JJ1WKN Log

自作や移動運用関連のログです。

Tanukino CWメモリーキーヤー「ElekinoFc」の試作 その3

2019-07-18 | Tanukino
その3です。

人柱版も「人柱b」版になり、だいぶ機能強化が進みました。

特徴から、追加機能を抜粋します。

パドル操作からモールス符号を解析することができるようになったので、エレキー動作での符号表示、送信練習、パドルからの文字入力による編集などができるようになりました。
 ディスプレイでパドルから打った文字を確認しながら電文の入力ができるようになったので、使いやすくなりました。
 また、ビーコン機能により、コンストなどで繰り返しCQを出すときなど便利です。

---
3.「再生モード」では、通常のエレキーと同様にパドル操作により、電文の送信ができます。
  パドル操作した文字はディスプレイに表示されるので、送信内容を確認できます。

4.「設定モード」では、電文の編集、送信練習、ランダム文字やランダムコールサインでCWの受信練習や、初期設定ができます。

5.電文編集では、選択された編集対象電文の全部がディスプレイの上半分に表示され、十字SWで編集対象の文字を選択、ディスプレイの下半分に表示された文字を選択することで、編集を行います。
  また、パドル操作で素早く文字入力をすることもできます。

6.電文編集では、1文字削除([Dl])、1文字挿入([Is])、電文クリア([Cl])の編集コマンドにより簡単に編集ができます。また、パドル操作でも同様の編集ができます。

8.電文にインターバル秒数を記述すると、ビーコン動作となり電文を繰り返し送信できます。
---

販売開始に先立ち、引き続き人柱を募集中ですので、試してみたい方は下記からお問い合わせください。
コメント

Tanukino CWメモリーキーヤー「ElekinoFc」の試作 その2

2019-07-11 | Tanukino
その2です。

回路図を一部変更しました。

ポートが余っているので、再現性を重視してアナログセンスによるSWスキャンはやめて、各SWをポートに割り当てる方式にしました。


[A]swで再生モードから編集モードへ切り替えていましたが、ランダムコールやランダム文字、電文初期化などの機能追加に伴い、設定画面を新設し、編集モードや追加機能を移しました。
再生モードから設定モードへの切替は[M6]/[A]の長押しで対応することにして、6チャネルとしました。

とりあえず人柱版のマニュアルを作りました。


以下マニュアルからの抜粋です。
----
 ElekinoFcの特徴を示します。

1.6つのメモリがあり、「M1」~「M6」のSWを押すと書き込まれた電文が送信されます。
  電文の長さは最大62文字です。

2.「再生モード」では、6つのメモリの先頭14文字が表示されますので、間違えることなく送信したい電文を選択することができます。

3.「設定モード」では、電文の編集、ランダム文字やランダムコールサインでCWの受信練習や、初期設定ができます。

4.電文編集では、選択された編集対象電文の全部がディスプレイの上半分に表示され、十字SWで編集対象の文字を選択、ディスプレイの下半分に表示された文字を選択することで、編集を行います。

5.電文編集では、1文字削除([Dl])、1文字挿入([Is])、電文クリア([Cl])の編集コマンドにより簡単に編集ができます。

6.BTなどの「連結符号」もサポートしており、一部の「連結符号」は編集画面から簡単に入力できます。

7.87x60x21mmのポケットサイズ(電池除く)で、どこへでも持ち運びできます。

8.電池は4.5vが標準で、単3乾電池または単4乾電池を3本使用します。
 3.3v~5.0vで動作するので、多少電池の電圧が下がっても大丈夫です。
 電池は006P用の電池スナップで接続しますので、電圧の範囲内でしたら、外部電源や他の電池を使用することもできます。

9.外部との接続は電池スナップ、パドルと送信機キーとの接続だけです。
 電源SW、速度設定VR、スピーカー、ディスプレイはケース内にあります。
---

人柱版ICの頒布の準備をしていますので、人柱として早速作ってみたい方は、「EnKaiZan」のQ&Aからお問い合わせください。


コメント

横浜電子工作連絡会 例会リスタート

2019-07-07 | その他
 しばらく休止していた横浜電子工作連絡会の例会が7月6日(土)に磯子の「横浜市社会教育コーナー」に場所を変えてリスタートしたので、早速出かけてきました。

 久しぶりに皆さんとお会いすることができました。

 以下、出席者の作品の一部です。

JL1VNQ:通過型電力計



JR8QVT/1:トライアック


JK1BMK:CQ誌別冊に掲載されたシャック


JP1VBR:Keyer-Mini-V2


JA1QXL:外付けVFO



JR1JWZ:科学教材社の蒸気機関車


JJ1WKN:あれとこれ。工作王を頂きました。



最後に会場の「横浜市社会教育コーナー」エントランス


会場内の様子はJA1OHPさんのブログをご参照ください。

来月は8月10日(土)とのことです。
詳細は「横浜電子工作連絡の掲示板」をご参照ください。
コメント

Tanukino CWメモリーキーヤー「ElekinoFc」の試作

2019-06-30 | Tanukino
電子工作のお店「EnKaiZan」は在庫切れで現在開店休業中ですが、次期主力商品をと思い、Elekinoシリーズの次世代バージョン「ElekinoFc」を開発中です。

ElekinoSdではPCで電文を記述したテキストファイルの作成が必要でしたが、ElekinoFcではPCが無くても電文の編集ができるようにしました。
安価に入手できる0.96インチ128x64ドットのOLEDを採用して、16文字、8行の画面で電文の編集ができるようにしました。。

編集方式は上半分の電文エリアに編集対象の電文を表示して、十字キーでカーソルを移動し、Aキーで文字エリアを選択し、文字エリアに表示された文字から置き換える文字を選択します。
いにしえのファミコンよろしく、キーは十字キー(黄色)とA(緑)Bキー(赤)です。
Bキーは再生/編集の切替に使用するので、M1~M5の5メモリーです。

文字数は編集エリアのサイズから各メモリー62文字としました。
EEPROMには余裕があるので、長い電文も可能ですが、編集処理が複雑化するので、とりあえず62文字としました。

下半分の文字エリアは数字、アルファベット、記号の一部とプロサインの一部のAR、BT、KN、VAをサポートしました。
なお、[SK]などと入力すれば任意のプロサインも可能です。
また、1文字インサート、1文字削除、全クリアの編集コマンドもサポートしました。

蓋を開けた写真です。
長いタクトSWを使えば蓋を閉めた状態で操作ができますが、穴開けが面倒なので蓋を開けて使用することにしました。
電池は3.3~5v動作なので、単4/単3電池3本を標準にしました。
MCU、OLEDどちらも3.3~5v動作可能なのでレギュレーターも不要で、ヘタッタ電池でも十分使用できます。


UPの写真です。
写真の例では電文エリアのカーソルはCQとDEの間の空白、文字エリアのカーソルは1にあり、電文エリアの末尾の2文字分の反転が、どちらのエリアが選択されているかを示します。


ちなみに蓋をするとこんなかんじで、再生モードで5つの電文の先頭14文字が表示され、M1~M5キーを押すと電文が送信されます。
表示エリアが大きいと電文を間違えることもなくて安心です。


回路図です。





コメント

令和元年五月十一日 神奈川区移動運用

2019-05-11 | 移動運用
天気が良かったので神奈川区の高島山公園で移動運用をしました。

高島山公園は青木橋の西側の本覚寺のそばにある見晴らしの良い公園です。
標高は42mほど。

いつもの1200MHz5エレツインクワッドです。
交信頂いた各局ありがとうございました。


公園内には2つの石碑がありました。




コメント (2)

令和元年五月六日 鶴見区移動運用

2019-05-06 | 移動運用
十連休の最終日なので、近くで移動運用をしました。
交信頂いた方、ありがとうございました。

運用場所はTVKの送信所がある丘で、川崎側が開けているところで標高は40m程です。


1200MHzのアンテナは移動用にブーム長を短縮するために5エレに改造したツインクワッドです。
MMANAで最適化しました。SWR=1.01、Ga=16.8dBi

データは
正方形の全周≒1λ
  Rf:252.0 Ra:220.4 D1:217.2 D2:208.4 D3:210.4
エレメント間隔
  Rf 47.0 Ra 31.0 D1 26.3 D2 23.3 D3

ブーム長は15cm程とコンパクトになり、専用の箱を作ったのでエレメントを外さずにリュックに入れることができます。


ポールは中華製の旗竿で縮めると28.5cmです。


川崎方面の眺望です。



コメント (4)

令和元年五月四日 都筑区移動運用

2019-05-05 | 移動運用
令和になって最初の移動運用をしました。

都筑区に都築三富士と呼ばれる富士塚があるとのことで、ロケハンを兼ねて出かけてみました。

最初は池辺富士です。
青白煙突の横浜市資源循環局都築工場の南側の畑の中にあります。


入り口には浅間社の鳥居があって山頂への階段が続いています。


山頂には石の祠がありました。
国土地理院によると標高は65m程で、次の川和富士へ向かいました。


次は川和富士です。
川和富士は池辺富士から西に800m程の地点にあり、川和富士公園の中にあります。
港北ニュータウン造成に伴い、近くの場所から移築したとのこと。


標高は74mとのこと。360度見渡せます。霞んでますが、大山方面です。

横浜方面です。


ホイップアンテナで1200MHz/430MHzの運用をしました。
交信頂いた方、ありがとうございました。


最後は山田富士です。
地下鉄グリーンラインの北山田駅の北西260mにあります。
標高は45m程で、北側にもピークがある二子山の南峰で南方面は開けています。
北峰は雑木林の中でロケはよくありません。


江戸時代からあるようです。


山頂には噴火口を模した凹みがあり、中央に石碑のような物が立っていました。


南方面の眺望です。


雲行きが怪しくなってきたので、運用はせず帰宅しました。
コメント

ISD1820録音再生モジュール CQマシンの製作

2019-04-16 | その他
ISD1820を使用した録音再生モジュールでCQマシンを作りました。

このモジュールはアマゾンで170円ですが、10秒間の録音再生ができます。
CQマシンにするにはメインCHとサブCHの2種類が必要なので、2つ発注しました。
大陸から郵送されてくるので、2周間ほどかかりますが、この価格は驚きです。

回路図です。

音声出力はスピーカー端子の+側(SP1a-1/SP1a-2)から取ります。
VRを追加して微調整できるようにしてあります。
スピーカーを取り付けると音が悪いので、付属のスピーカーは接続しません。
スピーカーが無いので、録音内容の確認のためにスピーカー端子のー側(SP1b-1/SP1b-2)を束ねてクリスタルイヤホンで聞くようにしました。
スピーカー端子は音声出力時に+1.2Vくらいの電圧が出力されるので、PTT制御に使用します。
必要ないかもしれませんが、マイクアンプを追加しました。


制御基板と合わせてボール紙の上に貼り付けました。
電源は単3サイズの3.6Vリチウム電池です。


ボール紙に銅線を刺してハンドマイク用のジャックを作りました。
コメント

2019-04-13 円海山移動運用

2019-04-16 | 移動運用
1200MHzの7エレツインクワッドを作ったので久々に円海山で移動運用をしました。

お相手頂いた各局、ありがとうございました。

円海山からの富士山です。


7エレツインクワッドです。
1λの正方形を2つ合体させ、中央から給電しています。
各エレメントのサイズは適当なループ八木アンテナの比率をそのまま使用しています。
エレメントの間隔は数メーター離れた所でゲインを測定して決めました。


エレメントです。
移動用なので、現地でブームにエレメントを両面テープで貼り付ける方式です。
エレメントは直径1.6mmの銅線で、プラ板にホットボンドで貼り付けてあります。


給電部です。
ソケットで取り外しできるようにしました。


データです。
MMANAでエレメント長はそのままにして間隔を微調整しました。
SWR=1.01、Ga=17.75dBi
正方形の全周≒1λ
  Rf:250.7 Ra:230.7 D1:214.0 D2:210.6 D3:210.6 D4:210.6 D5:210.6
エレメント間隔
  Rf 94 Ra 30 D1 47 D2 47 D3 74 D4 74 D5


コメント

1200MHz ツインDループアンテナの試作

2019-03-17 | アンテナ
1200MHzは13エレヤギアンテナを使用していますが、ブーム長を短くしようと思いエレメント数が少なくてもゲインのあるツインDループアンテナを試作してみました。

ツインDループアンテナは基本的にはツインループアンテナと同じ仕組みで、2つのループアンテナを並列にして給電しますが、Dの字の1周が1λになるので縦棒は背中合わせのDの縦棒と共用するので、コンパクトになります。

とりあえず5エレにしてみました。


給電部です。
エレメントはアルミ缶を短冊状に切ったものを両面テープで張り合わせています。
アルミ自体は導通していないので、アルミ短冊は上に貼った銅箔テープを支持する構造体として機能しています。
各エレメントはプラスチック製のクリップでブームに挟んであり、適当に動かして最大ゲインを見つけます。


調整はダイポールアンテナに検波器をつないでテスターで電圧を測定しました。
とりあえずの寸法ですが、各エレメントの直径[mm]と間隔は
Rf 86 Rf-Ra 78
Ra 80 Ra-D1 30
D1 77 D1-D2 46
D2 73 D2-D3 78
D3 73

現状はアルミ短冊1枚ですが、かなり柔いので2~3枚重ねにしようと思います。
コメント (2)