KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

二つの湖で見られるもの? Two lakes,two...?

2017-12-28 14:36:57 | 自然情報(Nature Information)

明日から川湯EMCもお正月休みに入ります。

ということで、今日は特別版!?写真たっぷりでお伝えします♪

 

まずは屈斜路湖。

波しぶきが岩や木・草などについて凍る、

「しぶき氷」が今年もダイナミックになりつつあります。

湖岸縁の枯草も、

元よりも相当大きくなっています(笑)。

石につくと、あまり”しぶき感”は感じられませんが、

氷のコーティングが美しいですね♪

(ただし、相当足元は滑るので注意!)

まだまだ氷は大きくなるので、気になる方は

年越し後も屈斜路湖畔各地に見に行くのをオススメします。

 

そして、

なんと、

しぶき氷が見られるのは屈斜路湖だけじゃないんです!

 

まさかの湖岸に近寄ることができない摩周湖で!?

皆さん、どこにあるか想像できますか?

正解は…

カムイシュ島!島の縁に白く…、

 

しぶき氷が!

自然現象は気象条件によって見られるかどうかが決まるものですが、

摩周湖のしぶき氷に関しては、違う意味で見るのが大変かもしれません(笑)。

双眼鏡などをお持ちの方は、展望台まで持っていかれると

新たな摩周湖の楽しみ方を発見できるかもしれませんよ~、

この年末年始にぜひ!笑

 

本日で2017年最後の開館日となりました。来年の開館は1月4日(木)です。

ご来館いただいた皆さま、そしてこのブログをご覧の皆さま、

今年一年ありがとうございました!

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

では、よいお年を~!

 

-Information-

New year's holidays: 29th December ~ 3rd January.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

〇と△と× Form of nature

2017-12-26 12:44:43 | 自然情報(Nature Information)

昨日は雨が降り、木々についた氷もすっかり解け

真冬の銀世界から

もう春先のような景色になってしまいました。

そんな中で見つけたのが

〇と△と×

まずは〇からご紹介

わかりますか?

これは湿地の樹木が倒れ、幹が腐り根の回りの土だけが残ったのでは無いかと。

それできれいな丸い形になったのでしょう。

こちらは△

1本木が倒れて、隣の木と交わって△ができています。

これが×

こっちは2本とも倒れて調度重なって出来たようですね。

 

雨が降り、雪が解けたから

今回の形たちを見つけることができました。

これらは今のこの一時しか見られません。

これからまた雪が降れば〇も△も×も

また雪の中へと消えてしまいます。

季節の変化はもちろん、天気の変化に注目して

外を歩けば

その時にしか見られないものに出会うかもしれませんね。

Only just!!

 ***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

 

 

コメント

大雨でした Today is rainy

2017-12-25 14:33:50 | 自然情報(Nature Information)

今日はクリスマスですね!

クリスマスにふわふわの雪が降れば雰囲気もあり

素敵なのですが、今日の川湯温泉は

午前中、雪では無く大雨でした…(汗)

おかげさまでセンターへ続く道の雪は解けていました。

そしてこの天気の影響で

センター前に設けた冬季駐車場は

雪が解けて芝生が一部出てきてしまったため

現在利用することが出来ません。

なのでしばらくの間は普段利用している公共駐車場をご利用ください。

今は雨も止み、落ち着いた天気ですが

明日の朝はきっとツルツルですね…

皆さん転んでしまわないように気を付けてください!

Please be careful

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

コメント

着々と進んでおります! Steadily

2017-12-24 13:11:41 | 自然情報(Nature Information)

センター改修の現状を時折お伝えしていますが

実はセンター改修とともにセンターで見られる映像も新しくなります!

撮影の方は春頃からすでに始まっていて

先日、第一弾が完成したとのことで

センター隣のやすもっとにて試写会が行われました!

今回は秋までの映像と言うことで

それでも充分迫力のある見応えのある映像になっていました!

参加していた関係者の皆さんで

様々な意見が交換され、またさらに良くなっていくようです!

リニューアルされた映像が楽しみですね♪

A picture is replaced with a new one

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

 

コメント

たまには他のフィールドも… other lake

2017-12-23 13:51:11 | 自然情報(Nature Information)

阿寒摩周国立公園は広いため、

基本的には川湯地域を川湯EMC、阿寒地域を阿寒湖畔EMC、と

分担して自然情報等をご紹介しておりますが、

たま~~には阿寒湖もご紹介します♪

(詳細は阿寒湖畔エコミュージアムセンターへお尋ねください!笑)

 

先日、阿寒湖がどうやらほぼ結氷した、という噂を聞き付けて行ってみたところ、

こんな大量のフロストフラワーが!

氷の凸部を核にして水蒸気が昇華されたものですが、

なんだか羽根のように美しいですよね♪

まさに霜の花、フロストフラワーですね!

 

ちなみに、薄氷が張るこの時期の屈斜路湖でも

見られるときがあるのでぜひ見に行ってみてくださいね~!

 

ちなみに、最近阿寒湖が凍ったからか、

「屈斜路湖(摩周湖)凍った?」と聞かれることが多くなってきましたが、

湖が凍る要因は「標高」「水深」「広さ」とざっくり3つあり(もっと細かい要因もありますが)、

標高も高く(つまり寒い)、水深も浅く(水が冷えるのが早い)、

周囲長が25.9kmとやや小さめな阿寒湖が凍っていても、

残念ながら標高が低く、周囲長57kmの屈斜路湖が凍るのはもう少し先…。

しかも摩周湖に至っては、広さは阿寒湖の方が少し大きいものの、

水深(最大で)211mもあるので凍るのは毎年、とはいきません。

でも、今年は摩周湖が凍ることを期待したいですね♪(あれ、毎年言ってる?笑)

 

あっ!そうそう!

昨日のこの謎の雪上の落書き(?)、

皆さん、わかりましたか??

この話の流れから気づく方も多いかもしれませんが(多少のムリヤリ感が・笑)、

屈斜路湖の周囲長=57km、摩周湖の周囲長=約20km

を説明用に誰かが書いたものではないかと(笑)。

 

昨日の摩周湖スノーシューの写真を見返していたスタッフと、

それを覗き込んでいた他スタッフは「位置関係からしても間違いない!」と

謎解き感覚で楽しんでいました(笑)。

 

冬は雪も霜も氷も楽しめるモノがたくさん!

ぜひ真冬の阿寒摩周国立公園へ来てくださ~い!

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

スノーシューでどこまでも! Lake Masyu

2017-12-22 16:13:06 | 自然情報(Nature Information)

今日はスノーシューで歩きに摩周湖まで行ってきました!!

風がほどんど無く湖面が完璧な鏡になっていました!

今日歩いたのは登山道の前半あたりまでと、

夏は行けないカラマツ林まで、行って帰って来ました~!

スノーシューであれば、雪がばっちり積もれば

普段は行けないところまで行けるのです。

ふわふわ雪の上に寝転んで休憩しました♪

そして普段は見られない角度からの摩周湖も!

葉が落ちた今だから見えます♪

そして雪が積もれば雪上にいろいろ書きたくなりますよね!

同じ考えの方が多いようで、このような

落書き?がたくさんありました。

この写真をセンターに帰ってからスタッフ同士で

見ていて気づいたのですが

この落書きただの落書きでは無かったのです!!

雪の上に書かれた円と数字が何を意味しているのか

ぜひ皆さん考えてみてくださいね!

スノーシューで散策するのはやっぱり冬の醍醐味だと

実感する一日でした♪

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

コメント

寒い朝の特権♪ Hoarfrost

2017-12-21 11:52:57 | 自然情報(Nature Information)

いや~今朝はだいぶ冷え込みました!

驚異の-23.1℃!

しかもこれが全国2位というのだからさらに色んな意味で驚きです(汗)。

 

こういう日の川湯温泉は少し外から見ると、

 

こんなカンジ。霧に包まれているのが見えますね~。

あの中へと出勤するスタッフSは

別世界へ飛び込む感覚になります(笑)。

今月一番じゃないかとスタッフで意見が一致するほどの見事な霧氷!

霧氷の付き具合が違います。

そして今日は空が真っ青で、よく白が映えていて

寒さを忘れるほどに見とれてしまいました♪

(多分開館前でも-15℃は下回っていたかと…)

 

これだけ寒いと、ダイヤモンドダストも舞っていたのですが、

残念ながら私の腕ではうまく撮れず…(笑)、

ということで、ダイヤモンドダストは実際に見に来てくださ~い♪

 

It's very cold this morning!

I saw beautiful hoarfrost and diamond dust.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

ようこそ川湯温泉へ♪ Welcome♪

2017-12-19 11:51:32 | 自然情報(Nature Information)

いつも基本的には川湯温泉の情報として

センター周辺の様子をブログにアップしておりますが

今回は川湯温泉に旅行しに来た気分を味わって頂こうということで!

駅からの景色をご案内します!

まずこちらが川湯温泉駅、昔ながらの趣がある駅です。

そしてすでに後ろに見えているのが

そう、硫黄山です!

ここからは普段と違った角度で硫黄山を見ることができます。

普段はなかなか見られない熊落とし火口がばっちり見えるのです。

そして頂上の方に目をやると気になるのがこちらの岩。

地元の人からは「ローソク岩」と呼ばれたりしています。

旅のスタート地点でシンボルである硫黄山がお出迎えしてくれるのです♪

硫黄山の近くまで行くとここでの硫黄山とは

また違う顔が見られ、温泉街に行って

硫黄泉の温泉につかりホテルで旅の疲れを癒やしてと…

楽しみ方はたくさんです♪

ぜひ川湯温泉旅の参考にしてくださいね~!

Please come to Kawayu Onsen!

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

コメント

真っ白な朝 White town

2017-12-18 13:53:44 | 自然情報(Nature Information)

寒波の影響で真冬並みの寒さが続いている川湯温泉ですが、

今朝も氷点下21度まで冷え込みました。

 

そのお陰で、

川湯温泉街は真っ白に!

いつも足湯ばかり撮っているのでたまには神社も(笑)。

これだけ木々に霧氷がつくのは、

近くで温泉が流れているからなんですよね~。

なので、寒い朝の温泉街は温泉や川から立ち上る霧に包まれていることが多く、

幻想的な風景を見ることができますよ♪

 

ちなみに、夜明け前後が一番冷え込むとはいっても、

陽が昇った9時ごろでも、

 

-15℃でした(汗)。

 

ここまで冷え込むと、

「いや~、鼻の中が凍るよね~!」

「わかります~上手く息が吸えなくなりますよね!」

なんていう会話がスタッフ間でされるのも、

冬あるあるかも(笑)。

 

It's very cold today!!

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

今年最後の活動! Park Volunteers

2017-12-17 12:05:55 | 出来事(Happening)

昨日は摩周・屈斜路パークボランティアの皆さんと

2017年最後の活動をしました。

 

まずは昨年度からずっと準備してきた川湯園地内の樹木看板設置。

それぞれ事前に調査した樹種に看板をつけ、

スノーシューを履いて雪の中を進んだりなど、

和気あいあいと楽しく…もちろん、無事に看板を取り付けました♪

皆さん、ぜひ川湯エコミュージアムセンター周辺を

樹木に注目しながら歩いてみてくださいっ!

 

その後は2階カフェコーナーの練習!?で

実際にコーヒー豆を挽いて、みんなで淹れて飲んで、とゆったり休憩したのち、

今年の活動を振り返る例会を行いました。

様々な意見を出していただきましたよ~!

 

そして最後はお待ちかね…忘年会!

今年の活動などを画像で振り返るスライドなども準備し、

笑って、食べて、飲んで…と楽しい時間を過ごしました♪

 

摩周・屈斜路パークボランティアの皆様、

また来年もよろしくお願いいたします!

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント