトーやポンポン山でたくさん見かけた、この植物。

 

つる性の植物で、

他の植物にからみつきながら伸びていきます。

 

日本語ではイケマ。

生馬とか活馬という漢字が充てられます。

 

このイケマという名は、アイヌ語のイケマが転用されたものともいわれます。

「イ=それの、ケマ=足」を言い表しますが、

“それ”とは、カムイ=神を指していて、

つまりは神の足=植物の足=根を示しているのです。

 

アイヌの人たちは、独特の臭いをもつこの植物の根を、

食料としても、薬用としても、そして魔除けとしても大いに利用しました。

 

病気がはやったときには病魔除けとして。

悪い夢を見たときには夢祓いとして。

家族の中に遠方へ出かける者がいるときは、安全を祈って必ず身に着けさせたといいます。

 

アイヌ語では「ペヌプ」、「汁・もつ・もの」を意味します。

そのとおり、枝葉を切ると白い汁が出てきます。

 ***

川湯エコミュージアムセンター   http://www6.marimo.or.jp/k_emc/  

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 弟子屈中学校研修旅行ポンポ... | トップ | 「なんて花?」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アイヌつれづれ(about Ainu)」カテゴリの最新記事