ガストのイチボステーキ

2017-12-24 18:23:47 | グルメ
夫の9月の誕生日以来、外食のプレゼントをそのたびに続けていた。

それも、今日で最後になって、次回の外食からは1月の私の誕生祝で、夫が出してくれる。

有馬記念で、キタサンブラックが優勝したのを観た後、今日の外食は、テレビCMで美味しそうだった 赤身のイチボステーキを食べに行った。

折しも、今夜はクリスマスイブだ。



プレートに出てくる牛肉は冷たい状態で、固形燃料のある小さなコンロの鉄板の上で自分で焼いてお好みの焼き方でアツアツを食べるようになっていた。

初めは、お肉の全体量が少なそうで、あとで何かを足そうかと思ったほどだったが、食べ終わったら、かなり量はあった。

カキフライを1個ずつと、夫は生ビールとほうれん草ベーコンと、大ライスを食べたので、もう十分だ。

やわらかくて、美味しかった。


私はレストランではライスを取らずに、お料理でおなか一杯にしたいほうだ。

年取ってから少食になってしまったからだ。

でも、ドリンクバーで冷たいのを3杯、温かいのを2杯飲んだので、もうお料理やデザートの追加は要らなくなった。

きのう近所の工務店の社員さんが配ってくれた つきたてのお餅があるから、それも夜食べなきゃ、と思って、追加しなかった。

日が暮れて、いつもは見られない、住宅のイルミネーションを観ることになり、そういえば、今日までか、とラッキーだった。

自転車を漕いで、寄り道せずに帰ってきた。

夫は運動のために、ガストからは、自転車を押して、ずっと歩いてきたそうだ。

糖尿病予防に、必ず、1日に一回は、自転車で下って、帰りは押して歩く運動を欠かさない。

私は、運動不足は明らかだ。

これではいけないと思っているのだが、外出苦手は、仕事を引退してから、ひどくなった。

でも、オシャレして出かけるのは、ウキウキと駅まで歩いたりする。

こういうのが、日頃の運動をしない生活習慣で、いけないんだろうと思う。


日本テレビのスポットに映る姪たち

2017-12-22 17:29:23 | テレビ

六本木に姪たちとイルミネーションを観に行った際に、日本テレビの撮影隊に二人が捕まった。

イルミネーションをバックに「ZIP!ポーズ」を二人がするところだ。

12月の1日から25日の間に放映します、と言われたので、20日からZIP!を録画して探した。

20日の朝、7:50に出てきた。・・・のだが、二人だけが「クリスマスは鍋パで過ごします」と言ったところは、放送はもう済んだらしく、別の一家が放送されていた。

その翌日の21日も、22日もだった。



でも、クリスマスのZIP特集の集合画面には、映っていたので、テレビを写メして、姪たちに送った。

姪も観たかったようだった。

最後のチャンスは12月25日なので、もう一回録画して観てみる。

たぶん、18日に放映は済んでしまったのだろうと思う。

youtubeでも、みつからなかった。





またも失くしものを捜す

2017-12-13 22:24:01 | 日記


テレビを観ながら昼寝をして、起きだしてから、バレッタ(髪留め)がどこかに消えてしまった。

こんなものだが。

 ↓ ↓ ↓




ベッドの隙間に、髪からはずれて落ちたのかと、あちらこちら動かしてみて、掃除機でも埃を吸い込んだりしてみたが、見つからない。

起きてすぐに、郵便受けにでも出て行って、途中で落としたのを気づかずにいたのなら、マンションの掲示板の落し物のところに来ているだろうか。

2日間くらい、どこ行っちゃったんだろうなぁ、出てこないなあ、と考えていた。

セールで買ったので、高いものではないのだけど、バレッタに限らず、使っていたものが急になくなるのも困るし、定位置にないのも、老化現象かなとも思って、気分が悪い。

ネットで処理したことをプリンターで印刷したもの一式をクリアファイルに入れて、それをどこにいったかと探すことなどしょっちゅうだ。


で、2日くらいして、そのバレッタは出てきたのだ。

どこにあったかというと、お米を研ぐときに、髪がお釜に落ちないように、シャワーキャップを頭にかぶり、上半身はコロコロで髪の毛や埃を除去してから、作業に入る習慣にしているのだが、今朝、お米を研ごうとしたら、そのシャワーキャップの中に、バレッタが入っていたのだ。

うちから外に出たときに落としたのでなくて良かった。

管理人さんに落し物がなかったか、聞くところだった。

しかも、私は写真のバレッタではなく、想像していたのは、てっきり茶色いものだと思っていたのだから、探してくださいなどと、形状や色を告げたりしたら、全然違うものを言うところだった。

まあ、出てきたから、良かった、良かった。


3秒で腰痛を治すストレッチ

2017-12-06 18:22:09 | 健康
少し腰に負担がかかる作業をすると、翌日、腰痛になって、数日は腰をかがめて過ごすことになる。

いいストレッチがあるのでは、とネットで見ると、出るわ出るわ、「腰痛」「ストレッチ」などと検索すると、「3秒で治す」「大腰筋」という表示で、ストレッチの方法がたくさん出てくる。



先日は、扇風機を片づけるため、床に座り、押し入れの下段の重い荷物を順次取り出して、扇風機の空箱を出してきて、扇風機を分解して掃除をしながら、ダンボール箱におさめ、また押し入れの奥に入れて、出しておいた重い荷物を納めていった。

翌日は、腰痛で、腰が曲がった。

コルセットを2日ほどして治ったが、きのう痛くなったのは、前日、玄関のたたきを洗剤でごしごし磨いたせいだった。

今日は、ネットで、検索すると、さまざまなストレッチが出てきて、大腰筋が凝っていると腰痛になるので、大腰筋をほぐす動画(youtube)を参考にストレッチしてみた。

腰をかがめていたのが、痛みが和らぎ、あらま!不思議! 背筋が伸びた。

なんでも、調べてみるものだ。

いままで、時間薬(じかんくすり)、日にち薬(ひにちくすり)というので安静にしていたけれど、今は、ギックリ腰も動く範囲で動かしたほうがよく、安静にしているのは、古いようだ。



おもしろい深夜番組 オススメです

2017-12-05 21:48:58 | テレビ
前回に続き、オススメの深夜番組をご紹介したい。

BSフジの毎週日曜日 24:00~24:30 「ブラマヨ弾話室~ニッポン、どうかしてるぜ!~」



ブラックマヨネーズの小杉さんと吉田さんのお二人がMCで、数人の芸人さんが問いかける側になり、鳥取県知事、和歌山大学経済学部教授など、ほか文化人の方々が、茶の間でちゃぶ台を囲む。

時事問題などの真面目なテーマについて、芸人さんからの質問に文化人がわかりやすく、楽しく答えてくれる。

誰でも疑問に思っていたことを、鋭く質問してくれるので、「そこそこ、それが聞きたい!」 っていうことが話題になる。

昼間の情報番組で、毎日 芸能人の方々が盛んに意見を交換しているのももちろん参考になるが、この番組は、もっと噛み砕いて解説してくれるので、ほほお、と勉強になるのだ。

一度、試しに観て頂くといいと思う。

その回が、関心ないテーマだったら、ちょっと残念でした、と思ってほしい。


婚活事情~おしゃべりオジサンと怒れる女

2017-12-04 18:24:48 | テレビ

テレビ東京の 土曜日夜 11:55~12:20の 「おしゃべりオジサンと怒れる女」を観ている方はいらっしゃいますか?

レギュラーのオジサンは、坂上忍さんと、古舘伊知郎さんと、千原ジュニアさんだ。

面白い! ククク 

12月2日は 婚活アドバイザーの女性の、裏話だった。

  


成婚率が抜群に高い婚活アドバイザーのかたの軽妙なトークで、相談所に訪れる男女のことで、怒っている。

一般に、結婚相談所で、一番扱いにくいのが、女性では、医者と教師で、医者は周りから先生、先生と呼ばれているので、お相手の男性も下に見て、上から目線のところが困るという。

教師は、ふだん、相手にするのが、生徒たちであるために、お見合いしても、お相手を生徒に接するのと同じ態度で接してしまう傾向があるらしい。

ゲストの、アドバイザーの植草さんは、あつかった女医さんは100%の成婚率でゴールインさせている。

男性と知識や経験を張り合って、しゃべりまくって、お相手の話を取っちゃう女性は、まずそのお見合いはダメなのだという。


しかし、お見合いで成婚に至るとは、かなりの人柄の良さと、見映えも若干良くなければいけないだろうし、品の良さや優しさなどが必要だろうと思う。

初対面の6秒で、まず成功か失敗かが決まってしまうのだという。

裏話を面白おかしく語ってくれるから、笑ってしまうが、本当に結婚したい人は、必死だろうと思う。

私も若いころはそうだった。

でもまあ、お相手は割と身近にいるものじゃないかと、なんとなく自己解析をすると、思うのだ。


おごってあげたら、喜ぶ独身男性はわりといるんじゃないだろうか。

ごちそうになってばかりいたら、普通のサラリーマンは、金欠病で、ちょっとキツイだろうなと、実感で思う。



断捨離 興味津々

2017-12-01 18:53:40 | 掃除

きのうの夜、お風呂からあがってBSを点けたら、前に見た断捨離の番組をまたやっていた。

続編を来週の2017/12/7の夜、BS朝日で放送するので、その前の告知で再放送していたようだった。

断捨離には、家族の葛藤がある。

それは、そうだろう。荷物を集めたのは、その人そのものだからだ。

自分以外の人の物にはその人が買ってきた心情が現れているし、自分がため込んできたのも人生を映している。

  





再放送では、衣類の畳み方をやましたさんが指導していた。

 


シャツならば、袖の部分を内側に折り畳み、全体を長方形にする。

袖の位置に向かって、裾から折り上げて、2~3回畳むと、袖の部分の位置に、横細長の畳まれた衣類の筒ができる。

左右の筒を中央に向かって折ると、左にできた筒の中に、右の筒を入れ込んで、いまあった横細長の布の筒が3分の1にペタンコに畳み上がる。

ここまでコンパクトにシャツができると、しわもないし、引き出しに入れても、場所をとらない。

テレビを観ながら、私はタンスの衣類を次々畳み、1時間以上も畳み続けていた。

タンスの引き出しは、きれいに片付いた。

要らない古着になった衣類も出てきて、ごみ出しのためにためるビニール袋にたっぷり入った。


こんな畳み方をして、みなさんは、タンスの有効利用しているんだ!

いままで、なんて、だらしない畳み方をしていたのか、と見違える引き出しに、我ながら、惚れ惚れした。