暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

愛妻の日

2013-01-31 18:44:39 | 日記

1月31日は、1をアルファベットのアイとして、31をサイと読み、
語呂合わせで「愛妻の日」だそうです。

テレビでそれを知った夫が、生クリームが入ったワッフルを買っておいてくれて、
今日、お十時に一緒に食べました。

「これからもよろしくお願いします」

とのことでした。私も

「よろしくお願いします」

と言って、例のティーカップで紅茶とともに、おいしくいただきました。


母の日に 父が母に花を買ってきたことがあったそうです。

でも、母は、心の中で「あんたの母親じゃない」と思ったらしいです。

しかも、花は安く売っている仏壇用の花束でした。

父は知らずにそれを買ったのでしょう。


父も、生きているときに 愛妻の日が話題になっていたら、きっと
この日に花を贈ったに違いありません。



世の男性がたには、自分の世話をしてくれる人が、結婚によって、
母から妻に代わっただけになっている方があります。

女性は、父と夫とは、役目が違うので、男性が妻を母の代替人に感ずるようには、
夫を父の代替人とは感じないでしょう。


母親は無償の愛で子を育て、慈しみ、成長を喜び、いつまでも子は子です。

男の子は成長して、同じ愛情の注ぎ方を妻に求めるのでしょうか。

男性は自分の子供たちと一緒になって、妻のこどものうちの一人になっているのでしょうか。


私自身の父を見て、そう思うので、ほかのご家庭でもそうかとは思いませんが。



私が若いころ、父が母に

「女房なのにそんなこともしてくれないの?」

と、言っているのを聞いたことがあります。

ケンカしていた時かもしれません。状況も覚えていません。


生前、父が介護を受けているときに、母に対して、(女房だから当たり前だ)という
態度だったのはいやだった、と父が亡くなってから、母が話していたことがあります。

父は昭和初期の生まれでしたから、母に感謝のことばを言うようなことは、
できなかったのでしょう。

でも、言葉に出すことは大切なことです。



この話はこのくらいでやめておきます。






クリックありがとうございます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

確定申告を高齢者が・・・大変では?

2013-01-30 18:46:00 | 日記
ネットの国税庁の確定申告書等作成コーナーを使って、夫の平成24年分確定申告書を入力、
作成しました。

去年、同様に平成23年分の申告書を作成、保存しておいたので、それを読み込みして数字のみを
入力しておけば、いちいち支払者や住所など文字を入力する手間が省けて、今年は楽でした。

医療費は、すでに、1年間かけて、医療機関にかかる都度、エクセルに入力しているので、
まとめも終えていました。

医療費控除の医療費の明細書は、いつもは、手書きで税務署の封筒の表面に記入していましたが、
今年は、このツールで、医療費の明細書を完成させました。

ひとりで見直しても、自分の間違いに気づかないことがあるので、日をおいて、細かくチェックする
ことにします。

それにしても、給料で何十年も生活してきた多くのサラリーマンが、高齢者になって、年金受給者と
なったとき、毎年確定申告するのは、若いころからやっていたわけでもないので、かなりの負担だろうと
思うのです。

平成23年分から、

「公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の
 所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告は必要ありません。」

ということになりましたが、そうかと思って申告せずにいれば還付金は受け取れないので、
やはり、申告することになる人が多いのではないかと思います。


アメリカのように、ほとんどの人が確定申告するようになっていたら、学生のころから教育が
あるでしょうから、若いうちに慣れているでしょう。

アメリカでは、避けられないものとして、「死ぬこと」と「税金」と言われるそうです。

日本では、そんなにすべてのご高齢のおばあさん、おじいさんが、納税など一人でできるもの
なのでしょうか 

会計事務所に頼んだら、個人の確定申告は、1万円は取られると思いますが・・・。





    ↑
クリックありがとうございます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美容院でカット

2013-01-29 18:32:23 | 日記
きのうは、大掃除の合間に美容院へカットに行きました。

もう15年以上通っている美容院です。

昼過ぎに行ったので、混雑が終わった後なのか、すぐ呼ばれました。


「どのくらい切りますか?」

「1cmか1.5cmくらい」

「伸びた分くらいですね」

「はい。お願いします。」

と、言ったものの、週刊誌を読んでいると、早、もう終わりらしい。

落ちた毛を見てもわずかの量しか落ちていない。

なぜか急に思い立ち、

「耳出してみようかな」

「後ろはこのままで?」

「前と合わせてバランスよくお願いします」

って、ことは、これまで美容師さんが後ろを丁寧にカットしてそろえてくれたものが
やり直しになってしまうのですが、ひと月半ぶりで来る美容室で、ちょっとだけ
カットしてもらって、カット料金を払うのももったいない気がしました。

(そういうもんじゃないですが)

それで、美容師さんが、バッサバッサと切り落とし、ついにボーイッシュなショートの
髪型ができあがりました。


終わって、途中で待ち合わせた夫に、

「ずいぶんスッキリしたんだね」

と言われ、帰宅してからは、

「和田アキ子みたい」

シュン  


私は、剛力彩芽さんをイメージしてたのになーー。

無理があるか。



クリックお願いします。
    ↓



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

DNAで仕方ないのかも

2013-01-28 18:28:56 | 日記
今年の初めころから、片づけ始めた書類整理は、だいたい今日で終わりました。

雑がみとして出すものが、手提げ紙袋に5個、シュレッダーゴミが大きいレジ袋に
12袋にもなりました。

送られてくるダイレクトメールで保存しておかなければいけないものが、実に多く、
届くととりあえずはそのフォルダへ、と保管していました。

郵便物が本当に多いなと思います。


書類は片付いたものの、部屋の広さは変わりません。

今度はそこに手を付けて、いらないものを捨てていかなければ、部屋がどんどん
狭くなってしまいます。

何かの時に使うだろうと、なんでも取っておくのがいけないのでしょうね。

育った環境がそういう家だったので、私が作る部屋も同じように物でいっぱいの
部屋になるのは、DNAで仕方ないのかもと、半ばあきらめています。


クリックお願いします
   ↓
夫婦二人暮らし ブログランキングへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネット中毒だったわたし

2013-01-27 22:59:38 | 日記
はまっていたネットのゲームが 今日でひと区切りついたので、時間が自由に使えるように
なりました。


朝早い時刻から、書類整理の大掃除の続きです。


午後の作業が終わる頃

「ケーキ買ってくる?」と、

夫が言うので、自転車でものの2分くらいで到着するケーキ屋さん(シャト●ーゼ)に
ケーキを買いにひとっ走り。


言い出しっぺの夫ではなく、私が、です。


日曜日でケーキ屋さんは混んでいました。

ケーキを買うときはいつも一人2個買います。

今日も2個ずつ4個買って、またツツーーーッと、うちに着いて、苺ショートケーキを
一つずつ、紅茶で食べました。

残りのケーキは、明日。

大きな声では言えませんが(ネットに書いてる  )、私がゲームに長時間
夢中になっていたことで、夫と気まずくなってきていました。

また食べ物で ごきげん取りです。



で、話をもとに戻しますと、時間が自由になったら、テレビドラマをリアルタイムで
6時からBSで大河ドラマ、9時からTBS日曜劇場を見て、その間、BSで
筑紫哲也さんの2時間のドキュメントを見ました。


パソコンに縛られない生活、それが本来の自分らしい時間が持てて、かくあるべきだと
実感しています。

ネットのゲームは、メンバー同士がコミュニケーションのとれるゲームですが、
一番親しくチャットをしていたメンバーが事情あって、きのうで退会されました。

さびしい気持ちと、今なおゲームに支配されている自分のおバカさんぶりが
妙にむなしいです。

生活をきちんとしていかないといけないなと思います。


また、駅までウォーキングにでかけて、日本史の勉強をする日課も、自分に課していかなければと
感じました。




夫婦二人暮らし ブログランキングへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする