KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

気の早い話

2008-06-30 14:25:55 | 自然情報(Nature Information)
ヤマブドウ。

今年はたわわに実るのか。
秋を楽しみにして思わずニヤついてしまう。
(H)
コメント

自然ふれあい行事 辺計礼(ペケレ)山登山

2008-06-29 08:26:05 | イベント(Event)
自然ふれあい行事「辺計礼山登山」を予定しております。
弟子屈町にある辺計礼山(ペケレ山)は、一般にはあまり知られていない山ですが、一等三角点を有し弟子屈町内を一望できる隠れた展望スポットです。
屈斜路湖や摩周湖、遥かなる阿寒の山々の展望を目指します。
【実施日】2008年7月6日(日)※雨天中止
【時間】9:00~14:00(天候などにより終了時刻に変更の場合があります)
【集合・解散】辺計礼山登山口付近
【参加費】300円(保険代)
【定員】20名
【申込締切】7月4日(金)正午まで ※要申込み
【持ち物】履きなれた靴(登山靴)、スパッツ(必要であれば)、雨具(ダニや風除け足元の露除けのため上下分かれているもの)、帽子、防寒着(フリースなど)、タオル、着替え(必要であれば)、行動食(こまめに食べられるもの)、お弁当、水筒
【問合せ・申込み】
川湯エコミュージアムセンタ― tel:015-483-4100
※事前に電話でのお申込みが必要です。
コメント

セミの賑わい

2008-06-27 09:19:37 | 自然情報(Nature Information)
久しぶりの青空となりました。セミたちが一斉に鳴いています。賑やかな声は、館内でも響いてます。(A)
コメント

郷土の花になるように

2008-06-26 16:33:34 | 出来事(Happening)
地元の子どもたちと
イソツツジが盛りのつつじヶ原へ。

小学校の校歌には
「匂う若葉…真白く清く限りない…」
とイソツツジのお花畑を
表している歌詞があります。
(タイトルも校歌の一節です)

情景が目に浮かぶ素晴らしい歌詞なので
校歌を歌う時には
このお花畑を思い出しますように!
(H)
コメント

和琴半島自然教室

2008-06-24 14:05:27 | 地域情報(Local Information)
動植物豊かな和琴半島。

半島内を1周できる散策路がありますが
散策の前には自然教室で
事前の情報収集がgoodです!

展示内容がリニューアルしましたので
以前に行ったことがある方も
ぜひ足を運んでみてください!
(H)
コメント

キンムトー初夏の装い

2008-06-23 14:24:23 | 自然情報(Nature Information)
ここにいるのは自分だけ。

爽やかな風にざわつく新緑がまぶしく
耳に入るのは、この風の音と
エゾハルゼミの大合唱。

空を見れば悠々と舞うオジロワシ。

もうしばらくボーッとしていたかった…。
(H)
コメント

ちゃくちゃくと準備を…

2008-06-22 15:54:15 | 自然情報(Nature Information)
5月には花粉をまき散らした雄花
すっかり落ちたシラカバ。

ふと気が付けば、タネが集まった
果穂がたわわにぶら下がっています。

秋ごろまでに成熟させ
今度は大量のタネをまき散らします。

「まき散らす」というと聞こえは悪いですが
とにかく量が多いんです…。
(H)
コメント

火事跡にも花が

2008-06-20 16:34:23 | 自然情報(Nature Information)
二年前の夏に火事にあったイソツツジの群落が、今年はようやくお花を開花させていました。火事の跡とは思いにくいほど綺麗に開花しています。(A)
コメント

ヘビににらまれた…

2008-06-17 15:41:39 | 自然情報(Nature Information)
わたくしカエルではありませんが
強烈にガンつけられています!

…といっても、センター付近で拾った
既にお亡くなりになっているヘビでした。
死してなお目に力があります。
(H)
コメント

ウグイの遡上

2008-06-16 16:32:23 | 自然情報(Nature Information)
屈斜路湖畔のコタン近くにある眺湖橋。

橋から覗き込んでみると
婚姻色で腹を赤く染め
産卵のために遡上してきたウグイが
群れをなして泳いでいるのが見られます。

…写真じゃわかりにくいですね。
ぜひ、生でご覧になってください!

ちなみにこの場所
屈斜路湖唯一の流出河川である釧路川のはじまりなのです。
前を見ると雄大な湖、ふりかえればトウトウと流れる川。
これだけでも十分感動です。
(H)
コメント