故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

幸せをつかむキーワード「家族を尊重(Part2)」

2018-12-13 08:13:43 | よもやま話

12月の雪は、その日のうちに融けました。
寒いのか、そうでもないのか、よくわからなくなりました。

外の温度計は1℃となっている。
それを見て、寒いんだなと頭で判断する。
ヒートテックなど防寒着を着込んでいるので、屋外でも寒さを感じない。
家の中では、ストーブや電気カーペットで暖を取る。
蔵カフェの中は、12月でも11℃です。
厚い土壁の断熱効果は優れていて、蔵の中にある冷凍冷蔵庫の排熱が効いている。

本当に寒くなるのはこれからです。
取り遅れた大根の土の上の部分が凍みていました。
早く取り入れて、土に埋けてやらなければなりません。

今日のタイトルは、幸せをつかむキーワード「家族を尊重(Part2)」です。
リストラされたこと、2度です。
望んで転職を繰り返してきました。
亡きかみさんは、仕事や環境が変わってもへっちゃらでした。
話を聞いてくれ、意志を確認してくれたのは、いつもかみさんでした。
仕事で忙殺された時は、書類整理を手伝ってくれました。
子供が大きくなるにつれて、金がかかりました。
子供が寝ている時にできる仕事として、
かみさんが見つけてきた早朝の新聞配達を私も手伝いました。
かみさんが癌にかかり、彼女の負担を軽減しようと、私が7つの弁当を作りました。
2年間続けました。
家族は、一言も文句を言いませんでした。
美味しかったとも言いませんでした。

助けてくれるのは、常に家族でした。
尽くした会社は、何もしてくれませんでした。
外資系の会社だけが例外でした。
朝だけ仕事をして、午後は看病に行くことを許してくれました。
それも2週間でした。かみさんは旅立ちました。

おふくろは、毎日20箱のみかんをフェリーに積み込んでいました。
フェリーから電停まで運ぶのは、高校生だった私と私の友人でした。
嫌でたまらず、おふくろの乗るフェリーから一便遅らせたことがありました。
私の友人たちが、手伝っていました。
おふくろは、お礼を言って100円ずつ友人たちの手に握らせていました。
おふくろは、20箱のみかんを保険の外交員をしながら売りさばいていたのです。
保険会社の玄関で、道行く人にみかんを売っていました。
支部長が、仕事をせずにみかんを売っているとぼやいたそうです。

ある日、保険会社の支部に多くの人が保険に入りたいと押し掛けたそうです。
陸橋の上で、おふくろが道行く人に声をかけていました。
「ええ話があるんじゃけえ」と誘っていたそうです。
おふくろの葬式で、おばさんが話してくれました。
支部長は、何事かとたまげていたそうです。

あなたを見ているのは、常に家族です。
誰も見たことがない泣き顔も笑い声も聞いたことがありません。
家族だけは、味方です。

お願いと にやっと笑い 運んでね

2018年12月13日


<<投稿後>>
2015年9月22日投稿記事「家族を尊重」を見てみましょう。

家族こそ、社会性の出発点であり、最後にはもどる場所です。
子供も親もお互いに選べないのです。
逃げられない関係ゆえに、やっかいでもあります。
(中略)
他人通しも、尊重しあわなければ関係は続きません。
妻を愛することは、妻を尊重しているからです。
妻のどうでも良いような話を真剣に聞けるのです。

家族を尊重するものこそ、尊重されるように思います。
お互い様なのです。
(抜粋)

そうですね。よくまとまっています。
具体性に欠けるのが、説得力を削いでいます。
(筆者)
コメント

幸せをつかむキーワード「尽くす(Part2)」

2018-12-12 05:53:18 | よもやま話

今日のタイトルは、幸せをつかむキーワード「尽くす(Part2)」です。
あいにくの雪です。
今日のゴルフは中止になることでしょう。

できるだけ正しく絞り出すために、広辞苑で調べます。
尽くすとは、
つきるようにする。なくする。空しくする。
あるかぎりをだす。
きわめる。
終わるまで精一杯する。はたす。
他のもののために努力する。尽力する。
(動詞の連用形について)すっかり...する。
(広辞苑より)

結論から言うと、尽くす人を選ぶことを勧めます。
尽くすことなんてできることじゃないからです。
あなたの為なら、私は空っぽになってもよいと思う人のことです。
そんな人、いるわけないでしょう。
もし出会ったら、一考すべきです。

尽くすという言葉から連想するのは、おふくろであり、家族です。
出来の悪い子ほどかわいいものです。
どうしようもないお兄ちゃんや弟が気がかりです。
いずれ目が覚めると尽くします。
生涯付き合う家族と他人は違います。

尽くす人を選ぶのは、恋の初心者です。
傷口に塩を摺りこむ人を選ぶことはないにしても、ある程度独立した関係性が望ましい。
信じた人を応援するとき、あなたはその程度かと叱咤激励する。
尽くす人は生涯尽くし、尽くされる人は当然のことのように甘えるばかりです。
連れ合いを亡くした時に不都合が起きる。
かみさんを通じて家族とコミュニケーションをとっていたことに気づくはずです。
目の前で携帯をいじられると、なんとなく面白くない。
連れ合いは、他のことに関心があると邪心する。
あなたが気に入るような服を探していたのよと教えてもらうのは、ずっと後のこと。

尽くすことについて否定的なことがイメージされます。
尽くされていることに鈍感であってはならない。
貴重な時間を割いて、尽くされていることを知るべきです。
一人でなんでもできるのが望ましい。
独身のころはなんとか飯をつくっていたが、今は味付けから料理すべてに怖気づいてしまう。
妻は、私が先に逝ったら困るだろうと、簡単な料理から手ほどきをする。
糟糠の妻は考えているのです。

男は顔じゃない。
まめな男が恋の勝者になることがある。
待てよ。
手を触れられただけでも悪寒が走る。と聞いた。
どんなに尽くしても、合わぬものは合わない。
早く気づいて、合う人に巡り合うことです。

どうにも抵抗がある「尽くす」です。
今では、死語に近いかもしれないなんて思う。
案外、尽くされていることなど知らぬ方がよいかもしれない。
ふわふわと居心地がよいと、呑気に構えていてもよいのではないか。
尽くしてばかりいると思うと、肩が凝り腹が立つ。
尽くされている方も何かと窮屈だ。
ほどほどがよいのでしょう。

雪雨に 望み断たれて ほくそ笑む

2018年12月12日


<<投稿後>>
さて「尽くす(Part1)」は、どうであったのか。

2015年9月21日投稿記事「尽くす」を参照してください。
要は、尽くすのです。
何も考えないで、するのです。損も得もないような心境です。
心配から出ることもあるでしょう。気にかけているのです。
優しい気持ちです。
(抜粋)
2015年の記事の方が、優れているように思います。
さらっと書けている。尽くすとは、気づかれないで気づかないですることなのでしょう。
(筆者)
コメント

幸せをつかむキーワード「親友(Part2)」

2018-12-11 06:49:09 | よもやま話

今日のタイトルは、幸せをつかむキーワード「親友(Part2)」です。
誰かが書いた記事を読みました。
結婚する相手選びのキーワードが並べられていました。
日々のお題に困っていました。
安易に、2015年9月20日から10月4日まで、このキーワードについて挑戦しました。
自分の中から出てきた言葉ではないので戸惑いました。
改めて挑戦してみようと今日から15日間書いていきます。
同じ言葉に対する3年間の思考のギャップ(変遷、進化)を楽しみたいと思います。
したがって、以前書いた記事を読まないで書き進めます。

2015年10月4日投稿記事「頼りになる」からキーワードを抜粋します。

こうして、私ではない誰かが考えた15のキーワードについて考察しました。
親友(9月20日投稿)
尽くす
家族を尊重
励ます
特別扱い
良い影響
笑わせる
最優先
理解
欠点を補う
認める
信頼関係
コミュニケーション
謙虚
頼りになる(10月4日最終投稿)
(記事抜粋)

では、「親友(Part2)」を始めましょう。
親友とは、特別な友達のような意味で使われることが多い。
何が特別なのか広辞苑で調べてみました。
親友とは、
信頼できる親しい友、仲のよい友人。
(広辞苑より)
私の想像を超える解釈はありませんでした。
人生の節目で、親友はいました。
若いころ(学生時代)の親友といまだに付き合っていることはありません。
いろんな事情で関係が薄くなったからです。
学生時代の親友とは利害関係がないから続かなかったのかもしれません。
横並びの友に合わせる顔がなかったことも事実です。
高級感のある雑誌で、学生時代の同窓生として登場されるお歴々がおられます。
登場される人物は、肩書のある成功された方ばかりです。
親友ではない竹馬の友でしょう。

今付き合う人は、年齢に幅があります。
ここが、学生時代とは異なる点です。
人生の節目で助けていただいた。
何でも話せるようですが、ある一線はこえない付き合いです。
ある一線とは、血族の関係とは違うといってもよい。
血縁は、生まれてから死ぬまで途切れなく続くものです。

親友とは呼ぶには照れ臭い、付き合いの深い方のことが、ある意味親友というのでしょう。
親友は、心の琴線の友と言ってもよい。
人柄が素晴らしい。
頼りがいのある人。
頼りがいとは、一方が得するばかりでは成立しない。
クールな言い方では、ギブ&テイク。
家族ぐるみの付き合いに発展することが多い。
付け加えると、仕事ができる人。
困ったときに頼み甲斐がある人。
愛人は、親友にはなりえない。家族ぐるみとはいかないからです。
もっとシンプルに言うと、馬が合う人のことでしょう。
一緒に話したり飲んだりしたときの空気感です。
楽しいひととき。
相手の言葉に耳を傾ける。
自分の言葉を真剣に聞いてくれる。
これは身構えない信頼感からくるものであり、面白いと許せる安心感です。
妻もその一人でしょう。最たるものかもしれない。
時には、厳しい言葉も聞くことでしょう。
それは、自制を促す言葉や行動です。

親友の間には、少しだけライバル心がある。
お前がここまでやるなら、俺だってと張り合う感じです。
仲が良いだけでは続かない。
若いころとは異なる点です。
もう少し書くと、親友は別の親友に紹介したくなる人のことです。
そうして、人生に幅ができ、より深くなる。
力を認め合う関係かもしれません。

飛ばしっこ 幼き共に 姿変え

2018年12月11日

(投稿後)
2015年9月20日投稿記事「親友」を参照してください。
親友はいつ会っても、何を話しても、
「お前相変わらず馬鹿だね」と言える人のことです。
相手の話を聞き、こだわりを理解しなければその言葉は出てきません。
相手の気持ちが分かるから、どうしようもないやりきれなさがわかるから。
(抜粋)
前回の「親友」は、散文的です。踏み込んではいない記事です。
しかし、「親友」という言葉の意味をふわふわとつかみにいく姿が見えました。
3年間のギャップはありませんでした。ギャップがあるなんて思うこと自体、不遜と気づきました。
(筆者)

コメント

待ったなしの毎日

2018-12-10 07:07:31 | プロジェクトエンジニアー

今日のタイトルは、「待ったなしの毎日」です。
明日なんか期待できない。
昨日だって、くそくらえ。
今日だけが自由になる。
やろうと思えば、なんだってできる。

旅がしたい。
すればよい。
鎮守の森まで行って来ればよい。
そんなの旅じゃないよ。
そう、ならば山手線を一周するのはどう。
降りたことのない駅で降りればよい。
頭で想像したって始まらない。
観て聴いて、感動する。
それは旅でしょう。

後家さんと話がしたい。
偽の徘徊老人になって、二三日お世話になればよい。
旅する猫ちゃんと同じです。
しかし、世話になるのは二三日にしましょう。
話したくなくても、聞かなければならないことになります。

「待ったなしの毎日」こそ、健康の秘訣です。
不便こそ、ままならないばかりに少しだけ無理をする。
都会なら、地面を広げることがかなわぬから上に伸ばす。
階段を上ったり下りたりしています。
何か食べたいと思えば、作ることになる。
スーパーまで行かなければならない。
いや、畑まで行かなければならない。
誰も何もしてくれない。
これがよいことなんです。

「待ったなしの毎日」に待ったがかかる。
これも仕方がないこと。
待ったと上手に付き合いましょう。

いろんな「待った」があった。
不合格、失恋、リストラ、別れ、病気とありました。
怒っても嘆いても始まらない。
前を向くことです。
そして、「待ったなしの毎日」を続けましょう。
日々平凡。だけど待ったなし。
できることが嬉しいと気づくはずです。
誰も褒めてくれない。
誉めてくれたら、そこに留まらなければならない。
自分が一番知っています。
俺にゃ終わりなんかないと。

突っ張って 転んで丸く 磨かれて

2018年12月10日
コメント

初恋の人

2018-12-09 08:08:52 | 思い出話

初恋の人の誕生日が、第二次世界大戦開戦の日。
妻の誕生日が、終戦の日。
単に覚えやすいだけの理由で、昨日は彼女の誕生日でした。
二人は、同じ大学の同じ学部に通った友達どうしでした。
よく覚えているわね。
なんとなく嫌味な妻の一言が突き刺さりました。

今日のタイトルは、「初恋の人」です。
生活力の伴わない頃に初恋をします。
初恋が通じても、結婚までの永い春が始まる。
初恋の人と生涯を共にする。
成長がないというか、魅力満点だったというか。
余人には、わからぬことです。

適わぬから初恋。
打算もあって、適齢期に誰かといっしょになる。
若いころは、同年齢の男たちより年上の旦那は頼もしく思えたので結婚した。
何十年も経ってから、自分より年上の旦那の衰えは早い。
若いころは、想像だにできぬこと。

初恋のイメージは、生涯続く。
どこか似た人に魅かれる。
自ら気づかぬが、そうである。
仕事と同じで、長い年月は一本の糸で結ばれるように人生は紡がれる。
人の好みは、変わらぬもののようである。

知らぬから初恋。
いつまでも幻想を描いていれば幸せというもの。
そんな風にも思います。
今一緒に生活している人と、同士のように頑張っている。
他の可能性を考えてはいけない。
あっちの水は甘くも辛くもない。
知る由もなし。
知らぬ故、数多の恋ができた。
透明な味の今がよい。

初恋の人は、長い髪を揺らしながら、夕日の当たる廊下を走っている。

寒空の 見上げる星に なに願う

2018年12月9日
コメント