暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

俳優さんの疲弊

2022-06-01 17:16:08 | テレビ
コロナ禍の外出自粛も緩やかになって、親戚、友人とも会食するようになった。
姪の出産で上京した姉とも何度も会って話すこともできたし、元気な赤ちゃんにも何度も会えた。
私には子供がいないので、姪の長女の誕生がこころからうれしかった。
私も大叔母になった。

甥姪が誕生したころは、私自身に仕事があって、ゆっくり見つめる時間もなく、姉は赤ちゃんと一緒に、産前産後にお世話になった実家から自宅に帰って行った。
仕事もなくのんびりと暮らしている今だから、3月に生まれた赤ちゃんのことを新鮮に見ることもでき、愛らしさに感動した。


日常は、相変わらず、テレビのドラマや映画を自宅でよく観る生活をしている。
そこで、この回の主題に入って書くことにする。



最近のドラマでは、俳優さん女優さんが涙するシーンが多く、ポトリとかもあるが、長い涙の泣くシーンをよく目にする。


それから刑事物だと、階段から落ちるシーンも多い。


高いビルの縁で演技している場面もよく出会う。


そして書きにくいが、キスシーンもよく目にする。


的外れかもしれないが、私は、俳優さん、女優さんに、感情表現や演出上の過剰な表現を、強要しているのではないか、と心配になる。

この数年、芸能人の方の自死が多い。
報道で知り、「えええっ?」 となることもよくある。
それも若い人が売れっ子なのに、と思うこともある。

演出上、無理をさせてないだろうか。
人が涙するのは、こころから胸を突き動かされたときに起きる本来なら自然な成り行きのものであるだろう。
愛情表現のシーンでもそうで、出演者の初回の撮影がキスシーンからだった、しかも初対面だったなどと撮影秘話で話している場合もある。
高所での撮影や転落する演技、それらは、編集で加工できるのかもしれないが、そればかりではないようにも思う。

こうしたことの無理強い(むりじい)は、俳優さん、女優さんをすり減らし、尋常でない心の持ちように追いやられていて、観ていても気の毒に思うことがしばしばだ。

このようなことを平気で続けるより、内容で推測できる場面もいくらでも製作できるだろうにと思ってしまう。

ドラマの制作にはまったく関わりはないが、素人から観て、そのような受け止め方をさせるのは、やはり自然ではない。
芸能にかかわらず、どんな仕事でも、強要はいけない。
これは、一種のパワハラだ。
演技者が断ることや意見を言うことなどできないだろうと思うからだ。
実に気の毒だ。

あ、また泣くシーン?
と、思わせてしまうストーリーの展開って、どうなの? と思ってしまうのは私だけだろうか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自宅で映画

2021-01-01 20:48:58 | テレビ

昨年末、12月30日にケーブルTVのJCOMで録りだめしてあった邦画を2本観た。

私は邦画が好きだ。



「22年目の告白」、「検察側の罪人」 を観た。良かった。

今日は、「パーフェクトワールド 君といる奇跡」を今、観た。

ちなみに、3本中2本に、昨年9月に亡くなった芦名星さんが出演していた。


JCOMに加入したのは、夫が広島の野球を全部観たかったからで、料金は小遣いで払っていた。

一昨年末には、電話やインターネットもJCOMに加入して、TV関係だけは、夫が小遣いで今でも支払っている。

未亡人になったら、新聞の購読はやめるかもしれないが、JCOMは続けるかもしれないな、と最近思った。

「北の国から」も全部、昨年観ることができたし、地上波でまだ放映していない映画をやる。

また昔のドラマを放送するので、見逃していたものや、また観たいと思っていたものに出逢える。

コロナウイルスの外出自粛で、自宅にいる日々だと、ケーブルTVは最高だ。


20年前にも、一度、JCOMに加入したことがあったが、働いていたこともあって、ほとんど観なかったので、もったいないから、JCOMは解約していた。

その頃に比べて、今のほうがコンテンツが充実している。

映画、ドラマは、たっぷりやっており、今は、ケーブルTVはオススメだ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

健忘か認知症か

2020-11-23 20:28:45 | テレビ

テレビドラマをよく観ていること、そして、一度観たはずのドラマの筋や犯人のことを忘れていることを、以前のブログに書いた。





夫にそのことについて話してみた。

夫もドラマを録画してよく観ている。

別の部屋で、自分の好きな番組を個人的に録って観ている。同じ番組をそれぞれの部屋で、好きな時間に観ていることもある。


私は、番組の冒頭で、これは一度観ている、と確信するドラマによく遭遇するが、刑事物を観ているときには、最後のどんでん返しで犯人が明らかになるまで観ていても、その直前までまだ結末や犯人を思い出せないで、ドラマを終わりまで楽しんでしまう。

ところが、夫は、一度観たドラマは、筋がわかるので、このシーンの次にあの男が登場する、ということまで、事細かく覚えている、というのだ。

夫は私より7歳年上だが、記憶力はかなり良い。

昔二人で行った旅行の場面もよく覚えているし、初めて訪れた場所から、駅までまた帰るというようなときもよく道を覚えている。

私の番組の中のことを覚えていない現象は、健忘のうちだろうか、それとも、認知症の予兆だろうか。



私に病気があることは、折に触れ書いてきたが、時折襲ってくるのは、何十年も前の鮮明な記憶に追い立てられることだ。

子どもの頃のことであったり、数十年前の職場や学校での会話であったりする。

そういうことは、脳の引き出しが開いて次々会話が再生される。


ドラマはなぜ覚えてないのだろうか。

大事ではないから、観たそばから忘れていくのだろうか。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

う、う、芸能人の名前 どうして出ないかなぁ

2020-11-18 17:22:19 | テレビ

日本テレビの夕方のニュース、news everyを観ていて、アナウンサーの市來玲奈さんが、ある女優さんに似ていると思いついたのだが、夫に説明ができない。

市來玲奈さん



ネットでは、市來さんは、広末涼子さんに似ている、と出てくる。

主役に出演している女優さんではなくて(ごめんなさい)、脇役で、または、連続ドラマの中の、ゲスト女優で出演されている。

有名人診断のアプリで、テレビの市來さんを撮影したら、似ている女優さんがわかるかな、と試みた。

吉瀬美智子さんと出た。

吉瀬美智子さん




違うんだなあ。

こうなったら、どんなドラマに出演していたか思い出すしかない。

消えゆく過去のドラマの記憶をたどってみたら、あるある、そういえば、ドラマ相棒で、過去に警察学校の事件に出演されていたな、と思い出し、検索してみたら、あったじゃないですか。わかりましたよ。

南沢奈央さんでした。

南沢奈央さん



よく似ていると思いませんか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

階段落ち

2020-07-09 16:09:14 | テレビ
最近観たドラマでは、刑事ものや事件物に、よく目にするシーンに階段落ちがある。

実に多い。

殺人現場もあれば、依頼者をかばって一緒に落ちたキムタクのBGもそうだし、特に最近多い。



前に、アキレス腱のけがで入院した時、整形外科の病棟仲間に、JRの駅で階段の上から落ちて、足を骨折して、ほかにもけがをした若い女性がおられた。

本人の弁によると、「どうして落ちたのかわからない」というのだ。

すれ違った人と触れて、バランスを崩したのかもしれないし、もっと悪意の人に突き飛ばされたかもしれない。

事件にはならなかったらしいので、その場では、事件性の騒ぎにはならなかったのだろうと思う。

でも、階段から落ちるというのは、ドラマでなくても、かなりの大けがになる。

その割に、階段は無防備に作られている。

手すりも少ない大階段が電車の階段には多い。

撮影には、俳優さんも万全の準備の中、CGやスタントマンを使っているのではあろうが、気を付けて演じていただきたい。

気を付けてといえば、ビルの手すりの低い屋上で、演技される俳優さんを観るが、ほんとうに、あんな、怖いところで、演じているのだろうか。

あぶないよぉ 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする