KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

青い空白い噴気

2007-04-30 15:30:53 | 自然情報(Nature Information)
今なおゴウゴウと噴気をあげる
活火山「アトサヌプリ(硫黄山)」

間近で大地のエネルギーが感じられるこの場所は
行楽日和には多くの観光客でにぎわいます。

青空に噴気の白い蒸気がよく映えます。
(H)
コメント

開花

2007-04-29 11:29:57 | 自然情報(Nature Information)
エゾエンゴサク、バッコヤナギの花が咲きました。
今日はとても暖かく、植物もどんどん開花してきてます。
花の開花と共に、昆虫達も花の蜜を求めてやってきています。
バッコヤナギは雄花の開花を確認しました。(A)
コメント

春感じる和琴半島

2007-04-28 15:32:00 | イベント(Event)
自然ふれあい行事
「和琴半島野鳥観察会」を実施しました。

鳥のさえずりなど、繁殖シーズンに見られる
特有の行動を観察したほか
フクジュソウやエゾエンゴサクなど
早春のお花を愛でたり
エゾアカガエルの合唱に耳を傾けたり…

たくさんの「春」を感じることができました!
(H)
コメント

油断すると…

2007-04-27 12:03:38 | 自然情報(Nature Information)
昨夜にかけて通過した
強い寒気を伴う前線の影響で
あたりは再び雪景色に。

最近の暖かさで
ついつい油断していましたが
この時期に雪が積もることもあります。

まだ夏タイヤには交換できません。
(H)
コメント

フキノトウ開花

2007-04-26 11:17:49 | 自然情報(Nature Information)
ようやくつぼみから花が咲きました。
このフキノトウの元は、「アキタブキ」または「フキ」と呼ばれるキク科の植物で、フキノトウとは花のことを示します。
アキタブキの葉はこれから出てきます。葉が出る前にフキノトウは開花するようです。
アイヌ伝説=コロポックル住居
アイヌ族が北海道に来る以前、コロポックルと呼ばれる民族がいました。
民族の人々は、アキタブキの葉を住居の屋根の代わりにしていたそうです。
コロポックルとは「フキの葉の下の者」という意味だそうです。
またギリシャ語で、「つばの広い帽子」のことを意味します。
(参考文献:森林で遊ぼうシリーズ3おもしろ草花の話)(A)
コメント

弟子屈の財産

2007-04-25 16:54:51 | 地域情報(Local Information)
今日、弟子屈にある郷土資料館に行ってきました。
てしかが自然史研究会が集めた思い出深い品々が、元弟子屈営林署の建物を使って展示を行っています。
展示は、硫黄製錬所時代のレンガや竈などの破片や農業機器、オルガンやミシン、今でも高価そうな盃などが2階の一室を中心に飾られています。
弟子屈町内では、本格的に郷土資料を展示しているのはてしかが自然史研究会の方々で、これからも郷土資料館の活動を続けていくそうです。(A)
コメント

Qピッチ

2007-04-24 19:19:36 | 自然情報(Nature Information)
EMC周りの雪が急ピッチに消えてなくなっています。
今日はとても暖かで、いい天気でした。
館内の暖房を入れている時間もだんだんと短くなってきています。

雪が消えると、あっという間に花シーズン到来です。
もう、ガンコウラン開花の一報が届くのも時間の問題です。(M)
コメント

ぞろぞろと…

2007-04-23 11:11:34 | 自然情報(Nature Information)
案内カウンターからふと外に目をやると
10頭ほどのエゾシカの群れが
駐車場前の道路を歩いていました。

意図せずして、こんなところに出てきてしまったのか
足取りは、どこか落ち着かない様子。
アスファルトで蹄をガチガチ鳴らしながら
おおむね森の方向に向かっていきました。
ちゃんと森に帰ったのかな…??
(H)
コメント

【イベントのお知らせ】自然ふれあい行事「和琴半島野鳥観察会」

2007-04-22 09:31:24 | イベント(Event)
川湯エコミュージアムセンター自然ふれあい行事のお知らせです。

『和琴半島野鳥観察会』

屈斜路湖にしゃもじのような形で突出する和琴半島。
湖水に囲まれ、豊かな植物相が広がっています。
繁殖シーズンに入った鳥たちの行動を観察しながら
半島内を散策します。
野草たちも愛でながら春を感じましょう!

【実 施 日】 2007年4月28日(土)
【時  間】 8:00~11:30(予定)
【集合解散】 和琴半島自然教室前
【参 加 費】 300円(保険代)
【持 ち 物】 防寒着、薄手の手袋、帽子、雨具(上下)、長靴
       筆記用具、双眼鏡、野鳥図鑑(持参できれば)
       温かい飲み物、行動食

※雨天時は室内にて代替のプログラム(1~2時間程度)を予定しています。
※事前にお申し込みが必要です。

【お申込み・お問い合わせ】
もりのパレット 川湯エコミュージアムセンター
〒088-3465 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6
TEL:015-483-4100 FAX:015-483-4111
コメント

ガンコウランの蕾

2007-04-21 10:42:18 | 自然情報(Nature Information)
そろそろガンコウランが開花する頃と思い硫黄山レストハウス裏に確認しに行きました。(地熱と太陽の光が当たりやすく暖かい場所なので、開花がもっとも早いところです。)
まだ蕾の状態でしたが、今日気温が上昇するということなので、2~3日中には開花すると思われます。ガンコウランの花はとても小さいので、じっくり観察してみてください。
花は、小さいながらもとても綺麗に咲きます。(A)
コメント