暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

「何して過ごしているんですか?」

2021-10-28 18:11:25 | 日記

自粛生活で、他人と話すことがほとんどないが、2か月に1回、美容院にカットに行くと、美容師さんと話をする。

私は引退しているので、無職の年金生活だ。生活費の大半は夫の年金に頼っている。

若い美容師さんは、私が働いてないことを知ると、

「何をして過ごしているんですか?」

と忙しい毎日の若い人には、日曜日続きのシニアがどうやって一日を費やしているのか疑問らしい。

私も40代、50代では、仕事のほかに、趣味を持ったり、資格の予備校に通ったり、忙しく暮らしていた。

そして、その中で家事もやり、なにか業者さんが絡む工事などがあれば、対応してこなしていた。

引退したシニアは何をしているか・・・







親戚とスマホでLINEをしながら、テレビやYouTubeを観たり、生活上起こりうる業者さんの来宅で、荷物の移動や人と接する一大イベントの準備や対応に追われる日もあったりする。

ほかにも、若いころには少なかった通院がある。

そして、生活必需品の買い出しだ。

私自身も、母が仕事を辞めた60代のときに、「毎日何してるの??」などと、聞いてみたりしたことを思い出す。

でも、シニアは体力に余力がない分、日々の生活に必須の行事があれば、それだけで、1日が精いっぱいで暮れていく。

ちっとも、暇ではない。

それが、若い人には理解しがたいことだ。

若い人、と言い切るのは間違っていて、50代でもフルタイムで働いて、無職の人にもあるシニアの用事はすべてこなしてきた。

ごみ出し、一つをとっても、前の晩から明日のごみを集めて用意することも、行事だ。

働いていたころに、家にいる時間がとても短いのになんでもこなしてきたことが、逆に今ではよくやれたな、と思う。

だんだん年を取って、さまざまできないことが増えてくる。

コロナの自粛生活でなくても、あまり外出はしないので、運動不足だ。

一日家にいた日は、体操を必ずするようにしている。

前は、保健医療センターで、ストレッチや筋トレを指導されて、体重を減らしたことがあり、それを維持するためにもその図解を見ながら運動していたが、最近は、YouTubeを観ながら、ラジオ体操第一や筋トレの動画を観て、運動するようになった。

若い人には理解できないことだと思うが、シニアは暇ではないのだ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スマホ保険

2021-10-27 19:48:49 | 携帯電話

4月にiPhoneにしてから、少しして、携帯会社を変更したため、これまでのスマホの保険がなくなったので、ヤマト運輸のスマホ保険に加入した。

加入日のスマホの前面と背面の写真を撮影して保管しておき、補償を頼むとき、その写真が必要になるということだった。

本人が事故時まで保管するとは、なんとも心もとないことで、安全に写真を保存して居続けられるか不安があった。

今日、ヤマト運輸からメールが届き、加入日の写真をアップロードできるようになった、ということだった。

早速、夫婦ともアップロードした。



これで保険としては、まず安心になった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ごみ箱の捨て活

2021-10-03 16:59:35 | 捨て活

わが家では、可燃ごみ用と、プラスチック容器包装用のごみ箱を2種類ずつ各部屋に配置していた。

床に物を置くと、場所を取って、床面積が途端に狭くなる。

捨て活で、ごみ箱をいくつか処分することにした。

動かなくても、すぐ捨てられたのは便利だったが、ゴミ箱は結構な存在感で部屋を陣取る。



「商品プラスチック」の廃棄の日に、無料で出せる。

映っている、たわしラックも、汚れやすく、吸盤も外れやすいし、仕切りのアイテムも抜けやすくなってきたので、Seriaで、他のタイプを買ってきた。

役目を終えたたわしラックは、ゴミ箱と同時に廃棄する。


捨て活と言えば、ほかにもすべきことがある。

カレンダーの販売の時期がやってくるが、今年はカレンダーも大量に購入するのはやめようと思う。

各部屋に吊るしていたが、その必要もないような気もする。

なるべく壁はシンプルにしておくほうが、部屋はスッキリしそうだが、壁はなかなかいい収納場所だったのだ。

医療関係の診察券、健康保険証、お薬手帳などを一式いれたものを壁に目立つように下げている。

前に、テレビで、老夫婦が救急車を呼んだときの緊急の持ち出し用に収納袋を目立つようにまとめてあって、幸いした、というのをやっていたので、参考にして、そうしておいた。

しかし、医療関係のものは、どんどん増えて、かなりの重量になっている。

夫の毎日の目薬も、記入リストとともに、壁に下げている。


実は、掛け時計も、どの部屋にもあって、便利ではあるが、多すぎているのは事実だ。


一番なんとかしたいのは、パソコンルームにした、元 和室の フローリングの部屋だ。

デスクの上は、たくさんの文房具や書類でいっぱいで、夫がたまにノートパソコンを拡げるのでデスクは物置場になってしまっている。

短歌を辞めてから、デスクに向かうことがなくなった。

そこもきれいにしたい。


パソコンデスクは、画面の大きなディスプレイがデンと鎮座しているし、周囲の小物も、あまり整頓していない。


ワクチン接種の副反応の発熱のあと、しばらくは料理する気力もなくなっていたが、ようやく美味しいものを手をかけて作るようになってきた。

回復してきたのかもしれない。意欲が出るまで1か月かかった。


Windows7のノートパソコンの廃棄にも着手しないといけない。

まあ、それは、あとでもいいか。。。。。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする