暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

退院しましたっ!!

2013-11-14 20:00:47 | 日記

またしばらくブログ更新があいてしまいました。

マンションの設備点検があった日を除いて、毎日病院にお見舞いに行って
いましたので、更新まで手が回りませんでした。



さて、めでたく昨日夫が退院してまいりました。

9日間の入院で、予定より1日早くなりました。

手術後の傷は、思ったほど痛くはなかったようで、入院中も、退院後も
苦痛そうな様子はありませんでした。


ただ、手術後に、お小水が出にくかったため、導尿をしてもらったところ
それが痛くて入院中そちらのほうが痛いと言っていました。

しかしそれも管をはずしてからは、徐々に痛みがおさまって、退院の頃には
もう痛がっていませんでした。


今は1日に4,5回座浴というのをしていて、おしりをお湯で温める作業が
あります。

トイレまでのお湯運びを手伝っています。


入院中は、腎臓病食をお願いしてありましたが、さすがに病院で、何種類も
おかずを出してくれるので、食事がお楽しみでよかったです。

でも、退院後、家の食事におかずを3品ほど揃えてあげないと、がっかりするのでは
ないかと、なんとか、品数を増やすようにしています。


しかし、夫の食事管理は、妻の役目であり、多少の努力はしないければ、いけませんね。


楽天のマー君に立派な食事メニューを作っていた里田まいちゃんのようには
いきませんが。






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手術が終わった

2013-11-06 18:51:31 | 日記

今日、夫の手術でした。

12時に手術が始まる予定でした。

私が、受付で面会の札をもらって、ナースステーションに寄った10:14には、
「もう手術に行きました」と言われてしまいました。

手術の時刻は諸事情で変更になるそうです。

ずいぶんと、早くなってしまったようで、手術前に夫に会えなくて、夫が
かわいそうでした。

でも、手術は短時間で済むものでしたので、待つように指示されたところで待っていると
そのうち呼ばれ、執刀した副院長先生が、手術で除去した部分(肉片)を見せて説明してくれました。

何度もお礼を言って、病室で待っていました。

ストレッチャーに寝かされた夫が帰ってきて、眼が覚めていました。

二人の女性が、ストレッチャーから大きな男性を、ベッドの半分に敷いたフワフワの
青いシートを巧みに使って、寝たままベッドに、移動させました。

なるほど、そうなるんだ。

うまいものです。

夫は初めは、ろれつが回らない感じで話していましたが、そのうちしっかりしてきて、
少し話していると、眠そうな様子でしたので、「眠りなさい」と言って
私はデイルームで軽くパンを食べ、しばらくしてベッドに戻りました。

手術はあっけなかったと、夫は話しておりました。

手術、手術と言っておりますが、ここは、関東では有名な肛門科の専門病院です。

ちょっと夫の名誉のために、病気のことは、詳しく書かないことにします。

入院は10日間くらいです。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする