花耀亭日記

何でもありの気まぐれ日記

彫刻家はニコデモがお好き(^^;

2022-01-17 00:56:03 | 西洋彫刻

以前、このブログで「ミケランジェロとカラヴァッジョのニコデモ」について書いたことがある。

https://blog.goo.ne.jp/kal1123/e/46335b9f6c0fc529b547e39118403b0d

ミケランジェロ《バンディーニのピエタ》(1552-53年)ドゥオモ博物館(フィレンツェ)

このピエタのニコデモはミケランジェロの自刻像(セルフポートレート)とされる。ニコデモは伝説(新約聖書外典)によれば、後に木彫りのキリストの磔刑像を作ったという。カラヴァッジョがそれを念頭に《キリストの埋葬》でニコデモをミケランジェロとして描いた可能性は、まぁ、否定はできないのだけどね

で、実は、このニコデモ自刻像はミケランジェロだけかなぁと思っていたら、なんと、ドイツの彫刻家たちもニコデモを自刻像として彫っていることをお勉強してしまった。あの!リーメンシュナイダーさえもなのだ!!

ティルマン・リーメンシュナイダー(Tilman Riemenschneider, 1460頃 - 1531年)はヴュルツブルグの巨匠(彫刻家)である。当時の彫刻は彩色彫刻が主だったが、リーメンシュナイダーは専らモノクロームの木彫を作った最初期の彫刻家でもある。

ティルマン・リーメンシュナイダー《クリクリンゲン祭壇画》プレデッラ(右端)〈博士たちと議論する少年イエス〉の博士の一人としての自刻像(セルフポートレート)。

下↓はニコデモとしてリーメンシュナイダー自刻像と言われる作品だ。

ティルマン・リーメンシュナイダー《哀悼群像》(1519-22年頃)マイトブロン,シトー会女子修道院聖堂(砂岩彫刻)

上画像の拡大図:中央に精油壺を持つニコデモがリーメンシュナイダー自刻像と言われる。

ちなみに、デューラーと同じニュールンベルグのアダム・クラフト(Adam Kraft, 1455/60 - 1509年)も。下は彫刻道具を持った自刻像(セルフポートレート)。私が作りましたっ!て顔ですね。顎髭が見事!

アダム・クラフト《台座を支えるアダム・クラフト》(1496年)聖ローレンツ教会

下↓は顎髭クラフトのニコデモ自刻像とされるもので、ちゃんと槌と鑿(彫刻道具)を持っている

アダム・クラフト《シュライアー家とランダウアー家の墓碑》(1492年)聖ゼバルドゥス聖堂東壁面

いずれにせよ、彫刻家がニコデモを自刻像(セルフポートレート)として彫っているのは、画家たちが聖ルカを自画像として《聖母を描く聖ルカ》を描いているのと同じなのだろうなぁと了解したのだった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ポンペイ」展が宮城に巡回!♪

2022-01-16 02:32:54 | 展覧会

1月14日(金)から東京国立博物館で「ポンペイ」展が始まったが、なんと!宮城にも巡回するようだ

https://pompeii2022.jp/

【東京】東京国立博物館 2022年1月14日(金)~2022年4月3日(日)

【京都】京都市京セラ美術館 2022年4月21日(木)~2022年7月3日(日)

【九州】九州国立博物館 2022年10月12日(水)~2022年12月4日(日)

 ほか1会場(宮城)

って、宮城にちゃんと巡回してくださいね、お願いですから

私的にナポリの国立考古学博物館は訪れたことがあるのだが、恥ずかしながらポンペイには行ったことがない。当時は古典古代苦手だったので、2度のナポリ行きはカラヴァッジョのためにだけだったが、それでも《アレクサンドロス大王のモザイク》は観ておこうと思ったのだ。

近年、ミラノで「MITO E  NATURA」展を観、古典古代も面白いじゃん!と開眼、その後、ちょっとギリシア・ローマ美術をお勉強する機会があった。次にナポリに行く時はぜひポンペイへ...と思っていたら...この状況になってしまったのだよ

ポンペイへはいつ行けるかわからないが、「ポンペイ」展で予習勉強できたらいいなぁと思う。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国立新美術館「メトロポリタン美術館展」チケット販売開始!

2022-01-09 16:07:19 | 展覧会

国立新美術館「メトロポリタン美術館展」のチケット先行販売が始まった。

https://www.nikkei4946.com/2022/met_tokyo3/

日経ID決済で先行割引にて日時指定入場券

 ・先行販売期間:2022年1月7日(金)~1月24日(月)

 ・特別価格:1,900円(200円割引)

 ・観覧予約対象期間:2022年2月9日(水)~3月31日(木)

◎通常販売(日時指定入場券)

 ・通常販売期間 :2022年1月26日(水)~

 ・通常価格:2,100円

コロナ感染拡大のため、東京都美術館「フェルメールとオランダ17世紀絵画展」の開催が延期されたが、この国立新美術館「メトロポリタン美術館展」もどうなるのか予断が許されないところだ。無事の開催を祈るしかないだろう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

縁起物。

2022-01-02 13:28:50 | 食べもの

年末に東京の友人から届いた「縁起物」

実は、この「だるまさん」はお菓子の箱で、中にマドレーヌなどの焼き菓子が入っていた

お正月スイーツということで、努力目標のダイエットが今年も危うくなる予感

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

謹賀新年。Buon capodanno!

2022-01-01 01:56:06 | Weblog

新年明けましておめでとうございます!!🎍

Happy new year!!

Buon capodanno!!

カラヴァッジョ《バッカス》(1597-98年)ウフィッツィ美術館

今年もよろしくお願い申し上げます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NHK仙台放送局「ドラマ『岸辺露伴は動かない』展」を観た(^^;

2021-12-27 01:59:52 | 展覧会

NHK仙台放送局で「ドラマ『岸辺露伴は動かない』展を観た感想をサクッと

https://www.nhk.or.jp/sendai-blog/info/458107.html

ドラマ岸辺露伴は動かないの新作が12月27日~29日、3夜連続で放送される。去年放送された3作を私的にも面白く見たので、今回の新作放送も楽しみである。

「原作者・荒木飛呂彦さんの出身地である仙台からドラマを盛り上げるべく、NHK仙台放送局でドラマ『岸辺露伴は動かない』展を開催しています!」(NHKサイト)

この展覧会は仙台だけの特別展なので貴重かも。なにしろ、杜王町だし、NHK仙台放送局も定禅寺通りにあるし...(笑)。

(仙台メディアテーク「ジョジョ展」(2017年)貸切バス停留所

今回の展覧会では番組台本や、岸辺露伴を演じた高橋一生さんや共演者の皆さんが着用した衣装(デザイン画も)や小道具などが展示され、興味深く見てしまった。

岸辺露伴の衣装だが、中に着ているシャツが凄~く手が込んでいて、なかなかに洒落ていた♪

露伴のヘアバンドってこーなっていたのね(笑)

本にされた顔。泉京香ちゃんが可愛い♪

今回の展示の中で一番面白かったのは、新作で使用した露伴の描いた漫画「ピンクダークの少年」と集明社の袋(笑)。編集者の泉京香ちゃんが持って来るらしい。

露伴先生の単行本シリーズも凝った造りでビックリ!!😲 天を見たら、中身も印刷されているようだったので、多分、荒木さんの本に表紙を付けたのかも??

展覧会詳細は上記URL(HNK仙台放送局のサイト)にも出ているので、興味のある方はご参照あれ。

ということで、いよいよ今日12月27日(月)から新作の放送が始まるので楽しみだ

https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/?cid=orjp-dramab-210815-0135

[NHK総合]

第4話 2021年12月27日(月) よる10時~10時49分

第5話 2021年12月28日(火) よる10時~10時49分

第6話 2021年12月29日(水) よる10時~10時49分

展覧会感想ついでに、なんだか、番宣までしちゃったわね(;'∀')

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマス・スイーツ(^^;

2021-12-25 18:07:00 | 食べもの

クリスマスにはケーキがつきものだけど、🍓苺ショートはいつでも食べられるし...

ということで、去年は「シュトーレン」を買ってみた。

上掛けの粉砂糖がボロボロ落ちるし、甘いし...私的には苦手だった。

ということで、今年は試しに話題の(?)「ベラヴェッカ」(アルザス地方のお菓子)を購入。

でもね、これが砂糖&果糖&蜂蜜が一緒に攻め来るような、めちゃくちゃ甘過ぎるシロモノで、まるでイタリアのドルチェみたい!!

ということで、やはり次回からは、甘さ控えめイタガキの苺ショートにしよう!と心に誓ったのだった。お粗末

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Merry Christmas!! Buon Natale!!

2021-12-24 14:53:07 | Weblog

 Merry Christmas!! Buon Natale!!

 皆さまにとって、素敵なクリスマスでありますように!!

カラヴァッジョ《羊飼いの礼拝》(1609年)メッシーナ州立美術館

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年に観たい展覧会メモ。

2021-12-15 16:46:55 | 展覧会

コロナ感染がようやく下火になったと思ったら、新たにオミクロン株が発生...。2022年が果たしてどうなるのかわからないが、ワクチンの3回目接種が終わったら、観たい展覧会(コロナ次第だけど)を自分用にメモしておきたい。

「ポンペイ」展 東京国立博物館

2022年1月14日(金) ~ 2022年4月3日(日)

https://pompeii2022.jp/

・「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」 東京都美術館

2022年1月22日(土)~ 2022年4月3日(日)

https://www.dresden-vermeer.jp/

・「メトロポリタン美術館展」 国立新美術館

2022年2月9日(水)~ 2022年5月30日(月)

https://met.exhn.jp/

カラヴァッジョ《合奏》(1597年)メトロポリタン美術館

・「スコットランド国立美術館展」 東京都美術館

2022年4月22日(金)~ 2022年7月3日(日)

https://greats2022.jp/

ベラスケス《卵を料理する老婆》(1618年)スコットランド国立美術館

・「琉球」展 東京国立博物館

2022年5月3日(火) ~ 2022年6月26日(日)

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/ryukyu2022/

2020年の春以降、東京へはすっかりご無沙汰している。地方から東京に行くことは、東京から地方(感染者少)へ行くのとは違い、怖さもあるし周囲に気も遣う。果たして2022年は東京に展覧会を観に行けるようになるのだろうか??

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ルーベンス《シャルル・ル・テメレールの肖像》(2)

2021-12-13 21:09:45 | 西洋絵画

さて、先に書いた ルーベンス《シャルル・ル・テメレールの肖像》(1)の続きを...

(2)ルーベンスはシャルルの顔を、どの先行作品を参考として描いたのか?

ピーテル・パウル・ルーベンス《シャル・ル・テメレールの肖像》(1618年頃)ウィーン美術史美術館

https://www.khm.at/objektdb/detail/1627

シャルル(Charles le Téméraire,1433 - 1477年)の肖像は、先に紹介した《エノー年代記》の少年時代や「アラス・コレクション」模写等も含め、意外に色々あるようだ。

で、ルーベンスがどの先行作品を参考したのか?と考える時、やはり観る人に「この肖像はシャルル・ル・テメレーだ」と容易にわかってもらえることが大切なポイントだったと想像する。ならば、各地に模写作品も残っているブルゴーニュ公家の公式ポートレート(?)が一番参考になると思うし、実際に見る機会も得やすいと思うのだ。

先ずは、一番有名な青年時代のシャルル像。この頃はまだ若々しいシャロレー伯。模写作品も各種あるようだ。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(工房?)《シャルル・ル・テメレールの肖像》(1454年頃)ベルリン国立絵画館 

ちなみに、ドイツ版Wikipediaによると、この作品はネーデルラント総督マルガレーテ(フィリップ・ル・ボーの妹)が所持していたものらしい。おじいちゃんの肖像画ね

そして、ディジョン博物館に残っているはオッサン壮年時代のシャルル。甲冑姿に「テメレール」らしさが出ているような気もするし、甲冑姿ということで参考になったかも

Unknown《シャルル・ル・テメレールの肖像》(オリジナルは1474年、16世紀半ばのコピー)ディジョン美術館

フランス版Wikipediaによると「1474年のオリジナル(?)の後の16世紀半ばのコピー。この肖像画は、亡くなった両親の遺体をディジョンのシャンモール修道院に葬送した1474年の日付を冠しており、当時、シャルル・ル・テメレールは素晴らしい鎧に身を包み、ディジョン入市式を行った。彼の入市式は盛大な祝祭として執り行われ、公爵(シャルル)は王になりたいという彼の願望を表明するスピーチをした。この機会に肖像画が作られたのかもしれない。このパネルの年代測定研究によると16世紀半ば以降のコピーと考えられる。」(少々意訳しました

これら2作品だけでなく、残存するシャルルの肖像画に共通するのはクリンとした天パーっぽいクセ毛頭髪で、短い前髪があっちこっち向いているのがルーベンス作品にも踏襲されており、描かれた顔つきもなんとなく似せているような気がする。特に鎧姿のシャルルはアイデア段階で参考になったような気がするのだけど、どうなのだろう??

もちろん、ルーベンスは精悍で堂々とした騎士シャルルを描いており、「私は王になりたい!!」というその願望を絵にしたような、堂々とした王者の風格を持って描いているところが興味深いし上手いなぁと思う。

実際のシャルルはトリーア会議(1473年)で神聖ローマ皇帝フリードリッヒ3世に「私をローマ王にしろ!」と詰め寄った挙句、皇帝に逃げられたのだけどね。で、皇帝はこっそりトリーアから逃げだしたけど、父と一緒に会見したマクシミリアン1世(当時は14歳の少年)は、煌びやかな騎士姿のシャルルに魅了され憧れたようだ。

ルーベンス描くこの威風堂々騎士姿のシャルル像なら少年マクシミリアンが憧れるのも了解できるのだけどね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする