陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野生生物

2006-06-27 00:20:17 | Weblog
最近、色々な野生生物に出遭っている。

タヌキ、キツネ、イタチ、野うさぎ、子供連れの鴨、雉、他多くの野鳥、
蛇、昆虫(数多いので)、水棲昆虫などなど・・・。

過去には河原を歩いていて目の前に立派な角を携えた日本カモシカが現れたり、
数十頭の猿に囲まれたこともあります。
海の中では巨大な鮫の群れ、無数の海蛇なども・・・。
ほんの目前で日本カモシカに会った時は感動的でしたね。
僕もビックリしましたが向うもキョトンとした顔をしていましたね。

これだけ色々な動物に出遭っていると、
そのうち熊や猪にでも遭遇してしまうのではないかと心配です。
蛇や山ヒル、熊に猪、猿、雀蜂、これらの動物だけには出遭いたくありません。
そうそう、藪こぎなどした時には、ツツガムシというダニの一種も怖いです。
知らないうちにこれに咬まれると原因が分からないまま死に至る事もあります。

でも過去で一番怖い思いをしたのは、ホントに山奥の山中の真夜中、
道がタイヤ幅ギリギリの林道(片側は深い谷底です)で小用を足そうとしている時
一台の車の灯りが近づいて来た時です。普通だったら人間なんか絶対来ないところですよ。
ドアが開き・・・一人の外人さんが降りて来ました。何?何?もしかして強盗?
道を聞かれただけでしたが、もしかして僕の顔を見てビビッタのかも?
あの外人さん、真夜中の奥深い山中で一体何をしてたのでしょう?
昼間見たら40~50m下の谷底に車が何台も転落したままになってるところですよ。
てか、僕も何をしてたんでしょうね?

何故僕がタヌキやキツネに遭うのでしょう・・・それは僕が彼らと同じ夜行性だからかも?
でも、タヌキは珍しくないですけどキツネに遭ったことは初めてです。
この時は3頭連れ添っていました。先週の事です。

そろそろ気分転換に蛍を見に行ったり、カブト虫など拾いに行ってみようかな。
カブト虫、拾うって表現おかしいと思うでしょう?
夜限定ですが、山奥の自販機の灯りとか橋の上の灯りの下に結構落ちてるんですよ。
蛾が多いのがちょっと苦手ですけど。
もう一つ、簡単な捕り方、カブト虫、クワガタのいそうな木を蹴る。
もちろん、それで揺れるくらいの木でないといけません。
ボタボタッと落ちてくる。もしかしたら蛇も落ちてくる?

しかし、どの動物も親や子、兄弟と思われる連れと寄り添って生きていますね。
蛇や虫以外は・・・

それに引き換え最近の人間の世界は一体どうなっているのでしょう?
親が子を殺し、子が親を殺し・・・
育児放棄、幼児虐待などなど・・・










コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 思う事 | トップ | 本屋 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りこ)
2006-06-27 01:29:00
gonzoさん、こんばんは。



すごいですねぇ、野生動物なんて。

こちらでは、ほぼ絶対に見かけませんよ。

たま~に、高速道路で轢かれちゃってるタヌキさんがいるぐらい。

イヌやネコも野良って滅多に見ないです。

(だいたい首輪つけてます)



キツネさん、わたしすごい好きなんですよ。

実際には動物園でしか見たコトないけど、実は飼いたいぐらい好きです。

野ウサギさんもかわいいですよねぇ。

わたしは厩舎のウサギさんしか見たコトないですが。。。

都会育ちなんですかねぇ?(笑)



カブト虫やクワガタは、小さい頃はもくを蹴って落としていました。

でも最近は、蹴ってもきっと落ちてきません。

こちらはそういう自然がないんです。

もっと房総のほうへ行けば、きっとあるかと思うんですけどね。



心が和むお話でした。

人間よりも、動物のほうが親子愛がありそうですね。

理性と知識が、色んなものを邪魔しているのかな、人間は。



それでは、雨降りだと思いますが、健やかにお過ごしください。



ばいばい♪
Unknown (gonzo)
2006-06-27 13:56:13
りこさん、こんにちは。



一体、僕がどんな田舎に住んでいるの?

そう思うでしょうね。

でも、ごく普通の町ですので・・・。

僕がそういった場所に出る事が好きだから必然的に出遭うのでしょう。

暇があるからとも言えますが



キツネもタヌキも可愛いですね。でもやはり野生の姿が一番です。



千葉辺りも開発が進み、野生生物との触れ合いなんて無理でしょうね。

確か、大多喜の方は蛍で有名だったと思いますが。千葉市内からは結構遠いですね。



死を意識しているのは人間だけだなんて言いますが、犬や猫も死ぬ時には死に際を悟って自ら消えるそうです。

人間は・・・。





たぬきの親子 (tomoko)
2006-06-27 18:02:09
私の住んでいる夙川(しゅくがわ)界隈は、六甲山の麓に近く、阪急夙川駅のあたりは、桜の名所100選に選ばれている綺麗な処です。



2年前、近所の満池谷に住んでいる友達が、「この辺には、たぬきの親子が住んでいて、朝早ゴミ出しに行ったら、道を横切っていたよ。ときどき、出会うのよ。」と言っていました。

へえ・・・こんな住宅地なのに?のどかな話や・・と、思っていました。



すると、しばらくして夏のある日、集中豪雨で辺り一面水に浸かったとき、たまたまバスを降りて、水の引いた小学校の横道を歩いていたら、排水溝の横に、何かが行き倒れになっている・・。

えっ、猫ちゃんが2匹?と近づいてみたら、なんと、たぬきの親子が倒れていました。

そこに近所のおばあちゃんが、「あらー、この辺でいつも散歩している、たぬきの親子ではありまへんか。鉄砲水に遭って、巣でおぼれて流されたんやろか。可哀想に。南無阿弥陀仏・・・」



けなげに高級住宅地で生きていたのに、可哀想なたぬきの親子のことを、大雨が降ると思い出すのであります。

自然の驚異には、逆らえないけど、助けて上げたかったな。

Unknown (gonzo)
2006-06-27 20:32:28
tomokoさん、こんばんは。



タヌキは最近は住宅街などで見かけることが多いようですね。

里に下りてくれば簡単に餌が手に入る事を知っているようです。

夜の峠道などで遭うと車のライトにビックリするのか

タヌキはその場で固まってしまいます。

一度気付くのが遅くて轢きそうになってしまいましたが、何とか回避できました。



住宅街などではやはり排水溝などにいる事が多いようです。うちの母親も裏の排水溝にいるのを見たことがあるそうです。

山の中で静かに暮らせる環境が少なくなっているのかな・・・?

私も野生に帰りたい。 (ゆめ)
2006-06-28 00:00:26


今日は精神的にです。

いろいろと現実は厳しいです。



ここで、皆さんから元気をもらって、顔を上げて前を向かなければ。

野生動物も厳しい自然界を生きているんですものね。

負けないぞ!。
Unknown (gonzo)
2006-06-28 00:35:43
ゆめさん、なんとなくそんな気がしていましたよ。

大丈夫?



僕もそうなんですが、孤独を好む人は実は孤独になることが一番怖かったりするんじゃないかな~。



元気を分けてあげられるのなら分けてあげたい。



ゆめさん、無理にとは言わないけど、一人で苦しんでいないで、tomokoさんや僕を信じて、気持ちが落ち着いた時にでもメールでもして下さい。

離れていて何が出来るって訳でもないけど、吐き出したいことは何でも真剣に聞いてあげるから。

そうすれば少しは楽になれるかもよ?



くれぐれも一人で抱え込まないでね。

負けない気持ちを持つ事はすごく大事な事だけど、

自分を越えた無理は絶対ダメだよ。



いつでも待ってるから・・・。ねっ
ありがとうございます。 (ゆめ)
2006-06-28 01:19:17
一人で泣いてます。

こんな日もあるさ。

もう少したったら寝ます。大丈夫です。



明日になったら、立ち直ります。

ある人に、

 まるでなまけ者のようにひどい事を言われました。私の状況を知ってるはずの身近な人なのに昨日も今日も二人連続です。



見た目じゃそうだよね。普通に見えるのに、寝てばかり、仕事も外出もせず、

友達も作らず家にひきこもり。



ふざけたやつに見えるよね。

この苦しさは理解できなくてあたりまえ。

健康な人は、無理もないよね。

わからないんだから、許してあげようね。



Unknown (gonzo)
2006-06-28 01:44:18
ゆめさん、ホント、明日になったら立ち直っていてほしいけど・・・。

泣いたら忘れちゃおっ。



僕も身近な人に色々と言われたからね~。

ゆめさんの気持ちは理解できてると思うんだ。

辛いよね、哀しいよね?

ただ、僕の場合はそれを聞き流す術を身に付けてしまったんだ。それが、いいことなのか、悪い事なのかは

分からないけどね・・・。

そのせいで感情を出す事が少なくなってしまったしね。



僕が近くにいたら外に連れて行ってあげるんだけど。



けど、友達はここに出来たじゃん

そう思ってね違う



ふざけたやつになんか見えないよ

頑張れとは言わないけど、負けるな



応援してるから
ゆめさん見てるかな? (gonzo)
2006-06-28 15:04:56
ゆめさん、大丈夫だろうか・・・?



元気出してね



ゆめさーん!みんな味方だよ! (tomoko)
2006-06-28 17:06:19
ゆめさん、大丈夫でしょうか?



今日はとても蒸し暑いです!方も首もこりこりで、今オムロンの低周波治療器で、ピクピクしながら、これ打っています。頭も目もぼーとして・・・。



でも、私はいつも、去年の今頃よりまし?と自問自答します。

闘病日記書いてるので。もう10冊目です。

去年の今頃は、病院でうなっていました。

日記を読み返して、ちょっとでも、進歩しているところを自分で見つけて、自分を褒めてやります。

人はどう言おうが、自分の身体は自分にしか解らないからね!

痛いのも、辛いのも、痺れるのも、歩けないのも、息するのも苦しいのも、みんな外からは見えない。

計る物はない。



で、来年の今頃は・・・と、楽になっている自分を想像する。辛さを解ってくれない人は、ばっさばっさと、切り捨て!

関係をたやすく切れない相手は、心のなかで、切り捨て!



シンプルに生きるのだ、おー!と叫ぶ。

それ以上は考えずに、寝る。



あっ、gonzoさんは、切っちゃだめですよ!こんなに、ゆめさんのこと、心配してくれているのだから。いい人です。



私もいつも心配してますよ。メール下さいね!

陰ながら、応援しています。苦しんでいるのは、

一人では、ないですよー。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事