KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

イグルーよさらば

2011-02-25 12:53:07 | 館内の様子(about Eco-Museum)

最近朝の一番寒い時間から3~5度ぐらいある日が何日も続いています。

そのせいで、館前に設立した巨大イグルーの壁はやせ細り、

見覚えのない通気口がその姿を現してしまいました。

まだまだ補修すればなんとかなりそうですが時間がかかるので、

安全も考慮し昨日をもちまして、イグルーを壊すことになりました。

一生懸命に立てたぶん、さよならもまたつらいです。

1か月半のあいだ、ありがとう。

きっとまた作る日まで、さようなら。

(NOBY)

コメント

冬のイソツツジ

2011-02-25 12:28:11 | 自然情報(Nature Information)

ここ何日も暖かい日が続くなか、

つつじヶ原のイソツツジはまだしっかりと雪をかぶっています。

雪で守られることで、夏にきれいな花が咲くかどうかが決まってくるといいます。

しかし、針葉樹の傘をさしているイソツツジたちもいて、

彼らはシカの餌食になっていました。

さて次の夏どれほどの花を咲かせてくれるのか。

楽しみです。

(NOBY)

コメント

春のような日差し

2011-02-24 21:35:37 | 自然情報(Nature Information)

センターの玄関タイルはいつも圧雪アイスバーン状態。

しかし、今日は朝から雨だれが落ちていました。

ふと、入口の温度計を見ると、プラスの5℃!なるほど。

時ならぬ南風に、いつもはサラサラの雪もだらけているよう。

寒波大好き人間としては、さみしい限りです。(H)

コメント

自然ふれあい行事「摩周湖外輪山ウォーク」~スノーシューで迫る摩周の秘密~

2011-02-21 14:04:18 | イベント(Event)
屈斜路湖の御神渡りを観察したら次は摩周湖へ!
夏場は笹で覆われ外輪を歩くことができない摩周。
素晴らしい摩周湖や川湯の景色をゆっくりとスノーシューで歩きながら楽しみ、
普段見られない冬の自然を満喫しましょう。
【実 施 日】2011年3月6日(日)※悪天中止 判断:当日6:30頃
【時   間】10:00~12:30(予定)
【定   員】20名
【対   象】一般(お子さまは保護者同伴)
【参 加 費】300円(保険代)+スノーシューレンタル代300円
【集合・解散】摩周湖第1展望台駐車場 *ゲート駐車場付近に集合してください。
【持 ち 物】スキーウェア上下、防寒着(フリースやセーターなど)、防寒靴、ニット帽、手袋、タオル、行動食、飲み物、スノーシュー&ストック(お持ちの方)、着替え、お弁当(解散後お昼をとりたい方)
【内   容】摩周の冬ならではの自然が作り出した造形がいくつも隠されています。誰もいない静かな空間の中、摩周湖と摩周を取り巻く雄大な自然を、スノーシューを履いて見に行きませんか?

【日帰り入浴料200円割引券・参加証】
川湯エコミュージアムセンター主催の自然ふれあい行事に参加していただくと、参加証をお渡しいたします。参加証を川湯温泉の指定施設でご提示していただくと、日帰り入浴が大人200円、小人100円割引となります。

【申込み締切】3月4日(金)まで ※定員になり次第、締切とさせていただきます。
コメント

御神渡り観察会

2011-02-21 10:47:46 | イベント(Event)

屈斜路湖で20日、御神渡り観察会が開かれ15名ほどが参加しました。

前日の降雪で雪をかぶった状態でしたが、延々と続く氷の隆起を観察し、

氷に穴を開け厚さを測ったり、氷の結晶を偏光板で見るなど、

冬の自然の一コマを満喫しました。(H)

 

 

 

コメント

アカゲラの小径

2011-02-19 13:03:33 | 自然情報(Nature Information)

朝EMC裏の森を歩いていると、遠くから、コンコンコンコンと音が聞こえてきます。

朝の散歩中に聞こえてきたのは初めてだったので、

音のする方に近づいてみると・・・いました。

アカゲラさんです。川湯に来てから何回か見かけていましたが、

EMC裏の森で出会えたのは初めてだったので、

うれしくてモデルさんになっていただきました。

そのうちにどこかへ飛び去っていきました。

早朝からうれしい出会いでした。

(NOBY)

コメント

御神渡り

2011-02-17 19:38:19 | 自然情報(Nature Information)

22日に全面結氷した屈斜路湖。

3日には御神渡りができ、今年も立派なものができる!!

と思ったのも束の間、1213日と吹雪になり、

氷の上に雪が積もってしまいました。

砂湯付近では氷が溶け、

御神渡りも何十mも遠くにしか見ることができません。

しかし!!

和琴の付近では吹雪の中、雪は風に飛ばされて

しっかりと御神渡りを拝むことができました。

近くの尾札部川の河口も全て凍りつき、

フロストフラワーも見ることができます。

川湯厳冬の世界がとてもきれいに映って見えます。

(NOBY)

コメント

川湯の冬

2011-02-17 12:52:29 | 地域情報(Local Information)

みんなでスノーシューを履いてEMC裏にある森の中で冬の森を見てきました。

冬の森ってとても静かで聞こえてくるのはカラスの声だけ。

そんな中、じゃあ冬の雪の下ってどうなってるの???

とみんなで雪掘り。

雪の下には枯れた草だけでなく、

生きたコケやマツの赤ちゃんが一生懸命生きていました。

そんな観察が終わると今度はみんなでスノーシューで鬼ごっこ。

雪に足がからまり転びながらも一生懸命に鬼ごっこを楽しみます。

存分に雪の多い冬の森を楽しんだ後は

雪の全くない足湯近辺で温度計を片手にお湯や雪、氷や水、むき出しになった土など。

なぜここでは雪がないのかを調べていきます。

でも最後には雪が水になりお湯から湯気が出て湯気がまた雨や雪となって落ちてくる。

みんなの回りで水は常に繰り返されているということを発見しました。

最後に冷えた足と手を足湯で温めます。

あ~気もちいい・・・

森の中と地熱で温かい場所では水が変化することによって

こんなに違うものなんだなということが実感できた半日でした。

コメント

雪はともだち

2011-02-16 15:48:02 | 地域情報(Local Information)

今日は川湯小学校の1.2年生14名と先生3名が、総合学習でセンターに来てくれました。

館内で雪について勉強した後、快晴の外に出て、雪の家づくりに挑戦。

スノーソーで雪のブロックを切る人、積む人、固定する人、みんなで役割分担。

「ワイワイ、ガヤガヤ」 1時間半後には立派な雪の家が完成しました。

最後は雪のイスとテーブルでお茶を飲み「あーおいしい」

雪はともだち!みんな楽しい一日を過ごしました。(H)

 

 

コメント

気持ちのいい日

2011-02-14 14:52:19 | 自然情報(Nature Information)

13日の天気の吹雪はいったいどこへ??

というぐらいの快晴でした。

そんな中、来月6日に行われる摩周外輪山スノーシューウォークの下見へレッツゴー!

本当は2時間ぐらいで帰ってくるはずだったのですが、

気が付いたら黙々と第3展望台まで峰伝いに歩いていました。

途中には霧氷がとてもきれいにできていたり、

屈斜路湖の氷が凍っている様子や

遠くには流氷まで見ることができました。

 

コメント