美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

家庭を築く前に

2022-09-24 10:18:16 | 心・体と運命

近年、殺人事件の半分以上は

家族間で行われるようになりました。

 

現代は

個人主義・自由主義・資本主義や

知識・情報・超高齢化の影響により

家族の在り方も難しくなっているようです。

 

法律でも日本は特殊で

それが良いことなのか

悪いことなのか分かりませんが

日本は明治以来

戸籍制度のままです。

 

つまり結婚は

家同士の結婚であって

個人間の結婚ではありません。

 

と言いながら

実質は個人間の結婚になっているので

家同士のままでは

離婚や子供や財産等で

色々と不都合にはなっているようですね。

 

虐待や育児拒否

シングルマザーの貧困化や

貧困家庭の連鎖なども

クローズアップされるようになりました。

 

家庭を築くには

複雑で難しい時代になりました。

 

少子化なのも

生涯独身が増えているのも

社会の変化が原因ではないでしょうか。

 

ここは原理原則に従って

家族を築き

家庭をマネジメントする前に

自分の自立力を高めて

自分のマネジメント力を高めることが

大切ではないでしょうか。

 

「親しき中にも礼儀あり」

家族も身近な他人ですね。

 

相互扶助の人間関係の

家庭を築くためにも

自分自身の

自立力と相互扶助力を

磨いて行きたいものですね。

 

運も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

職業の貴賤を決めるもの

2022-09-22 10:11:17 | 心・体と運命

昔から言われることですが

職業には貴賤はありません。

 

貴賤を決めているのは

自分自身の心のあり方です。

 

同じ仕事でも

富貴の心で働けば尊い職業になますし

貧賤の心で働けば賤しい職業になります。

 

自分次第ですね。

 

心をマネジメントするためには

を磨くことです。

 

魂とは分かりやすく言うと

調和です。

 

または

明るく清らかな意志であり意識です。

 

エゴ(我欲)に執着して

魂が暗く穢(けが)れていると

心をマネジメント出来ずに

運が悪くなります。

 

好きとか、嫌いとか

自分らしいとか、らしくないとか

儲かるとか、儲からないとか

苦しいとか、楽しいとか・・・

そんなことは

二の次三の次の問題です。

 

我欲(エゴ)による罪穢(つみけが)れを清めて

魂を磨いて暗さを明るくすると

愛と調和の意志や意識により

心を正しくマネジメント出来るようになります。

 

そうすると運も良くなり

正しい縁が起こり

それに逆らわなければ

自然と良い方向に導かれる人生になります。

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JUST DO

2022-09-20 10:27:11 | 心・体と運命

何事にも

陰陽の法則が働いていて

四季の流れがあります。

 

社会や時代の流れにも

陰陽と四季があります。

 

歴史の流れ

それを証明していますね。

 

歴史に学ぶには

約70年程で大きく

世界観(パラダイム)が変わります。

 

明治維新(1868年)

大東亜戦争の終戦(1945年)

第二次安倍政権の発足(2012年年末)が

近現代史の流れから

パラダイムの転換点です。

 

転換点から10年程は

新旧勢力が入り混じり

社会がドタバタ・ドサクサしますが

約10年後から

新しい方向性が決まります。

 

2022年現在

新しい方向性は見えているでしょうか?

 

これから少なくとも30年間は

知識・情報・超高齢化が進むことは

間違いありませんね。

 

知識・情報・超高齢化では

心身の健康と生涯継続学習が大切であり

老若男女関係なく活躍できる時代です。

 

仕方がないことですが

日本が豊かになった

1980年代ぐらいから

因循姑息の時代がはびこり

バブル経済崩壊後の1990年代からは

退廃滅亡の時代とミックスして

「失われた30年」を演出しました。

 

小泉改革から始まり

第二次安倍政権からは

創業垂統の時代の芽が出て来ました。

 

激動の2010年代を経て

まるでシナリオでもあるかのように

コロナ禍が起こり

安倍一強体制が終わり

葬儀の運びとなりました。

 

これから少なくとも30年間は

創業垂統精神を持って

健全な心身のマネジメントと

生涯継続学習できる人が

有利な時代になることでしょう。

 

JUST DOで

行動・改善・継続できる人が

運が良くなります。

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

心を柔らかく

2022-09-18 13:18:04 | 心・体と運命

残念なことですが

戦後生まれである団塊の世代の人達で

イキイキ生活している人は

1割5分と言われています。

 

「小人閑居して不善を為す」と言われますが

暇をもて余している人も少なくないのでしょうね。

 

日本の歴史上始まって以来の

超高齢化社会です。

 

人は身体が動くのであれば

幾つになっても社会に貢献して

社会参加することも

大切なことではないでしょうか。

 

仮に仕事が無いとするならば

先ずは自分の健康管理や

部屋の片付け

ご近所周りの掃除などに

取り組んでみるのも良いですね。

 

テレビばかり観るのはやめて(笑)

知的好奇心を高めるために

読書も良いですね。

 

パソコンやスマホを習って

情報発信なども面白いかも知れません。

 

人は50歳を過ぎると

顕著に頭も身体も心も固くなるものです。

 

年齢を重ねても

頭も身体も心も柔らかくして行きたいものですね。

 

自然に任せては老いるのみです。

 

頭と身体は致し方ないかも知れませんが

心は意識して柔らかくしたいものですね。

 

意識して魂を磨いて

心をマネジメント出来るようになると

運が良くなります。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

現実世界と精神世界

2022-09-16 10:09:49 | 心・体と運命

アメリカでは1980年代

日本では2000年代に

スピリチュアルブームが起こり

一般庶民にも認知されました。

 

精神世界の智慧は

宗教や占いや霊媒やスピリチュアルセミナー等で

扱われていたこともあり

胡散臭いイメージがありました。

 

2010年代には

ブームも沈静化しましたが

インターネットの普及と共に

詐欺も増えました。

 

良くも悪くも

精神世界の話は定着しましたが

2022年の現在

また霊感商法で有名な団体も

大きく話題となっています。

 

もう忘れているかと思いますが

2017年には東京の

富岡八幡宮

宮司の姉弟の血なまぐさい事件もありましたね。

 

表ざたになっていないだけで

財産や権力などで親族争いになっている

神社仏閣は少なくないようです。

 

人間が織りなす現実世界とは

血なまぐさいものです。

 

陰陽・善悪が混在しているのが

人間社会であり現実世界です。

 

この厳しい現実世界で

自立力相互扶助力高めることが

先ずは大切なことではないでしょうか。

 

現実に向き合うことを避けて

現実逃避するために

精神世界の知識を頭に入れていては

運が悪くなります。

 

「願えば叶う」とか

「思考は現実化する」とか

「正しいことより楽しいこと」

「自分探し」・・・などなど

耳障りの良い言葉を言い訳にして

現実的に自立できない人が少なくないようです。

 

精神世界の智慧は

自己実現や自己超越のためには

必要な智慧ではありますが

それはあくまでも

現実世界との調和があってのものです。

 

できれば若い時から

現実的に自立力と相互扶助力を高めながら

精神世界の智慧に触れる機会があると良いですね。

 

現実世界と精神世界が調和すると

運が良くなり

人生が愉しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする