カラオケが歌えなくなった夫

2016-03-30 20:17:43 | 日記
先々週から予定していたカラオケに夫と二人で自転車ででかけた。

スーパーの駐輪場に自転車を置かせてもらうので、中に入って、持込み用のお菓子や飲み物を買い込んだ。

夫は慢性腎臓病があるので、そのような買い食いはできないため、あらかじめりんごを剥いてお弁当箱に詰めて持ってきた。

夫は一日の食品成分の計算済みの缶チューハイを氷に包んで持参した。


場末のカラオケ屋さんなので、平日の昼間など、お客さんは混み合うことはなく、たいていいきなり行っても部屋は空いている。

3時間の料金を払い、部屋に行くと、いつものように、夫は座って聞き役を決め込んでいる。


3時間の間に、3曲だけ歌うよ、と言っていた。



私は、AKB48、中島みゆきとそのあとは、小学生から高校生のころまでの、歌謡曲を歌った。


時代 -ライヴ2010~11- (東京国際フォーラムAより)



夫は長椅子に横になって聞いている。


13:00からの入店の扱いにしてくれて、そろそろ15:30になるころ、

   「歌わないの?」

   「歌うか。。。思案橋ブルース入れて!」

十八番なのだ。






ようやく歌うか・・・  数十秒で歌うのをやめてしまった。

息が苦しくて、声を長く出せない、と言うのだ。


息だから、肺が悪いのかもしれないし、心臓の問題かもしれぬ。


心臓に心電図上で問題点があって、カテーテルの検査をするように言われたことがあったが、検査で使う薬品が持病の腎臓に悪影響があると聞いてから、心臓の検査は辞退しているので、心臓がどの程度悪くなっているのかわからないのだ。


結局、夫は1曲も歌わなかった。


このあと、夫はJRの駅へ行く用事があるので、そろそろお開きにして、スーパーの駐輪場で別れた。


用件は無事済んで、自転車で休み休みゆっくり走って帰宅してきた。


カラオケはこれからは2時間にしてと言う。

聞いているのは2時間が限度だそうだ。

たしかに、私は音痴だからな(笑) 


年上の人へのことばづかい

2016-03-26 21:44:31 | 日記
私は極端な所がある。

家族や親せきでもなく、親しくもない年下の人からのことばづかいに妙にひっかかるのだ。


軽く流せばいいようなときでも、年齢にこだわるところがある。


職場の立場の上の人の年齢が自分より下だという場合はいくらでもあるが、年齢が上の人にきく言葉遣いと思えない言い方をされるのが気になる。


まして、初対面に近いくらいの年下の女性から、上から目線で話されるとどうも嫌な感じを受けてしまうのだ。

そういう感じは、自分が若いころからそうなのだ。


おそらく自分の中で、年齢はほかの何より優先するような価値観を小さいころから持っていたのではないかと思う。


親しい友人で年齢が違うことはよくあるが、その場合は、私も友人に親しい口のききかたをする。

敬語を使わない。

だが、それはもちろん親しくなって、そのように話す間柄になってからで、逆に友人が私より年下でも、親しくなった場合は、友人から親しいことばづかいで話されることもあり、それは何とも思わないのだ。

先ほどから、親しい話し方、と言っているのは、いまは「タメ口」というのだろうが、母などは、「タメ口ってなあに?」と昔聞いていたから、その言い方はあえてしないで書いている。


きょう、この話題を書いたのは、マンションの理事会で、明らかに私より若い女性の理事がいて、その女性は2か月に1回の理事会で珍しく出席してきた人なのだが、理事会の最中に、上から目線で、下の人に言う話し方をされて、気分が悪くなったのを、夜遅いこの時間にも気持ちの中でくすぶっていたせいだ。


                  



ずいぶん前に、元バレーボール選手の川合君が独身のころ、だめなのが、「親しくない女性からタメ口で話されること」というのだ。

人によるのだろうが、やはり、こういう話され方が苦手な人はいるようだ。


特に、還暦になって、若いころからのそういう感じ方は、強くなった。

人が集まっても、自分が年長者になる状況が多くなったこともある。


とはいっても、自分自身は、若いころから、高齢者は苦手なのだ。


ポイントをかせぐ

2016-03-22 21:32:06 | 日記
ネット通販で買い物をよくする。

Amazon、ポンパレモール、ベルメゾン、nojimaオンライン、Yahoo!ショッピング、チケットぴあ、西友ドットコム、ブックオフ・オンライン、腎臓病食のサイトといったところだろうか。


買い物をするサイトに入る前に、必ず、Tポイントか、Gポイントか、オリコモールを経由して、入っていく。

ポイントを二重にもらうために。


買い物のサイトの個々のポイントのほかに、手前で入ったポイントのサイトでまずポイントをかせぐのだ。

これがなかなかバカにならない。


アンケートのサイトでも、せっせと回答すれば、これもポイントが積みあがってくる。


そのポイントもたまったら、無駄にはせずに、ドラッグストアで1.5倍で支払いに使える日に買い物をして、ポイントを使ったり、プロバイダの支払いに使えるポイントに変換したりして使うなど、工夫している。

働かない年金生活なので、時間はあるから、それをポイント集めの労力に振り向けて、ポイントをかせぐ。


このようなことをしていると、パソコンの前に座っている時間がどんどん長くなっていく。




パングラタン

2016-03-21 15:58:54 | グルメ
オススメの美味しいお店があります。

小田急 江ノ島線の 湘南台駅西口近くの 「インプルーブ」さんの パングラタンがとてもおいしいです。

       
        


        


ランチのセットなら、シーフードのパングラタンに、サラダ、飲み物、小さいデザートがついて、1200円です。

デザートはパンナコッタでした。


パングラタンの写真は、うっかりイカリングをひとつ食べてしまったあとに写真を撮りました 


この日、お彼岸でお墓参りの帰り道、14:30までのランチのオーダーストップに間に合うようお店に入りました。

ひとりで来たのは初めてです。


湘南台のダイソーさんの前にある間口の狭い小さなお店なので、わかりにくいかもしれません。

地図を見て歩くと、前に4回くらい行ったとき、毎回迷いました。

地図を見ないで、ダイソーさんの前だったな、と考えて歩いたら到着できました。


イタリアンのお店なので、もちろんパスタもありますから、ほかのお客さんはパスタを食べていました。

でも、私はここでは、必ずパングラタンです。

友人、親戚を連れて訪れると、パングラタンを勧めます。


みな、「どうやって食べるの?」と聞きます。

私も、久しぶりで食べに来たので、一瞬、どうやって食べようかな、と思いました。


結局、人に言うように

   「外からナイフで切ってしまうと、流れてしまうから、少し中を食べてから、
    パンを切って一緒に食べる」

これしかないですよね。


美味しく食べつくして、あとからホットコーヒーを出してもらって、デザートを頂き、お店を後にしました。


佳作2首

2016-03-20 18:10:07 | 短歌
しばらく、NHK短歌に採用されませんでしたが、2016年4月号に2首掲載されました。


    染野太朗選   歌題 「おどる」

   カラオケを歌うとなぜかくいくいとからだが自然に踊ってしまう


    栗木京子選   歌題 「ねたむ」

   ねたむことうらやむことの多かりき今のぞむのは夫(つま)の健康


ゴリラってヒト科!!

2016-03-17 20:56:01 | 日記
春から予備校生活を終え、進学のため、東京を離れる姪と上野動物園に行った。

上野動物園は、独身の時に夫と来たのが最後だったかもしれない。

朝、待ち合わせをしてすべてを見て回った。

入口からほどなくゴリラ舎があった。

掲示を見て驚いた。

ゴリラは霊長目ヒト科なのだ。

名古屋の東山動物園のゴリラが人気で、流し目が話題になっていたと記憶している。

上野では、子どものゴリラもいた。

おとなのメスのゴリラちゃんが頭にピンク色のバスタオルをかぶって歩いていた。

幼児が愛着のタオルを離せないのと同じ理屈だろうか。

ゴリラの写真は撮らなかった。



  
        


        


3時間と少し、ゆっくり見て回った。


その後、アメ横の見学をして、銀座線で浅草へ行き、「駒形どぜう」でどじょう鍋を食した。

そういうコースを計画していたのだ。

進学が決まっている大学4年生の甥(姪の兄)も呼び出したら、来てくれた。 

一緒にどじょう鍋を食べた。


いやー、美味しかったなぁ 


おなかいっぱい食べて、雷門から仲見世を歩き、浅草寺へ行った。


        



仲見世に来るといつもあれれと思うのは、外国人だましの化繊のテロテロの着物を売っていること。

まあ、いいか。


姪は2年間、東京圏に住んでいたが、the 東京見物 が、滞在中にあまりなかったというので、進学先に発つ前に、上野動物園、アメ横、浅草の見物を計画したのだ。


外国人が多いこと、ほんとに、ニュースで言われているように外国人の観光客が増えたなーと思う。

日本人が、街で、電車で外国人を見ても、普通にしているようになったのが、すごいと思う。


私が子供のころは、外見が外国人のかたが街にいたら、みな、しげしげと見たものだ。


浅草寺では、本堂へのお詣りの人が行列なので、お詣りは省略して横道へ移動した。

お目当てはこちらのスイーツだ。


テレビで放送していた「カスタード ラボ トウキョウ」さん のホームページから引用してご紹介させていただく。


       
   



東京シューザック

サクサクのデニッシュ生地とたっぷりカスタードが入った新しいスイーツです。
表面の焦がしキャラメルとの相性にこだわり、カスタードクリームは甘さ控えめにしました。

\280税込
   
    


店内で頂いた。小さいコーヒーをサービスしてくれた。

美味しかった!


その後、甘味喫茶にも行こうと誘って、梅園を探して歩いていたら、舟和の甘味喫茶に出会えた。

閉店近くだったが入れてくださったので、3人で甘味を頂いた。


あーーーー、楽しかった 


都営浅草線に3人で乗り、浅草橋で二人は降りて行った。

私は京急への直通電車でそのまま横浜へ向かった。


二人とも、東京圏を離れていく。

寂しくなるなあ 


蒸しパン三角柱

2016-03-12 21:13:11 | 腎臓
腎臓病食に「でんぷんホットケーキミックス」を使って、イチゴジャムの蒸しパンを作ります。

1日のたんぱく質摂取量を調整するために、夕食にたんぱく質をたくさん使った献立をたてると、朝は、たんぱく質を軽くしなければなりません。

腎臓病食用のホットケーキミックスを取り寄せて常備しており、それを使って、電子レンジで、蒸しパンを作りますが、夜のうちに作って、翌朝、夫が夜明け前に起きてきて、これを食べます。

夜、作るのをうっかり忘れてしまうことが何度かあったため、メモを書いてテーブルに置くより、これが良いだろうと気が付いて、三角柱を作りました。


            ↓↓


     
  

2個のときと、さらにその翌朝も食べる4個のときがあり、個数を示した札を差し込んであります。

年を取ったせいで、頼まれたことを忘れてしまうのです。

なにかほかのことに夢中になっていると、記憶していられないようです。

この三角柱をテーブルに置くようになって、忘れずとても便利になりました。


毎日、毎日、夫は献立を考えて、成分表から電卓で計算し、数値を表に書き込み、夫が読み上げると私がEXCELに入力して、1日の制限値の範囲内になることを確認して、印刷します。

この表を基に、1日の料理が決まります。

料理中に、材料の重さに増減があると、それも記入しておき、EXCELに最後に入力して、1日の食事の表が完成します。


表は写真をこちらに掲載しています。  


もう1年以上、このようにして食事を制限しています。

エネルギーは、2000kcal
たんぱく質は、49g
塩分は、   5.7g

を 指示量として、その制限内におさめます。

夫のレシピノートもページ数がかなり増えました。

先日の夫の発熱、下痢のときは、私が病人食を考えて、作りましたが、お粥をやめた翌日からは 夫は、もう献立を考えて、料理を始めました。

食べられること、好きなものを作る意欲があることは、とても良いことだと思います。





またもや道を聞かれる

2016-03-05 20:46:32 | 日記
先日、メガネ屋さんの帰りに、おばあさんに道を尋ねられた、と書いた。

今日は、近所のスーパーの帰り道、また道を聞かれた。

もちろん違う人だが、尋ねてきたのは、またもおばあさんだった。

小柄な(私が大柄なのだが)、上品なおばあさんだった。

私はスーパーからうちに帰るとき、途中、自転車を しばし停めて、ケータイのメールを入力していた。

そこへ、うしろからやってきたおばあさんが私に声を掛けてきたのだ。

  「◎◎駅へはどう行くんでしょうか?」
  
そりゃ、逆方向だわ・・・。

杖を突いていらっしゃる。

  「歩いていかれるのですか?」

  「はい」

と言う。

でもなあ、歩いていくと、長くて急な坂を10分くらい歩き続けないといけないしなあ。

道は少し複雑で説明したけど、わかってないだろうな。

  「バスもありますが」

  「バス停見ました。でも、午後は全く無くて」

  「こちら方向ばかり回る時間帯と、あちら方向だけ回る時間帯とあるんですが、でも、1時間に4本くらいしかありません。」

バスに乗れば、◎◎駅まで座って行けるんだけどなあ。

歩いて行ってみますとおっしゃるので、ならば、見えているあの信号を向こう側に渡ってしまうのが近道であることを話した。

ただ、駅へ向かう広い道に出たらまっすぐ行けば突き当りに駅に着くことを説明したが、急で長い坂を登り続けなければいけないことは、はっきりお伝えした。

  「少し行ったらまたそちらで聞いてみます」

と、歩いて行かれた。


10分はきつい坂を登らないといけないので、楽じゃないけど、タクシーも簡単には拾えない。

タクシーも考えてみたようだった。

でも、この前のおばあさんもきょうのおばあさんも、その地点まで歩いてこられたわけで、私が思うほどには、弱ってはいない元気がある高齢者なのかもしれない。


そういえば、母が、父の除籍謄本などを東京の区役所に行き、発行してもらおうとすると、職員にご家族を連れてくるようにとよく言われたという。

自分一人でそこまで来れているんだから、頼んだ書類発行してくれればそれでいいのに、年寄り扱いして、しっかりと独り立ちしていることを理解してもらえないのが困った、と 言っていた。

たしかに、外見からお年寄りを見て、か弱い何も出来そうもない、と 思われる、思うのは私もそう思うけれど、敗戦後のこの日本を築いて、また、高度経済成長の立役者をそばで支えた奥さんたちがいまのお年寄りなのだ。

若いときはなんでもできた方たちであるわけだ。

私も18歳のときは、英文タイプライターを習い、20代ではパーソナルコンピュータの時代の前の、一部屋まるまる1台のコンピュータだった部屋で、キーボードをパンパン叩いていた世代だ。

そうしてWindowsになったパソコンで給料をもらって生活していた人間が今は年金をもらって、会社からは消えた年齢になったのだ。

街で、道を聞くおばあさんも、うちに帰れば、パソコンで遠方に住む息子さんとSkypeしているかもしれない。

自分も行く道だ。

おばあさんは、立派な社会人なのである。

次に、道を聞かれたら、もう少しおばあさんが一人で自信を持って目的地に行かれるように、完璧に説明してあげよう。

こういう結論でいいだろうか。



ゴミの分別保管どうしてますか

2016-03-04 12:27:49 | 日記
ベルメゾンで分類ゴミ容器の屋外用を買った。


          



2分類で 約82リットル (約41リットル×2) 容量がある。

サイズは 幅約54、奥行約48.5、高さ約49cm だ。

自治体のゴミの分類はいくつも別れているので、どうしても家にストックしておかなければならなくなる。

いままで、洗濯機を置いている脱衣所の洗面台の前に、ビン、缶、ペットボトルを置いて、プラスチック容器包装は上下2段の分別容器の上に1週間分置き、下の段には、めったに出さない長期保管の不燃ごみを入れていた。

つまり、室内にあちこち保管のゴミが置かれていたのだ。

14年間こうだったのである。


最近、ネットで買い物づいているのと、4月11日までキャンペーンで大型商品の配送料500円が無料になるのを利用して、思い切って分類ゴミ容器を買ったのだ。

商品が届くと、思ったよりも軽い段ボール箱で、何かの間違いじゃないかと思ったほどだ。

ぱこん、ぱこんと、数か所はめ込むと、完成した。

室内のゴミをここへ移すと、たやすく入った。

深さが結構あるので、入る、入る。

見た目はコンパクトで、あまり入らないか、計算ミスしたかな、と思ったのだが、大丈夫だった。

室内の不要になった容器などを処分用に始末すると、部屋が片付いた。

こういうことは、昔のままにしておかないで、より機能するように新しい商品などにも目を向けなければいけないのだな、とあらためて思った。