暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

ニットの断捨離

2020-05-27 19:47:23 | ファッション


先週、「断捨離」の番組を観終わったあと、また感化されて、和ダンスの上段から着ないニットを選び出した。

30年以上前のセーター、カーディガン、ベストも。

タンスの肥やしになっていた。

税理士事務所の職員だったときは、私服を毎日着ての仕事だったので、いくつもニットを持っていた。

ここ数年に買い求めたが、いまいち気に入らなくて、ほとんど着なかった真新しいセーターもあった。

いまは、プルオーバーというのだろうか。

10枚以上は、集まっただろう。

資源ごみで集められた衣類は、自動車のマットにも再利用されるとテレビでやっていた。

この新型コロナウイルスの外出自粛の期間に、各家庭が巣ごもりですることがなく、断捨離をする人が多く、古布がたくさん出されたため、衣類の回収業者は、回収はするものの、自動車産業の休業や、加工する中国の工場の営業停止が影響して、買い上げ先がなく、回収業者に滞ってしまっているという。

そんなことを聞いていたのに恐縮ではあるが、着ないニット、普段着にも着たくない、よほど気に入らないセーター、新しくても似合わないから出番が少なかったものを集めだすと、こんなことになった。

ニットは、それ一枚でその日のファッションの主役を演じてしまうので、気に入らないセーターを着て出かけたり、人に会ったりする気にはどうしてもならない。

  


きのうの火曜日は、資源ごみの中でも古布もそのひとつの日だった。

古布は、月に2回しか回収の日がないのだが、自治体の注意書きに大事なことが小さな字で書いてある。

「ぬれるとリサイクルできないので、雨の日は出さないでください。」

リサイクルされずに、燃やされるらしいのだ。

タンスの中で、何十年も大事にされたニットは、私の元から去ったあと、だれかの役に立ってほしい。

せめて、リサイクルされてほしい。

それで、きのうの回収日の天気をおとといから気をつけていた。

きのうは、15時ころから雨が降ると言っていた。

夕方まで、1滴の雨も降ってほしくない。

朝の天気予報から、雨がときどき、そして夕方、雨が降る予想だった。

朝8時までに出すことになっているが、どうも、降るかもという日には出したくないので、空模様を気にしていると、今日はやめよう、2週間後にしようと思った。

9時ころになって、空が明るい。まだ、古布が出発してなかったら、出そうか。

そう思って、ゴミの倉庫に見に行った。

各種ゴミの回収の日ではあるが、古布だけが入り口付近に集められ、まだ出発していなかった。

出そう!

そう思って、急いで帰り、束ねたニットを持って走っていくと、ちょうどそのタイミングで回収のトラックが到着していた。

若いおじさん(絶対、私より若い)が私が衣類を持っているのを見て、

「いいですよ、そこに置いてください」

トラックの頭の横あたりに私が立っていた。

「お願いします!」

そこに置いた。

おじさんは、

「9時までに出すようにしてくださいね」

「すみません」

少し作業を見ていた。

ぼんぼん、荷台に放り込んでいた。

私の出した衣類、回収されるかな。

「いいですよ」

そうまで言われてはそこにいられないので、部屋に帰り、バルコニーから、身を乗り出して見ていた。

どうなったか、見えない。

トラックはそのうち出発した。

ゴミ倉庫に行ってみた。

なくなっている。

行ったんだ。

というわけで、私が大事に持っていたたくさんのニットが、廃棄された。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドラマの白衣姿

2020-05-26 14:14:24 | テレビ

ドラマを観るのが好きでよく観ると書いてきたが、ドラマの中で、白衣姿の人物が、前のボタンをはずしてひらひらとさせていることにいつも違和感を感じていた。

学生時代は理科系で実験の時は常に白衣を着ていたし、就職した医学系の研究室のところでも、大学病院内でも、民間の研究所でも、白衣を着ていた。

高校の時、白衣姿にあこがれもあって、理科系に進んだ面も少しある。

それにしても、白衣は、自分の服が薬品や熱で、汚れるのを防ぐために着るのであって、自分を守るための白衣の前ボタンをはずして、中の服が露出してしまう状態で仕事をするなど、まったく考えられない。

そのうえ、「だらしない」以外のなにものでもない。

大学病院の医師から聞いた話では、患者の処置をしていて、血液がビュッと吹き出したりすると、おっと、と足をよけると言っていた。

そうだ、白衣をだらしなく来ていたら、自分の服が汚れてしまうではないか。

1滴薬品が飛んできたとしても、白衣をきちんと着ていなければ、シミや、焦げができてしまう。



どうして、ドラマではボタンをはずしているのが、カッコイイことになってしまうのだろう。

ポケットに手を突っ込んでいるなども、妙じゃないか。

例えば、食品工場の現場で、そこの白衣を乱して着ている作業者がいるだろうか。

ありえない。ルールがあるからだ。

半導体の現場でも、きちんとフード付きの白衣を着て、エアーシャワーを浴びて、作業をしていた。

というわけで、どうも、ドラマは現実の世界と何十年ものあいだ、変わらずに、飛躍して良しとしているんだなあと、だれがそんな演出をよいことにしてしまってるんだろうと思うのだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コーヒーカップセット

2020-05-24 07:39:18 | 日記

ドラマ「相棒」や「科捜研の女」など、去年の春から、録画してよく観ている話は書いたが、主人公の警察の人が聞き込みに行って、部屋に通されたとき、事情を聴かれた市民が、たいていコーヒーなのか、紅茶なのか、素敵なカップ&ソーサーに飲み物を用意してテーブルに持ってくる。


そのようなお客様用のとっておきのカップ&ソーサーが、急な来客にさっと2客も用意できるのが不思議だ。

うちには、日常使う食器はキッチンに設置した食器戸棚に入っているので、すぐに食器を出せるが、お客様用の食器は、リビングに置いた食器戸棚でしばらく使用していないのが普通なので、一度前もって洗って乾かさなければ使えない。

まして、レギュラーコーヒーもうちではやめているので、それも出せない。

紅茶は茶葉が常に缶に入っているが、たまにしか紅茶は飲まないので、おいしいかどうか。

煎茶なら、いいものを買って、よく飲むからお客様にお出しできるが、といっても、湯呑み茶わんは、お客様用のは、やはり、リビングの食器戸棚から、洗ってから使いたい。

というわけで、ドラマで刑事二人に来客用のお飲み物を用意できるお宅が当たり前なのか、お客様が頻繁にあるご家庭では当たり前なのだろうか。


そこで、また、断捨離のことに触れると、来客用のカップ&ソーサーは、使わずに飾っておいてももったいないので、そういったものは、「使いたい」という気持ちがあれば、日常に使って、生かさないといけないそうだ。

なので、毎日5~6杯は飲む薄いミルク入りインスタントコーヒーは、お客様用のカップ&ソーサーを使うようにしている。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タワーファン

2020-05-11 20:25:02 | 電化製品
1998年に購入してずっと使ってきた扇風機の、弱のときの羽根の回転が遅くなった。

メーカーに電話してみると、モーターの不具合の可能性があり、見せてもらうこともできるが、費用も発生するし、お買い替えの時期かと・・・ということだった。

リモコンも元々ついてないもので、買い替えることにした。

ネットで探してみたら、羽根が回転する普通の扇風機よりも、タワーファンのほうが、寝室に置いて場所を取らなくてよいように思ってきた。

いくつか比較して、これにした。



ネットショッピングは、何通かの確認のメールの到着のあと、しばらくして発送準備に入ったメールが来て、配達日もそのうち決まるが、今回はトントンと進行して、発送準備になった。

5,990円だった。

翌日、買ったサイトに入ってみると、なんと、キャンペーンで4,999円で400台販売するという。

991円も安くなる。

先着400台だというのだが、前のをキャンセルして、買いなおそうかとも思ったが、発送準備に入っていたために、もうキャンセルはできなかった。

損した気分だ。

きのうの夕方、届いた。

今朝、組み立てて、使い始めた。

今日は、夏日で、暑い。

音は多少大きい気もするが、テレビを観ていることが多いから、まあ、気にもならないか・・・とタワーファンは、寝室に安住の地を得た。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春も秋も短い

2020-05-04 20:14:21 | ファッション
若いころに比べて、ちょうどよい気候の時期が、非常に短くなった感が強い。

冬物のジャケットやダウンを着ている時期は数か月あり、暖冬とは言え、室内をエアコンで暖める期間はかなり長い。

夏は夏で、エアコンを回していなければ、過ごしづらい暑さも厳しく、そして、長い。

以前は、長そでの薄着で、気持ちよい月日が長かったように思う。

H&Mで、2016年に買った、気に入っているデニムジャケットを羽織って街を歩く季節感の時期が非常に短くて、年に数回しか着られない。



晩夏に肌寒いなと思うときに、デニムジャケットを着る機会はあるが、じきに涼しい季節になってしまい、もっと暖かいジャケットやコートを着る季節がすぐにきてしまう。

四季があるといっても、冬夏夏冬 のような、季節の回り方をしている気がするのだ。


夏服ならいいかと言えばそうでもない。

夏のワンピースも、61歳の時に、大学の研究室の恩師を囲む会のために買ったものが、夏に着ようと思っても、大きな街に買い物にでることがそう多くなかったので、まだ、何回も着ていない。

去年の夏は、街に出るたびに、皮膚科に寄って背中の処置をしてもらわなければならなかったから、背中を出して診察を受けるため、上と下がセパレートになるような夏服しか、着て出られなかったので、一度もそのワンピースを着ることができなかった。

61歳の服が、70歳まで着られるのか、若めの袖なしワンピースだ。

近所のスーパーの買い物にも着られないし、まして、今は、外出自粛で、ひょっとしたら、今年の夏も、また、着られないかもしれない。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする