実家のあとは今は・・・

2017-02-05 19:00:23 | 短歌

実家は2015年に売った。

初めは家の中の物は遺品を引き取ったあと、すべて処分して、家ごと買い取ってほしかった。

買い手はつかなかった。

空き家を長く放置しておくのはご近所にご迷惑だ と親族で話し合い、結局業者が土地を買うことになり、すなわち家は取り壊すことになった。


数年たった。

ストリートビューを見ると、実家のあとは、きれいな新築の家が建っている。小学生がいるという。

     



平成28年度のNHK全国短歌大会の入選作品に拙歌が1首掲載された。



売却せし実家跡地の新しき二階屋映すストリートビュー


母を詠んだ短歌

2016-11-24 09:40:34 | 短歌

2014年8月9日に 第63回実朝祭短歌大会で (鎌倉・鶴岡八幡宮にて 神奈川県歌人会主催)、 

実は現代短歌社賞を受賞していた歌があります。


母が亡くなって、いまは、3年以上月日が経ち、掲載してもよいのではないかという気持ちになりました。



「一年は大丈夫よね」余命あと二か月なりし日母が問ひたり







NHK短歌 11月号

2016-10-21 18:56:33 | 短歌
7か月ぶりに、拙歌が掲載になりました。

最近は作歌から離れていたので、掲載に驚きと嬉しさです。


歌題 「月」   小島なお選


月星の石垣島に育ちし甥 宇宙素粒子専攻したり







佳作2首

2016-03-20 18:10:07 | 短歌
しばらく、NHK短歌に採用されませんでしたが、2016年4月号に2首掲載されました。


    染野太朗選   歌題 「おどる」

   カラオケを歌うとなぜかくいくいとからだが自然に踊ってしまう


    栗木京子選   歌題 「ねたむ」

   ねたむことうらやむことの多かりき今のぞむのは夫(つま)の健康


平成27年度 NHK全国短歌大会

2016-01-28 18:00:22 | 短歌
平成27年度NHK全国短歌大会の 入選作品集が 届いた。

一次選考を通過の「入選」で、その先には進めず、入選作品集に掲載された。



    亡き母の軌跡をたどり出会いたるブログの主は九十二歳




平成25年(2013年)に亡くなった母が戦時中、学徒動員で海軍の技術研究所で働いていたことがあり、そのことをネットで調べていた。

同じ時期に、そちらに勤務していた女性のブログに出会い、見てみると、その方は母より1歳上のかたで、ブログにはパソコンで描いたたいへん上手な絵も毎回掲載していた。


母はパソコンはしなかったので、この年齢の女性がそのようにネットを使われていることに驚いてしまった。

いまもなお、更新をされている。



短歌 テーマ「スイーツ」

2015-11-23 21:39:46 | 短歌
NHK短歌 2015年12月号に 拙歌が掲載されました。

  佳作 佐伯 裕子 選

    テーマ 「スイーツ」

      
  焼き麩しか知らない人に麩まんじゅう説明できぬが食べたらわかる



    

          麩まんじゅう

      (写真はネットからお借りしました)



生麩で作ったお餅の中にあんこが入っています。

和菓子では、麩まんじゅうと、岐阜の栗きんとんというお菓子が私の好物です。


生麩は小麦粉のグルテンというたんぱく質からできています。

クックパッドを見ると、グルテン粉ともち粉で自宅でもできるようですが、作ったことはありません。

乾燥した焼き麩が、お麩だと思っている人に、生麩を説明しようとしても、見なけりゃ無理です。

でも、ひと口食べると、みな 「おいしいっっ!」と 言いますね。


短歌

2015-09-05 20:29:22 | 短歌


NHK短歌 平成27年9月号に 掲載されました。


テーマ「料理」  染野 太朗選

 
 佳作

   病む夫(つま)に腎臓食を繊細に0.2グラム計るキッチン



短歌de胸キュン

2015-01-28 12:32:55 | 短歌
NHK短歌の月刊誌で、放送の第4週目は「短歌de胸キュン」です。

ご報告があとさきになりましたが、1月20日発売の 2015年2月号に佳作に掲載されました。


佳作 (梅内美華子先生選)

テーマ 「音楽」

ドライブで君と聴いてたユーミンのカセットが棚に三十年ある




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へにほんブログ村


NHK全国短歌大会

2015-01-26 12:53:01 | 短歌
2015年1月24日に開かれた平成26年度NHK全国短歌大会で
3首応募した短歌が1首佳作(馬場あき子先生選)、2首入選しました。


佳作 (馬場あき子先生選)   自由題

腎臓のクレアチニンの微増見て夫(つま)は帰宅後部屋にこもれり


入選  自由題

読み書きのメガネ頼めば店員はリーディンググラスですねと返す


入選  題詠 「和」

和室よりフローリングへリフォームす畳不要の終活ひとつ



2014年の1月から通信教育の短歌講座で勉強を始め、なんとか短歌らしく
作れるようになってきたのかな、と感じております。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へにほんブログ村

フローリングにしようっかな

2014-06-14 19:51:14 | 短歌
ご無沙汰しています。

住まいの和室をフローリングにしようか、市の助成金が当選したら実行することにして、
はずれたら、まあ当分このままでいこうか、などと考えていました。

工務店の見積もりを2社からとって、市内の業者による工事でないと申請できないので、
一応、近所の工務店の見積もりで応募してきました。

当たったら、工事はするつもりです。

でも、荷物の移動など、工期は5日間ほどらしいですが、面倒だなあ、とそれほど
積極的に洋間にしたいという意欲はないです。

ただ、和室は、窓のところに障子があって、その隣でパソコンをする私は、
夏場、暑くてたまりません。

洋間にして、遮光カーテンにしたほうが、冷房効果もあるでしょうし、そのこともあります。

ほかには、和室の畳がもう12年そのままになっていて、パソコンデスクのイスの下の
カーペットを上げてみたら、畳がひどく傷んでいました。

今後も畳を張り替える作業を10年くらいに一度ずつやっていくことを考えると、
室内の荷物の多さに、どっと疲れが襲ってきそうです。


さて、NHK短歌の佳作にまた1首掲載されました。


テーマは「メール」でした。


メールがもし昭和の頃にあったなら私の隣は違う人かな?


深い意味はないのですが、メールも携帯もない時代に、今から考えれば、連絡方法も取りにくいのに
よく結婚できたな、となんとなく思いました。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へにほんブログ村