暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

テレビでYouTube他、動画を観るためのツール

2021-04-05 20:09:27 | 電化製品

リビングの大型テレビには、リモコンにYouTubeのボタンがあり、いつでも、すぐYouTube始め、さまざまな動画を観ることができる。

私の自室のテレビでも、YouTubeが観たかった。

Androidの入ったテレビ、スマートテレビというらしいが、部屋に買うなら4万円近くする。

以前、iPodとテレビをつないで、大画面でネットの画面を観るために、HDMI変換ケーブル iPhone/iPad/iPod対応 テレビ変換ケーブルを買ったことを書いた。

ときどきiPodの画面を大写しにして観ていたが、動画は画面が停止してしまったり、音だけは進むのに、画面が動かないというような現象が起きて、閉口していた。

ケーブルは2000円で良かったのだが、楽にYouTubeを観ることはできなかった。

そこで、今回、電気量販店のチラシで気づいて購入したのがこれだ。



Fire TV Stick というもので、Amazon製で、6,980円だ。

今日、届いて、セットアップした。

HDMIに挿して、電源を取り、リモコンで操作する。

セットアップには、小一時間かかってしまったが、私でもできた。

これはいい!

画像もきれい。

セットアップ中に、夫が部屋に来て、「俺も買うよ」と力を込めて言いだした。

つい先日までは、「観たいときはリビングで観るからいいよ」と言っていたのに、羨ましくなったらしい。

「私がしばらく使ってデメリットがあるかどうか、様子みてからにしたら?」

と言ったのだが、

「俺が、小遣いで買うのだから、いいんだ」

と、購入をせかされた。

私はビックカメラ.comで買ったが、もう在庫がない表示になっていた。

最近エアコンを買ったケーズデンキに夫が電話をすると、回答が

「安売りが一切できない商品となっています。在庫はあります。」

という話だった。

定価の6,980円で売っている。

どうしても買いたいようなので、Amazonで定価で発注した。ポイントを少し使った。

4Kにも対応したほうの商品を買ったのは、将来4Kのテレビを買ったらば・・・というのを考えてだが、まあそれは別にどうでもよかった。

これで、私は、ベッドで寝転んで、YouTubeや、見逃し配信のテレビの番組が観られるので、よかった、よかった。

期待を裏切らない商品でした。


コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜の下 散策する

2021-04-02 17:14:05 | 日記

きのう、今日と、引地川親水公園の桜を観ながら散策して帰ってきた。



移動はいつも自転車だが、徒歩で親水公園は、急坂を下ると、7分ほどで到着する。

運動のために、歩いて桜の下の散策に行ってきた。

どこから湧いてきたのかと思うほど、人が来ている。

シートを敷いて、歓談している小人数の集まりがそこここに居て、長くいないようにという看板の効果もあまりなさそうだ。

さすがに、宴会している集団はいないようだった。

みんな仲間としゃべりたくてしょうがないんだなと思う。

2019年に高校のいつものメンバーと集まって以来、会食は開催しないようにしている。

それを我慢できない若者、ママ友、高齢者の小集団は絶えないようだ。

人は家にとどまって、一人で生きていくことはできないようにできているのだろうか。

うちは、夫がいるので、会話の相手には事欠かない。

自粛ということばは、肝に銘じる人と、「自粛でしょ、強制じゃないよ」と自分なりの解釈する人。

コロナには、人により温度差があるのだなと思う。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする