てつがくカフェ@ふくしま

福島市で哲学カフェをゆるゆるやってます。専門知識はいりません。
身近な哲学的問題をみんなで考え語り合いましょう!

てつがくカフェ@ふくしま2018.12.22.「平成とはいかなる時代であったか?」

2018年11月26日 16時35分09秒 | 開催予定
前回、急遽開催した、ヤノベケンジ氏を迎えてのアートdeてつがくカフェは、

取材陣も含めると53名もの参加者が集まり大盛況でした。

この勢いのまま、年内最後のてつカフェも盛り上がってまいりたいと思います。

テーマは、来年の4月で平成時代も終わりということで、

平成の30年間を振り返ってみたいと思います。

てつがくカフェ@ふくしま2018.12.22.
【テーマ】「平成とはいかなる時代であったか?」
【日 時】2018年12月22日(土)
     16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター 多目的ホール
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp




当時の小渕官房長官の説明によれば、「平成」という元号には、

『史記』の「内平外成」と『書経』の「地平天成」より、

「国の内外、天地とも平和が達成される」という願いが込められていたそうです。

平成元年は西暦で言うと1989年。

日本はバブル経済のまっただ中でした。



たしかにある意味平和な時代だったかもしれません。

世界的に見るとベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦が終結したのが1989年です。



世界全体が浮き足立ち、未来はバラ色であるかのような気配が漂っていました。

(私自身は先の見えない大学院生だったので、

 バブルの恩恵を何ひとつ受けられませんでしたが…)

しかしその後バブルはあっさりはじけ、

日本は「失われた20年」に突入していきます。

そんな中、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件が相次いで発生します。





世界レベルでも冷戦が終結して平和な時代が訪れるかと思いきや、

湾岸戦争から9.11へと、新しい戦争の時代に突入していきました。



そして、3.11。





ざっと振り返るだけでも盛りだくさんの30年間でした。

おおよそ「平らかに成る」とは正反対の時代だったようにも思います。

皆さんは平成時代というと何を真っ先に思い出すでしょうか。

平成を振り返るにはまだちょっと早すぎるかもしれませんが、

これからそういうブームがやってくるものと思われますので、

一足お先に平成を総括してみたいと思います。

「てつがくカフェ@ふくしま」は、

昭和生まれの方でも平成生まれの方でも気軽に対等に、

安心して何でも話し合える場です。

初めての方もお気軽にご参加ください。
コメント

【緊急開催】アートdeてつがくカフェ2018.11.10.「サン・チャイルド」再び!

2018年11月09日 11時55分34秒 | 開催予定
皆さん、申しわけありません。

当初の予定と全然違うのですが、

11月10日に「アートdeてつがくカフェ」を急遽開催することになりました。

課題作品はこちらっ!



そう、9月に話し合ったばかりの「サン・チャイルド」です。

結論が出たわけではないものの、濃い議論が繰り広げられ、

さまざまな意見を交わすことができたのですが、

なんと来月の10日(土)にヤノベケンジ氏が来福され、

市民の皆さまとあの問題について話し合ってみたいとのことで、

「てつがくカフェ@ふくしま」に依頼が来ました。

作家ご本人と語り合える機会というのはそうあることではありませんので、

これはぜひ当初の予定を曲げてでも開かないわけにはいかないでしょう。

というわけで11月10日に「サン・チャイルド」をテーマに、

「アートdeてつがくカフェ」を再び開催いたします。


アート de てつがくカフェ2018.11.10.
【作 品】ヤノベケンジ「サン・チャイルド」
【日 時】2018年11月10日(土)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター
     交流広場 → A-1会議室に変更
     チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp



これに伴い、11月24日に開催予定だった「てつがくカフェ@ふくしま」は、

中止にしようかと思っております (月に2回は私の身が持たないので…)。

とはいえ一度は開くと言ってしまったものですので、

中止にされては困るというご意見が多数の場合は何とかいたします。

この件に関しご意見のある方はコメントないしメッセージをお寄せください。

「アート de てつがくカフェ」は気軽に対等に、

作家ご本人になんら気兼ねすることもなく、

安心して何でも話し合える場です。

初めての方でもお気軽にご参加ください。

コメント (1)

サン・チャイルドdeアートてつがくカフェ、ポスター掲示

2018年11月06日 17時05分02秒 | 開催予定
今週の土曜日に急遽開催されることになった「アートdeてつがくカフェ」。

そのポスターを今さらながら作成しました。



ちょうど9月に「サン・チャイルド」でてつがくカフェをやったときに、

世話人の個人的事情によりポスターを作成・掲示できなかったのでした。

今回も作れなかったとあっては、私が「サン・チャイルド」に対して、

何らかの意図的な取捨選択をしていると思われかねないので、

何とかがんばって作ってみました。

アートdeてつがくカフェのポスターだというのに、

ひとかけらの芸術性もデザイン性も感じられませんが、

そんなものをてつカフェの世話人に期待してはいけません。

今回は作者のヤノベケンジ氏ばかりでなく、

福島大学の渡邊晃一さんをはじめとして、

日本各地の美術家の方々も参加してくださる予定ですが、

しかし私のような芸術音痴だろうと、パンピーだろうと、

誰でも気軽に対等に、安心して何でも話せるのが、

「てつがくカフェ@ふくしま」のいいところです。

初めての方もお気軽にご参加ください。
コメント

てつカフェ2018.10.21.ポスター掲示

2018年10月16日 14時10分43秒 | 開催予定
今月のてつカフェは日曜日(10/21)の午後2時から、

アオウゼ(MAXふくしま4階)での開催となります。

「福島市市民活動フェスティバル」の中の一企画ということで、

いつもの場所と時間ではありませんので、

くれぐれもお間違えなきようお願いいたします。

遅ればせながらポスターを各所に張り出させていただきました。



先月はとうとうポスター作れなかったんですが、

今月は何とかギリギリ間に合わせることができました。

とはいってもこんなにギリギリの作成じゃ、

宣伝効果も何もあったもんじゃありません。

ぼくが忙しいというののほかにプリンターの調子が悪くて…。

今回も何度も何度もヘッドクリーニングやギャップ調整を繰り返して、

やっと何とか見られる程度のクォリティにできましたが、

見る人が見たら文字がにじんでいるのはバレバレでしょう。

ああ、プリンターの面倒なんて見てる場合じゃないのに困ったもんだ。

会場はもう3月まで押さえてあるので、

とっとと毎月のテーマを決めてしまって、

早めの広報活動を展開したいという気もあるのですが、

なかなかそれもかなわず。

うーむ…。

すみません、世話人のグチになってしまいました。

がんばります。
コメント

てつがくカフェ@ふくしま2018.10.21.

2018年10月04日 12時44分15秒 | 開催予定
告知が遅れてしまって申しわけありません。
次回のてつカフェですが、昨年の11月に「A・O・Z」で行った、
「ふくしま市民活動フェスティバル」が今年は10月に開催されます。
今年もそちらに参加させていただくことになりました。
というわけで次回はいつもとは違う形での開催となります。
土曜日ではなくて10月21日の日曜日です。
時間もいつもより2時間早い、14時00分~16時00分となります。
会場は「A・O・Z」ですのでお間違えなく。

てつがくカフェ@ふくしま2018.10.21.
【テーマ】「働き方をどう改革したらよいのか?」
【日 時】2018年10月21日(日)
     14:00~16:00
【場 所】A・O・Z(アオウゼ)
     MAXふくしま4階 小活動室2

【参加費、飲み物】無料
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp



「ふくしま市民活動フェスティバル」ということで、
どういうテーマにしようか悩みましたが、
市民活動に携わっている方々はフェスティバルで忙しくて、
てつカフェに来ていただくわけにいきませんので、
そこはあまり気にせず、テーマを立てることにしました。
「A・O・Z」といえばアクティブシニア世代が集まる場ですので、
これまで、昔ながらの日本流の働き方で働いてきて、
定年後も悠々自適とはいかなくて、
これまでとは別の形で働いていかなくてはならない方々とともに、
日本人の働き方について考え、語り合ってみたいと思いました。

「働き方改革」という言葉は政治の世界で一人歩きしていますが、
どうもまったく「改革」にはなっていない、
「改悪」の方向の検討ばかりが進められているような気がします。
しかしながら、少子高齢化を伴う人口減少や、
情報化、グローバル化が進み、
労働者がAI(人工知能)に取って代わられる激動の時代を間近に控えて、
これから人間はどう働いていけばいいのかというのは、
すべての人間にとって喫緊の課題であるはずです。
これまでのような企業の成長ありきの働き方改革ではなく、
もっと根源的に働き方をどう改革するべきか考えてみる必要があるでしょう。

というわけで、10月は働き方について語り合います。
「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。
日にち(曜日)、時間、場所をお間違えなく!

コメント

15日 「サン・チャイルドdeてつがくカフェ」 決行します!

2018年09月11日 14時28分42秒 | 開催予定
今週の土曜日15日に「サン・チャイルド」でアートdeてつがくカフェを開催します、

と発表したほんの数日後に「サン・チャイルド」が撤去されることが報じられました。

(そもそも美術家から寄贈されて設置した作品に対して、

 「撤去」という表現を使用していいのか疑問ですが、それはさておき)

この作品に対して賛否両論があったのは承知の上で、

それについてじっくり考え、ゆっくり話し合おうと思っていた矢先の決定で、

本当に残念でなりません。

このこと自体が美術史と福島史に黒歴史として永遠に残ることになるでしょう。

それも含めて、「サン・チャイルド」de てつがくカフェは予定通り決行したいと思います。



今日11日現在、まだ「撤去」はされていませんし、

その準備が始まる気配もないので、

15時から予定していた鑑賞会も決行いたします。

万一15日までに「撤去」されてしまったとしても、

その「跡地」を見てみることも対話にとって有益だろうと思います。

最近「こむこむ」の前をよく通るのですが、

あの発表以来、「サン・チャイルド」の前には必ず、じっくり見たり、

何人かで話し合ったり、記念撮影をしている人がいらっしゃいます。

それくらい福島内外からの関心は高いのだろうと思います。

ぜひこの機会にみんなで語り考えたいと思います。

アート de てつがくカフェ2018.9.15.
【作 品】ヤノベケンジ「サン・チャイルド」
【日 時】2018年9月15日(日)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター A-1会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【鑑賞会】同日15:00 こむこむ館前集合 
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp

コメント (1)

フォーラム福島でシネマトーク 『ゲッベルスと私』

2018年09月06日 16時53分24秒 | 開催予定
9月30日にフォーラム福島で行われるシネマトークイベントの告知です。

今月末から10月初旬にかけて映画『ゲッベルスと私』が上映されるのを記念して、

東京大学教授、石田勇治氏を招いて上映ならびに講演会が開かれます。

ナチスの宣伝大臣であったゲッベルス、

その秘書(103歳)のインタビュー映像を収めたドキュメンタリー映画です。

当時世界で最も民主的な憲法と目されていたヴァイマル憲法体制の下で、

ヒットラー率いるナチスはいかにして国民を戦争とホロコーストへと導いたのか、

その宣伝大臣であったゲッベルスの秘書の証言というのはひじょうに興味深いです。

今の日本にとってもとても他人事とは思えません。

この機会にぜひ「ナチスの手口」について再考してみてはいかがでしょうか。


『ゲッベルスと私』上映記念シネマトーク
日時:2018年9月30日(日)
   上映 13:00~
   講演 15:00~16:30
講師:石田勇治(東京大学教授)
テーマ:「ゲッベルスとナチ・ドイツ」





※このイベントはフォーラム福島の企画であり、
 てつがくカフェ@ふくしまは直接関わっておりませんので、
 お問い合わせはフォーラム福島までお願いいたします。
コメント

アートdeてつがくカフェ2018.9.15.―ヤノベケンジ「サン・チャイルド」―

2018年08月24日 16時43分27秒 | 開催予定
次回は久しぶりに「アートdeてつがくカフェ」を開催いたします。

課題作品はこちらっ!



2018年8月3日に福島の街なかに突如として現れた巨大アート、

ヤノベケンジ氏の「サン・チャイルド」です。

福島の復興と再生への希望を象徴する子どもの像ということで、

ヤノベ氏から福島市に寄贈され、

「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ館」の前に設置されました。

次回は、誰でも無料で24時間いつでも目にすることのできるこの像を題材に、

てつがくカフェを行いたいと思います。

アート de てつがくカフェ2018.9.15.
【作 品】ヤノベケンジ「サン・チャイルド」
【日 時】2018年9月15日(日)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター A-1会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【鑑賞会】同日15:00 こむこむ館前集合 
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp


哲学カフェ自体は、いつものチェンバおおまち3階のふくサポで行いますので、

各自、こむこむ前で鑑賞された上でご来場いただければと思いますが、

当日15時から鑑賞会も行いますので、未見の方は一緒に鑑賞した上で、

ふくサポへ移動しましょう。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

この像をめぐっては、設置直後から賛否両論が寄せられ、

ヤノベ氏や福島市長が声明を出すような事態となっています(こちら参照)。

「サン・チャイルド」は福島第一原発事故があったがゆえに制作されたものであり、

そのゆえに福島市に寄贈され「こむこむ」前に設置されたわけで、

当初から政治と切っても切り離すことのできない作品だったわけです。

そうした意味で、アートと政治との関係性や、

そもそもアートとは何かといったことを深く考えさせてくれる作品でもあります。

ぜひ皆さんとともにじっくり鑑賞し、ゆっくり話し合ってみたいと思います。

「アート de てつがくカフェ」は気軽に対等に、

安心して何でも話し合える場です。

初めての方でもお気軽にご参加ください。


コメント

てつがくカフェ@ふくしま2018.8.19.「相撲はこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」

2018年08月08日 16時11分43秒 | 開催予定
6月のてつカフェでは、

「日本のスポーツはこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」

というちょっと刺激的なテーマで話し合い大いに盛り上がりました。

あのテーマを選んだきっかけとなったラグビーの危険タックル問題は、

その後迷走を続けたものの、やっと一段落ついてきたかなと思っていたら、

今度はボクシングという、またまた新たな火種が発覚してしまいました。

一体全体、日本のスポーツ界はどうなっているのでしょうか。

さて、8月のてつカフェでは、

日本のスポーツ界のなかでもいにしえよりずっと闇に包まれていて、

ブラックなスポーツの代表格とも言うべき相撲を取り上げたいと思います。


てつがくカフェ@ふくしま2018.8.19.
【テーマ】「相撲はこれでいいのか? どうしたらいいのだ?」
【日 時】2018年8月19日(日)
      16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター B-1会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】onohara@educ.fukushima-u.ac.jp





いや、実のところ相撲をスポーツと呼んでいいのかということ自体が大問題です。

相撲に関しては、神事なのか、興行なのか、スポーツなのか、

いまひとつはっきりしないところがあります。

だからこそ、大相撲の歴史において八百長問題が連綿と続いてきているのであり、

また、病人を助けるためであっても女性を土俵に上がらせないといった、

一般の常識に反するような慣行も後生大事に守られてきているわけです。

これからの時代において相撲はどうあるべきなのでしょうか?

とりわけ大相撲はどう再生していったらいいのでしょうか?

ぜひ皆さんとともにじっくり考え、ゆっくり話し合ってみたいと思います。

今回は土曜日ではなく日曜日の開催ですので、皆さまお間違えなく。

「てつがくカフェ@ふくしま」は気軽に対等に、

安心して何でも話し合える場です。

初めての方でもお気軽にご参加ください。


コメント

7月21日『万引き家族』でシネマdeてつがくカフェです!

2018年07月11日 17時57分07秒 | 開催予定


来週の7月21日(土)はシネマdeてつがくカフェです!

是枝監督の『万引き家族』が課題映画です。

各自、映画館で映画をご鑑賞の上、ご参集ください!

私も先日やっと見てきました。

パルムドールとか何とか関係なく、とてもいい映画でした。

血のつながった家族の崩壊と血のつながらない絆の創設。

是枝監督がずっと追い続けているテーマです。

私も大好きなテーマですので、ぜひ皆さんと一緒に考えてみたいですが、

しかし、この映画にはそればかりでなく、

もっといろいろな切り口がちりばめられていました。

シネマdeてつがくカフェは、映画論や監督論、演技論等を語るのではなく、

(そのためにはいろいろと背景知識などが必要になるでしょう)

その映画に含まれているさまざまな哲学的・倫理学的テーマについて、

予備知識を前提とせずに、自由に対等に語り合う場です。

この映画のなかに皆さんはどんなテーマやメッセージを見出したのか、

ぜひ楽しく語り合いましょう!
コメント