てつがくカフェ@ふくしま

福島市で哲学カフェをゆるゆるやってます。専門知識はいりません。
身近な哲学的問題をみんなで考え語り合いましょう!

てつがくカフェ@ふくしま2018.8.19.「相撲はこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」

2018年08月08日 16時11分43秒 | 開催予定
6月のてつカフェでは、

「日本のスポーツはこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」

というちょっと刺激的なテーマで話し合い大いに盛り上がりました。

あのテーマを選んだきっかけとなったラグビーの危険タックル問題は、

その後迷走を続けたものの、やっと一段落ついてきたかなと思っていたら、

今度はボクシングという、またまた新たな火種が発覚してしまいました。

一体全体、日本のスポーツ界はどうなっているのでしょうか。

さて、8月のてつカフェでは、

日本のスポーツ界のなかでもいにしえよりずっと闇に包まれていて、

ブラックなスポーツの代表格とも言うべき相撲を取り上げたいと思います。


てつがくカフェ@ふくしま2018.8.19.
【テーマ】「相撲はこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」
【日 時】2018年8月19日(日)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター B-1会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp





いや、実のところ相撲をスポーツと呼んでいいのかということ自体が大問題です。

相撲に関しては、神事なのか、興行なのか、スポーツなのか、

いまひとつはっきりしないところがあります。

だからこそ、大相撲の歴史において八百長問題が連綿と続いてきているのであり、

また、病人を助けるためであっても女性を土俵に上がらせないといった、

一般の常識に反するような慣行も後生大事に守られてきているわけです。

これからの時代において相撲はどうあるべきなのでしょうか?

とりわけ大相撲はどう再生していったらいいのでしょうか?

ぜひ皆さんとともにじっくり考え、ゆっくり話し合ってみたいと思います。

今回は土曜日ではなく日曜日の開催ですので、皆さまお間違えなく。

「てつがくカフェ@ふくしま」は気軽に対等に、

安心して何でも話し合える場です。

初めての方でもお気軽にご参加ください。


コメント

7月21日『万引き家族』でシネマdeてつがくカフェです!

2018年07月11日 17時57分07秒 | 開催予定


来週の7月21日(土)はシネマdeてつがくカフェです!

是枝監督の『万引き家族』が課題映画です。

各自、映画館で映画をご鑑賞の上、ご参集ください!

私も先日やっと見てきました。

パルムドールとか何とか関係なく、とてもいい映画でした。

血のつながった家族の崩壊と血のつながらない絆の創設。

是枝監督がずっと追い続けているテーマです。

私も大好きなテーマですので、ぜひ皆さんと一緒に考えてみたいですが、

しかし、この映画にはそればかりでなく、

もっといろいろな切り口がちりばめられていました。

シネマdeてつがくカフェは、映画論や監督論、演技論等を語るのではなく、

(そのためにはいろいろと背景知識などが必要になるでしょう)

その映画に含まれているさまざまな哲学的・倫理学的テーマについて、

予備知識を前提とせずに、自由に対等に語り合う場です。

この映画のなかに皆さんはどんなテーマやメッセージを見出したのか、

ぜひ楽しく語り合いましょう!
コメント

シネマ de てつがくカフェ2018.7.21.『万引き家族』

2018年06月18日 18時05分38秒 | 開催予定
一昨日、6月のてつカフェを終えたばかりですが、

日程がすでに決まっているということもあって、

さっそく次回の告知をさせていただきます。

次回は久しぶりに「シネマ de てつがくカフェ」を行うことにしました。

課題映画は是枝監督の『万引き家族』です!



シネマ de てつがくカフェ2018.7.21.
【課題作品】是枝裕和監督『万引き家族』
【日  時】2018年7月21日(土)
      16:00~18:00
【場  所】福島市市民活動サポートセンター A-1会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費・飲物代】無料
【事前申し込み】不要 (各自映画を見た上で会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp




カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したとか、

何かというと海外で活躍した人にすり寄ってくるはずの安倍首相がそれを黙殺したとか、

いろいろと話題になっていますが、

それが課題映画選定の最大の理由ではありません。

家族の問題、とりわけ血のつながらない家族の問題というのは、

我がてつカフェがずっと以前から取り組んできている問題です。

是枝監督の前作『そして父になる』はてつカフェでは取り上げませんでしたが、

2015年には蝶野監督らを招いて『at Home』でシネマカフェを行っています。

最初期の第4回てつカフェのテーマが、

「血は水よりも濃いのか? ―家族はどこまで他人か?―」でした。

そういう流れのなかで今回の『万引き家族』は、

シネマカフェを行うにはうってつけの作品だと思うのです。

まあ、もちろんパルムドールを取ったというのも、

てつカフェ実施の都合上、若干考慮した面がないわけではありません。

これまではシネマ de てつがくカフェは「フォーラム福島」さんをお借りして、

その場で映画を見て、その後そのまま映画館で対話するという形で開催していました。

今回はそのような形にできなかったので、

各自で映画を見てきてもらって、7月21日にふくサポでシネマカフェを行うことになります。

そのため長いこと上映していそうな映画でないと困るわけで、

実は他にもシネマカフェをやってみたいいい映画はいろいろあるのですが、

おそらく7月の半ばくらいまでずっと上映されていそうなのは、

カンヌ映画祭で受賞した『万引き家族』くらいではないでしょうか。

皆さんに見てもらえる可能性が高そうだということでこれに決定いたしました。

実を言うと私もまだ見ていないのですが、

はたして『万引き家族』は期待通り・前評判通りの名作なのか、

これから見るのが楽しみです。

そして、これを題材にどんな対話が繰り広げられるのか、

新しいスタイルのシネマ de てつがくカフェにも期待が高まります。

「シネマ de てつがくカフェ」は気軽に対等に、

安心して何でも話し合える場です。

初めての方でもお気軽にご参加ください。
コメント

てつカフェ 今後の日程

2018年06月14日 16時26分57秒 | 開催予定
前回のてつカフェのアフタートークのときに、

遠方に転勤されて久しぶりに参加された方から、

てつカフェの開催予定を早めに教えてほしいとの依頼がありました。

そうなんですよね。

前々からそうした要望はあったのですが、

なんせ世話人の自転車操業でやってきましたから、

その月とせいぜい翌月の予定を決めるのがせいいっぱいで、

何ヶ月か先までのスケジュールをお示しすることができずにきました。

しかし、このところ会場が福島市市民活動サポートセンターに定着し、

石井さんという力強い世話人 (なんとふくサポ職員!) も得られましたので、

ある程度、先まで予定を立てることが可能になってきました。

とりあえずテーマはまだですが、日程は10月まで決めることができましたので、

こちらで大発表させていただきます。

ジャジャーン、こちらです!



丸印のついているところがてつカフェ開催日です。

 6月16日 (土) ふくサポ A-2会議室 「日本のスポーツはこれでいいのか?…」

 7月21日 (土) ふくサポ A-1会議室  田舎問題か会津問題か?

 8月19日 (日) ふくサポ         相撲問題?

 9月15日 (土) ふくサポ

10月21日 (日) A・O・Z 14:00~16:00

今のところこんな感じです。

これまでの感覚からしたら、もうありえないほど未来まで決まってる感じじゃないですか?

どんなもんだい。

というかすべては石井さんの手柄なわけですが…。

10月は昨年の11月と同様 「ふくしま市民活動フェスティバル」 への参加です。

なので開催時間がいつもより2時間早くなっております。

とにかく日程は10月まで確定しました。

テーマのほうはあいかわらず全然決まっておりません。

皆さんのご意見を大募集中です。

『万引き家族』 かなんかでシネマ de てつがくカフェなんていうのも、

久しぶりにいいかもしれませんが…。

テーマは未定ですが日程は確定しましたので、

皆さまスケジュール帳に書き込んでおいてください。
コメント

てつカフェ2018.6.16.ポスター完成!

2018年06月13日 11時58分51秒 | 開催予定
今度の土曜日、「てつがくカフェ@ふくしま2018.6.16.」が開催されます。

今回のテーマはちょっと長ったらしくて、

「日本のスポーツはこれでいいのか? どうすればいいのだ?」です。

このところ児童虐待の事件や資産家の不審死、新幹線の事件などのニュースがあって、

マスコミ的にはちょっと熱が冷めかけてきているようですが、

まあ落ち着いて話し合うにはそのくらいがちょうどよいでしょう。

ポスターを作成しました。



お気づきのことと思いますが、

作風がひと昔前のタイプに戻っています。

ちょっといつもの卒業生の方が都合が悪くて、

私が久しぶりに自作しなければなりませんでした。

するととたんにこういうやつに逆戻りですよ。

卒業生が長らくお手本を示してきてくれたというのに、

人はなかなか学習しないものです。

というようなことを考えると、

日本のスポーツ(指導者)がなかなか変われないのも仕方ないことなのでしょうか。

キャッチコピーもいかにも作者がバレバレな感じですね。

「てつがくカフェ@ふくしまは

 監督やコーチや親方や先輩に気兼ねすることなく、

 誰もが対等に安心して何でも話し合える場です。

 初めての方もお気軽にご参加ください。」

というわけで6月16日(土)の16時より、

チェンバおおまち3階、福島市市民活動サポートセンターのA-2会議室にて、

皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

特にスポーツ関係者の方々にはぜひご参加いただき、

当事者の立場からご発言いただければと思います。
コメント

てつがくカフェ@ふくしま2018.6.16.「日本のスポーツはこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」

2018年05月27日 22時32分35秒 | 開催予定
前回のアフターカフェや懇親会の場で、
次回テーマについていろいろと意見をくださった皆さま、誠に申しわけありません。
いくつか具体的な案をいただいていましたが、
世間がこう騒がしくなってはできるだけ早く話し合わないわけにいきません。
もともと相撲の今後について語り合いたいというご意見もあったわけですが、
ある方から自分が参加できないうちはそのテーマは待っていてほしい、
という要請もいただきまして、次回は田舎問題か会津問題にしようと、
ほとんど趨勢は決まっていたわけですが、
今回も世話人の独断で別のテーマに急遽変更させていただくことにしました。

これまでもスポーツ界においてはさまざまな問題が起きていましたが、
それにしてもこのところは、政治の失態を覆い隠そうとでもするかのように、
立て続けに世間を騒がす大事件が頻発しています。
相撲に関しては昨日今日始まったことではないのでもう慣れっこでしたが、
それでも今回のように、
角界を二分するような騒ぎにまで発展するとは思っていませんでした。



レスリングにおけるパワハラ問題ははたして決着はついたのでしょうか、
まだだとしたらどう決着がつくのでしょうか。
オリンピックで4連覇を果たした英雄とその指導者との確執ということで、
これまでにあまり聞いたことのないような事態に驚かされました。



そして、学生スポーツの世界で起きたアメフトの悪質反則問題。
スポーツの世界において、わざと相手選手をケガさせるような反則行為なんて、
そんなことがあっていいのでしょうか。
ただでさえスポーツにケガはつきものなのに、故意にそれを狙うなんて。
そんな行為がありえるとしたら誰がスポーツなんかやるのでしょうか。
しかもそれを指導者が指示したなんてことがあったとしたら。
あるいは本当に指導者と選手のあいだの行き違いがあったとしても、
そもそもそんなレベルで行き違いがあっていいような問題なのでしょうか。
あまりにもお粗末で、
かつスポーツの存在意義を根底から揺るがすような行き違いです。
それが大学という高等教育の場で生じたことに驚愕を禁じえません。



これらの問題を総合的に扱いたくて今回のテーマを考えてみました。
最初は、そもそもスポーツは人を健全にするのかとか、
スポーツマンにスポーツマンシップを求めるべきか、
みたいなスポーツそのものの存在意義を問うテーマを考えたり、
スポーツにおける商業主義(金儲け主義)や勝利至上主義について
問うようなテーマを考えていましたが、
世界的にスポーツに対する疑念が広まっているふうでもないようなので、
「日本のスポーツ」というように限定して問いを立ててみました。

てつがくカフェ@ふくしま2018.6.16.
【テーマ】「日本のスポーツはこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」
【日 時】2018年6月16日(土)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター A-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp


あまりいい問いになっていないのは重々承知しています。
現代スポーツ一般の問題なのか、日本スポーツに固有の問題なのかも、
実際のところよくわからずに問いを立てています。
平昌オリンピックにおいて極寒の深夜に試合が行われていたというのは、
現代におけるスポーツのあり方一般に関わる問題だと思いますが、
最近ニュースになるような指導者と選手の関係をめぐる問題というのは、
スポーツ一般に関わる問題というよりは、
未だに生き残っている旧態依然とした「日本的」スポーツ指導者
に固有の問題であるようにも思います。
とりあえず今回は「日本の」という限定を付けてみましたが、
そうした限定が必要なのかどうかも含めて考えていただければと思います。

今回も会が始まる時に軽いアイスブレイクを行おうかと思っておりますし、
会の終了後には、希望者の方に少し会場に残っていただいて、
雑談タイム的な時間を設けてみようと思っております。
初めての方でも参加しやすい工夫を試してみるつもりですので、
お気軽にいらしてみてください。
「てつがくカフェ@ふくしま」は気軽に対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

てつがくカフェ@ふくしまの対話のルールは⇒こちら

コメント

てつカフェ2018.5.12.ポスター完成!

2018年05月09日 10時47分11秒 | 開催予定
テーマがなかなか決まらず告知が遅れてしまったために、

ポスターの発注も遅くなってしまったのですが、

いつもの卒業生が超特急で仕上げてくれました。



おおっ、どうもありがとうございます

今回も「Choice!...Choice?」というコピーが冴えてます。

結婚したら夫か妻の姓を選択しなければならないわけですが、

しかしなぜどちらか一方だけを選択しなければいけないのか、

しかも、夫婦別姓を認めたとしても、

同姓を望む人たちは今まで通りどちらかを選んでかまわないわけで、

提唱されているのは【選択的】夫婦別姓制度にすぎないのですが、

その選択はなぜ許されないのか。

まさに今回のテーマはChoiceをめぐる問題となっており、

そこのところを的確に表現していただきました。

素晴らしいっ!

というわけで、今週の土曜日 (5月12日) は、

「夫婦や家族は同じ姓を名乗るべきか」をテーマに語り合います。

初めての方もお気軽にご参加ください。

参加者の方が提案してくださったアイスブレイクも行う予定なので、

開始時刻よりも少し早めにご来場いただけるとうれしいです。

それでは、選択的夫婦別姓制度について、

そして夫婦や家族についてとことん語り合いましょう!
コメント

てつがくカフェ@ふくしま2018.5.12.「夫婦や家族は同じ姓を名乗るべきか?」

2018年05月02日 18時19分30秒 | 開催予定
前回は4月21日の開催で、前々回から6週間くらい空いていたのですが、
今度はなんと5月12日開催になったので、3週間しかありません。
というタイトな日程だというのに忙しさにかまけて、
なかなかテーマを決められず、2週間も棒に振ってしまいました。
というわけで今ごろの告知ですが、来週末に開催です。
ホント申しわけありません。
悩んだあげくテーマはこれにいたしました。

てつがくカフェ@ふくしま2018.5.12.
【テーマ】「夫婦や家族は同じ姓を名乗るべきか?」
【日 時】2018年5月12日(土)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター A-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp




このところヘヴィなテーマが続いていたので、
少し気楽に話せるテーマしようという意見をいただいていました。
気楽に話せるテーマはたくさん思いつきすぎてひとつに絞りきれずにいたのですが、
選択的夫婦別姓制度の是非ならば誰でも気軽に話せるんじゃないでしょうか。
それともガチの価値観のぶつかり合いになって、
つかみあいのケンカになっちゃったりしますかね。
ま、今回はこれで行ってみたいと思います。

実は前回のてつカフェのときに、
参加者の方から会の運営についていくつかご提案をいただきました。
それについては次回案内とは別に記事を書かねばと思っていたんですが、
この調子じゃ書けそうもありません。
ここに簡単に予告しておくと、次回のてつカフェのときには、
会の終了後、希望者の方に少し会場に残っていただいて、
雑談タイム的な時間を設けてみたいと思っております。
初参加でちょっと話すのがためらわれたとか、
もっと続けてみなさんの意見を聞きたかった等々のご要望に、
少しでも応えられたらと思っております。
その他にも初めての方でも参加しやすい工夫を試してみたいと思いますので、
新たな形(になるかもしれない)てつカフェにぜひいらしてみてください。

「てつがくカフェ@ふくしま」は気軽に対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

てつがくカフェ@ふくしまの対話のルールは⇒こちら

コメント

本deカフェ2018.4.21.ポスター!

2018年04月18日 17時59分22秒 | 開催予定
前回は3月11日の開催で、今度は4月21日。
6週間くらい間が空くことになったので、
なんだかすっかりご無沙汰という感じになってしまいましたが、
いよいよ今週の土曜日、久しぶりの開催です。
今回は本deてつがくカフェ。
課題図書は『君たちはどう生きるか』です。
こんな感じのポスターをすでに関係各所に掲示させていただいております。



いつもの卒業生に作っていただきましたが、
「読んで、話そう。」のコピー、とてもいいですね。
というわけでみんな読んできてくださいね。
マンガ版でも岩波文庫版でもどちらでもOKです。
最悪、最後まで読了できていなくても、
いくつかのエピソードを読んでおいていただければ、
エピソードごとの対話には参加できます。
それでは今週の土曜日、みんな『君たちはどう生きるか』を持って、
チェンバおおまちに集合いたしましょう!
コメント

本deてつがくカフェ2018.4.21.吉野源三郎『君たちはどう生きるか』

2018年03月15日 17時57分05秒 | 開催予定
先日のてつカフェ特別編ではたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。
「3.11後における『てつがくカフェ@ふくしま』の意義を問う」という、
若干内向きなテーマを立ててしまったために、どれくらいの方にお集まりいただけるか、
あまり期待はしていなかったのですが、初参加の方もたくさんいらっしゃいましたし、
予想以上の大盛況で、世話人一同たいへん感激いたしました。
「てつカフェの意義を問うなんて人生の意味を問うのとおなじくらい無意味だ」
というテーマ設定自体に対するご批判もあるなか、それでも多くの方々から、
この時代に自由に対等に安心して話せる場があることには大きな意義がある、
との温かい言葉をいただき、とても勇気づけられました。
新年度からもさまざまなテーマで開催してまいりますので、
またのご来場をお待ち申し上げております。

さて、4月は本deてつがくカフェを開催いたします。
課題図書はこれっ!



本 de てつがくカフェ2018.4.21.
【課題図書】吉野源三郎『君たちはどう生きるか』
【日  時】2018年4月21日(土)
      16:00~18:00
【場  所】福島市市民活動サポートセンター B-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp


吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』です。
もともとは戦前に書かれた子ども向けの小説で、
中学2年生の主人公コペル君の学校でのエピソードや、
おじさんとのやりとりを中心とするとても読みやすい本なんですが、
中身は相当に深いです。
これが昨年初めてマンガ化されて現在バカ売れしているようです。
私はこの本が大好きで、今でもたまに取り出してきて読んでは号泣していますし、
福島大学に赴任以来、倫理学の授業や看護学校の非常勤の授業でも、
毎年必ず学生たちにすすめています。
が、たしかに今までてつカフェで取り上げたことはありませんでした。
せっかくの機会ですのでブームに乗ってこの本を課題図書にいたします。
もちろんマンガ版でもいいですし、岩波文庫版でもOKです。



ぜひこの歴史的名著を読んで、みんなで語り合いましょう。
「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

てつがくカフェ@ふくしまの対話のルールは⇒こちら

コメント