暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

チヂミ

2013-03-31 20:46:59 | 料理

今日の昼食は、ホットサンドです。

おいしいので、最近何度も登場します。

本日の具材は、ハム、きゅうり、チーズでした。

さっき、その話をしたら、

「きゅうりが入ってたの?」

と夫に聞き直されましたが、一人に1/2本入ってたのに、気づかなかったのでしょうか。


夕食は、さばのみりん干しと、チヂミです。

このチヂミは、豚肉、にら、にんじんだけで、シンプルでおいしいです。

たれは、味ぽんとコチュジャンと、ごま油を混ぜただけのものですが、チヂミに絶妙に合います。

いつもは、チヂミは2人分のレシピ通り作りますが、おいしいので、今回は、にら1束を全部使って、
4人分作りました。

夕食のとき2人分、お夜食に2人分です。


今まで、チヂミって、こんなにおいしかったっけ? と 思いましたが(夫もです)、
やはりつけるたれがポイントですね。




写真はまた、ajinomoto レシピ大百科からのお借りものです。

何度でも食べたいです。



下のバナーのクリックお願いいたします。
  ↓

人気ブログランキングへ

こちらのバナーもクリックお願いいたします。
  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

予定は未定で決定ではない

2013-03-31 09:57:15 | 日記

昨夜は、ブログを書きそびれました 

今日は日曜日。

もしお天気が良かったら、県立高校の吹奏楽部演奏会を市民会館に聴きに行く予定でした。

小雨が降っているので、やめました。

だいたい、自転車が乗れない日は、夫が出かけたがらないので、何か予定していても、
当日中止になります。

病院の予約も、前日に明日は雨、とわかっていたら、予約を変更してしまいます。

私自身はクリニックの予約があれば、大雪・大雨でない限り、予約通りに行くほうですが、
夫は、なるべく、雨の日に出かけたくないのです。

ただ、再予約した日がまた雨だったときは、カッパを着て、行っています。

膝が悪いので、歩くのは嫌がります。

神戸に旅行した時は、ずいぶん歩きました。

平地ならいいそうです。

うちは、町の名前に坂がつくくらい、坂の多い町に住んでいます。

どこへ行くのにも、家から下って行かなければなりません。

したがって、帰りは必ず、昇るのです。

駅へは、家から下った後、また登って、てっぺんまで行くことになります。

夫の足で、駅まで徒歩で25分くらいかけたら、自転車でずいぶん乗れます。

小都会まで着いてしまいます。


マンションを購入するとき、駅から遠いことは考えに入れていましたが、7分くらいの所に
スーパーがあるので、日常の買い物はそこで済ませられるから、年を取っても、生活に困ることは
ないだろうと思って、駅から遠いゆえに販売価格が安い物件を買えたのです。

いまのところ、買い物に不自由はしていませんし、マンションに来てから、二人とも自転車を
買ったので、行動範囲は広がりました。

自転車を乗れない年齢になっても、買い物に困ることはないですが、小都会に行くには、一番近いバス停から
バスに乗るか、駅まで20分以上かけて歩き電車に乗ることになります。

旅行などの帰りは、駅からタクシーでワンメーターなので、たいてい、タクシーで帰ります。


年を取ったら、二人で、駅とは反対側の坂を下り、川の両岸に長く続く親水公園を散歩しようと
話していましたが、夫が歩くのには、痛い足になってしまったので、それもかなわなくなりました。


先のことを楽しみに計画を立てていても、身体的、精神的、経済的事情や、実家の家族の健康状態なども
絡んでくるので、計画通りにはいきませんね。

仕方のないことです。



こちらのバナーをクリックお願いいたします。皆様のご協力で順位が上がります。
   ↓

人気ブログランキングへ

よろしければ、こちらのバナーもクリックお願いいたします。
   ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カロリー

2013-03-29 18:57:38 | 日記

昼食は、きのうの約束通り、ポテトサラダのサンドイッチと紅茶でした。

おやつは、とくに何も買ってないので、くずきりをゆでて、黒みつをかけて食べました。

夕食は、「ほうれん草としめじ・ベーコンのグラタン」、「なすとピーマンの味噌炒め」でした。


夕食は、味付けが少ししょっぱすぎました。

気を付けないと、塩分の味が普通の仕上がりになってしまいます。

ごはんは、150gくらいなので、小さなお茶碗に平らに一杯だけです。

以前、ごはんは、その程度でキープしていたとき、夫がやせて、「自分が癌じゃないか?」と
気にしだして、妙に神経質になって、ドクターショッピングをしたので、それは、私はほんとに困りました。

どの科で診ていただいても、極端な数値が出たりはしないのです。

結局、食事で調整しすぎじゃないだろうか、ということになり、ご飯のお茶碗を大きめの物に変え、
180g強食べるようにしました。

ご飯も多く炊くのです。

そうすると、体重が増えてきました。

やはり、カロリーが足りなかったようです。

カロリーが足りないと、エネルギーを脂肪のほか、筋肉からも取ってしまうので、痩せていくらしいです。

私は、夜更かしで、夜食をときどき食べてしまいますが、夫は早寝なので、夕食を摂ったら、もう
その日は、食べることはありません。


ところが、大きめのお茶碗が続いたところ、今度は、血液検査で中性脂肪が基準よりかなり高めに
出てしまいました。

炭水化物の摂りすぎが思い当たります。

それで、また、ご飯は、150gの小さいお茶碗に戻しました。

いまは、夫は68kgを保っていて、癌などの心配事は消えたようです。

胴体のうち、胸の筋肉が落ちて、おなかに脂肪がつくのは、加齢でしかたのないことで、この脂肪まで
取れてしまうほど、食事制限をしたら、栄養失調になってしまいます。

ということで、いまは、落ち着いています。


私は、というと、太っています。

夫の食べる量と同じ量で食事はしていますが、時々、夜遅く、食べてしまうことがあるからです。

それと、運動をしません。

うちにいて過ごしていることがほとんどで、買い物も夫がしてきてしまうので、外に出る必要が
ありません。

以前、駅前のマッ●までウォーキングして日本史の勉強をすることを心掛けたのですが、それも
行かなくなってしまいました。

日本史の勉強も、さぼりぎみです。

働いていた頃、毎朝、CDでラジオ体操第一をして、ストレッチをしてから、出掛けていましたが、
そのせいで、腰をグキッとさせてしまったことがあるので、それ以来ストレッチもしなくなりました。

内転筋のストレッチを整形で習ってから風呂上りに動かしていますが、その痛みが取れたら、
また、毎日、ストレッチをするのを習慣にしていこうかと、プランだけはあります。


プランだけは立てるのですが、何か目標があれば別ですが、フツーやり遂げられません。



こちらのバナーをクリックお願いいたします。みなさまのご協力で順位が上がります。
  ↓

人気ブログランキングへ

よろしければ、こちらのバナーのクリックもお願いいたします。
  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

せんきゃべつ

2013-03-28 19:37:29 | 日記

夕食に、昨晩の「春野菜の甘辛煮」(レシピ通り)、「ポテトサラダ」、「豚肉のソテー」(少々)、
しらす干しのさっぱり混ぜご飯(レシピ通り)をしました。

席についたテーブルの自分の前に、4点が並ぶ食事だと、夫も

「おおお、おおごっつぉだー」

と、喜びます。

手間がかかるのはどれだと言ったら、ポテトサラダです。

それを、昼にポテトサラダのサンドイッチを作って、と言うのです。

今回はちょっとはっきり言わせてもらいました。

「ポテトサラダは、ランチに ちょちょっと、作るような簡単じゃないから、夕食でいいでしょ。
 明日の昼に、サンドイッチにするから。」

今夜の夕食にポテトサラダにすることに了承してもらいました。

何に手がかかって、どれが塩分高いかとか、わかってないんじゃないでしょうか。


しらす干しの混ぜご飯も、夫が作ってというので、3つもおかずがあるのに、作りましたが、
これは、しらすの塩分ばかりか、梅干しも1個いれてあり、だしの粉末も塩分を含んでいます。

このメニューでは、塩分が高いです。


朝、キッチンの散らかしのことで、起きてきてすぐ、小言を言ったので、夫が機嫌が悪く、
また、メニューのそのことで、もし反対意見を言ったら、火に油を注ぐことは明らかで、やむをえず
作りました。

夫が健康のために、自分用に、せんきゃべつを自分でよく作ります。

でも、せんきゃぺつを作ったあとは、残骸が調理台と言わず、キッチンの床と言わず、
散らかってそのあとがいやです。

健康のために、せんきゃぺつを積極的に食べているようです。

買い物も、一年を通じて、安いキャベツを求めて、遠くのスーパーまで買いに出かけています。


私の実家では、生野菜をあまり食べない習慣だったので、とんかつの付け合せのせんきゃぺつなら
いざ知らず、ただ、料理の1品にせんきゃぺつなど、食べたくないです。

夫は私が作りたがらないので、自分で作っているのです。

私の手抜きで夫が作っているのだから、散らかっていることを怒るのは、おかしいのですが、
朝起きてきて、さあ朝食を作ろうと思ったときに、キッチンの床がキャベツだらけになっているのは
いささか、カチンときます。

口げんかをしながら、掃除をしてから、朝食作りをしました。




クリックお願いいたします。皆様のご協力で順位が上がります。
  ↓

人気ブログランキングへ

できましたら、こちらのバナーもクリックお願いいたします。
  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へにほんブログ村

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芸術的センスは・・・

2013-03-27 19:43:03 | 日記

きのうのサッカーのヨルダン戦は、負けてしまいました。

残念でした。

本田選手と長友選手がいないのは、ちょっと不利でしたかねー。

6月、ホームでオーストラリアに勝って、W杯ブラジル行きを決めてもらいたいです。


さて、今日はまた寒くなりました。

1月末に行って以来、久しぶりに、美容院にカットに行きました。

きのうからの雨で、午前中は降っていましたが、こういう日に美容院に行くと、すいていると
わかっていたので、昼ごろ雨が止んだし、自転車に乗らずに、歩いて行きました。

前回は刈り込みすぎたので、「少し切って整えてください」とお願いしましたら、
まあまあ満足の仕上がりでした。


私は隔世遺伝なのか、両親が縮れ毛なのに、私は直毛です。


若いころは、大人になると、みなパーマをかけて、学生時代も朝、髪型を整えるのに時間が
かかりました。

そのうち、ソバージュの時代がやってきました。

私も髪を伸ばし、世間やテレビの若い人と同じく、ソバージュのパーマをかけました。

今は、直毛でも、パーマをかけない人が多くなり、手入れが簡単で助かります。

美容院代もずいぶん安くてすみます。

美容院の店長も、最近は、お客さんはカットも2か月に1回の人が多い、と言っていました。

だから、美容院の収入も落ちているそうです。

私もそれを聞いてからは、そのくらいの間隔で美容院に行くようになりました。

ひどいときは、自分で、前髪だけ切って、またひと月もたせたこともあります。


美容師さんは文字通り手に職があり、日本中、どこへ行っても生きていけそうです。

自分で店を持つこともできるし、ボランティアに行って喜んでもらえることもできます。

私が15年くらい通っている美容院の店長は、通信で美容師の資格を取った、と言っていました。

男性です。

私は、絵やデザインなどのセンスがないので、美容師には不向きだろうと思います。

学生時代、生物や顕微鏡で見たものなどを写生をする授業がいろいろありました。

美術の絵と違って、ケント紙に、黒い1本の線で精密に描いていくものです。

苦手でした。

子供のころから絵はずっと苦手でした。


姉のところの甥、姪たちはすばらしく絵が上手で、小さい時から様々な賞を受賞しています。

絵が描けたら、その道の仕事にも就けるし、生かせる道は開かれていると思います。

趣味として生涯楽しむこともできて、なんとうらやましいことでしょう。


音楽も、小さい時から親がクラシックを日常聞いているような環境に育った子は、きっと
音楽を楽しむことを知っていて、音楽の才能が磨かれたり、音楽に救われたりすることも
あるのでしょう。


育った環境になくても、自分で興味を持って芸術のほうに才能を開花する人も中には
いるかもしれませんが、ふつうは、小さいころに育まれたものが将来の芸術的なセンスが
成長する過程で自分の中で磨かれていくのではないかと思います。

卒論で私がお世話になっていたころ、先生に赤ちゃんが生まれました。

話してくれたことで、こんなことをおっしゃっていました。

「子供が成長して芸術を何か楽しむことがあるとすると、親が子供にきっかけは与えて
 あげないと、何か好きになるとしても、どのようなものがあるかわからないのだから、
 まず、いろいろなものに触れさせてあげることだと思う。」

そして、こうもおっしゃっていました。

「あなたの年からなにかを始めても若いのだから、何十年もキャリアを積めるわよ」

そう言ってくれましたが、私は、芸術は小さいころから始めないと無理だと思っています。


私は、そういう面で、きっかけを作ってもらったかどうか、芸術系で開花するものは
何もなかったし、私自身の中にその才能がなかったのだと思います。

子供のころから、視野を広くもつことに関心がなかったのでしょう。


なんか、落ち込む話題を自分で選んで、書いてしまいました。




クリックお願いいたします。皆様のご協力で順位が上がります。
   ↓


人気ブログランキングへ

できましたら、こちらのバナーもクリックお願いいたします。
   ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする