暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

ダイソン コードレス掃除機の 充電池

2022-09-02 18:54:28 | 電化製品

ダイソンのコードレス掃除機を2019年11月に購入した。

Dyson V7 Fluffy Origin。



コードのある掃除機をそれまで使用していたが、コードレスは本当に便利だ。

トリガーを引いて、片手で掃除をするタイプだ。

決して重くなく、吸引力もかなり強い。

先日、8月21日に、動かなくなった。

充電をセットしてもLEDランプが点灯しない。

壊れた、と思った。

ダイソンに電話した。

dysonに登録してあるので、調べてくれた。

もう保証期間2年も過ぎている。

状況を説明すると、「トリガーを引いても、全く動かない状態でしょうか?」

オペレーターは、充電池が壊れている、という判断だった。

充電池の寿命は約3年だそうだ。まだ、3年には到達していなかったが、そろそろだ。

この場で購入できるという。

純正以外を買う気はないので、ダイソンで発注した。

9,020円で、カード払いした。

充電池が届いたら自分で交換するのだそうだ。

指定した8月23日に充電池は届いた。

交換の様子は、YouTubeで勉強していた。



これが充電池だ。

開梱して、セットしようかと思っていると、夫が部屋から出てきて、「見に来た」という。

「やる?」

「できない」

夫は電機メーカーに勤めていたが、電気製品のことは、私任せだ。

ビスを3本、外して、充電池に付属した新しいビスをセットする。

トリガーを引くと、動いた 

充電して、掃除機は復活した。

3年に一度、9,020円がかかるのは、ちょっと痛い。

年に3,000円ということになる。

でも、コードレス掃除機を使い始めると、コード付きにはもう戻れない。

手軽で、チョイ掃除も率先してできるので、日頃から部屋がきれいになる。

充電池は小型電気製品のリサイクルで廃棄するとある。

ワクチン接種で出かけた際、ビックカメラがあるので、店員さんに聞くと、受け付けるところへ案内してくれて、聞いてくれた。

リサイクルマークがあれば、引き取るという。

案内してくれた店員さんが、充電池の裏に、リサイクルマークを見つけてくれて、了承してくれた。

少し重いのを持ってきた甲斐があった。


また、3年間、頑張ってね~。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウォシュレットの修理

2022-08-02 19:12:16 | 電化製品


ウォシュレットが故障した。

使用した後に、ノズルの洗浄水がトイレの床やドアを濡らすほど、噴き出るようになってしまった。

購入したのは2015年夏だった。

つい最近、トイレのリフォームをした気がしていたのだが、それは7年前だった。

感覚的には、2年くらい前の新しいトイレだと感じていた。

便器もウォシュレットも、壁紙、床材も、リフォームしたのだった。

それより前の話をすると、購入したマンションに入居した時、「セレクト50」という1点1万円のポイントを50点もらえて、アイテムの中から、自由に選んで設置してもらえるというものがあった。

その時、50のうち、9点を使って、ウォシュレットを付けた。

ところが、入居の当初から、どうも調子が悪くて、何度か、メーカーのほうから修理に来てもらっていたが、使いたいときに、お湯ではなく水が出て、ひゃーーーっと、びっくりすることになるので、私はほとんど使わなくなって放っておいた。

それが、2002年で、リフォームしたのが、2015年だから、それまで13年も我慢していたことになる。


このたび、修理を依頼するにあたり、長期保証の保証会社から届いている保証書を見ると保証終了日は2023年8月20日になっていた。



まだ、保証期間内で良かった。

7年使ってきて、お湯と、洗浄水関係があちこちおかしい。

保証会社に電話したら、メンテナンスをするメーカーから電話が来るようにするので、日程調整してください、ということになった。

それが、きのうだ。

その日の昼前に、メンテナンス会社から、「明日の10時前にエリア担当から直接電話が行きますので、日程決めてください」と女性が電話をくれた。

今朝、メンテナンスの担当者から電話があり、今日はどうか、ということで、話が進み、マンションの駐車場の確保をして、今日の13時から15時の間に来てくれるということになった。



今日、メンテナンスの担当者の方が、来られて、駐車場に案内し、8年保証が来年切れるので、7年前に付けたものだと話すと、「耐用年数はだいたい7~8年なんです」と話していた。

症状を説明すると、だいたいわかりました、と見てくれた。

ほどなく、「ポンプユニットと、流量調整弁ユニットが壊れています」

車に部品を取りに行ってくれて、工事して交換してくれた。

滞在時間はものの30分くらいで、すっかり直してくれた。

手洗いをしていただいて、メロンクリームソーダの缶を差し上げて、感謝を伝え、お帰りいただいた。


助かったーーー!

最初の電話から、素早い対応で、感じが良かった。


以前、シニアの一人暮らしのエッセイ「老いのシンプル ひとり暮らし」(阿部絢子著)を読んだとき、

シニアは住まいにトラブルが起きたら、自分で解決できないことが増えてくる、このトラブルを放っておくと、気持ちがドヨ~ンとよどんでしまうので、故障があったら、すぐに修理してもらうのが良い

と書いてあった。

たしかに、このように、故障からすぐに直してもらえると、気がかりが長引かずに、スッキリして、気持ちが良い。

ありがとうございました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ノートパソコンの廃棄

2022-03-28 16:27:01 | 電化製品

Windows7のノートパソコンを持っていた。

数度買い替えてきて2000年ころから利用している家計簿ソフトの関係で、無料でWindows10にバージョンアップするのは、あえて避けた。

持っていた家計簿ソフトのバージョンは、Windows10に対応していなかったからだ。

10にバージョンアップした人は、家計簿が使えなくなって、バージョンをダウングレードしたということだった。

2019年にLenovo(Windows10)の画面の大きいパソコンを購入し、家計簿ソフトも当時の最新を購入した。

ということで、そのときまで使っていたノートパソコンは、お蔵入りになっていた。

Windows11が発売され、Microsoftのチェックでは、このLenovoのパソコンはWindows11に対応していない。

2025年まで10のサポートは続くということなので、使い倒して、期限の前にまたパソコンを買い替えることにしようと思っている。

Windows7のノートパソコンは、富士通のPCリサイクルに出して廃棄することは前から考えていたが、面倒で先送りしていた。



一つには、必要なデータを今使っているパソコンに十分移行したか、検討しなければいけなかった。

それから、廃棄するなら、データ消去を徹底しなければならないのだった。

データを完全消去するには、ノートを購入したときに作成した、リカバリーディスクセットにある、トラブル解決ナビディスクが必要だった。

うち中の捨て活をしたときに、誤って、リカバリーディスクセットを捨ててしまっていた。

廃棄にあたり、トラブル解決ナビディスクだけをDVDに作成することにした。

2度挑戦して、DVD-Rが良くないらしく、指定の規格でないようだった。

富士通のおまけで持っていたDVD-Rでトラブル解決ナビディスクを作成したら、今度はうまくできた。

富士通の説明もよく読んだのも功を奏した。

これで、消去はたぶんできるだろう、ところまで進んだ。

完全消去になるのは、ハードディスクをすべて書き換えるからだった。

復元できなくさせる。

廃棄についての心配はなくなった。


次の問題点は、文書や写真は、ほぼ移行していたので、気にかかっていたのはメールだった。

今は、みなLINEをするし、スマホで友人にメールすることもあり、パソコンのメールは主に企業とのものだ。

でも、スマホを持つ前は、パソコンのメールが、手紙替わりで、盛んにメール交換をしていた。

ノートパソコンは、Windows Live メールを使っていたので、その中からLenovoのOutlookメールに何人かのメールを移行したかった。

そこで、3年間ほったらかしていたノートのメールをエクスポートしてインポートを試みたら、うまくいかなかった。

一般の人が書いてるサイトを見ても、ソフトが違うからできない、と断言する人もいて、諦めるか、とも思っていた。

富士通のサイトで見ると、ノートパソコンのOutlookを開いておいて、Liveメールからエクスポートすると、Outlookにメールが入り、そのあとUSBで運び出し、LenovoのOutlookにインポートすることができた。

それはやってみると簡単だった。

というわけで、メールは解決した。

パソコンの中のデータを取りこぼしはないかとか、すぐにリサイクルに出さなくてもいいだろう、と3年も放っておいたので、もうそろそろ片付けたい、と重い腰を上げた。



未練がましく、パソコンを残していると、いつになっても、片付かないので、思い切ることにした。

富士通にリサイクルを申し込んで、わりとすぐに排出伝票(着払い)が届いた。

今朝、トラブル解決ナビディスクだけのDVDで、500GBのハードディスクのデータ消去に挑戦すると、2時間ちょっとで、消去できた。

DVDに無事作成できたソフトを使ったのが、完全に解決してくれた。

データ消去したら、未練はなく、次への行動にすぐ移れた。

ノートパソコンとコードを梱包して、郵便局に電話で集荷を頼んだ。

2時間後には、集荷に来てくれて、伝票を付けて、着払いで送り出した。

懸案事項が少し片付いて、一息ついている。


まだ悩ませる事項はあるのだ。

有料老人ホームのこと、自宅売却のこと、金のネックレスの売却のこと。

金は今、高値だ。

将来 老人ホームに入るには、自宅はどう売却するか、荷物は生前整理の業者さんに廃棄してもらわなければいけない。

今から、先のことで 悩まされているのだ。

平安な日は、こないなーー。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の購入品

2022-02-09 09:14:31 | 電化製品

去年の11月だったか、ウチ中の部屋から、壁のカレンダーと掛け時計を減らした。

リビングだけ残した。捨て活の一環だ。

生活してみると、リビングに二方向に時計がないと不便だとわかった。

掛け時計は前のように、二方向に掛けた。

次に、パソコンの部屋に、時計とカレンダーがないのは、これもまた不便だと気づいた。

パソコンが起動しているときは、画面に出るからいいが、そうでないときは、やはり、カレンダーと掛け時計は必要だった。

そのようにして、100均で来年のカレンダーを買う時、2つだけ買った。

そして数か月過ごして、トイレに掛け時計がないのは、やっぱり不便だった。

ニトリで、小型の掛け時計を買って、トイレに設置した。

捨て活する前には、トイレにカレンダーも掛け時計もあったのだ。

次に、私の居室のカレンダーやポスター、掛け時計を外して生活してきたが、目覚まし時計が別の方向を向いているときに、
「今、何時だ?」
と、思っても、すぐにわからないのは、やはり不都合だ。

「欲しい、時計が」

買いたかった。

小さい掛け時計を。

それと、机のデスクライトも、しばらく前から、タッチセンサーが不調で、点けたり消したりが言うことを聞かなくなって、買い替えたかった。

ついに先週末、発注して、月曜日に届いた。





安いものだが、生活が格段に便利になる。

ミニマリズムとは、逆行するが、生活に便利さは必要だ。

掛け時計は、外したものを取っておいてあったのだが、復活させようとしたとき、電池を交換しても、動かなくなったのが2台あった。

ずいぶん長く壁に掛けて使ってきたものだったので寿命も来たようだ。

前から、時々、止まったりしていたのだった。

それを、復活に使えないとわかった時、不燃ごみに出した。

そこで、直径18cmの小型の時計だが、壁を大きく占領しないので、そういうものが欲しかった。

トイレも私の居室も、小型を買った。

生活の便利さを取るか、シンプルな部屋を目指すか、思案橋。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

血圧計の腕帯は消耗品

2022-01-25 18:43:57 | 電化製品



夫が使用している血圧計は、2015年に購入したもので、ときどき測定に不都合はあったものの、買ってから毎日測定できている。



上腕に巻く腕帯は1枚に延びるタイプではなく、ハードな素材になっていて、ぶきっちょでも簡単に巻けるようになっている。

でも、マジックテープの貼りつきが弱くなっていた。

血圧計の耐用は、5年間か5万回の使用という。

5年間は過ぎている。

購入した時は、4,000円台だったが、同格の物をあらたに購入するとすれば、8,000円以上する。

オムロンの公式サイトで調べてみた。

「腕帯は消耗品です。1年に1度交換することをおすすめします。」

と、動画で説明していた。

腕帯は、オムロンのサイト以外にも、量販店でも扱っていた。



ネットで安いところを見つけた。

定価が2,200円で、量販店では1,500円だった。

血圧計本体の型番に合うタイプを用心深く選び、発注した。

すぐ届いた。

マジックテープがしっかりしていて、この先もしばらくこの血圧計を使っていけそうだ。

オムロンのサイトで調べなければ、腕帯が消耗品で、買い替えて使用していくものだとは気が付かなかった。

サービスセンターに電話で聞けば教えてくれたかもしれないが、腕帯だけを買い替えられるとは想像はしていても、本当にそうなのだとは、知らなかった。

8,000円以上出して買うところだった。

なんでも、聞いたり、調べたりするものだな、と思った。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする