暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

排水口きれいに

2021-09-28 19:40:05 | 便利グッズ

我が家のシンクは、マンションすべてディスポーザーが付いている。

マンションの付加価値つけてくれなくてもいいのに、その分安くしてくれたほうが、とマンション購入時には思ったものだが、生活してみると、なにが便利って、ディスポーザーがとても役に立っている。

もう2代目のディスポーザーだが、これを無くして、かわりにシンク下に、食器洗浄機を置こうとは思えない。

ディスポーザーの難点はあって、それは、排水口からディスポーザーの内部が黒く汚れてしまう事だ。

小さなブラシや歯ブラシで掃除をするのだが、生ごみが入った箇所なので、黒い汚れは蓄積してしまう。

そこで、ブラシは柄の延長上にまっすぐ毛束が付いていないと底が洗えないので、Seriaで探してみた。

あった。



こんなぴったりのものがあったんだ!と掃除をして感動した。

ブラシは延伸できるようになっている。底までしっかり力が入る。



きれいになって、気持ちもサッパリした。

真ん中で光っているのが、ディスポーザーの底で、周囲が黒いのは汚れではなくて、側壁の黒いゴムである。

目的を持って100均に行くと、目的に近いものは手に入ることが多い。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミニマルに暮らしたい

2021-09-22 09:55:40 | 捨て活

    


終活でミニマルに暮らしたい。

今まで使っていたスリッパ立ては、底面積が広く、元はマガジンラックだった。

ずっと20年以上使っていたが、玄関周りをすっきりさせたくて、縦長のスリッパラックを買って、籐のマガジンラックは廃棄した。

来客用に用意したスリッパで、業者さんに履いてもらうくらいしか、出番はない。
だから、スリッパも年代物だ。

数年に一度親戚が来ていた時は使うこともあったが、コロナ禍で来客もない。

考えてみれば、それは買ってから気づいたことではあるが、スリッパを下駄箱に収めてしまえば、スリッパ立てもいらなかったかもしれない。

玄関にはスリッパ、という固定観念があって、何も考えずに、玄関に立てているが、出番があるときに、下駄箱から出せばよかったのだ。

まあ、買ったから使おう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年賀状印刷発注

2021-09-12 17:33:54 | 日記
年賀状の印刷の発注の時期が来た。

9月になると、毎年発注しているサイトが開かれ、早く発注すれば、65%引きになり、リピーターはさらに15%引きになる。





終活で、近年年賀はがきは大幅に削った。

足りない分には既製品の年賀はがきを買い足したりしたが、枚数が予測立たず、買いすぎたりして、結局書損じのハガキとして、郵便局で切手と交換してしまったので、かえって、損をしてしまった。

今年は前年より発注枚数を10枚増やし、そのほうが、安く済むので、少し、方針を変えた。

でも、一番多いころの半分になった。

もう会うことはないだろうと思うかたには、年賀状の交換はやめてみた。

先方からも来てないところをみると、同感なのだろうと思う。

年賀状リストの夫の分は、夫に見てもらったが、今回は素早く対応してくれたので、とんとんと準備が進み、今日の発注となった。

まだ冷房をしている時期だが、これが11月も後半になるころは、暖房が欲しくなる。

季節はどんどん進んでいく。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナワクチン接種 副反応

2021-09-05 13:08:15 | 健康

8月31日、新型コロナワクチンの第2回目接種だった。

3週間前の第1回目は、接種後、腕の注射跡周辺が熱っぽくなる程度で、腕が上がらないということもほとんどなかった。

そのせいもあって、第2回目の接種前には、発熱に備えて準備するものも手薄になってしまっていた。

とはいえ、スポーツドリンク500mlを2本冷蔵、アイスノンを2枚冷凍し、玉子がゆを2パック、レトルトカレー1箱、すぐできるナポリタンのセット 1パックは準備していた。
ソース焼そばの蒸し麺も2回分あった。

接種日はなんともなかった。

翌日(9月1日) 朝食のあと、日課のパソコンや、月の1日なので、家計簿と現金合わせの計算などをしていると、顔が熱っぽくなってきた。

寝ることにした。

体温は、まめに測定した。
 
9月1日(接種2日目)
10:20 37.3℃
10:34 37.1℃
11:14 37.7 ℃
11:20 解熱剤服用 アセトアミノフェン 3錠    
昼食 玉子がゆ
13:38 37.8℃
夕食 具なしナポリタン 輸入ぶどう
15:24 解熱剤服用 アセトアミノフェン 3錠
15:27 38.0℃
17:24 38.2℃

9月2日(接種3日目)
0:09 38.2℃
1:10 解熱剤服用 アセトアミノフェン 3錠 
5:23 36.2℃
6:01 36.3℃
朝食 レトルトカレーのカレーライス 輸入ぶどう
7:20 36.6℃
10:05 37.1℃
10:08 解熱剤服用 アセトアミノフェン 3錠
昼食 目玉焼き、ウインナ、レタス、ごはん、輸入ぶどう、パイン
11:15 36.4℃
13:32 37.1℃
夕食 ツナマヨトースト、レタス、パイン
17:56 36.8℃
21:42 37.4℃
21:45 解熱剤服用 アセトアミノフェン 3錠

9月3日(接種4日目)
1:20 玉子がゆ
1:25 36.1℃
2:40 36.1℃
5:34 35.9℃
朝食 塩鮭、小松菜の味噌汁、ごはん コーヒーゼリー
8:34 36.3℃
10:06 36.2℃
洗濯など家事
昼食 あんかけ焼きそば
12:44 35.8℃
夕食 鶏ソテー、ピーマンソテー、小松菜の味噌汁、ごはん
23:37 35.8℃

9月4日(接種5日目)
2:00頃 
朝食  玉子がゆ
おやつ ミニ羊羹
7:11 35.6℃
昼食  おかかチャーハン、茶碗蒸し

以後、回復。
シャワー浴びて、緑内障のため通院中の眼科に自転車で行く。

夫が、接種はもっと早く済ませたので、元気で、頼んだ買い物にも行ってくれた。

食事も、夫は腎臓病食を献立の立案から、調理も含め、自立しているので、私はなんの心配もなく体を休めることができ、食器洗いもほとんどしてくれた。

2011年にパートは引退して、過労になることもなにもないので、発熱はこの10年なかった。

歳をとってからの発熱は、かなり体にこたえる。

氷枕や冷やした濡れタオルで少し楽になった。

やはり、解熱剤の効果は大きかった。

あまり熱が高くないうちに解熱剤を飲むのは良くないと思って控えていたが、平熱が35℃台なので、37℃を超えたら、すぐ飲んだほうが良かったかもしれない。

ともかく、今は平熱のようで、測定もしていないが、元気だ。

トイレ掃除もした。

厚生労働省のワクチン接種の副反応の動画を観ると、接種第2回目のあとの発熱は本当に統計的に多く、国民の皆様が、結構つらい思いをしたのだとわかった。

発熱は、第1回目の接種でできた抗体をもっと強くしようと、体が反応しているらしいので、発熱したからと言って、コロナにかかったわけではないというので安心した。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする