旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降、新規の主要な記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
で書いています。 

IRセミナー 7762シチズン時計 工作機械が支える時計メーカー

2018-03-29 22:05:16 | 株式投資・資産運用
IRセミナー 7762シチズン時計 工作機械が支える時計メーカー

 小林製薬の総会と前後になりましたが、これは昨日のIRセミナーの方です。

 シチズン時計さんの話を聞くのは初めてでした。
 
 無論、時計が中心ですが、時計メーカーとしては世界のトップ10にも入らないということでした。
 なんのトップ10かよくわからんかったな。

 価格が数十万、数百万とかいうような高級ブランドはあまり持っていなくて、中心のなるのは中価格帯。
というのは数万から十万とかでしょうか。北米ではここのあたりは強いということでした。

 まあ、売上も利益もこの時計部門が中心になっているというのはシチズンのイメージどおりなのですが、
ここのところ伸びが著しく、かつ、利益率も高いというのが工作機械。
 売上予想がこのセグメントだけで600億。で、利益率は14.5%で、これは時計の10%ちょっとよりもかな
り高い。利益率的には1.5倍に近いです。

 ということで、営業利益で見ると時計のおよそ半分ぐらいは工作機械で稼いでいるという形です。

 工作機械というのはNC自動旋盤で、独自の加工技術が評価されているところがあるようです。

 なんでシチズンが工作機械かというと、機械は時計の製造に必要なもので、それを自社で製造していたとこ
ろあたりに由来しているらしいです。まあ、つまりは削る機械です。

 反面、LEDとか自動車用部品などのデバイスのところは売上については工作機械とほぼ同じ程度はあるの
ですが、利益率は5%以下。

 他のサーマルプリンター(レシートとか印刷したりするやつね)とか、血圧計とか体温計とかの
電子機器のところは200億以上の売上で、OEMで高シェアのところもあるようですが、まあ営業利益は1%程度で、
赤字にはなっていないというレベルの模様でした。

 ということで、どこでもそうなのでしょうが、セグメントによって色々大きく違いがあります。

 やはり工作機械が伸びていて、利益貢献している比率も大きいというのは、一般のイメージからすると、かなり
意外感はあるかなと思います。

 工作機械はツガミとかスター精密なとが競合だそうで、海外メーカーではそんなに脅威を感じているところは
ないとのことでした。

 評価的には中立。別に悪くない。工作機械は目先的にはよさそうです。時計は個人的にはかっこいいと思いますが
投資判断としてはさっぱりわかりません・・・(^_^;)。

 あ、そうそう、優待はしないのか聞いてみたら、配当でということらしいです。
 
 したらいいのにね。500株とかでもいいので。

 体温計とか血圧計などの自社製品があり、これはオムロンと似てます。オムロンは自社製品を優待で提供しています。
 まあ、シチズンは優待に出せるような安価な時計とかはないか・・・。

 配当でというわりには配当利回りはそんなに高くはないです。うまく優待も活用したらいいのにとは思います。



コメント

花散歩5

2018-03-29 18:07:34 | インターネット・パソコン・デジカメ
花散歩5

小林製薬の総会のあとは天満橋まで戻り、お寿司を買って、外の大川沿いの
ところで食べました。



観光の桜見物の船が、大小、あれこれいっぱい出ています。船着き場で待っている人も多数。
写真はすべてスマホです。







天満橋の上から。






対岸へ。








これは帰路、京阪の車中から、
寝屋川車庫。遠く、左側にエクセディの看板が見えます。←自動車部品関係、優待クロスでお世話になってます。



明日、自転車で伏見の方に行くかも。夜は大阪でイッセー尾形。
コメント

日本株+17 REIT-4

2018-03-29 17:43:43 | 株式投資・資産運用
日本株+17 REIT-4

後場、指数は一度マイナス圏になりましたが、終値は
持ち直しました。

PFもほぼ同様の動き。

リログループが反発するも、今日は大規模M&Aのニュース
があった武田薬品が大きめの下落。市場は懸念?。

あと、高い方ではMS-Japan、安い方では原田工業。
コメント

4967小林製薬の株主総会に行ったよ

2018-03-29 17:29:38 | 株式投資・資産運用
4967小林製薬の株主総会に行ったよ

 企業のIRセミナーはよく行きますが、株主総会はほとんど行きません。

 というのは、東京での開催が多く近畿圏での開催が少なく、総会は色々制約もあって
面倒で面白くない(と思っている)ということがあります。

 小林製薬は単に優待クロスを取っただけで、長期対象の銘柄ではないですが、
大阪の中之島のホテルで行きやすいということもあり参加してみました。

 小林製薬はブルーレットとか熱さまシートとかが有名ですが、本格的な医療用の医薬品
ではなくて、日常生活上の様々なアイディアグッズなどの開発が得意です。

 今年はカイロなんかも寒かったこともあって売上が伸びたとか(中国やアメリカでも)。

 業績は堅調で着実に伸び、中国でのブランドイメージも高いです。

 「小林」の名前どおり、社長、会長さんなどはこの小林一族です。

 会場は中之島のリーガロイヤルホテルの2階。京阪の中之島駅直結で行きやすいところです。
ただ、今日は車両故障の影響とかで京阪のダイヤが乱れてましたが。

ホテル入口。このあたりは川が多く、水運が盛んだった場所です。


入り口で議決権の書類を出して入場。
自社製品の杜仲茶のペットボトルとおみやげ引き換え札を渡してくれます。


出席票をもらってくびにかけます。




総会そのものは開始時間ちょっと前に、まず、総務部さんかな、総会の事務局みたいな社員さんが入場。
つづいて、各業務等担当の責任者などが後段に。

つづいて、社外も含めた取締役さんや監査役さんが前段に整列、着席。
社外取締役として佐々木かをりさんの姿もあり。

会場は、どうだろう、500名程度は参加者があったでしょううか。
比較的規模が大きいIRセミナーという感じです。

社長が短時間、20分ほどで業績等を説明。これ、単に事業内容や業績等の説明ということなら、通常のIR
セミナーの方が詳しいです。

質問者10名程度。まあ、皆さん、わりとやさしいというか温厚な質問者多し。

目標株価を聞くとか、自分で製品を使った感想をあれこれ述べるなど、??の方もありましたが、
まあ、個人株主ということで、そういう発言も別にいいかと思いました。

疑問だったのは株式分割について。経営側、あまり積極的なコメントではなかったです。
あ、株主さんからは高株価の方がプレゼンス的にはいいという意見もありましたが。

小林製薬の株価は時価で7,520円ですから、100株単元で75.2万いります。

これは東証が示す5-50万という基準から既にはずれています。法的に問題があるわけではないですが、
なぜこの東証の基準にはずれた状態を放置するのかというのがわからない(コスト的なこと以外は)。

前にも書いたけど、一回分割して50万以下になるようにしたけれど、ごめん、株価が上昇してまた50万以上にな
ってしまったというのは違う、既にオーバーしているのに、積極的にアクションしようとする姿勢が見受けられない
のは残念です。

製品なんかはまた独自性のあるいろんなものをどんどん出していってほしいですね。

まあ、全体として、なかなか、穏やかないい雰囲気でよかったと思いました。

あ、これ、おみやげね。
事業説明も聞いてほしいので、あとで渡してますと社長が言っていました。
先に渡すと、もらっただけで帰ってしまう人とかがいるということなんでしょう。



コメント

どっひゃー! 4765モーニングスターでやらかし、というか被弾

2018-03-29 07:57:20 | 株式投資・資産運用
どっひゃー! 4765モーニングスターでやらかし、というか被弾

逆日歩つかんやろと気楽に制度信用でクロスしておりましたが、
結果は・・・。

2018/03/27 21.60

で、コストは・・・。
-415,225+393,154=22,071円 って、高いがな。

うーん、株式新聞の年間購読量、イメージよりも高くなりました。

あらら・・・。

逆日歩は去年、WOWOWで被弾しましたが、それ以来かな。

さて、小林製薬の株主総会に行きましょうか。


コメント